ジュニマネ さん プロフィール

  •  
ジュニマネさん: ジュニマネ回想記
ハンドル名ジュニマネ さん
ブログタイトルジュニマネ回想記
ブログURLhttps://ameblo.jp/herbohtajr
サイト紹介文ハワイ在住のウクレレアーティスト、ジュニアのマネジャー・ジュニマネが綴る回想記です。
自由文ジュニアのファンの皆さんのために始めた「ジュニマネ日記」の番外編とも言えるこの回想記には、ジュニアの両親や親戚から聞いたハワイの日系人の思い出話や、ジュニアの子供の頃のこと、日本で育った私自身のなつかしい日本の思い出や、大好きなサーフィンのこと、愛する友人たちの爆笑話などを書き留めて行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/04/01 19:29

ジュニマネ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 朗報
  • 今朝、起きてすぐにニュースをチェックしてみると「犯人はまだ逃走中」というヘッドラインが目に入った。 私はケンに電話して安否を確認しようとしたけれど、ケンは電話に出なかった。ケンの携帯電話はまだ留守電がセットアップされていなくてメッセージを残すこともできない。 どうしているのかな、と思っていた午後、ケンから電話があり「ごめん、カーちゃん、サーフスクールで仕事してた!」と、明るい声。 そのサーフスクール [続きを読む]
  • 犯人像
  • 今日、ケンは親友ボーのママ、ジニーと一緒にサーフィンに行くはずだった。 ケンのことを実の息子のように愛してくれるジニーはサーフィンの後、自宅でケンのバースデーディナーをするのだと言っていそいそと支度をしてくれていた。 ケンも、第三の母(第一は私で、第二はヒロヨ)であるジニーと一緒にクイーンズで波乗りするのを楽しみにしていた。 だから今日は私も、久々に一緒にクイーンズに行こうかなあ…と企てていたのだけ [続きを読む]
  • ヒロヨの誕生日
  • 今日はヒロヨの誕生日。 ヒロヨが生まれてきてくれてよかったなあ。 ヒロヨに出会えてラッキーだったなあ。 ヒロヨと親友になれてよかったなあ。 だけど、もっと一緒に生きていてほしかったなあ。 …2012年に祝った最後の誕生日の写真を見ながら 私はしみじみそう思う。 目を閉じてヒロヨの顔を思い浮かべる時、 私の瞼の裏に鮮明に見えるのは、 ヒロヨに預けた次女を迎えに行った時 私たちを車まで見送りに出てくれて 次女に [続きを読む]
  • たとえば学校の廊下で街の喧騒の中で波を待つ海の上でエアポートの待合室でライブを聴くレストランで たまたま偶然同じ場所に居合わせたまったくの他人と出会いちょっと言葉を交わしたりするとその人は見知らぬ人から友達になったり恋人になったりかけがえのない人になったりする。 縁というのは、不思議ですてきで時には切なくて、いつもありがたい。 ワイキキの街の中で道行く人たちを眺めていると本当にいろんなカップルがいる [続きを読む]
  • 大統領
  • 私の前夫は黒人だったので、彼の祖先はおそらくアフリカから奴隷としてアメリカに売られて来て過酷な人生を送った人々なのだろうと思う。 彼の両親は、彼がまだ幼い頃離婚して父親はもう行方もわからなかったので、私が紹介されたのは彼の母方の家族と再婚相手のジョージだけだった。 母方の祖父母は、普段からとてもきちんとしていて、孫の家族に会いに来るのにもスーツ着用だった。 彼らはワシントンDC郊外のバージニア州の広い [続きを読む]
  • 至福
  • 今朝、家の外に出たら快晴で、ああ、いい天気でよかった〜!と、ひとりでパーキングの車まで歩いて行ったらきれいな虹がパーっと目に入った。なんの根拠もないのだけど、私はそれがヒロヨからの誕生日プレゼントのような気がして「ヒロヨ、ありがとう〜!」と思わず声に出した。サントワさんからのカードに書いてあった「ヒロヨちゃんの分まで長生きして」という言葉にあ〜、そうだな、ヒロヨちゃんが生きられなかった日々を私は大 [続きを読む]
  • 3年
  • 昨年から私の「ジュニマネ日記」を読み始めた母に「もうヒロヨちゃんのお墓の写真を毎日毎日ブログに載せるのはやめなさい」「お墓に毎日行くのはいいけど、もう写真はやめなさい」と、実家に帰った時だったか、私はたしなめられた。いつまでも私がそんなことをしていてはヒロヨが成仏できないと思っているのか、世の中の人々はお墓の写真なんか見たくないのだから、もうやめた方がいいと思っているのか…まあ、たぶんその両方だろ [続きを読む]
  • 裏庭の池
  • ものすごく眠い時に文章を書くと、だんだん朦朧としてきて、自分が何を書いているのか、何を書きたいのかもわからなくなり、それを翌朝読んでみると、自分でも驚くほど意味不明だったりする。そんな状態になるのはだいたい真夜中で、急いで終わらせたい書き仕事の途中とか、ワインを飲んだ後にブログを書き始めた時なんかだ。それが今日の遅めの午後、オフィスでコンピュータに向かい、クライアントのために弁護士に宛ててメールを [続きを読む]
  • あなたにしか聞こえない
  • ヒロヨの眠る霊園に行くたびにいつも目についていたこのお墓。テッド・マカレナと書いてあるので、私は毎回「ヘ〜イ、マ〜カレナ?」という、あの陽気な振り付けの歌を思い出していたのだけど、あの歌とは関係なく、あまりに聞き覚えのある名前だったし、しかもその墓標に書いてある言葉が私にはとても気になった。一般的な墓標の言葉には「Beloved Wife and Mother」とか「Forever in our Hearts」などがある。でも、テッド・マカ [続きを読む]
  • 過去の記事 …