田舎おじさん さん プロフィール

  •  
田舎おじさんさん: 田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
ハンドル名田舎おじさん さん
ブログタイトル田舎おじさん札幌を見る!観る!視る!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/maruo5278
サイト紹介文田舎から札幌に移り住んで3年。田舎人の視点を失わずに、大都会札幌を見て!観て!視て!レポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供418回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2010/03/26 15:58

田舎おじさん さんのブログ記事

  • 焼き鳥を一工夫
  •  鶏肉だけを詰め込んだ焼き鳥を私はあまり好まない。そこで私は一工夫を施して焼き鳥を楽しんでいる。それは…。                           ※ 私流のタマネギを鶏肉に挟んだ焼き鳥が完成した図です。 たまぁ〜には趣の変わった話題もいいのでは、と呑気な話題を綴ってみることにする。 居酒屋などで供される焼き鳥を私はあまり好まない。なぜかというと、鶏肉(あるいはその他の部位にしても)だ [続きを読む]
  • 北大スラブ研公開講座№5 パラディプロマシーって何??
  •  また新しい言葉を教わった。パラディプロマシー…。ディプロマシーとは「外交」、パラとは「平行」とか、「準」とか、「疑似」と解釈されるという。温暖化により北極が俄かに注目される地域となりつつある今、国単位の外交だけではなく、もう一つの「外交」も取りざたされるようになったという??  私のスラブ研公開講座のレポに№4が欠落している。というのは、№4の講義が行われた5月18日(金)はどうしても抜けられない [続きを読む]
  • 北海道の百年記念施設をどうするか?
  •  北海道100年を記念して建設された「北海道博物館」、「北海道開拓の村」、「北海道百年記念塔」をどう引き継いでいくのか?これらの施設を管理する北海道が道民の意見を聞く場の一つして道民ワークショップが開催され、私も参加してみた。                           ※ 北海道百年記念施設の中でその存続について論議されている「北海道百年記念塔」です。 5月19日(土)、20日(日)の両日、 [続きを読む]
  • 札幌学院大公開講座②、③ 大学と地域の連携
  •  大学生が地域に出向いて地域のことを学ぶ、地域は若い学生の力を借りることによって活性化を図るというwin-winの関係が生まれているという。高知大学地域協働学部、江別市の学生地域定着推進広域連携協議会(通称:ジモ×ガク)の事例を学んだ。  5月19日(土)午前、札幌学院大学公開講座の第2講、第3講が開講された。(学院大公開講座は一日に2講座開講されるので、タイトルの方は②、③とした) 第2講は「域学連携〜体 [続きを読む]
  • 坂庭省吾 & PETA
  •  私が坂庭省吾さんと最初に出会ったのは1981年、そしてPETAさんと出会ったのは2000年と、それぞれ37年前、18年前とずいぶん昔のことである。その昔の出会いが、昨日投稿した「札幌 8時間耐久ライブ」に呼び寄せてくれた。二人との出会いを思い出してみたい。                    今から37年前、私はオホーツク地方のある農村の公的機関(学校ではない)に勤務していた。その時、勤務から離れ農村の青年たちと [続きを読む]
  • 耐えた!8時間耐久ライブ
  •  音を楽しむはずのライブなのに、さすがに8時間ライブとなると、音を楽しみながらも、体力的には耐えに耐えた8時間だった。経験のなかった8時間連続ライブは、私にとって初めての貴重な体験だった。                                     ※ 「札幌 ハチタイ」のポスターです。 5月19日(土)午後、東区にあるイベントスペース「Mr. M」において、「札幌 8時間耐久ライブ」なるもの [続きを読む]
  • 今季初の藻岩山は雨で途中断念!
  •  夏山シーズンを控えて体力の衰えを自覚しているのだが、少しは準備しなくてはと例年のように体力づくりを兼ねて藻岩山に向かった。ところが登山途中が急に空が暗くなり、ついにはポツポツと雨が落ちる状況となり、無理せず途中で引き返した。  5月17日(木)、この日は特に何の予定も入っていなかったのに、私にしては珍しく早起きしてしまった。「それじゃ、足慣らしに藻岩山へ」と6時過ぎに家を出た。 空に雲は多かったが、 [続きを読む]
  • Tiaraミニライブ in かでる2・7
  •  Tiaraというポップス系の歌を歌うグループが「かでるロビーコンサート」に出演すると知り、所用ついでにかでる2・7(道民活動センター)に駆け付けた。年齢層の異なる6人グループははたして人々の心を掴めたか?               5月15日(火)お昼、かでる2・7において「かでるロビーコンサート」が開催された。かでるロビーコンサートでは珍しいポップス系のシンガーTiaraという6人組の登場だった。 構成 [続きを読む]
  • 北大スラブ研公開講座№3 北極海航路の今後の行方は?
  •  北極海の海氷面積が減少していることは前回の講義においても国立極地研の榎本教授が指摘していたが、ある研究によると2050年にはほぼ海氷のない状態ともなると予測されている。そのような状況の中で、北極海航路の行方が注目されているという。  5月14日(月)夜、北大スラブ研公開講座の第3講が開講された。 この回は「北極海航路、過去、現在、未来」と題して北大北極域研究センターの大塚夏彦教授が講師を務めた。     [続きを読む]
  • さっぽろ創世スクウェアの駐輪場を利用してみました
  •  札幌の都心(北1条西1丁目)に建設中の超高層ビル「さっぽろ創世スクウェア」は10月上旬のグランドオープンを目指しているが、それを前に4月18日から地下の駐輪場が供用を開始したとメディアが伝えていた。本日(5月16日)近くに所用があり、初めて利用してみた。                               ※ 「さっぽろ創世スクウェア」の完成予想図です。もう外観はほとんど完成しています。     [続きを読む]
  • 水源林のはたらきを学ぶ
  •  水源林とは、水源涵養林とも称されるという。森林は私たち人間にとってなくてはならない存在であることは多くの方の知るところである。今回改めて森林の働きについて学ぶ機会を得た。                    5月14日(月)お昼、道庁ロビーで北海道総合研究所の「ランチタイムセミナー」が開催された。たまたま庁舎に所用があったこともあり、聴講する機会を得た。 この日のテーマは「水源林のはたらきを知ろ [続きを読む]
  • 西円山病院医療公開講座
  •  先日(4月12日)何時も受講している西円山病院主催の「地域で暮らす高齢者のための医療公開講座」の5月講座を受講した。西円山病院の素晴らしい取り組みにはいつも感謝しながら講座を受講させてもらっている。       4月12日(土)午後、かでる2・7において、西円山病院が主催する5月の「地域で暮らす高齢者のための医療公開講座」が開催された。 今回のテーマは「今の生活を見直しませんか?〜生活習慣病と食事療 [続きを読む]
  • 人口減少時代の大学と地域の連携
  •  人口減少時代を迎えて、特に地方の私立大学は相当の危機感を抱いているようである。今回、札幌学院大学の公開講座「人間論特殊講義」を受講することにした。テーマは標題のとおり「人口減少時代の大学と地域の連携」である。さて、どのような講義が展開されるのだろうか?                                     ※ 判読は難しいかと思われるが、今回の「人間論特殊講義」の案内リーフレッ [続きを読む]
  • 北極海の海氷面積は減少している!
  •  地球温暖化の影響をもろに受け、北極海の海氷面積は確実に減少しているという。北極海、北極圏域の自然を研究対象としている科学者から北極圏の自然の現状を聞いた。  5月11日(金)夜、北大スラブ研の公開講座「ロシアと北極のフロンティア開発の可能性と課題」の第2講が行われた。 第2講目は国立極地研究所の教授で、国際北極環境研究センターのセンター長を務める榎本浩之氏が「ロシア極東〜北極圏の自然 北海道北方30 [続きを読む]
  • 日ロ経済セミナー2018 in 北海商科大
  •  未だに平和条約が結ばれていない日本とロシアにあって、経済交流だけが優先されている現状は果たして正常なのだろうか?そんな思いを抱きながら、標記セミナーに参加してみた。               5月9日(水)午後、北海商科大においてもロシア極東研、北大スラブ・ユーラシア研究センター、北海学園北東アジア研究交流センター、北海道国際交流・協力総合センター、北東アジア学会が共催する「日ロ経済セミナー20 [続きを読む]
  • 道の駅 あいろーど厚田
  •  厚田の「戸田記念墓地公園」の桜を愛でた後、4月27日(金)にオープンしたばかりの道の駅「あいろーど厚田」を訪れた。オープンして間もなくとあって、駐車場に向かう車で国道は大渋滞!そうしてようやく訪れた道の駅は?                           ※ オープン間もない道の駅「あいろーど厚田」の3階建ての建物全景です。 5月9日(水)、「戸田記念墓地公園」の満開の桜に感激した私たちは、 [続きを読む]
  • 厚田の桜・さくら・サクラ…
  •  ここ数年来、一度は見てみたいと思っていた、厚田の戸田記念墓地公園の約8,000本にのぼるソメイヨシノは満開状態だった。公園中がピンク色の染まった状況はまるでこの世の楽園と称しても良いほどの素晴らしさだった。            札幌に居を移して間もなくの頃だった。知人が「厚田の桜はぜひ一度見てみるべきだ」と言われていた。 ブログを読み返してみると、2013年5月20日に友人たちと一度訪れたという記録があっ [続きを読む]
  • ロシア経済を牽引する北極圏地域
  •  ロシアの北極圏地域は、人口は全ロシアの5%程度だが、石油や天然ガスに恵まれていることもあって、今やロシア経済を牽引する勢いだという。しかし、そこには課題も同居しているともいう。ロシア経済の専門家から話を聴いた。  今年もまた北大の公開講座が始まった。その第一弾が北大のスラブ・ユーラシア研究センターが主催する公開講座である。 私は数ある北大講座の中でも、このスラブ研の講座を毎年とても楽しみにしてい [続きを読む]
  • 札幌グルメ紀行 36 炭火食事処 桑乃木
  •  炭火食事処というと、一見居酒屋風でグルメランチに相応しくないかもしれないが、ホテルでのランチということでこのカテゴリーに加えることにした。炭火で焼かれたニシンの開きの一夜干しはなかなかの美味だった。                                     ※ 「炭火食事処 桑乃木」のエントランスに掲げられていた店名にも趣が? 5月4日(金)、「小金湯さくらの森」を見た後、その足で [続きを読む]
  • 花・水・木ウォーク2018
  •  桜の花を愛でながら、木々が付けた萌黄色の若葉に魅せられ、おまけにできれば避けたかった雨にまで歓迎され、文字どおりの花・水・木ウォークとなった。私にとっては3度目となる花・水・木ウォークだったが、自らの老化と運動不足を痛感させられた20キロウォークでもあった。                          ※ スタート地点での開会行事の様子です。ざっと100人位の参加者でしょうか?  今日(5月6日 [続きを読む]
  • 驀進コンサ!どこまで行くんだ!?
  •  今日もまたガンバ大阪を相手に2対0の快勝である。これでJリーグに限れば10試合負けなしの7勝3分けで、現在堂々の第3位をキープしている。こんな快進撃をシーズン前誰が予想していたろう?今日はスタジアム観戦を予定していたが、ある事情でTV観戦となってしまった。それでもコンサの快勝に酔いしれた私だった。                           ※ コンサの2点目。都倉選手がオーバーヘッドシュー [続きを読む]
  • 小金湯さくらの森
  •  11種、800本の桜の木を植え、将来には札幌の桜の名所を目ざすという「小金湯さくらの森」を訪れた。しかし、まだ桜の木が幼木だったことと、時期尚早だったため、いささか肩透かしをくった思いだった…。               昨年、函館に住むsakagさんから札幌南区の小金湯に「小金湯さくらの森」という公園があることを初めて知らされた。 そこで札幌市内よりかなり高いところにある小金湯だから、ちょうど今ごろが [続きを読む]
  • 第39回市民バンドフェスティバル in SAPPORO
  •  札幌で活動する吹奏楽団7団体が奏でるレベルの高い演奏会はとても聴き応えがあった。さらに選抜メンバーによる合同演奏「オペラ座の怪人」は、その構成の素晴らしさも相まって聴衆を満足させるに十分な演奏だった。                    4月29日(月・祝)午後、札幌コンサートホール(通称:キタラ)において、第39回の市民バンドフェスティバルがあることを知り、足を運んだ。 参加した7団体とは、①札 [続きを読む]
  • 清宮鮮烈デビューも日ハム惜敗
  •  それを惜敗と称するのは適切なのだろうか? 日ハム打線は楽天の好投手岸に3安打散発に抑えられゼロ封を喫した。しかし、日ハム投手陣も先発上沢をはじめ後継ぎも好投し、1点に抑えたのだから惜しい敗戦といって良いのだろう…。          本夕(5月2日)、札幌ドームで行われた日ハム vs 楽天戦を観戦した。 この日は、日ハムの話題の新人清宮選手が1軍に登録された初めての試合ということで、果たして出場するの [続きを読む]
  • お花見 in 円山公園
  •  待望の円山公園でのBBQでのお花見である。やや肌寒かったものの、桜の花を愛でながら焼き肉をつつき、お酒に喉を潤す円山式お花見(こんな言葉があるかどうかは知らない)をようやく実現することができた!               今日(5月1日)は、以前から準備を進めていた円山公園でのお花見を実施することができた。私にとっては待望のお花見だった。 というのも、円山公園は札幌市内で唯一(?)、一定期間に限 [続きを読む]