ニャンコ さん プロフィール

  •  
ニャンコさん: 水のように 〜自然の力にまかせた梅干づくり〜
ハンドル名ニャンコ さん
ブログタイトル水のように 〜自然の力にまかせた梅干づくり〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kenyaku/
サイト紹介文お漬物の森島、(無農薬による梅の栽培) 梅の栽培から製造まで一貫して、昔ながらの梅干づくりを目指す。
自由文美味しい梅干を作るために、今では梅の栽培もするようになりました。今では梅林の土づくりが大切だと感じています。自然の力にまかせ農薬を一切使わずに梅を栽培していると、色々な利点があることに気づかされます。自然の力は本当に偉大です。また何でもそうですが、つくる梅干には人の心が表れますので、いろいろな経験を積んで人として大切な心を磨いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/03/30 18:28

ニャンコ さんのブログ記事

  • 風のように全力で9月を駆け抜ける。 
  •  9月に入り、夏が終わるのとともに色々なイベントに参加しました。風の如く野山を駆け抜けました。 第2週に第45回商業界関東山静ゼミナール群馬 6日(水)・7日(木)が伊香保温泉でありました。スタッフ件講師として参加しました。 160名参加 一日目の夜、夜通しいろんな人と話し、寝たのが朝の6時でした。7時半に起床。二日目も寝ずにがんばりました。  450本のビール酎ハイが一晩でほぼ完売 第3週に第52回商業界 [続きを読む]
  • 第38回 草津音楽フェスティバル 一流の人の言葉
  •  8月23日(水)に草津夏期音楽アカデミー&フェスティバルに行ってきました。 毎年盆明けから8月末まで、約2週間草津音楽の森コンサートホールで開催されています。 世界から一流の音楽家が集まりますので、好きな人は日本全国から聴きにやってきます。そして、毎年天皇皇后両陛下が観覧されます。  お昼に草津に到着。お昼を食べて、公開レッスンを観に行きました。草津アカデミーというのは、音大生などが、オーディシ [続きを読む]
  • 第13回アサマスタークロスウォーク つわもの共が夢のあと
  •  8月19日(土)〜20日(日)に長野県から群馬県にかけて夜通し歩くアサマスタークロスウォークに参加してきました。今年が9年連続の9回目です。 標高650mの小諸駅から出発し、標高2000mの高峰高原を越え、標高1000mの嬬恋キャベツ畑を通り、日帰り温泉つつじの湯までの31kmを夜中に約8時間かけて歩きます。  今は800名を越える申込がありますが、800名でお断りしているそうです。今回は、淋しいことに、みんなを誘って [続きを読む]
  • 富士山登山 3 家に帰るまでが富士山登山
  •  朝の7時半に山を下り始めました。須走りルートは砂走りという場所を飛ぶように下っていきます。私は両足とも過去に半月板を損傷していますので、下りのほうが膝に衝撃があり、つらいです。  山を下っていると頂上を目指し夜中登っている時に、出会った女性二人(看護士)にまた会いました。私は一人だったので、話をしながら一緒に下ってきました。一人の人は初めて、もうひとりは5回目だそうです。夜勤明けに弾丸登山だそう [続きを読む]
  • 富士山登山 2 今年も来ました日本の頂点
  •  日本の頂点である。剣が峰に向かいました。カレーを食べている間にありがたいことに雨が止みました。最初に登った時には、頂上にある気象観測所が、すごく遠くに見え、『あそこまで行く人はすごいな。ここで十分だ』と思いました。 山の上が気象観測所です。真ん中に人がいます。4年前の写真。   頂上を歩いていると空気の薄いのを感じます。今回が4回目の富士山登山ですが、ありがたいことに一度も高山病になったことがあ [続きを読む]
  • 富士山登山 1 頂上でのカレーが最高のご馳走
  •  7月25日(火)午後3時に家を出発、今年も富士山登山に向かいました。中央高速を走っている途中、小雨が降っていました。昨年雨の中登った経験が、雨に対してほとんど抵抗がない自分のを感じました。  今回は昨年も一緒に登った静岡の三浦君、そしてその高1の息子と友達の4名です。  一合目に車を止め準備して夜8時出発の最終バスに乗りました。夜の8時半に須走りルート5合目に到着。高地に慣れるために成れるために約1時 [続きを読む]
  • 29 梅仕事20 紫蘇仕事4 紫蘇仕事終了
  •  6月26日から始まった紫蘇仕事も7月10日最終日を迎えました。紫蘇仕事が1週間遅れたため、お中元の仕事と重なり、気持ちを切らさずに何とか全仕事を遂行してきました。  最終日の紫蘇畑の写真です。  ほぼ全部の紫蘇を使いました。  終盤の頃、紫蘇畑の一部に紫蘇の葉が黄色く変色し、葉が溶けるように枯れていく病気が発生しました。  紫蘇の葉の頂上部分が黄色くなっています。   紫蘇の葉が一部なくなっています [続きを読む]
  • 29梅仕事19 紫蘇仕事3 紫蘇の灰汁出し 
  •  乾燥させた紫蘇の葉の分量を計量し、それに相当した塩を紫蘇にまぶします。  灰汁出しは2回やりますので、最初は2/3の塩をまぶします。  紫蘇の灰汁出しをするときに、塩を振ってすぐに紫蘇をもむ人がいますが、塩がまだ紫蘇に浸透していませんので灰汁を出すのが大変です。塩をまぶして紫蘇がしっとりしてから灰汁出しをすると簡単に灰汁がでます。  塩をまぶしてなじむまで置いておいた紫蘇を踏んで灰汁出しします。  脱 [続きを読む]
  • 29梅仕事18 紫蘇仕事2 紫蘇の葉の脱穀
  •  紫蘇畑から取ってきた紫蘇の葉を茎から取ります。昔は手で一本づつしごき、紫蘇の葉を取っていました。成れた私でも一日かかって80kg相当の紫蘇の葉を取るのがやっとでした。今考えると、今よりももっと気合が入っていたと感心します。紫蘇仕事が終わってから1ヶ月以上右手がおかしくなっていました。  あるときに昔の脱穀機をつかって紫蘇の葉をとったところすごくうまく取れることが分かりました。それ以来、紫蘇の葉を足踏 [続きを読む]
  • 29梅仕事17 紫蘇仕事1 いよいよ始まる
  •  梅の漬け込みが終わり、お中元の仕事が落ち着き、やっとブログを書く心の余裕と時間ができました。フェイスブックには、簡単な梅漬け込み状況を掲載していました。それらをここにまとめます。フェイスブックに登録している方は、そちらもご覧下さい。森島和宏で登録しています。  関東地方は梅雨に入ったのに、あまり雨が降らず、紫蘇の生育が遅れました。紫蘇農家の方には水撒きをしていただきました。いつもよりも一週間ほど [続きを読む]
  • 29梅仕事16 梅の収穫と漬込み 心技体 
  •  6月12日(月)〜20日(火)の間、一日配達のため休みを挟んで8日間梅の収穫、洗浄、漬け込みを行いました。  梅の実の状況は、豊作だった昨年同様今年も豊作で、木が大きくなった分たくさん実がなりました。  黒星等の不良状況は、木によってほとんど発生して無いものや、発生があり、ほとんど収穫しないものもありました。昨年よりも多少発生が見られ、来年の枝の剪定で対策をするつもりです。  良品率は86%です。不良の梅 [続きを読む]
  • 29梅仕事15 青梅の収穫 この爽やかな香りをお届けしたい
  •  6月1日(木)朝から青梅の収穫をしました。梅の受粉のために、花粉樹という梅の木を梅林に植えます。その梅の実は漬け梅には使いませんので、焼酎用やシロップ用として、まだ、熟していない青梅で収穫します。  今年は豊作なので梅の粒はちょっと小ぶりです。  これはピンクの5枚花の鶯宿梅です。  黒星の斑点が全く発生しておりません。収穫していてすごくありがたく思います。昔は、黒星の斑点がたくさん出ており、きれ [続きを読む]
  • 29梅仕事14 小梅の漬け込み 優しい心で梅に接する
  •  今年の小梅の漬け込みが始まりました。今年は豊作とみえて粒は小さめです。 小梅の水洗いの動画を撮りました。   晴れていれば約1時間半で乾燥します。  このあと、乾いた梅を、塩漬けします。  焼き塩にした塩のみで漬け込みます。  梅の重量の1.5倍の重石を載せます。小梅は1日半ぐらいですぐに梅酢が上がります。  梅酢が上がったら、重石を軽くします。  これから、一度、梅をかき混ぜ、樽内の塩分濃度を一定に [続きを読む]
  • 29梅仕事13 無農薬だからこそ美しい梅を目指します
  • ここのところ雨が降り、梅の実も徐々に太り始めました。ここのところ雨が降らなかったのでそろそろ水撒きをしなければと思っていたところに恵みの雨です。最初は細長い形をしていますが、次第に丸くなってきます。  5月25日(木)現在の梅の実の様子です。ここ何日か30度近くまで気温が上がりましたが、梅の実に黒星の斑点の発生は未だ見られていません。     過去のブログを見てみると梅の収穫は6月20日前後で黒星の斑点が [続きを読む]
  • ファクトリエ社員の皆さん梅林見学 梅の木の喜ぶ姿
  •  5月22日(月)にファクトリエ(山田敏夫代表)の社員の皆さんが、いそがしい中、梅林の見学に来てくれました。  総勢16名と子供さん1名です。車に分乗したり、電車で駆けつけたりと嬉しい限りです。私の梅づくりの話を聞いて興味を持ち来てくれました。  梅林は、もう無農薬化して11年になります。その梅林に一切毛虫がいないのと梅の実に黒星の斑点が全く発生していない様子、足の裏に感じる土の柔らかさに驚いていました。自 [続きを読む]
  • 第15回高崎同友会ゼミ 少年少女のように
  •  5月17日(水)・18日(木)の二日間、赤城山山頂大沼の湖畔にある赤城バイブルキャンプ場で第15回高崎同友会ゼミナールを行いました。参加人数は考えていたちょうどいい人数15名でした。15名ぐらいだと一つにまとまるからです。  赤城山はあいにくの雨でした。私は自称雨男です。  ゼミの最初は、食事作りから始まります。自分達の食事をみんなで作るのです。今回のメニューはやはりカレーです。そのほか、昼のそばや鳥ハム、 [続きを読む]
  • 29梅仕事12 梅の実の成長 休まず働く
  •  連休が終わり、5月8日(月)の朝梅林に行きました。今の梅の実の大きさです。    なっている中でも大きな梅の実です。 連休中、みんなが浮かれているうちに、梅の木しっかり働いています。  連休前の4月27日(木)の梅の実の様子です。  手の大きさを上の写真とだいたい合わせました。  梅の実のあまりの成長速度に驚ろかされます。 梅の木の葉もすごい勢いです。 4月20日(木)に撮影した梅の木『あぶら君』 今では、  [続きを読む]
  • 29梅仕事11 しそふりふり作り2 エコカップ
  •  出来上がったしそふりふりを商品にします。今まで、タッチパックとビンで商品を作っていましたが、今度、プラカップで商品を作りました。 スプーンでご飯にかけられます。  プラカップなので、価格も安くなります。自然の恵みを皆さんにお届けします。   このカップ入りのしそふりふりは今、当店のホームページに掲載するところです。お求めの方は当店のホームページをご覧下さい。  梅の持つ自然のすっぱさが生きている味 [続きを読む]
  • 29梅仕事10 しそふりふり作り 自然の恵みそのもの
  •  春から初夏に掛けての時期は、これから日が延びて行きますので、日差しが強く、天日干しで一番ものが乾く時なのです。  梅の漬け込みに使った紫蘇を干して乾燥させ、粉にしてゆかりをつくります。梅雨に入るまで続きます。  まずは梅酢に浸かった紫蘇を刻みます。刻まないと紫蘇のだまになった部分が一ヶ月天日に干しても乾燥しません。刻んでおくと早くて一週間でパリパリに乾燥します。  雷おこしのようになっています。   [続きを読む]
  • 29梅仕事9 梅林の様子 微差は大差
  • 4月20日(木)の梅林の様子です。梅の枝に小さな実がふくらみはじめています。   この枝にはたくさんの実がついています。   この枝にはどうしたの?というぐらい実がありません。 ついていない枝はたぶん葉が出ているのが早いのをみると、まだ気温が低いうちに花が咲き、受粉が十分できなかったのかもしれませんね。早ければいいというのではありません。タイミングって大切です。  今のところ全体的にはやや豊作という感じ [続きを読む]
  • 梅干の試食販売大阪へ 2 〆はお好み焼
  •  4月8日(土)昨日に続き試食販売を今度は枚方市の店舗で行いました。今日は、店の軒下でマルシェ市場です。   昨年のマルシェで隣だった昆布やさんがまた隣でした。     いつもの机に並べるだけのデイスプレーです。  小雨の降る中でしたが途中でくまもんが2回参戦しました。  熊本の産物をアピールしていました。  くまもんって追っかけの人がたくさんいるのですね。取り巻きの人たちは買 [続きを読む]
  • 梅干の試食販売大阪へ 会話は弾む
  •  4月7日(金)・8日(土)に大阪に梅干の店頭試食販売に行ってきました。  6日の夜大宮からまた夜行バスで大阪へ。大宮から大阪まで3200円です。夜行バスの楽な乗り方を開眼しましたので、ぐっすりと眠って行けます。朝の7:00に天王寺駅に到着です。  早速、寝屋川のお店に向かいました。今日は石川県からとうふやさんである高崎同友会の山下さんが移動販売者で来ていました。大阪で偶然一緒になるなんて楽しいものです [続きを読む]
  • 映画『チア☆ダン』二回目 いただきの景色を見るために
  •  3日前に見たばかりでしたが、今日4月1日映画の日で映画が安く見れるので、配達の仕事を早めに出かけ、その帰りに映画館に直行しました。相変わらず前から4列目の真ん中の席を確保しました。全画面が視覚いっぱいにないと映画の世界にのめりこめないのです。ちょっと首が痛くなるぐらいの場所です。でも映画の最中は気にならないものです。  画面までの視覚の中に人が誰もいないというのもばっちりです。ハンカチを用意して [続きを読む]
  • 映画『チア☆ダン』観てきました。 真剣だから珠玉の言葉
  •  前から観にいきたかった『チア☆ダン』を観に行ってきました。チアダン全米選手権を目指す高校生達の心の葛藤や姿に心がキュンとし何度も涙しました。最後は流れる涙を止められなかったです。目を腫らしたまま映画館を後にしました。  この話は、実話に基づくものですから素晴らしい。映画の中にちりばめられた真剣だから生まれた珠玉の言葉が心に響きました。  『私も一緒に踊っているからね。』 『はじのポジショ [続きを読む]