かめしな さん プロフィール

  •  
かめしなさん: 休日ぐらい”のんびり暮らそう”
ハンドル名かめしな さん
ブログタイトル休日ぐらい”のんびり暮らそう”
ブログURLhttp://kamesina.blog54.fc2.com/
サイト紹介文亀、サイクリング、食虫植物、節操の無いお疲れサラリーマンの趣味のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2010/03/31 09:41

かめしな さんのブログ記事

  • ディスカス水槽 状態は最高
  • ディスカス水槽です。ディスカス達の調子が更に上がってきました。レッドです。真っ赤になって、良い仕上がりです。食欲満点で一番大きな個体です。グリーンです。一時は瀕死の状態でしたが、完全復活です。尾グサレ病でやられた胸ビレはまだ伸びてきていません。ブルーです。こちらも絶好調です。一時は二匹のイジメにあっていましたが、今は一対二でも引けを取らない勢いです。ディスカスの優劣は何で決まるのでしょうか? [続きを読む]
  • 小型パルダリウム? ひと月が過ぎ
  • 小型パルダリウム?です。立ち上げから一カ月が過ぎました。右側面はディスカス水槽から剥がした、南米ウィローモスがモクモクなってきました。ミストシステムを取り付け、湿度ムンムン状態です。アクアショップに行く度に購入した植物で、熱帯雨林化してきました。ケースの下の方はシンプルに、あまり植物を増やさない様にして、ヤドクガエルを入れた時に見やすくしております。上部は着生蘭を中心に植え、風通し良くを考え上部フ [続きを読む]
  • 軒下のパルダリウム ネペンテスをトリミング
  • 軒下のパルダリウムです。ナペンテス・アンプラリアが葉ばかり大きくなってしまったので、伸びた茎と葉をトリミングしました。葉が大きく補虫袋が着かないのは栄養過多なのでしょうか?もともとピート植えの株を、そのまま移植したのが良くなかったかな?砂利系のものはそれなりの大きさですが、補虫袋を着けています。邪魔だった葉をトリミングしたので、スッキリした感じがします。まだまだ暑い日が続きますが、アンプラリアはグ [続きを読む]
  • 雨雲を避けながらポタ
  • 立秋を過ぎて、暦の上では秋です。今日は猛暑の始まりというより、何時降りだすのかの天気です。猛暑にせよ、ゲリラ豪雨にせよ、朝の早い時間に出撃すれば避けられます。したかがって、今日も朝5時の出撃です。鎌ヶ谷付近。梨農園の近くを走るとアブラゼミが飛び交っています。梨の汁でも吸っているのでしょうか?やたらとジッジジッジと飛び交います。手賀農免農道です。朝も早いので車も少なく・・・お盆だから?快適に走れます [続きを読む]
  • バンゾリーニ ヤドクガエル 夏対策
  • 小型パルダリウムのバンゾリーニ・ヤドクガエルです。この所の猛暑で心配しましたが、元気に餌を食べています。寝室にケージを置いているので、夜間は冷房が効いていること。定期的にミストとファンによる換気をしており、蒸れないのも良いのかも知れません。それよりヤバイのが餌のキイロショウジョウバエ。繁殖させることより維持するのが精一杯です。夏は餌の確保の方が大変かも・・・ [続きを読む]
  • 小型パルダリウム② 更にそれなりに
  • 小型パルダリウムです。徐々に植物を増やし、それなりになってきました。高価(数千円)だったのは着生蘭ですが、その他の植物は数百円のものが中心です。コツボゴケとスギゴケを貼り付けてましたが、全面では重たい感じに・・・壁面で南米ウィローモスが育ってくれたので、それなりに見えます。なにせ南米ウィローモスなら、いくらでもディスカス水槽から調達できるので重宝します。ポイントは細かく刻んで薄く貼り付けること。着生 [続きを読む]
  • 早朝ポタ 暑さ対策。
  • 今日も猛暑の始まりな感じで、この様な暑さの時は、5時前にスタートし、9時帰着の早朝ポタで暑さ対策です。江戸川から松戸方面を望みます。薄っすらと夜が明けてきます。朝は雲が多めなので助かります。鎌ヶ谷付近です。梨農園の出荷が始まった様です。浅野風に産地直送と宅急便の登が舞っています。コースは何時もの手賀農免農道から新川を回る、70キロコースです。田んぼの稲穂もも大きくなってきました。この調子では8月中 [続きを読む]
  • 暑さを逃れて日光ハイキング
  • 今日から夏季休暇・・・でも日本全国が猛暑って感じです。炎天下での運動は控えてと言われると何もできません。そこで、久しぶりに日光、戦場ヶ原のハイキングに出かけました。コースは、竜頭の滝〜小田代ヶ原〜湯滝帰りは、戦場ヶ原〜竜頭の滝へと戻ります。小田代ヶ原への道は樹林帯を歩きます。風が無いので蒸しますが、心地よく歩けます。この景色最高です。都心ろは違い、暑さもさほどではありません。人も少なく、クマでも出 [続きを読む]
  • 小型パルダリウム② それなりに
  • 小型パルダリウム②です。植物が増えて、それなりになってきました。側面にはディスカス水槽から引越した南米ウィローモスです。上手く育って欲しいですが、パルダリウムでは初めてです。上手くいくのでしょうか?上部の着生蘭です。暑さが心配ですが、なるべく風通しよく育てます。もう少し涼しくなって、植物が活着したら、ヤドクガエルでも入れようかな・・・ [続きを読む]
  • ディスカス 力が拮抗
  • ディスカス水槽です。猛暑で水温は30度にも迫る勢い。冷却ファン全開でも限界です。ディスカス達は食欲旺盛です。冷凍アカムシを投入すると、猛烈な強奪戦です。そこまで腹減っているか? って感じで目が怖いですね。その後は相手を追い払いながらの餌確保。力が拮抗しているので良いですが、力のバランスが崩れてしまうとイジメに繋がります。 [続きを読む]
  • 軒下のパルダリウム 猛暑ももろともせず。
  • 軒下のパルダリウムです。連日の猛暑でも、ネペンテスはガンガン葉を伸ばしていきます。ナゴラン はダメージがきていますがその下の水苔は随分と増えてきました。ネペンテス・ジャンバン。猛暑にどうにか耐えています。それにして暑さが厳しすぎます。セファロタスです。生き水苔に囲まれて機嫌良さそうです。こちらも暑さももろともせず元気です。 [続きを読む]
  • 小型パルダリウム② 植物を増やして
  • 小型パルダリウム②です。植物を増やしてそれなりになりました。右側面はディスカス水槽から持ってきた南米ウイローモスを貼り着けて見ました。正面にはコルク樹皮をセンターに配置し、その上に、ポログロッサム・ポルティラエ。右にステリス・ヒルテラの小型着生蘭。右下のコルク樹皮の上にトキワシノブ。左にタマシダとヒノキゴケを配置。左下はスギゴケ。とその奥に更に左にコケモモイタビとキューバパールグラスを配置。右下は [続きを読む]
  • 小型パルダリウム①と②
  • 小型パルダリウムです。小型パルダリウムも二つになり、区別するために、以前からある左を①、右を②とします。小型パルダリウム①に暮らすバンゾリーニ・ヤドクガエルです。初めての飼育で試行錯誤ですが、早くも一か月がけ経ちます。猛暑ですが元気にしています。餌はキイロショウジョウバエとシロトビムシです。キイロショウジョウバエは暑さで風前の灯。シロトビムシは増えるが遅すぎます。ヤドクガエルの飼育は、餌の確保がポ [続きを読む]
  • 海風に涼を求めて
  • この所の猛暑、強烈です。朝6時過ぎに出動ですが既に暑いです。とりあえず荒サイまで出て、出撃方向を決めます。内陸部は更に暑くなりそうなので、秋ヶ瀬方面は断念。先ずは葛西臨海公園まで走ります。東京湾からの風が入り幾分かマシです。ここから江戸サイへ出るのも手ですが、ここから見える若洲公園方面へ行けば、もう少し涼しそうです。葛西臨海公園からは西へ荒川河口大橋を渡ります。良い風が吹き抜けます。見える景色も涼 [続きを読む]
  • 小型パルダリウム 環境を整えて
  • 追加した小型パルダリウムです。これから徐々に植物を増やしていきます。その前に、植物の育成環境を整えなければなりません。上部には60センチ用LEDライトで2ケースを一度に照らします。排水ホースも連結しました。地震対策で壁に固定しようかな・・・アクアリウムと同じ感覚で、カルキ抜きした水で霧吹きをしています。しばらく経つとバクテリアが湧き出し、環境が整う感じでしょうか?植物を増やし、少し涼しくなったらヤド [続きを読む]
  • ディスカス水槽 抗争が激化
  • ディスカス水槽です。ディスカスの調子は日に日に上がってきました。発色も良く元気ハツラツです。元気になるにつれ抗争が激化です。事あるごとに争う感じで、如何なものです。今のところ力が拮抗していますが、どちらかがイジメに発展すると厄介です。今年は白点病に尾ぐされ病と病気に悩まされているか、抗争に悩まされているかどちらかです。 [続きを読む]
  • 夏の早朝ポタ
  • 今日も連日の猛暑の予感、この様な時は、日の出とともに走る早朝ポタが一番です。江戸川に朝日が上がってきます。今日も暑そうです。鎌ヶ谷付近。日が昇ってくると、やはり暑いです。今日は手賀農免農道を回って、暑くなる前の9時過ぎには戻りたいです。何時もの自衛隊基地の横を走っていると・・・ファエンス越しにオスのキジがいました。メスなのか雛なのか地味な色の二羽を連れています。今の時期は草丈が高くなり、鳴はするけ [続きを読む]
  • 熱帯魚飼育の万能薬
  • ディスカス水槽です。尾ぐされ病にやられて、正直ダメかと思ったディスカス。今は絶好調です。発色も上がってきています。何が原因で尾ぐされ病にかかったのかは不明ですが、万能薬のアグテンが彼らを救ってくれました。水草にもエビにもダメージが無く、むしろ好結果に結びつけてくれました。熱帯魚の飼育には必須アイテムです。 [続きを読む]
  • 軒下のパルダリウム 暑さにもめげずに
  • 軒下のパルダリウムです。セファロタスが次々と捕虫袋を着けてきます。水苔に埋もれ機嫌が良いです。ヘリアンフォラです。こちらも絶好調。幼葉から本葉へ次々と変わっていきます。奥のネペンテス・アンプラリア は葉が大きく伸ばしています。しばらくしたら、カットします。ネペンテス?ジャンバンの子株は暑さのためでしょうか?根もとから腐ってきました。やはりハイランド系は無理ですね。ネペンテス・アンプラリア をよく見る [続きを読む]
  • 小型パルダリウム ひと月過ぎて
  • 小型パルダリウムです。立ち上げてから、ひと月が過ぎました。暑さにもめげずに順調に立ち上がっています。バンゾリーニ?ヤドクガエルが、コルク樹皮の上で餌を探しています。人がウロウロしていると隠れてしまいますが、人の姿が消えるとケージの中を活発に動きます。小型の蘭も、今のところ問題はありません。しかし、伸びてくる様子も無く、こんなものなのでしょうか?フィカス・プミラ"ミニマ"が順調に伸びてきました。大きく [続きを読む]
  • サラセニア 夏も絶好調
  • サラセニアです。今年の夏も絶好調です。ミノールは次々と捕虫袋を展開してきます。特にプルプレアはいくつも株が分かれ大きくなってきました。捕虫袋は鉢から溢れんばかりです。栽培のポイントは、よく日に当て、腰水にして、1日一回の上からの水やりぐらいでしょうか?暑さ寒さには強いので、放置状態です。 [続きを読む]
  • 軒下のパルダリウム 暑さを諸共せず
  • 軒下のパルダリウムです。植物達は、暑さを諸共せずグングン伸びてきました。ナゴラン は葉焼けを起こしています。日陰なので高温のためでしょうか?換気用のファンは30度を超えると回る様にしていますが、日中はフル回転ですね。その中でも、ヘリアンフォラ・ミノール幼葉から本葉を展開し始めてきました。ヘリアンフォラは暑さに弱いと聞いていましたが、暑さより乾燥に弱い感じです。 [続きを読む]