ぐうてる さん プロフィール

  •  
ぐうてるさん: だって鹿島さぽだもの
ハンドル名ぐうてる さん
ブログタイトルだって鹿島さぽだもの
ブログURLhttps://dattekashimasa.blog.so-net.ne.jp
サイト紹介文鹿島アントラーズのテレビ観戦レポ。
自由文主にテレビ観戦での試合ごとの感想をレポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2010/03/19 22:11

ぐうてる さんのブログ記事

  • クラブワールドカップなんとしても初戦突破を
  • エース鈴木と中盤の要、三竿健(弟)が怪我で抜け、他にも怪我人多数で遠征に行く23人がギリギリのメンバーになってしまった鹿島。総力戦というには、マネジメントが酷過ぎて言葉が適切ではないが、今年も残り最大3試合。先のことを考えず行ける選手から行けるだけ行くしかない。遠征メンバーが動ける前提でスタメンを予想すると、クォンスンテ、西、チョンスンヒョン、昌子、山本、レオシルバ、永木、安部、遠藤、セルジーニョ、 [続きを読む]
  • J1参入プレーオフと天皇杯
  • J1の16位磐田とJ2の6位東京ヴェルディが対戦となったJ1参入プレーオフは、2−0で磐田の勝利。昨年までは16位で自動降格だったが、今年から変わったルールで磐田は救われた。引き分けでJ1チームが勝ち抜けというルールはJ1に有利過ぎる。勢いではヴェルディかなと思っていたが、実力にかなりの差があった印象。ヴェルディは怯まず前に行く姿勢を最後まで見せていたが、中盤の圧力で完全に負けていてシュートまで持 [続きを読む]
  • 賞金の話
  • 現在の鹿島の賞金獲得額をわかっている範囲でまとめてみる。【ACL】優勝で約4億5000万円。そこに予選のパフォーマンスボーナス(勝ち550万、引き分け110万)の1430万円、参加賞5500万円、日本協会からのボーナスが8000万円で合計5億9930万円。あとは旅費などを補助してくれる試合補助金が、決勝まで行ったので660万円とかあるみたいだが賞金ではないので別会計。【リーグ】リーグ戦3位。600 [続きを読む]
  • トリプルスリー大岩
  • 悲願のACLを獲得したものの、国内タイトルは終わってみれば全部3位。賞金的にルヴァンカップや天皇杯はベスト4ではなく3位扱いになっているためそう呼ばせて貰うが、これは健闘したと見るべきか、それとも詰めの甘さが解消されていないと見るべきなのか。個人的な感触としては後者。リーグ戦は川崎には勝ち点差で大きく離されていたので優勝の目はなかったが、最終節、勝てば2位のチャンスがありながら引き分け狙い(コメン [続きを読む]
  • 2018年第98回天皇杯準決勝、浦和戦
  • 普段ブログではあまり汚い言葉を使わないように心掛けているが、今回ばかりは言わせて貰う。クッソつまらん試合やった。以上!で終わりにしてもいいくらい。PA内で後ろから倒されてもPKならず、名古屋対湘南戦でPKが3本も飛び交う審判とはエラい違い。1点リードしてからの中東ばりのあからさまな浦和の時間稼ぎ。ストレスの溜まりまくる試合のなかで、もっとも許せずムカついたのがまったくシュートを打たない鹿島の選手。 [続きを読む]
  • リーグは3位で終了、天皇杯は逃さないように
  • 鳥栖戦後の大岩のコメントは勝ちを狙っていたようなことを言っているのだが、勝ちに行っている采配にしては安部のアディショナルタイム投入とか意味がわからず、コンディション不良だったのか?というくらいしか理由が思いつかない。大岩は勝負師の素質がなく、無難な方へと流れてしまう。慎重と言えば聞こえはいいが、臆病と言った方がいい。昨年もあとひとつ勝てればというところを逃したし、今年も変わっていない。昌子はそのこ [続きを読む]
  • 2018第34節鳥栖(ホーム)戦
  • 確かに来季のACL出場権は大事だが、2位を捨ててまで引き分け狙いにいくところだったか。賞金は2位で1億2000万円、3位は6000万円。強化配分金が2位で3年に渡り合計7億円、3位なら2年で合計3億5000万円(3年目はなし)、合わせると4億1000万円の差がある。(金額は多分合っているはず)。ベンチに札幌対広島の情報は入っていたと試合後のコメントにあるが、札幌が勝っていたなら引き分け狙いもわかる [続きを読む]
  • 最終節、ホーム鳥栖戦展望
  • 最終節、最低限引き分けでACL出場枠の3位以上を獲得するのが目標。そのうえで2位を狙って勝利を目指す。他会場の札幌対広島は引き分けてくれるのが一番有難いが、札幌は負けて失うものがないので攻めるだろう。勢いは札幌かな。となると鹿島は負けると4位転落もあるのでしっかり戦いたい。前節、磐田が札幌に引き分けてくれていればこんな心配もしなくて済んだし、磐田も残留確定だった。たまたまかもしれないが磐田には邪魔 [続きを読む]
  • 柏が降格、選手の流出はあるのか
  • 柏の降格が確定。あれだけのタレントが揃っていて降格するとは、ちょっと間違えばこうなるというのが怖い。クリスティーノが昨年ほどの爆発力がなくなったのと、途中でキーパーの中村が長期に抜けたこと、あとはACLでの疲労があったとも言っていた。クリスティーノは欲しいと思っていた選手だったが、今はそうでもなくなった。たまたま今年だけが悪かったのか、相手が慣れたのか本人のモチベーションなのか、原因はよくわからな [続きを読む]
  • 3位以内を巡る戦いと残留争い
  • 33節終わった時点での上の順位は、2位広島 勝ち点56、得失点差12、総得点453位鹿島 勝ち点55、得失点差11、総得点504位札幌 勝ち点54、得失点差0、総得点46となっていて、最終節、鹿島はホームで鳥栖、札幌がホームで広島と当たる。リーグの順位決定は勝ち点→得失点差→総得点→当該チームの対戦成績→反則ポイント→抽選。まず他会場の結果から見てみれば、(広島が勝った場合)は鹿島は広島を上回れず [続きを読む]
  • 2018第33節仙台(アウェー)戦
  • スコア的にも内容的にも完勝。序盤ミスも多くてふわっとした部分もあったものの、終わってみればほとんど危ない場面を作らせず、複数得点での勝利。日程は鹿島の方が詰まっていたが、試合勘という点ではやはり分があったように見える。ジャッジもファウルなどの基準が鹿島寄りに感じた。もっとも、仙台のPA内でのハンドを故意じゃないとしてノーファウルにしたのはどうだっただろう。コースが変わったとはいえ割と距離もあったし [続きを読む]
  • リーグも残り2試合、ここで3位以上を決めてしまおう
  • 現在リーグ3位につける鹿島はアウェーで仙台と対戦。この試合を勝ち、4位以下の成績によっては3位以上が確定。2位の広島が負ければ更に2位もあり得るビッグチャンスな試合。自分は前にも書いたようにACLのためにリーグは捨ててもいい派だったので、今更「絶対に勝て!」とは言いづらいので、こそっと陰ながら応援しておく。まあ、本音を言えば最終節でヤキモキしないためにもスッキリ勝ちたい。仙台はもしかしたら天皇杯決 [続きを読む]
  • 2018年第98回天皇杯準々決勝、甲府戦(スコアのみの感想)
  • スカパーを解約したので映像情報なし。Jリーグjpのテキスト速報と掲示板での感想なので、まったく的を得ていないかもしれないがとりあえず。甲府の守備に手を焼いたようだが我慢して守り、カウンターから永木→土居とつないで得点を挙げ、無失点に抑えて1−0で勝利した。内容はどうだったかわからないが、目標は勝つことなので問題ない。山本がベンチに入っていなかったのが若干気になるが、内田やレアンドロが復帰。レアンドロ [続きを読む]
  • 天皇杯準々決勝甲府戦の放送はスカパーのみ
  • 明後日の天皇杯準々決勝甲府戦の放送はスカパーしかやらない模様。数年前までは準々決勝以上はNHKで放送していたものだが、スカパーが放送権を持つようになってからは全然放送しない。強制的に視聴料金をぼったくられているNHKは、せめてダイジェストくらい放送しなさいよ。今年は一度も鹿島の試合をNHKで放送していない。むしろこれならスカパーが権利放棄して、準々決勝以上をNHKが放送する昔のスタイルに戻して欲し [続きを読む]
  • キルギスとの練習試合、代表、J2リーグなど
  • 鹿島はキルギスと練習試合を行って2−0で勝利したそうだが、キルギスは控え組で鹿島はユースを多用してと本当の練習試合みたいだった様子。鹿島は主力組が出ていないのでなんとも言えないが、まあどんな試合でも勝つのはいいことだ。鹿島の試合のない週末は久々な気がするが、ミッドウィークに天皇杯の甲府戦が控えているのでまたすぐに連戦が始まる。うまく調整出来ているといいのだが。当ブログ主なんかは悲願のACL優勝を達 [続きを読む]
  • 鹿島の今後の日程、来年の外国人枠
  • 鹿島の今後の日程を遅まきながら確認。11月21日(水)天皇杯準々決勝、甲府戦。勝てば12月5日(水)に浦和と準決勝。更に勝てば12月9日(日)に山形と仙台の勝者と決勝。山形がJ1参入プレーオフ決定戦に出場していたら決勝の日程はどうなったんだろうかと確認してみたら、J1参入プレーオフ決定戦の方が15日、16日、19日に変更だったとのこと。さすがにここで鹿島に無理は強いられなかったようだ。CWCもある [続きを読む]
  • 2018リーグ優勝が決定、鹿島も上位を目指す
  • 鹿島のACL優勝とカブってしまったために触れるのが遅くなった2018Jリーグ。あまりにもあっさり決まったために何の盛り上がりもない。ここまで潔い失速ぶりも見事だよ広島・・。あそこまで無抵抗なのも珍しい。今まで無冠だった川崎が、DAZNマネーが導入されるようになってから2年で20億×2を荒稼ぎ。鹿島も負けているので強くは言えないが、もうちょっと包囲網的に川崎を倒しにいって貰いたかった。そういう目で見 [続きを読む]
  • 2018ACL優勝、総括
  • まだもう一回だけ続んじゃ。というかリーグの話は・・?9ヶ月に及んだ長い戦い。思えば予選、決勝ラウンド序盤の頃、リーグ戦では降格圏に片足を突っ込んだ状態で、ACLのどこかで敗退していたら大岩は解任になっていたのだろうか。大岩が解任するのならば悲願のACLさえ諦めてもいい、と思える時期もあったが、途中からは解任して欲しいがACLさえ獲ってくれるのならもう何でもいいと変わり、まあ、今でも来年続投はどうか [続きを読む]
  • 2018ACL決勝第2レグ、ペルセポリスFC(アウェー)戦
  • まずは大岩監督に謝罪を。このブログではアンチ大岩を公言し、早く辞任しろとか言いたい放題言ってきましたが、プロは結果で語るもの。ジーコTDのテコ入れもあったかもしれないが、鹿島が今まで獲れなかったタイトルをもたらしてくれたことは事実。本当に生意気言ってすいませんでした。そして、ありがとう。まあ、クォンスンテが痛んだかもしれない後半アディショナルに金森を投入するのは、キャップをつける意図だったのかもし [続きを読む]
  • 悲願のACL優勝!やった!!20冠達成!!!
  • 本当に欲しかったタイトルで20冠達成!圧倒的アウェーに乗り込んだ鹿島が、全員で粘り強く戦って完封。第1レグ2−0のアドバンテージを存分に活かした戦いで逃げ切った。得点こそなかったものの、1点取って相手が破れかぶれになる方が怖いと思っていた。まさに「寝た子を起こさず」の作戦で、鹿島の思い通りの展開に持ち込めたのが勝因。ペルセポリスはどこかでスイッチを入れたかったのだろうが、1点を怖がったのかそこまで [続きを読む]
  • ペルセポリスFC戦、第2レグ、いざ決戦
  • 今年一年の過酷な日程を良い経験だったとプラスで終えるためにも、そして、何よりここまで頑張った選手自身が報われるためにも、絶対に獲らないといけないタイトル。色々と盛り上がっているが、まだ無冠。昨年の悔しさを忘れてはいけない。昨年は浦和が決勝でチャーター機を出したとかいう話だったが、あれは協会ではなく自前で用意したんだったけか。報奨金は8000万だったが、特に報道されていないもののちゃんと鹿島にも出る [続きを読む]
  • 代表選考
  • 鹿島からは韓国代表にチョンスンヒョンが呼ばれており、日本代表にどれだけ抜かれてしまうのか恐々としていたところ、三竿健(弟)と鈴木が選ばれた。昌子は怪我明けでもあるし、実力は把握しているのでいきなり本番でもオッケーということなのかもしれない。天皇杯もあるし、昌子まで抜かれたらたまったもんじゃなかった。本人は代表に復帰したい気持ちはあるだろうが。U21も発表されていたが、安部は考慮して貰ったのか単に選ば [続きを読む]