フォンフォン さん プロフィール

  •  
フォンフォンさん: ひと月遅れの「さんぽにっき」
ハンドル名フォンフォン さん
ブログタイトルひと月遅れの「さんぽにっき」
ブログURLhttps://ameblo.jp/palethrush/
サイト紹介文名古屋・愛知を中心に見ることの出来た野鳥の記録
自由文おもに公園とかを散歩し、目に付いた野鳥や花などを撮影し、アップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/03/31 17:02

フォンフォン さんのブログ記事

  • 東海広場にて (オオタカ)
  • 最初のチュウヒが飛んで行ったあと、 空の方に意識を向けて のんびり歩いていたところ。 ふと 手前の木に視線が向き 白く大きめの物体・・・オオタカか! と、気付いたが、慌てず ゆっくりカメラを持ちあげ そ〜っとレンズを向けて撮影。 目がオレンジ色っぽくないので メスのオオタカのよう。 撮られたオオタカの方も ゆっくり向こうに向きを変え 真っ白なフワフワもふもふの 下半身をさらしながら 飛んで行きました。 しばら [続きを読む]
  • 東海広場にて (チュウヒ)
  • 広場から堤防道路へ上がり 曇り空へ続く一本道を歩き。 しばらくして、木曽川の方へ 堤防を降りて 水分の出し入れw 一息ついていたら、上流から 下流へとチュウヒが飛んで行った。 またしばらくして、同じ様に チュウヒがやって来るところを なんとか捉えることが出来た。 なんだかんだ、 4〜5回 同じ様に上流から 下流へとチュウヒが飛んで行った。 広場では、 つがいのホオジロが道端採餌。(以上、10月16日のことでし [続きを読む]
  • 庄内川にて (メボソムシクイ)
  • いつもよりは ちょっと下流の方 ここもグラウンドなどとして 利用されてる河川敷。 この辺にも来てるかな と、ノビタキ調査のつもりで 歩き出すと、ここでも メボソムシクイの姿が。 はじめは茂みの隙間から 見える程度だったけど、 しばらくすると出て来てくれて 時計回りにターン、 尾羽が引っ掛かる。 足の色が黒っぽいのが 気になったけど、鳴き声 地鳴きをずいぶん響かせていたし、 腹部の黄色味も色調を 強調したりして確認 [続きを読む]
  • 庄内川にて (ノビタキ)
  • いつもよりは上流の方の 河川敷へと行ってみたが 一見 何もいないっぽい グラウンドのふちの草に ノビタキ発見。 ススキを背景に撮影。 飛び出すところも。 ノビタキは複数いて オスもいたはずだけど、 メスしか撮れてなかった。 辺りにコスモスは 咲いてなかったけれど よく分からない外来の花が 咲いていて、その花と ノビタキのルーズなやつ。(以上、10月12日のことでした。) [続きを読む]
  • 牧野ヶ池緑地にて (カワセミ)
  • ここに はじめて来た時の 幸運再来を毎度願って 行くのだけれど、 なかなかそうもいかずで なんとかカワセミが姿を 見せていました。 若いためか色味はいまいちだけど もぐもぐタイムも。 大きめの獲物をしめるのに 手こずってる感じでした。 曇り空から雨がぽつぽつ 降ってきて、木の下で雨宿り していたら、木の枝から獲物を 落としたヤマガラが地面に降りて来て 獲物の青虫をしとめる前に 周囲の警戒をしている様子。(以上、1 [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (メボソムシクイ)
  • 木曽川沿いの公園にも 寄ってみたけどスルーして 結局、いつものところで またまたメボソムシクイ。 ウグイスほど警戒心が 強くないような気が。 適度な距離を保ちつつ しばらく撮っていると 無害認定してくれて じっとして居れば近付いて 来てくれたり、みたいな。 それにしても、こんな風に 撮れるのは年一くらいな記憶 なのだが、ムムム(-"-) コサメビタキは例年通りさね。(以上、10月9日のことでした。②) [続きを読む]
  • 河跡湖公園にて (エナガ)
  • 火曜なのに連休明けということで 予定していた所の駐車場が 閉鎖されてて 河跡湖へ。 ここの発色の良いカワセミは 警戒レベル高めであきらめ。 代わりにエナガたちが近くの樹に やって来て採餌を始めた。 このエナガ、 バランスを崩したのか 何かのアピールか こんなポーズにw お次は、 ゴメンネポーズ?w なんつって。 他には コサメビタキや キビタキ♀の姿も、 そして、枝とまりのキセキレイ。(以上、10月9日のことでした [続きを読む]
  • 三ツ又池公園にて (カイツブリ)
  • ツバメの回遊を 木陰で待っていたら 池のカイツブリたちが なにやら騒がしく 争いを始めていて 相手に向かって 猛ダッシュ! そして、寸前で止まる というのを交互に行う まさにチキンレースを展開w いつもは浮いてるか ひょいっと潜ってしまうくらいの カイツブリが、水しぶきの 効果もあり 躍動的な姿を 観察できた。(以上、10月8日のことでした。③) [続きを読む]
  • 三ツ又池公園にて (ショウドウツバメ)
  • 既に堤防沿いを そこそこ歩いたので ここは様子見程度に 寄ったのだが、 池の上を飛び交うツバメの群れに ショウドウツバメがいるのに気付いた。 数十羽ほどの群れで 広い池の上を不規則に 回遊していて、 ここでも何だかんだ歩き回ったり 木陰に入って待ち構えてみたり、 それで 背中がウロコ模様の 若いショウドウツバメも。 尾羽がスワローテールじゃない マーチン系ツバメはマニアックな 感じで今後も注目していきたいw(以上 [続きを読む]
  • 稲永公園にて (メボソムシクイ他)
  • 駐車場から野鳥観察館までの 林のなかを通る通路、ここでも メボソムシクイに出会った。 やっぱりよく動くので こんな正面のくらいしか いいのが無かったw 他には特になく、逆に 庄内川河口の方へと 堤防沿いを行くと、西の空 南陽工場上空に複数の飛行機雲が 現れて何が飛んで来たかと思えば ブルーインパルスが上空通過の 航跡を残していったそう。 その下では、オナガガモや 雪原のような白い翼の コサギも飛んで行きました。 [続きを読む]
  • 名城公園にて (カワセミ他)
  • ここしばらく 居ついてて 追っかけファンを増やしつつも うまいことやり過ごしている ここのカワセミ。 ちょうど、水浴びダイブを 繰り返してるところに出くわし、 最近 気付いたカメラの機能を 試すのにいい機会と、 使ってみたが やはり そんなに上手くはいかないさ〜。 この日は 他にも、 キビタキの姿を視界に入れつつも 撮ること叶わずで、かわりに ここでもメボソムシクイ。 金木犀の茂みに複数いたのが 若木に出てきたとこ [続きを読む]
  • 平和公園にて (メボソムシクイ他)
  • キンモクセイの香りが漂う散策路は 蝶やスズメバチが飛び交っていて、 野鳥の気配は薄めだったが あざとくムシクイを発見。 今季は幾度も見かけることになるが そんなことは知る由もなく 素早く動き続けるムシクイを 必死に撮っていた。 ムシクイを見つけるきっかけとなった キンモクセイに群がっていたメジロ。 メジロの脇腹の赤褐色が気になって 図鑑を開いてチョウセンメジロの かさぶたみたいな脇腹とは違うと確認。 その際、 [続きを読む]
  • 伊良湖にて etc.
  • タカがいっぱい渡るような 鳥見的に良い日というのは イソヒヨドリなんかも お立ち台みたいな所で撮れちゃう。 伊良湖を渡るヒヨドリの大群も。 山でざわざわしていて、その ヒヨドリたちを逆光で撮ったら ちょっとキレイかも。 そして、 今回ぼんやりながら 初めて 姿を捉えられたチゴハヤブサ。 それが偶然にも月にかかる一枚が 撮れてた。超ぼんやりだけどw(以上、10月2日のことでした。③) [続きを読む]
  • 伊良湖にて (ハチクマ)
  • 初めてタカの渡りを見た頃は 羽根の色の個体差が大きい ハチクマは 識別が厄介なヤツ という印象だったが、今回は バリエーションの多さを楽しめる 感じになってきたかも。 なんて 前置きからのブラック ハチクマ。 翼全開でやって来て、何か 分からなかったくらい黒かったw 中間から明るめなタイプのハチクマ。 ちょっと暗めなタイプ。 若い感じの白っぽいの。(以上、10月2日のことでした。②) [続きを読む]
  • 伊良湖にて (サシバ)
  • 一週間も経たないうちに 再び 伊良湖に向かったわけですが、 その間に通り過ぎた台風24号の 被害で田原市は停電となっていたようで 道中いくつかの信号が 消えたままだったりして とにかく安全運転で恋路ヶ浜へ。 この日は 当たり と言える。 1000羽程のタカ類が渡って 行ったようで、楽しいホーク ウォッチングとなりました。 欲を言えば、もう少し低空を 飛んでくれるサシバがいたらなぁ・・・ 写真的には物足りなさの残る [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (チョウゲンボウ)
  • カマキリを捕まえて鉄塔に戻り もぐもぐタイムのチョウゲンボウ。 彼に合わせて こちらも 堤防を降りたり上がったり。 そうこうしているうちに、 食べ終わって水門へと 飛んで行くチョウゲンボウ。 姿が見えなくなり、何処に 隠れたのかと 水門に近づいたら 陰から突然出て来て、出会い頭の 逆光 スプレッド ケストレルw チョウゲンボウはそのまま 飛び去ってしまい、 入れ替わるように 庄内川からミサゴがやってきた。(以上、1 [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (チョウゲンボウ)
  • 緑地にはムシクイやキセキレイ、 傷ありキビタキ♀ちゃんもまだいたり。 そんな中、緑地の奥まで行くと 鉄塔にチョウゲンボウを発見。 鉄塔と100mほど離れた水門を カラスたちの様子をうかがいながら 行ったり来たりしていたのが、 突如 地面に降りて来た! アングルが悪くて残念なのだが 何かを捕まえようと飛び掛かる。 さて、何を捕まえたのか〜 オオカマキリでした。(以上、10月1日のことでした。②) [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (ツツドリ)
  • 台風一過のこの日も 盛りだくさんな庄内緑地。 初っ端からハトかと思いきや ツツドリ。 今回は若鳥タイプ。 下尾筒に横斑がほぼないので ホトトギスかとも思ったのだけど 大きさ的にツツドリのよう。 花木園エリアには他にも エゾビタキの姿。 しばらくして、杉並木で 再びツツドリ。(以上、10月1日のことでした。①) [続きを読む]
  • 伊良湖にて (ミサゴ他)
  • 伊良湖なのに ミサゴって これだけで察しが付いてしまう タカの渡り 外れ。 去年のピークが早かったので 早めに行ったら裏目って 高高度をチョロっと飛んで行くだけ。 そんな所に 海上でダイブを連発する ミサゴが現れたのでした。 ダーウィンポーズなんて一部で言われている 飛び込み姿勢が 遠目でぼんやりだけど 写っておりました。 肉眼では捉えずらいくらいの 着水寸前の一瞬の姿勢なんすね。 タカの渡りがイマイチでも 撮る [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (ヤブサメ)
  • 時季的にトンボなどの昆虫も たくさん飛び交っていたのですが、 そんな中、個人的鳥見的に 吉兆な蝶 アサギマダラがヒラヒラ 飛んでいるのを見つけ ついて行った先の茂みにヤブサメ! スタブソード じゃなくて スタブテール こと ヤブサメちゃん。 影がうかがえる茂みに しばらく居てくれて 良き時間を過ごせましたw そしてさらに この日は イタチの姿も。 溝の蓋の わずかな隙間に入って行った。(以上、9月26日のことでし [続きを読む]
  • 庄内緑地にて (キビタキ)
  • この日も なんとなく 天気もいいので 出掛けてみたら 思った以上の撮れ高。 鳥撮りのエンジンをキックスタート してくれちゃう感じの一日に。 で、まずはキビタキ。 ここではじっくり・・  といっても 10分もないくらいだが 姿を見せていてくれたキビタキ。 近くでは コサメビタキと小競り合いを していたキビタキ♀がいたのだが、 頭と嘴の付け根にダメージ痕があり カラスにでも かぶりつかれたのか 人相が変わっていて オ [続きを読む]
  • 小幡緑地にて (キビタキ)
  • オオルリが茂みの中に姿を消して しまったので、しばらく離れてみようと ほかのエリアも散策してみたが 手持ち無沙汰でトンボやカエルを 撮ってみたりしたくらいで終わる。で、 またコサメビタキのところに戻ってみたら 今度は、キビタキがいました! こうやって見ると 上空を警戒していたようですね。 そして こちらに気付いて 茂みへと姿を消した。 わずか5秒ほどのことのでした。 そして キビタキ♀もいたのでした。(以上、 [続きを読む]
  • 小幡緑地にて (コサメビタキ他)
  • 9月の後半に入って、 気温的に過ごしやすくなったので 特に狙いもなく出掛けた。 まぁ いるでしょうよ コサメビタキ。 そんなコサメちゃんが縄張ってる感じの ところがありまして、いい感じに 撮らせてくれるので 長居していたら、 おもむろにオオルリが現れた。 慌てたり 力んだりで ピントが 来ないしぶれるしで せっかくのチャンスをいまいち 活かせずの巻き。(以上、9月18日のことでした。①) [続きを読む]