清水しゅーまい さん プロフィール

  •  
清水しゅーまいさん: 大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい
ハンドル名清水しゅーまい さん
ブログタイトル大河・映画・裁判・酒・猫“幸あれ”清水しゅーまい
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/stakamatsus
サイト紹介文猫愛好家のフリーなライター清水しゅーまいのブログです「大河ドラマ」「猫」「映画」「裁判傍聴」「酒」等
自由文猫愛好家のフリーなライター清水しゅーまいのブログです
「大河ドラマ」「猫」「映画」「裁判傍聴」「酒」等について書いてます〜

一見さんも大歓迎…!
過去記事へのコメントもどんどんどーぞ(^ ^♪
みなさまに幸あれ! 私にそのおすそ分けあれ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/03/23 01:10

清水しゅーまい さんのブログ記事

  • 「西郷どん」老中を動かす/寝ていた天子様起きる!
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第14回「慶喜の本気」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【初めての人殺し】 時は安政4年(1857年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年31歳。10月21日、アメリカ総領事のタウンゼント・ハリス(ブレイク・クロフォード)が日米修好通商条約の締結に向けて、13代将軍・徳川家定(又吉直樹)への謁見を果たしました。 吉之助は薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)の使者として、福井藩主・松平慶永(のちの春 [続きを読む]
  • 【猫】きみの心に届け!猫パンチ
  •  白黒猫ニャープル「猫パンチ!」 ニャープル「これが絶妙なる猫パンチというものだ。     分かったかい?」 ドラ「そんなの言われなくても分かってるよ!  もう遊ばないぞ!」 ドラは怒ってしまいました。 ニャープル「うわーん、おいらが悪かった、     もっと遊んでおくれよ〜」 ニャープル、ドラの足にすがりついています。 ほんとうはなかよしのドラとニャープル。きっと響く、心ときめく、猫パンチ。 清水し [続きを読む]
  • 「西郷どん」なんでそ〜なるの!?大老どんでん返し
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第13回「変わらない友」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【月照登場/大久保結婚、江戸へ!】 時は安政3年(1856年)11月11日、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年30歳。この日ようやく13代将軍・徳川家定(又吉直樹)のところに篤姫(あつひめ/北川景子)の輿入れが成りました。 まもなく吉之助は、藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)について帰国の途に。途中、京都の公家・近衛忠煕(ただひろ/国広富之) [続きを読む]
  • 【猫】猫紹介・ご挨拶 〜車猫から家猫に〜
  •  新年度に入って1週間、わが家の猫たちのご挨拶です(^-^) これが、全3匹が一堂に会した写真です。前にいる虎猫が、部屋頭(へやがしら)のドラです。6才、雄、6・2kgです。おとなしくて優しいですが、格闘力・運動能力が高く、頼りになる猫です。奥で寝そべっている虎猫は、ドラの姉にあたる紅一点のタンタン。7才、雌、7・1kgです。一番年長で繊細ながら気が強く、「姉さま」として慕われています。 最後に、白黒猫のニャ [続きを読む]
  • 「西郷どん」50社以上に断わられようやく俳優に!
  • 大河ドラマ『西郷どん』原作:林真理子/脚本:中園ミホ スペシャル「鈴木亮平×渡辺謙の120日」【50社以上に断わられ…ようやく俳優に…!】 大河ドラマが話数途中でスペシャルを入れてくるのは初めてのようです。以前の報道によるとたしか働き方改革とやらでドラマの製作話数を減らすけれど、代わりにスペシャル枠で埋めるとかいう話だったと思います。 今回は西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平と薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)役 [続きを読む]
  • 【猫】高価電信機械(ファクス)は上級猫が守る
  •  姉猫タンタン(左)がファクスの上に乗っかっています。ファクスは今はもうあんまり使われず、でも時々プリンターとして役立っています。 弟猫ドラ(右)もファクスに乗りたいようです。ドラ「いいなぁ、お姉ちゃん。ぼくも機械に乗りたい」ファクスの上はほのかに温かいからか猫たちに人気のようです。 タンタン「ドラや。この機械は、うちで一番高価なものなのよ。    だから姉さまが守っているの」ドラ「ぼくも機械を守りたい [続きを読む]
  • 【酒】ZAKUにニュータイプ出現か!?純米大吟原
  •  今回、潜入捜査の末、極めて秘匿性の高い情報に接することができた。これだ。 『作(ざく)IMPRESSION(インプレッション)type-N』純米大吟醸原酒 無濾過 槽場直汲み びん火入れ720ml購入価格税込2268円【三重県鈴鹿市/清水清三郎商店 株式会社】〔杜氏:内山智広 精米歩合50% 酵母:自社保存株 アルコール度16〕 「ZAKU」と言えば量産型が思いつくけど、Special Edition(特別版)があると言う。その名も、typ [続きを読む]
  • 「西郷どん」震災疲労の阿部の急死で一橋派ポシャる
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第12回「運の強き姫君」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【揺らぐ篤姫の心】 時は安政2年(1855年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年29歳。13代将軍・徳川家定(又吉直樹)への篤姫(あつひめ/北川景子)の正式な輿入れがちっとも進みません。やきもきします。ひとまずふんだんな政治資金をあてがわれた西郷どん、廓で飲みながら「カライモ、イブスキ、サクラジマ!」とか言って踊っていました。 で、指 [続きを読む]
  • 猫バンバン的画期的写真集『車猫が出てきた!』発売
  •  自動車を愛する車猫(くるまねこ)が大活躍する猫バンバン的写真集がついに発売日を迎えました!(本書で猫バンバンは、車猫ポンポン確認が正式名称です)一生懸命地面に這いつくばり撮りためた車猫の名場面の数々!他に(たぶん)類の無い、画期的な写真集です。車猫タンタンやドラたちが大活躍!未公開写真や秘密のエッセイも…! 書店やアマゾンなどで購入できます。アマゾンなどで著者名「清水しゅーまい」で検索…!書名は『車猫 [続きを読む]
  • 夢より大切な何か?アニメ映画「リメンバー・ミー」
  •  ディズニー/ピクサーの話題の新作、きらびやかな死者の国に行ってミュージシャンになる夢と家族の絆を天秤にかけるアニメ映画『リメンバー・ミー』(2D吹替版)を見てきました…! 原案・監督:リー・アンクリッチ原案・脚本:マシュー・オルドリッチ製作:ダーラ・K・アンダーソン製作総指揮:ジョン・ラセター音楽:マイケル・ジアッキーノ歌曲:ロバート&クリステン・アンダーソン・ロペス日本語版エンドソング「リメンバ [続きを読む]
  • 「西郷どん」先生達をも驚かした橋本左内の天才振り
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第11回「斉彬暗殺」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【斉彬の命を狙う者たち】 時は安政元年(1854年)〜安政3年(1856年)の頃、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年28〜30歳。薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)は、息子・虎寿丸(藤本悠希)を急病で亡くしました。斉彬は5人の男子をすべて亡くしたのです。斉彬は悲しみを追いやり、越前福井藩主・松平慶永(のちの春嶽/津田寛治)、前水戸藩主・徳川斉 [続きを読む]
  • 【猫】もぐもぐタイム!グルメな猫を気取ってみる♪
  •  もぐもぐタ〜イム!ドラ「ふ〜む、チキンの香りがするぞ。   これは食欲をかき立てるなぁ」 ドラ「もぐもぐ、カリカリ。もぐもぐ、カリカリ」  鼻ペロリ〜ン!ドラ「これは上品な味わいだね。チキンの軽快な香りとともに、   魚の旨味もギュッと詰まっているよ」  ドラの鼻柱が立っています。食を堪能している証拠です。ドラ「う〜む、このあと味、余韻がたまらない〜!」 ドラ「舌を巻く美味しさとはこのことだね。   [続きを読む]
  • 【酒】『群馬泉』『太平記の里』ぐんまちゃんラベル
  •  群馬にある介護施設に祖母が入居しており、時々見舞いに行くのですが、認知症がひどくて何度見舞いに行ってもすぐ忘れられてしまいます(°∀°;どうにもものさみしく、道の駅で日本酒でも買って帰ることにしました。こちらです。 『群馬泉』山廃本醸造300ml購入価格税込400円【群馬県太田市由良町/島岡酒造 株式会社】〔日本酒度+3 酸度1.6 精米歩合60% アルコール度15〕 立ち香がいま一つだったので期待しないで飲みま [続きを読む]
  • 「西郷どん」幕末天才橋本左内と大震災死の東湖先生
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第10回「篤姫(あつひめ)はどこへ」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【幕末史上の天才・橋本左内登場…!】 時は安政元年(1854年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年28歳。薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)は、御三家水戸の徳川斉昭(伊武雅刀)の息子・一橋慶喜(松田翔太)が才知優れているという、そのウワサの真実を確かめたがっています。真実ならば、将軍に推そうという考えです。 吉之助は藩 [続きを読む]
  • このブログのご案内(トップ ページ)
  •   ご訪問ありがとうございます(^-^) このブログは、①大河ドラマや歴史の話題、②猫観察、③映画鑑賞、④裁判傍聴、⑤日本酒など……という感じになっております。その他、本やテレビ、お気楽な話題に時事問題…、そして、友情・人情・心意気です…! 清水しゅーまい【著書】『車猫が出てきた! 〜ノラ猫の秘密〜』2018(平成30)年(東京図書出版)『八っつぁんの落語一代記 噺家の来た道、日本の来た道』2015(平成27)年(彩流社)こ [続きを読む]
  • 車猫が出てきた!猫バンバン的写真集、予約受付中!
  • 車猫(くるまねこ)とは……自動車を愛し、車上や車底、車内にくつろぎを求める猫のことです。駐車場や車まわりによく出没するノラ猫(地域猫)についても、車猫と呼びます。 その車猫をテーマにした、猫バンバン的写真集を発刊します!(本書で猫バンバンは、車猫ポンポン確認が正式名称です)一生懸命地面に這いつくばり撮りためた車猫の名場面の数々!他に(たぶん)類の無い、画期的な写真集です。車猫タンタンやドラたちが大活躍!未 [続きを読む]
  • お奨め映画「ズッキーニ」/「旅立ち、綴ります」
  •  友情と淡い恋心でつらい日々を乗り超える子供を描いたアニメ『ぼくの名前はズッキーニ』(吹替版)と、自分の訃報(ふほう)=死亡記事を、自分が生きている間に書こうという実写『あなたの旅立ち、綴(つづ)ります』を見てきました…! 原作:ジル・パリス『ぼくの名前はズッキーニ』原案:ジェルマーノ・ズッロ クロード・バラス モルガン・ナヴァロ脚本:セリーヌ・シアマ監督:クロード・バラスアニメーション監督:キム・クク [続きを読む]
  • 「西郷どん」エロい一橋慶喜、草食系の13代家定
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第9回「江戸のヒー様」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【クセ者水戸の斉昭と慶喜登場!】 時は安政元年(1854年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年28歳。ヒー様って誰かと思ってたら、一橋慶喜(松田翔太)でしたね。彦根の殿様(井伊直弼)かと想像してたらハズレました(原作を読んでないので)。 ついに江戸に来た吉之助…! 前年から江戸にいた大山格之助(のちの綱良/北村有起哉)と有村俊斎(のちの海 [続きを読む]
  • 【猫】かわいさ余って猫キック
  •  愛の表現にもいろいろあります。弟猫ドラ(左)と姉猫タンタン(右)が寄り添っていますよ。 ドラ(左)がクンクンしたらタンタンはペロペロとなめてくれました。 タンタン(右)、念入りにペロリンコ。ところが…いつの間にか気合いが入ってきて、押さえつけるようなかっこうに! タンタン(右)、とうとうドラを押さえ込んでしまいました。  ドラ「どうなってんの〜!?」 つかみ合いになってしまいましたよ…! つかみ合いながらも、 [続きを読む]
  • 俳優志望のかたに贈りたい大杉漣さんからの言葉
  •  もう20年近く経つのですが、大杉漣さんに取材する機会がありました。俳優志望のかたの参考になりそうなお話を聴けたので、だいぶ前の話ではありますけども、ここに少し書きのこしておこうと思います。 ●表現方法について大杉漣さん「作品によってなんとなく演じ方の調節はしますが、意図的な切り換えはしません。自分の考えていることが合ってるとは限らないし、正しい表現なんてものも、あるかどうか分からないでしょう」 ●決 [続きを読む]
  • 「西郷どん」金貸しも負けた西郷の魅力!/黒船狂歌
  • 大河ドラマ『西郷どん』 第8回「不吉な嫁」原作:林真理子/脚本:中園ミホ【江戸へ! 支援金続々! そして涙の手切れ金】 時は嘉永6年(1853年)、西郷吉之助(隆盛/鈴木亮平)は数え年27歳。6月3日、いよいよペリー率いる黒船艦隊が浦賀にやって来ました! 参勤交代で帰国したばかりの藩主・島津斉彬(なりあきら/渡辺謙)でしたが、事態を重く見て、年明けをめどに江戸へ出向くことに。そして、吉之助がお供を命じられまし [続きを読む]
  • 猫太りに気をつけたい
  •  新聞を見ていたらうちの白黒猫ニャープル(Nya〜Puru)とそっくりの猫が出てきたので喜んでました。おなかを出して、同じポーズです。 でもよく見たら、それは猫のいわゆるメタボを注意する広告でした。嬉しさ激減です。 うちはニャープルとタンタンがメタボ圏内。。。 ニャープル「おいらは楽しく暮らせればそれでいいのさ」と、言っているようですが、生活習慣病になるかもしれないし。。 太り過ぎると、身づくろいがうまくい [続きを読む]