王鳥蓮治 さん プロフィール

  •  
王鳥蓮治さん: カープ鯉日記
ハンドル名王鳥蓮治 さん
ブログタイトルカープ鯉日記
ブログURLhttp://rb-life.com/wp/
サイト紹介文プロ野球・広島カープの情報です。
自由文カープファンの筆者が、カープ中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/03/29 11:21

王鳥蓮治 さんのブログ記事

  • スカッと負け
  • 初球をライトへホームラン。3球目をレフトへホームラン。初球をレフトへホームラン。3者連続ホームランで6点です。カープではありません。横浜DeNAです。筒香、宮?、ソトに連続被弾です。カープ、8回表終了時点で、4−1と3点リード。先発・野村祐輔、打たれながらも粘りのピッチングで、1点に抑えていました。8回裏です、問題は。先頭大和へライト前、2番柴田にセンター前、3番ロペスにセンター前でノーアウト満塁 [続きを読む]
  • カード負け越し
  • 久しぶりのカード負け越しです。後半戦(オールスター後)では、初めてです。岡田明丈、連打はあったものの、まずまずの投球でしたが、5回はもったいなかったですね。2回に犠牲フライで1点失っていましたが、この5回、2アウトを取ったのに、四球、ヒット、四球、押し出し四球での失点です。まぁカープは、2点くらいならなんていうことないけれど。岡田明丈の悪いところが出ました。カープは、6回丸佳浩のセカンドゴロの間に [続きを読む]
  • M32点灯
  • マジック32が点灯しました。マジックというのは、点いたり消えたりします。しかし、この時点でのマジック点灯。数字上、圧倒的有利で優勝しますね。現在のカープの成績、101試合60勝39敗2引き分け、勝率.6062位とは、11.5ゲーム差です。現在2位の東京読売は、108試合52勝54敗2引き分け、勝率.491ですからね。まぁ、マジック対象は阪神ですけど。その阪神、97試合46勝50敗1引き分け、勝率.479、12.5ゲーム差です。ここから逆 [続きを読む]
  • 勝つかと思ったが負けました
  • 阪神には勝つだろうと思っていましたよ、試合前から。先発はジョンソンだし。4回表、松山竜平のタイムリーで先制しましたが、ジョンソン、その裏、梅田にタイムリー打たれ同点にされます。5回表勝ち越しのチャンス到来です。先頭西川龍馬がレフトへ2塁打、8番ジョンソンだとスタメンの石原慶幸がめずらしくセンター前で、ノーアウト3塁、1塁のチャンスを作りました。ジョンソン送りバントで1アウト3塁、2塁。ここで田中広 [続きを読む]
  • ついに負けた
  • 連勝記録というのは、いつか終わるものです。対ジャイアンツ戦、マツダスタジアムで13連勝、昨日引き分け、今日は負け。と、いうことでしょう。負けるなら今日だと思っていました。先発・福井優也、今シーズンはここまでピリッとしていませんでした。福井優也の悪いパターン、四球、連打、四球、連打で崩れます。いい時は、見違えるようなピッチングしますけど、今シーズンは期待できないと思っていました。立ち上がり、先頭重信に [続きを読む]
  • 勝てたのに引き分け
  • マツダスタジアムでは、負ける気がしないジャイアンツ戦、大瀬良大地だし、今日も勝つと思っていました。(ただ相手が、苦手菅野ということだけ・・・・・)大瀬良大地、しっかり投げ7回2アウトまでノーヒットでした。3回先頭に四球出していますので、ノーヒットノーランを期待しましたが成りませんでした。7回は、2アウトから4番岡本にレフト線2塁打を打たれました。次の8回、先頭7番山本に左中間2塁打、1アウト3塁1 [続きを読む]
  • 楽勝完璧勝利
  • 新顔、初顔に弱いカープ。ジャイアンツは、4戦で3勝、防御率も0.62のメルセデスを先発に持ってきました。このメルセデス、右打者にはめっぽう強く、被安打率は1割3分です。だが、左打者には、2割5分と打たれています。選手層の厚いカープ、左打者を並べて対抗します。これが効いたのか、初回から得点です。2アウト後、丸佳浩が三遊間レフト前、左ではないが最近絶好調の鈴木誠也がレフトへの大ホームランです。4回裏には、 [続きを読む]
  • 延長勝ち、菊池涼介サヨナラ打
  • 先制は中日、カープは4回に追いつき、その後両チームとも1回くらししかチャンスがなく、延長に突入です。延長11回、先頭西川龍馬はセカンドゴロ、代打新井貴浩がライトヒットで出塁、田中広輔四球のあと、菊池涼介がライト前にサヨナラヒットです。菊池涼介、今シーズンは打撃不振で、8月4日には、8番スタメンでした。この日、タイムリーヒットを打っています。翌日の5日には、いつもの指定席2番に戻り、5打数4安打2打点 [続きを読む]
  • 中崎翔太、通算100セーブ
  • カープは、先制しましたが、逆転されました、が、直ぐさま同点に追いつき、勝ち越ししましたが、また同点にされました。しかし、粘りのカープ、5−5の7回裏、先頭鈴木誠也が四球、松山竜平はセカンドゴロでしたが、鈴木誠也は2塁へ、野間峻祥はショートゴロで2アウト2塁。ここで、會澤翼が、ライト前に勝ち越し打です。さらに8回裏には、丸佳浩がライト線にタイムリー2塁打で1点追加。(おまけ:3塁まで行ったがタッチア [続きを読む]
  • 効率よく勝ちました
  • 中日のガルシアに対して、3連敗しているカープ。今日はどうかな?ということでしたが、見事、前半で勝負決めました。立ち上がりのよくないガルシアに対して、初回からガンガンいきます。1番田中広輔から、2番菊地涼介の四球を挟んで、丸佳浩、鈴木誠也、バティスタと連打が続きます。初回、3点先制です。2回も、菊池涼介のタイムリーで1点。3回には、鈴木誠也がライトへソロホームラン。3回終了時点で、5点のリードです。 [続きを読む]
  • やっと勝った
  • 今日のスタメン6.田中広輔4.菊池涼介8.丸佳浩9.鈴木誠也7.松山竜平3.バティスタ2.會澤翼5.安部友裕1.高橋昴也菊池涼介、1日で2番に戻しました。この方が座りいいですね、見慣れていましたから。8番に、安部友裕です。昨日と入れ代わったということです。2番に戻った菊池涼介、1回はセンターにヒット、3回にはライトへソロホームラン、5回にはレフトへ2塁打、9回にはセンター前ヒットで1打点。なんと5 [続きを読む]
  • 安心投手大瀬良大地で勝ち
  • 今日のスタメンです。6.田中広輔3.安部友裕8.丸佳浩9.鈴木誠也7.松山竜平2.會澤翼5.西川龍馬4.菊池涼介1.大瀬良大地今シーズン打撃不振(打率、2割3分台)の菊池涼介を8番、一軍復帰後このところ調子のいい安部友裕を2番に持ってきました。そしたら何と、2回表、先頭西川龍馬の左中間2塁打のあと、菊池涼介がタイムリーセンター前ヒットです。好調安部友裕は、2番は座り心地悪いのか、4打数ノー安打でし [続きを読む]
  • あと1本が出ないまま追いつくもサヨナラ負け
  • カープは、9回3点入れて同点にしましたが、延長11回、サヨナラ負けです。延長11回、ピッチャーは一岡竜司、先頭ロペスをピッチャーゴロ、4番筒香にライトへ打たれましたが、代打乙坂を三振で2アウト。ここまではよかったが、代打石川、代打ウィーランドに連続四球で満塁。最後は、倉本にライト前に打たれサヨナラ負けです。せっかく2アウト取ったのに、連続四球が命取りになりました。いくらバッチングがよいといっても、ウィ [続きを読む]
  • 初回がすべて、岡田明丈残念
  • 岡田明丈、ピリッとしませんね。前回登板(7月26日、阪神戦)では、3回で降板しています。その前(7月18日、中日戦)では、6回1/3で降板、4敗目その前(7月8日、読売戦)では、4回降板、3敗目いずれも、四球、連打から崩れています。この試合もまったく同じですね、なんとかしろよ!といいたいですね。初回、先頭からショート内野安打、左中間2塁打(ここで1失点)、レフト前ヒット、そして4番バレンティンに3ランホー [続きを読む]
  • 大花火大会で圧勝
  • 序盤で決まりました。打上花火連発です。初回、鈴木誠也が3ラン。2回は、丸佳浩がソロホームラン。3回には、田中広輔、菊池涼介が連続のソロホームラン。で、3回が終わった時は、8−1の大量リードです。中押しは、6回、バティスタがソロホームラン。7回には、今日2本目、鈴木誠也が2ランホームラン。なんとなんと、総得点13点の内、ホームランで9点です。鈴木誠也なんて、1回、レフトスタンドへ3ラン、3打点。2回、 [続きを読む]
  • カード初戦勝ち
  • オールスター明け後は、カード初戦全部勝っています。カード初戦5連勝です。先発・ジョンソン、せっかく初回に、2アウトから松山竜平のセンター前で1点先制したのに、立ち上がり不安な投球でした。先発投手は、立ち上がり不安なものですが、先頭から3連打、3番山田に同点打、2アウトから6番川端に逆転打です。しかし、ジョンソン、エースです。2回、3回と3者凡退に退け、打線の援護を待ちます。4回、先頭4番鈴木誠也が [続きを読む]
  • 大瀬良で負け
  • また若いピッチャーに負けました。相手先発京山(←誰?近江高校出身の20歳)を打てませんでした。7月25日(水)、甲子園で才木を打てなかったのと同じですね。カープは、2回裏、鈴木誠也が四球、好調安部友裕がセンターへヒット、松山竜平の1塁ゴロの間に先制しましたが、今日はこれだけ。3回裏には、1アウト後田中広輔四球、菊池涼介ショートエラー、丸佳浩四球とタダでもらったチャンスなのに、鈴木誠也三振、松山竜平ライト [続きを読む]
  • 満塁弾2発勝利
  • 満塁ホームランが2発でました。3回にはバティスタ、7回には田中広輔です。これだけで8点ですからね、非常に効率のよい得点でした。先発・野村祐輔も前回のジャイアンツ戦では、粘れなかったが、今日はよく粘りました。球数が5回で103球、これ以上投げたら四球から大量失点かもわかりませんので、まぁ代え時だったのでしょうね。でもエースです、次回は、もうちょっと、7回までは投げて欲しいところですね。打線は、天敵ウィ [続きを読む]
  • 順当勝ち
  • 開始直前、突然の大雨で試合開始が1時間12分遅れてスタートです。相手先発、藤浪、コントロール無茶苦茶でしたね。ストライクが入りません。どうなってるんでしょうか、立ち直れるのでしょうか、敵の選手ながら心配です。初回、田中広輔が四球、今日スタメンのセカンド安部友裕がセンターへヒット、丸佳浩は四球で、ノーアウト満塁です。鈴木誠也は、ショートゴロ2塁アウト。この間に3塁ランナー田中広輔生還で1点先取。5番松 [続きを読む]
  • 負ける時もある
  • 先制は、カープ。初回、2アウトからですが、丸佳浩、鈴木誠也と連続四球。ここで松山竜平がセンター前に先制タイムリー、上々のすべり出しです。しかし、初顔(相手ピッチャー才木←誰?、まだ20歳のピッチャーでした)に弱いカープ、この後サッパリでし。先発九里亜蓮、立ち上がり連打を浴びますが最後はゲッツーに取り、2回は、三者凡退、上々です。しかし、3回に捕まります、というか守備の乱れ(エラー)も絡んでの失点でし [続きを読む]
  • ホームラン2発で勝ち、ジョンソン好投
  • 初回でもう勝ちと思いました。先頭田中広輔が四球、菊池涼介が、レフトスタンドに先制2ランホームランです。菊池涼介、打率は、2割4分くらいですが、阪神戦では3割り打っているのですね。もうコレで勝ちですよ、今のカープは、相手は阪神だし。ジョンソン、立ち上がりは、連打で、おやっ、と思いましたが、後続をピシャリ。もうコレで勝ちですよ、今のジョンソンなら、相手は阪神だし。2回以降は、7回、四球、送りバント、ヒ [続きを読む]
  • 大逆転勝利、6点差ひっくり返す
  • 連勝(対ジャイアンツ戦、マツダスタジアムで11連勝)記録は、いつか破れるものです。今日あたりかな?と思っていましたが・・・・・先発・高橋昴也、立ち上がりは順調でしたが、3回、エラー、ヒットでマギーに3ラン打たれます。内容のよくない負ける展開ですね。4回には、長野のタイムリーヒット、このカードよく打たれている吉川尚輝に2ランで3失点。3会を終わった時点で、6点差リードされます。しかし、しかし、ホームラ [続きを読む]
  • 大瀬良大地11勝目、菅野に勝つ
  • 前回、7月6日(金)(東京ドーム)も大瀬良大地、菅野の投げ合いでした。この時は、カープはあと1本が打でずに、菅野-マシソンに完封負けを喫しています。さて、その再来となった今日の試合、ジャイアンツ戦マツダスタジアムでは負けていないカープ、今日も勝ちました。これで、11連勝です。先制はカープ、初回、4試合振りのスタメン4番鈴木誠也が、センターフェンス直撃の2塁打で先制。野間峻祥もレフトへ2塁打で続き加点、 [続きを読む]
  • 逆転サヨナラ2ラン!被災者に届け!とばかり
  • なんちゅう試合やってんねん、ですね。楽勝のはずが、こんなに苦労するとは、お釈迦様でもわからなかったんじゃないの。いくら7連勝で好調のジャイアンツ相手でも。立ち上がりから、カープの攻撃が威力を発揮します。相手先発山口俊に襲いかかります。初回、5番野間峻祥が三遊間レフト前に先制タイムリー、続く6番久しぶり安部友裕が、何と何とライトスタンドへ3ランですよ、でこの回4点。2回には、丸佳浩がライト線タイムリ [続きを読む]
  • たった1安打じゃ、あきまへんなぁ
  • カープ、相手先発ガルシアをさっぱり打てませんでした。8回、先頭會澤翼がヒットを打っただけ。打ったのもこの1本だけ。さっぱりわやや、あきまへん。ですね、チャンチャン。初回立ち上がりの悪いガルシアに対し、2アウトからですが、四球、ピッチャーエラー、四球で2アウト満塁にしたのが、唯一のチャンスでした。このチャンス、野間峻祥がファーストゴロでオジャンでしたが。カープ岡田明丈もガルシアに負けずに好投していま [続きを読む]