王鳥蓮治 さん プロフィール

  •  
王鳥蓮治さん: カープ鯉日記
ハンドル名王鳥蓮治 さん
ブログタイトルカープ鯉日記
ブログURLhttp://rb-life.com/wp/
サイト紹介文プロ野球・広島カープの情報です。
自由文カープファンの筆者が、カープ中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/03/29 11:21

王鳥蓮治 さんのブログ記事

  • 延長戦を制す
  • 4時間56分、延長12回、下水流昴の左中間を破るサヨナラヒットで勝ちました。この試合、岡田明丈がヤクルトに先制されました。初回、雄平のフェンス直撃2点2塁打、4回には連打、野選で2点、計4失点です。カープも粘って、6回裏、先頭田中広輔がセンター前、菊池涼介のショートゴロは一塁悪送球を誘い、丸佳浩四球、松山良平のライト前で2点、続くバティスタがセンター前で1点、ノーアウトで3点取りました。イケイケ状態で [続きを読む]
  • 中村祐太、先制打も
  • 中村祐太、今シーズン初登板、好投で初勝利です。おまけに、先制打も打ちました。3回裏、先頭7番美間優槻が四球、會澤翼がセンター前ヒット、この流れから打ったのでしょうか、センター前に先制タイムリーヒットです。。おまけに、丸佳浩がレフトへ犠牲フライでさらに1点追加です。中村祐太、5回に広岡にソロホームラン、7回に坂口に打たれたヒット、この2本だけですからたいしたもんです。今日の試合は、中村祐太に尽きます [続きを読む]
  • カープ、10勝一番乗り
  • カープ、10勝一番乗りだそうです、おめでとうございます。九里亜蓮、8ヶ月ぶりの先発だそうで、先発の感覚を忘れたのか立ち上がりいきなり右中間2塁打を浴び、四球、犠牲フライ、押し出しの四球で2点を失いました。しかし、2点くらい何ともありません、逆転のカープには。1回裏、4番松山竜平が、レフトへ2ランでたちまち同点です。九里亜蓮、2回から立ち直ると思いましたが、パッとしませんでしたねぇ、力みすぎかなぁ。2 [続きを読む]
  • ヒヤヒヤ勝ち越し
  • 1点リードされている5回表、菊池涼介がライトへ同点ソロホームラン、また、7回には、野上から変わった上原から2アウトランナー無しからレフトへ勝ち越しのソロホームランです。菊池涼介、調子上げてきたのかな。上原は、その後丸佳浩の四球、松山竜平、エルドレッドに連続2塁打を浴びこの回3失点。カープは、3点の勝ち越しです。大瀬良大地は、2失点で6回で降板。この2失点は、初回犠牲フライ、2回ソロホームランの2失 [続きを読む]
  • ジョンソンに尽きる
  • 試合は、カープが先制。ジョンソンが、素晴らしいピッチングでこの先制点を守る。これに尽きますね。3回表、相手ピッチャー田口から、ジョンソン、田中広輔の連打のあと、丸佳浩がライトスタンドに先制3ランです。この3点を、ジョンソンが守りました。ジョンソンは、4回にマギーの犠牲フライ、7回にゲレーロのソロホームランの2点に抑えました。9回は、中崎翔太が、キッチリ抑えました。ピッチャーが好投し、打線が先制点を [続きを読む]
  • ボロ負け
  • 初回がすべてでした。2連敗中の菅野に対して、先頭田中広輔が四球、菊地涼介が送りバント、丸佳浩がセンター前へ先制打。速攻先制で、イケイケだぁ〜〜〜〜〜あ。と思ったが、松山竜平、ゲッツーでシュン。野村祐輔、どうしたのか、先頭坂本にセンターオーバーの3塁打、オイオイ大丈夫か?続く2番吉川はファーストゴロ、安部友裕取れず1点取られ同点です。この吉川、盗塁するも會澤翼の悪送球で3塁までいかします。ランナー3 [続きを読む]
  • やっと勝った
  • 阪神戦、やっと勝ちました。先発・岡田明丈、初回こそ四球、自身のピッチャーエラー、ライトヒットでピンチを招き、ロサリオのセンター犠牲フライで先制されました。しかし、続く5番福留をゲッツーにとり1失点だけに止めたのがよかったですね。その直後の2回表、下位打線が活躍、いつまでも黙ってはいられないですよね。逆転のカープを見せつけなきゃ!阪神に対して。先頭6番安部友裕のライトへ2塁打、7番堂林翔太がレフトへ [続きを読む]
  • 阪神に2連敗
  • あぁーーーーあ、情けないカープだこと。いくら新顔に弱いからって、阪神ドラフト2位の新人、高橋遥人に7回、たった2安打ですよ、しかも四球ゼロです。。これじゃぁ、勝てないですね。それの引き換え、中村恭平、何年目ですか?四球→タイムリー(初回)。5回には、1アウトからヒット→四球→四球→四球で押し出し。さらに、タイムリーを打たれ3失点。これじゃぁ、勝てないですね。なんで、中村恭平なんですかねぇ?ファーム [続きを読む]
  • 阪神に負け
  • 先発・藪田和樹、重症ですね。ストライクが入らない、四球連発。これでは、勝つ方がおかしい。おかしいが、先制は、カープでした。2回、下位打線で先制です。先頭、4番松山竜平がセンター前、安部友裕が送りバント、エルドレッドは見逃しの三振で2アウト2塁。次打者堂林翔太は、ライト前で、2アウト3塁1塁。ここで8番會澤翼が、レフト左にタイムリー2塁打、おまけに藪田和樹までがライト前で2点先制しました。これで、藪 [続きを読む]
  • 横浜DeNAに負け越し
  • 横浜DeNAにだけは、勝ち越しておかないと今後を考えるとと不安になりますね。本当は、現在不調の横浜DeNAにガツンと3連勝、悪くても勝ち越しと思っていましたが、なんと・・・・この試合は、筒香にやられました。不調の今のうちに抑えておかないと・・・・乗らしたらダメでしょう。初顔に弱いカープ、京山に手こずっていました。4回、5回の先制のチャンスをものにできなかった。6回、7回に追い付けなかったというのが [続きを読む]
  • ジョンソンで負け
  • 先発の両投手(ジョンソン、バリオス)とも、好投を続けていましたが、先に打たれたジョンソンが負けました。ジョンソン、4回までノーヒットピッチングでした。が、5回表、打たれてしましました。1アウト後、5番宮?にレフト前に打たれると、次打者嶺井にレフトスタンドに運ばれてしましました。何とも悔やまれる一球でした。この回、9番倉本にも打たれ計3失点です。3点くらいだったら、逆転できると思っていたら、ジョンソ [続きを読む]
  • 押し出しと相手エラーで簡単に逆転
  • 野村祐輔の好投と、タダでもらった逆転、そしてそつなく得点を重ねての勝利です。野村祐輔、立ち上がり、名前も聞いたとこのない先頭神里にライト前、ロペスのショートゴロ内野安打の間に1点先制されました。1点くらいは、カープにとっては無いも同然です。すぐその裏、田中広輔、菊地涼介の連打、丸佳浩、エルドレッドの連続四球で早くも同点。今日スタメン6番に入った堂林翔太の三塁線相手(宮?)エラーで逆転です。タダでも [続きを読む]
  • 丸佳浩先制3ランで逃げ勝ち
  • 先発の両投手(カープ岡田明丈、ヤクルト館山)の好投で前半は締まった試合でした。それぞれが、自分のピッチングをしていたと思います。岡田明丈は、4回までノーヒット、5回に奥村に初安打を打たれましたが広岡をサードゴロゲッツーに取りました。館山も、田中広輔には打たれましたが、3回まで田中広輔の2安打のみ。4回、松山竜平、安部友裕に連打されましたが、7番野間峻祥をショートゴロゲッツーに取りました。5回表、先 [続きを読む]
  • 連勝止まった
  • このまま10月までいくと思っていた連勝、こんなことあるはずないが・・・・開幕5戦目にしてストップしました。カープの先発は、2年目左腕初先発の高橋昴也でしたが、思ったようにいかなかったですね。毎回ヒットを打たれていれば、いつか失点するものです。回を追う毎に長打(二塁打)が多くなりました。4回裏、先頭先頭鵜久森に2塁打、送りバント、また2塁打、とどめはバレンティンに3ランで大量5失点です。まるで、カープ [続きを読む]
  • また勝った、4連勝
  • 開幕4連勝を飾りました。しかもすべて逆転勝ちです。こんなんでいいのでしょうか?まぁ、今日は内容はよくなかったですけど、「勝ち」がつけばいいのです。今日のスタメン6 田中広輔4 菊地涼介8 丸佳浩7 松山竜平3 安部友裕5 西川龍馬9 野間峻祥2 會澤翼1 藪田和樹4番以下、がらりと変わっていますね。この打順で勝てるのか?試合前は思いましたよしかし、初回、松山竜平のタイムリー、西川龍馬の犠牲フライで [続きを読む]
  • 開幕3連勝
  • 3戦目は、大瀬良大地を持ってきました。大瀬良大地は、期待に応えたといえるでしょう。先制は、カープ、練習中に体の張りを訴えた鈴木誠也に代わりスタメン出場した下水流昴が、2回に先制のバックスクリーンソロホームラン。(ビックリしたな、もう・・・・古っ!)大瀬良大地も三振をビシビシ取って調子よく投げていましたが、4回表、アルモンテ、平田にソロホームラン打たれ逆転されました。しかし、1点くらいならいつか逆転 [続きを読む]
  • 開幕2連勝
  • 開幕2戦目も勝利です。調子が心配されていたジョンソンも、2回先頭福田にバックスクリーンホームランを打たれましたが、徐々に調子を上げてきました。4回裏には、タイムリーも放ちました。7回を投げきり、今シーズン初勝利を挙げました。今シーズンは、このジョンソンの復活なくして、三連覇はないと思います。試合運びも、昨日と同じ、カープらしい攻撃で逆転勝ち。4回裏、犠飛(松山竜平)で同点、まさか(?)の石原慶幸が [続きを読む]
  • 開幕戦勝利
  • 開幕戦、久しぶりの勝利です。緒方孝市監督になって、初めてです。幸先よいスタートといえるでしょうか。(いえいえ、黒星スタートで2連覇ですから、どうなんでしょう)「白星」という何ともいい言葉でスタートですから、秋が楽しみです。2018年シーズン、スタートのメンバーです。6 田中広輔4 菊地涼介8 丸佳浩9 鈴木誠也7 松山竜平3 エルドレッド5 安部友裕2 會澤翼1 野村祐輔去年のベストメンバーですね [続きを読む]
  • カープの外国人選手の契約情報
  • カープは、今年在籍した外国人選手のうち、ジョンソン、エルドレッド、バティスタ、メヒア、ジャクソンが来シーズンも大活躍(?)してくれます。●ジョンソン来シーズンは3年契約の2年目です。今シーズンは、今ひとつでしたが、ジョンソンの大活躍がないと、優勝は難しくなりますね。ジョンソン「カープでの4年目のシーズンを楽しみにしています。来シーズンは健康な状態を維持し、再びチームを優勝に導きたいです。いいスタート [続きを読む]
  • 新外国人・カンポス投手を獲得
  • カープは、新外国人選手としてレオネル・カンポス投手(30)=188センチ、97キロ、右投げ右打ち=を獲得しました。背番号は「70」。今シーズンは、大リーグ、ブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板し、防御率2.63。あぁ、そうですか。ですね、アメルカでの記録はあてにならないですからね。カンポス投手は、はベネズエラ生まれで、188センチ、97キロで右投げ右打ち。長身から投げ下ろす直球が武器でスライダー、チェンジ [続きを読む]
  • 来シーズンのコーチングスタッフ発表
  • カープは、来シーズンのコーチングスタッフを発表しました。〈1軍〉 監督 緒方孝市 ヘッドコーチ 高信二 内野守備走塁コーチ 玉木朋孝 外野守備走塁コーチ 広瀬純 打撃コーチ 東出輝裕 打撃コーチ 迎祐一郎 投手コーチ 畝龍実 投手コーチ 小林幹英 バッテリーコーチ 植田幸弘〈2軍〉 監督 水本勝己 外野守備走塁コーチ 永田利則 内野守備走塁コーチ 山田和利 打撃コーチ 朝山東洋 打撃コーチ 森笠繁 [続きを読む]
  • 何をやってもダメ、逆転のカープ、逆転負け
  • チームの流れというものは、恐ろしいものです。短期決戦用の采配をしたラミレス監督と、ペナントレースをダントツで勝ったのだからと、その野球を持続した緒方孝市監督との采配の差が出たのでしょうね。早め早めに手を打ってきたラミレス監督、後手後手に回った緒方孝市監督の差でしょう。この試合も、ホームラン2本で逆転にされた野村祐輔を3回に代えたはいいと思いました。3回だし、まだ1点差ですから。ですが、チームの流れ [続きを読む]
  • 遅いと早い
  • 苦手ウィーランドが、モタモタしている間に、丸佳浩のライトポール際に先制2ラン。更に、松山竜平の左中間2塁打、新井貴浩がライト線2塁打で追加点。3点先制したのに負けるんですね、カープは。台風21号の影響(雨)で、2日伸びての第4戦、いくら藪田和樹でもはじめての中4日では無理があります。大丈夫そうな顔してたけど、立ち上がりはコントロールが不安定、1回、2回と四球を出します。そして3回表、先頭ピッチャーの [続きを読む]
  • 遠い遠い1点だが
  • 2回表、先発・ジョンソン、簡単に2アウト取りながら、2連打、次バッターは、ピッチャーの井納、ここで何ということでしょう、ライト前に打たれましたよ、ピッチャーに、不用意でしたね。短期決戦では、こういうのが後々まで尾を引くものです。しかし、2回、たった1点。いつでも返せる・・・・・・と、思っていました。が!!!、これができずに負けてしまいました。もうひとつ、短期決戦の鉄則。「ツキ」のない選手を使うな。 [続きを読む]
  • 重い雰囲気、リズムが出ない
  • マツダスタジアム上空に、重い石をいっぱい詰め込んだような黒い雲が低く垂れ下がっているようでした。重い重い空気が、スタジアムを包み込んでいたようです。横浜DeNAの新人濱口を全然打てません、あと1本が出ないということです。先頭ランナーを出したのは、初回と4回だけ。横浜DeNAに2点先行され(3回表)、4回、2アウトから西川龍馬がレフト線にヒットを打ち、1点差に詰め寄りました。が、5回表、野村祐輔の悪 [続きを読む]