ぐうてる さん プロフィール

  •  
ぐうてるさん: だって鹿島さぽだもの
ハンドル名ぐうてる さん
ブログタイトルだって鹿島さぽだもの
ブログURLhttps://dattekashimasa.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文鹿島アントラーズのテレビ観戦レポ。
自由文主にテレビ観戦での試合ごとの感想をレポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/03/19 22:11

ぐうてる さんのブログ記事

  • 2018ルヴァンカップ準決勝第2レグ横浜FM(アウェー)戦
  • だから3点必要だと言ったんだが・・。この試合に臨む監督の意図がまるで読めなかった。鈴木がコンディション不良(?)でベンチ外になったことは想定外だったろうが、土居と金森で点が取れると思ったのか。土居は1点取ったが金森はまったく得点の気配すらなし。監督の金森推しが強過ぎるが、後半少し出場した山口の動きを観る限り山口の方が得点の匂いがするし、実際に得点に絡んだ。金森のどういう点を評価しているのかが不明。 [続きを読む]
  • ルヴァンカップ準決勝第2レグ横浜FMは3点を目標に
  • 第1レグを1−1のまま引き分ていたら第2レグは勝ち、もしくは2点以上取れば引き分けでもオッケーだったので余裕もあったのだが、曽ヶ端の凡ミスのおかげでビハインドを負った状態でのスタートとなった。試合後のコメントで遠藤は2点取ればいいのでシンプルになったと強気のコメントをしていたが、まだそれでは足りないと考えている。2点で勝ち上がるには2−0で終えなければならず、2−1だと延長戦になる。今の鹿島のコン [続きを読む]
  • 2018ルヴァンカップ準決勝第1レグ横浜FM(ホーム)戦
  • 悪かった順に言えば土居、曽ヶ端、金森。良かった順に言えば犬飼、安西、内田。そもそもの始まりは何故PKを土居に蹴らせたのか。結果論ではなく蹴る前からセルジーニョじゃないのかと疑問だった。PKが苦手とか何か理由があるのだろうか。土居は決定機を外すことが多く、この日もPKまでに2つほどチャンスを決められていなかったし、テレビ越しにも嫌な雰囲気が漂っていた。キーパーに止められるならまだしも、枠を捉えられな [続きを読む]
  • ルヴァン杯、横浜FM展望
  • 金曜に横浜FMが試合やってる時に気づいた日程不利だが、今更な感じではあるものの中4日と中2日のここに来て2日の差は大きい。ホームでやれるのはせめてもの救い。メンバーも三竿健(弟)と安部、チョンスンヒョン(はもともと出られないが)が抜かれている。準々決勝では川崎に大量の招集があって鹿島有利だったが、今度は逆になってしまった。ここ最近判定にも足を引っ張られているが、気持ちでこれらの不利を覆せるか。ちなみ [続きを読む]
  • 2018第29節川崎(ホーム)戦
  • このゲームは実質勝ちと個人的には思っている。これだけ川崎寄りの笛を吹かれるとは昨年と何も変わってない。阿部の悪質キックに怒って背中を小突いたら両者成敗?手を出したから悪いと言われればそうかもだが、それはたとえ相手が1枚貰っている状態でも絶対出すか?だったらズル賢くやってきたらイエロー祭りになる。小林のPKは相手が倒れ込んで来たようにも見えたが、取るというなら仕方ない。このプレー以外にもしょっちゅう [続きを読む]
  • 川崎戦、展望
  • 代表には鹿島からは三竿健(弟)のみが選出。連戦で選手のやりくりに困っているだけに一人も抜かれたくなかったが、本人のモチベーションのためには選ばれるのはいいことなのだろう。ただ、代表から帰って来てからのプレーはいまいちぱっとしないのだが・・。安部も当分抜かれるのでメリハリをつけた選手起用で乗り切りたい。一時期のレギュラーだけで押し進める大岩スタイルから、少しターンオーバーするようになったので希望は持て [続きを読む]
  • 水原三星戦の追記
  • 興奮の逆転勝利からひと晩経って試合を観直してみた。主審の判定はやはり鹿島の受けたファウルをことごとく流されていた感じだったが、逆転弾につながったFKの判定だけは普通に取っていた。クォンスンテが頭突きを仕掛けたシーンもイエローで済んだし、そこの部分は助かったとも言える。スンテの頭突きは当たっていなかったが、イムサンヒョプが大袈裟に後ろに倒れ込もうとした瞬間にジャストのタイミングで審判が割り込み、ちょ [続きを読む]
  • 2018ACL準決勝第1レグ水原三星(ホーム)戦
  • 最悪の立ち上がりを最高の終わり方で締めた。ホームなのに完全なアウェーの笛で、二度と吹いて欲しくないシュクララ主審をもブチのめす逆転勝利。あと何枚相手にイエローがあったことか。退場者もあっただろう。PK見逃しスルーは何なんだ。バック側のスローイン判定も酷い。こっちのファウルはほとんど取って貰えなかった。唯一救われたのはクォンスンテの頭突きがイエローで済んだこと。こんな奴に負けてたまるかと本気で思った [続きを読む]
  • 2018第28節神戸(アウェー)戦
  • 試合前の記事で遠藤と山本、チョンスンヒョンは休ませて欲しいと願いながら、勝ちに行くには3人全員を休ませるわけにはいかないだろうと思っていた。しかし大岩はここに来て思い切って主力を休ませ、スンヒョンはもしかしたら怪我なのかもしれないがベンチ外。遠藤っぽい選手が見えたので帯同していたのかもしれないがこちらもベンチ外。山本も使わずに済んだ。主要なメンバーを休ませられたうえに町田、犬飼コンビで完封し、自信 [続きを読む]
  • 2018第28節神戸(アウェー)戦、とりあえずさらっと
  • 帰宅。詳細はまた時間を作ってからまとめるとして。まさかこんなにボロ勝ちするとは思ってもいなかった。後半半ばから勝ち気分で試合を観れることなんて、現地観戦では初めてのケース。細かいところはまた録画で見直すとして、正直、後半アディショナルタイムでもあと1点くらい取れそうな雰囲気だった。試合開始から中2日の不利は感じられないくらいに鹿島の選手は動けていて、特にピンチらしいピンチもないまま左サイドから崩し [続きを読む]
  • 神戸戦、観戦に行くことになった
  • 友人がチケット余っているので来ない?と誘ってくれたので、せっかくだから行かせて貰うことになった。イエニスタ効果でむちゃくちゃ人が多い神戸戦は行く気がなくてスルーしていたのだが、こうやって機会が巡って来るとは・・。ハーフタイムでトイレ行って帰って来れるのかな?台風の接近で日曜が暴風雨との予想。土曜も結構な雨が降るようで、それも気持ちが乗らない理由のひとつ。ちなみに友人はサッカーサポというか、イエニス [続きを読む]
  • 2018年第98回天皇杯4回戦広島戦
  • 柿沼主審のせいで無駄に力を使わされたが、延長戦の末2−0で広島を下した。本来なら内田が倒されたプレーがPKで、決めたかどうかはわからないが、90分以内に決着が着いた可能性のあった試合。前半からあやふやなジャッジでラフプレーにもカードを出さず、終盤、当然のごとく荒れた。パトリックの再三の肘打ちは2枚目のカードが出てもおかしくなかったし、他にも繰り返しの警告があっても良かった。ちなみに鹿島側が貰った鈴 [続きを読む]
  • 2018第27節札幌(アウェー)戦
  • 我慢強く戦い、ミスらしいミスもなく、最後は石橋を叩いての2−0勝利。3位を狙うには大事な試合だったが、選手全員が目的を共有して戦えたと思う。札幌は前節7−0で負けたショックを引きずっていたのか出足も鈍く、ボールを保持しているわりに攻め手に欠け、鹿島が持たせていたのもあるだろうが調子が悪そうだった。単純にロングボールを入れられた方が苦労した気がする。先制点も大きかった。前から無理にプレスに行かず後ろ [続きを読む]
  • リーグ戦を捨てろと言えなくなってきた
  • リーグ戦の順位が6〜10位くらいの中位で終わるなら、ほどほどに頑張って他のタイトルを全力で獲りに行って欲しいとずっと書いてきた。今でも他のタイトルの獲れそうなところから全力で行くべきだとは思っていて、最大の目標はACLだが、ここに来てリーグ戦の順位が混沌としてきた。首位広島と2位の川崎は抜け出してマッチレースのようになってしまっているので、鹿島は実質3位争いに参入ということになる。現在の順位はこん [続きを読む]
  • 2018ACL準々決勝第2レグ天津権健(アウェー)戦
  • ゲームは3−0の完勝。2−0のアドバンテージを持ってアウェーの第2レグ、立ち上がり押し込まれたものの、CKからのワンチャンスで先制し、鹿島に相当有利な展開。前半のうちに安部の追加点も生まれ、これでほぼ勝負は決まった。後はカードの累積と怪我に注意しながら、出来れば無失点、そうでなくとも勝ち上がれればオッケーという形だったのだが、審判が笛吹きまくり、カード出しまくりの劇場型だったためにすっきりしない終 [続きを読む]
  • 湘南戦の追記
  • 試合当日、我が家の辺りは雨は降っていたものの豪雨ではなく、特に気にせずにDAZNで視聴していたが、後半アディショナルタイム3分くらいのところで突然停電になった。いつもケーブルでテレビにつないで観ているため、部屋も真っ暗、テレビもブッツン。しばらく呆然としていたが良くみればパソコンの電源は生きていた。画面がちらつくのが嫌で黒い布を被せていたので気付くのが遅れた。早速布を取ってパソコンで視聴しようと思 [続きを読む]
  • 2018第26節湘南(ホーム)戦
  • 采配が当たっての後半アディショナルタイムでの勝ち越しゴールにより2−1での勝利。先の戦いも視野に入れつつ勝ちも取るというミッションをこなし、今日ばかりはお見事という他ない。スタメンに遠藤と安部、セルジーニョの名前を見た時には、湘南相手に走り負けるかも、疲労が残ってACLに影響するかも、と始まる前から不安が先行していた。これなら安西を2列目にして左サイドバックに三竿雄(兄)、あとは田中と山口で良いので [続きを読む]
  • 勝手にマネジメント
  • 試合後の大岩コメントから「スケジュールというものが大前提としてある中で(中略)非常にタイトなスケジュールの中で、トレーニングもままならない中でリカバリーをしながら」という部分を抜粋してみるが、トレーニングもままならないとまで言うならやっぱりやり方がまずいんじゃない?ターンオーバーについては散々言ってきたが、もう一度、話を進めて勝手にマネジメントしてみよう。ルヴァンカップ第2レグ後に「全てのタイトル [続きを読む]
  • 2018ルヴァンカップ準々決勝第2レグ川崎(アウェー)戦
  • やっと川崎に勝った。主力が5〜7枚落ちて、しかも等々力ではないが、勝ったという結果が全て。1勝1分、2戦合計4−2での準決勝に勝ち上がり。2点を取りに行くサッカーをして欲しいと書いていたが前半のうちに2点を取り、後半にも追加点を挙げての3−1。1−0で守らず、2−1になってからも3点目を取りに行けたことが勝利につながったと思う。等々力でなかったのも追い風だったかもしれない。後半すぐに1点を取り返さ [続きを読む]
  • 代わり映えしないので簡単に
  • どこに照準を定めているのかわからない大岩采配。こちらの願望通りになったことないので展望は簡単に。川崎は温存してきたメンバーを投入してくるだろうし、第1レグよりも手強くなるのは間違いない。川崎は連動して攻めてくる攻撃が強力だが、守りもしっかりしているので簡単に得点は出来ない。特に今の組織力ゼロの鹿島が得点するパターンが思い浮かばないが、運動量で負けていては話にならないだろうし、まずは足がつるくらいま [続きを読む]
  • 2018ルヴァンカップ準々決勝第1レグ川崎(ホーム)戦
  • 全体的にもう相当酷かった。天津権健戦はベストゲームだったとはいえ、冷静に考えれば相手はアウェーで時差ボケもあってこちらにアドバンテージがあっただけとも言え、ずっと酷い状態が続いている。ゲームが始まる前からわかっていたことだが、大岩がどこに照準をおいてトータルで戦っているかまったく感じられないスタメン。この大事な一戦で鈴木とセルジーニョをベンチスタート。疲れ切っているレオシルバにしたってそうだし、広 [続きを読む]
  • 何を言っても響かない
  • 試合後の大岩のコメントによれば、後半になって自分たちに流れが来ると思ってスタメン固定していたとのことだったが、まさかの回答にびっくりを通り越し、こんな人を監督として起用し続けるフロントの見る目のなさというか、ここまでくれば何がなんでも交代はしないという意地も見えて恐ろしくもある。日程で相手よりも不利、しかもアウェー、ずっと連戦のメンバーでどうやって後半勝負に持ち込むつもりだったのか。自分なんかは1 [続きを読む]
  • 2018第25節広島(アウェー)戦
  • ターンオーバーせず全力で勝ちに行って惨敗とか・・。これでルヴァンカップも運動量で負けて勝負にも負けてだったら何やってんだって話。まあ、今に始まったことじゃないが。ひとつ前の記事に書いた大幅にメンバー落とした結果が1−3なら健闘とも言えるが、現状のフルメンバーでやってこれでは。良かったのは先制点の場面のみ。鈴木のポストからカウンター、セルジーニョとの2人で崩してラストはセルジーニョがフィニッシュ。お [続きを読む]
  • さすがに次は休ませましょう
  • ベストゲームで天津戦を破ったことで、イケイケでレギュラーメンバーをつぎ込んで首位広島とのアウェー戦に臨みたい気持ちもあるだろうが、それが最終戦ならともかくさすがに主力は休ませないといけない。リーグ戦の優勝を狙うなら勝ち点16も離れている広島との戦いは絶対に落とせないところなのだが、正直、ACL、ルヴァン、天皇杯を戦いつつ残り10節で16差を逆転するのは難しい。現実的には勝ち点差5の3位を目指すべき [続きを読む]
  • 2018ACL準々決勝第1レグ天津権健(ホーム)戦
  • パーフェクト。欲を言い出せばあと1点あと2点となるが、複数得点のうえアウェーゴールなしで勝てれば文句なし。相手は移動疲れと主力外国人が2名抜けて守備重視の戦い方。圧倒的にボールを持って攻めながらもシュート精度が悪くて枠に飛ばず、前半無得点は鹿島にとっては嫌な流れだった。後半もチャンスは作りながらも決め切れないジリジリとした展開のなか、左サイドを崩し、山本が冷静に中を見て上げたクロスを遠藤が頭で落と [続きを読む]