tengoro7406 さん プロフィール

  •  
tengoro7406さん: 伊豆高原シニア・ライフ日記
ハンドル名tengoro7406 さん
ブログタイトル伊豆高原シニア・ライフ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tengoro7406
サイト紹介文「老い」を受容しながら自然の恵みに感謝しつつ残躯天所許不楽復如何の心境で綴る80老の身辺雑記
自由文自然に恵まれた伊豆高原界隈をひたすら歩くこと・長年なじんできたパソコンはじめ身辺にある電子機器類をうまく使いこなすこと・家庭菜園では土を弄り植物を育てること、この三点を軸にして生活の活性化を図り、少しでも身体能力と知的能力の衰退を防いで、できるだけ他者に依存せず自立できる後期高齢者の生き方を実現するよう努力したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/03/29 08:48

tengoro7406 さんのブログ記事

  • 沼池逍遥・初詣
  • 1月3日(木)素晴らしい天気。病後はじめての足慣らしとして一碧湖の沼地部分を半周する。後で歩数みれば2000歩。後半は少々疲れたがよくぞ歩いた。Mr. & Mrs.TBと家内が付き添う。歩いた後、神祇大社に略式の初詣(拝殿まで行かず階段下から) [続きを読む]
  • 2019年正月
  • 1月1月(火)枯枝越しなれど伊豆大島の縁から上がる初日の出を毎年拝むことができる寝室の窓だが、今年は垂れ下がる雲の加減で、初日の出を見ることはできなかった。正月を夫婦二人だけでこうして祝い、写真を撮るようになったのは何年前からのことだったろうか。今年は珍しく暮れから長男が来ており、これをくわえて3人写真となった。病後1月半、日中はベッドに入ることなく椅子に座ってTVをみたり本を読んだり、パソコンを弄った [続きを読む]
  • 新春雛揃え
  • 12月29日(土)今年も終わろうとしている。今年一年を回顧する漢字として「災」を大書する僧の姿をTVでみたが、確かに日本各地をさまざまな災害が見舞う禍々しい一年であった。私個人としてもこれは言える。これまで経験したことのない「大凶」の年回りがこれかと思い知らされた。願わくば、来るべき年が一転、幸多き年となることを祈る。新しい年を迎えるにあたって、これまではいろいろとこなすべき仕事や行事がないわけではなか [続きを読む]
  • 伊豆高原冬景色
  • 12月25日(火)天気予報では「晴」だと報じているのだが、最近の「晴日」はなにか不安定で、陽光が射しても空にはいつも重たげな雲があり、「晴れ時々曇り」いやむしれ「曇り時々晴れ」といった感じの日が多く、我が家の窓からみる伊豆高原の冬景色には今一つ魅力が欠けることが少なくなかった。そんな天気が病後の体調に反映するのか、回復への足取りが鈍い。しかし、今朝起きてみれば天気は本当の「冬晴れ」。久しく望んでいた「 [続きを読む]
  • 間もなく平成が終わる
  • 12月15日(土)平成が間もなく終わろうとしている。明年4月31日がその終日になるようだ。マスコミなどでは平成最後の年として30年間に生起した事件の回顧や歴史の軌跡などがさかんに取り上げられている。昭和5年に生まれた私は「平成30年の時代」を生き抜いてきたわけだが、率直に言って私の平成時代はあまり明暗のはきりしない起伏の乏しい平坦な人生だったと思う。もちろん思い返せばこの30年間に起こった変化・変動は人類が経験 [続きを読む]
  • 天気は今一つだが、島影がくっきり見える日
  • 12月9日 (日)iPhoneの局地天気予報「大室高原」「八幡野」「伊東市」は、いずれも「終日快晴」とあったのに、朝起きてみれば重たげな白い雲が海面に垂れ、これでは秋の晴日とはいいがたい。海の景色を見ること以外にこころ慰めるものがない病床の私にとってこれは痛手だ。これまでにトイレ、二階の寝室と書斎までの階段昇降が肉体的移動の範囲だったが、昨日は秋の陽に誘われて海を眺めるテラスを杖なしで少し歩いてみた。今日 [続きを読む]
  • 開胸手術後の初の定期検診
  • 12月4日(火)///朝は快晴、それが俄かに曇ったり、時雨たり、そのうち黒い雲が湧き出て雨粒が車窓を激しく打ち付けたりという外出不向きの不安定な天候の中。(朝はこんなに晴れていたのに)開胸手術から19日目(退院してから9日)の今日、指定されていた「定期検診」に出掛ける。Mr. & Mrs.TB、家内の三人がかりで車で往復2時間半、ほぼ一日かけての大仕事。(本当に皆様にはお世話になる。)血液採取、レントゲン、エコーなどな [続きを読む]
  • 生死の境を彷徨う
  • 12月1日(土)まずは入院経過から11月9日(金)   伊東市民病院 午後、特別の身体不調はなかったので自分の車を運転し精密検査受診、すぐ車椅子に乗せられて集中治療室に収容される11月10日(土)  次第に呼吸が苦しくなり、深夜には呼吸困難となって集中治療室で生死の境をさまよう11月11日(日)  「大動脈弁狭窄症、冠動脈硬化症・低左心機能」による危篤と診断され、伊東在住の家内、横浜在住の長男・長女、八王子在 [続きを読む]
  • 半世紀前の我が家の遺物発見に思う
  • 11月2日?身辺から物を捨てるよう心掛けているがなかなか難しい。書斎内と隣接する納戸にある本、書類、文房具など気が向く都度、週に二回ある「ゴミ収集日」にゴミ袋に放り込んできているがなかなかはかがいかない。最近は、これから読むことがないだろうと思われる図書を毎回10冊ずつゴミ袋に放り込むことに決めているが、書棚から目立って本が少なくなっているようにも見えない。捨てる冊数をもっと増やすべきか……。家内は家 [続きを読む]
  • 秋のIK農園収穫祭
  • 10月29日(月)?雲一つない秋晴れの一日。芋掘りをメイン作業にして「IKOI農園」を改称した「TIKOHI農園」の収穫祭をおこなう。メンバーの頭文字を並べた「TIKOHI」だが、すこしばかり長くなり過ぎた。このブログでは面倒なので「Ik農園」と略称することにする。オールメンバーMr. & Mrs.IT・IW・KD・TB・HR・ON12名の勢揃いはちょっとした壮観?である(カメラマン2名が外れている)。130坪の農地では不足?なんだか狭くなった感 [続きを読む]
  • 対島滝と橋立吊橋 (動画編集)
  • 10月26日(金)?/?高齢化のもたらすところ、近時は体力だけでなく知能も大分衰えてきている事実は率直に認めないわけにはいかない。だが、その状態を徒に放置せず、しかるべき努力を怠らなければ身心の退化を遅らせることができると聞かされている。私は身体の衰えはウオーキングで、頭の呆けはパソコンやiPhoneなど電化製品の扱いでその努力をしたいと心掛けている。今日、なにごとであれ集中し事を成し遂げることは「前頭葉を [続きを読む]
  • 対島滝と橋立吊橋
  • 10月26日(金)?/?高齢化のもたらすところ、近時は体力だけでなく知能も大分衰えてきている事実は率直に認めないわけにはいかない。だが、その状態を徒に放置せず、しかるべき努力を怠らなければ身心の退化を遅らせることができると聞かされている。私は身体の衰えはウオーキングで、頭の呆けはパソコンやiPhoneなど電化製品の扱いでその努力をしたいと心掛けている。今日、なにごとであれ集中し事を成し遂げることは「前頭葉を [続きを読む]
  • 奥野渓谷ウオーキング
  • 10月22日(月)?昨日に続いて素晴らしい秋晴れの日。定例の月曜IKOIウオークは「奥野渓谷ウオーキング」。参加するのはMr. & Mrs.IW・IT・TB・0N、それにIKOIグループ新人となったMr. & Mrs.HTの10名。こんな大人数でのウオーキングは本当に久し振り。帰ってから過去の記憶をたどってブログを調べてみたら今から5年前にIKOIグループで同じ道を歩いていた。2013年12月4日 ブログ 「松川源流から松川湖まで(モーニング・ウオーク [続きを読む]
  • 秋空の下、海と崖が織りなす絶景を堪能する
  • 10月21日(日)?今年になって初めてみる本格的な秋の空。天気予報が明日は全国各地とも快晴に恵まれるとのことなので、昨夜Mr. TBに電話入れて伊豆高原駅から海に流れ下る対島川沿いの遊歩道を下って相模の海を展望するウオーキング・コースを選定、10:00出発を約束する。朝起きて書斎の窓から外を窺えば雲一つない青空の下に広がる相模の海面が陽光をきらめかせ、利島や新島のみならず神津島までを浮き上がって見せるという絶好 [続きを読む]
  • 元職場のOB会に出席する
  • 10月19日(金)?先日の東京駅隣にある大丸12階のレストランで年一回行われた元職場のOB会での写真が送られてきた。紙に印刷された写真を見るのは本当に久し振りである。最近の写真はすべてiPhoneかPCの上で見るだけなので、紙の写真は珍しくちょっとした違和感さえ感じたのは思いがけないことであった。時の流れはかくも古きものを押し流し新しいものえと変えていくのか……。時の流れを思いながら、私が漠然と「OB会」といってい [続きを読む]
  • 散歩に見る「池地区」の秋色
  • に10月16日(火)?お天気はあまり良くないが、足腰に負担のかからない平坦地「池地区」の軽い散歩で里山の秋色を愉しむ。刈入れた後の稲藁を燃やす白い煙がなびく様、里を守る山神社には秋祭を迎えるノボリバタが立てられた光景は、田舎に育った私ではないのだが、なにか郷愁のような思いをわき起こさせる。 [続きを読む]
  • 細野高原と三筋山ウオーク
  • 10月8日(月)晴IKOI恒例の秋のウオーク、ススキの名所細野高原にある「三筋山」に登りそこから雄大な展望を愉しむ。参加者はMr. & Mrs.IW・TB・ON、それにIKOIの新規の参加者Mr.HI、Mr. & Mrs.ITは所用で不参加。9:30にIKOI農園前を出発。細野高原入口に着いたら駐車場はがらがら、いつもある入山受付所も設けられていない。そのまま進んで細野高原の出発基地に向かう。なんだか様子がおかしいと、近くで休んでいる作業員風のひ [続きを読む]
  • 風邪に祟られた9月、なんとか散歩再開
  • 10月7日(日)晴今年の夏風邪には本当に参った。もともと風邪はあまり引かない、引いても3日もすれば元に戻る体質だと軽信していたが、今回は半月、いやそれ以上経つというのに未だに完全復調にいたっていない。いまもなにか体調がおかしい。この半月、風邪の一般的症状といわれる、微熱・せき・痰・喉の痛み・鼻水・下痢・四肢のこわばり・発汗異常などすべて経験してきたが、そうした症状が消えてしまってもなんだかすっきりしな [続きを読む]
  • 早朝の田園ウオーキング
  • 9月6日(木)かなり日中の気温が下がってきたとはいえ、出来れば日差しの中を長時間歩くのは避けたい。早朝ウォーキングの同意を得て、Mr.TBと二人で「池地区」の田園を歩こうと6:00に家を出る。次第に明るく晴れゆく空の下、朝の空気の爽やかさは格別。田には黄金の実り。小川には秋水のせせらぎ。ゆったりした気分で歩いていたら時間の経過を忘れていた。歩数計を見たらなんと7000歩を記録、このところ脚力の老化・衰えに不安を [続きを読む]
  • 秋に向けての足慣らし
  • 9月5日(水)記録破りの酷暑、豪雨、台風襲来など今年の夏はさんざんだった。だが、時は巡りようやく人心地のつく季節が廻てきたようだ。日中気温も30度以下に収まるようになってきた。秋はもうすぐか。IKOIウオーキングの足慣らしということで、久し振り、本当に久し振りのウオーキング。というより、松川湖畔に秋の気配を求めて軽く歩いたというのが正確。Mr. & Mrs.TB,ONの四人で。湖面をわたって吹く風を思いっきり吸い込む。 [続きを読む]
  • 孫・子の伊豆大集合
  • 9月2日(月)8月には孫と子が我が家に大集合するのがならいとなっている。今年は酷暑もあって月末となったが、あいにく天気に恵まれず狭い家の中に大勢の大人が詰め込まれることになった。二泊三日の逗留。孫は男5人のところ一人が仕事の関係でキャンセル。それに息子とその嫁、娘二人、それに我々老夫婦を加えて都合10人。いつもはひっそりした二人だけの朝食のテーブルにぎっしり。外食も全員が座れるお店を見付けるに一苦労。 [続きを読む]
  • 高齢者の多剤服用について
  • 8月30日(木)歳を重ねてくるとどこか身体に不調・不具合が出たりすることが多くなる。そんなとき病院にいって症状を訴えると、いろいろな検査を受けさせられた挙句に新しい病名がつけられて薬を処方されることになる。高齢者の生活習慣病や老年症候群に対して医者が言うところは必ずしも同じではなく、処方される薬も微妙に違い、いいなりになっていると服用する薬がどんどん増えていく。特に新しい症状で病院や医者を代えたり [続きを読む]