すいかずら姫 さん プロフィール

  •  
すいかずら姫さん: アルツハイマー型認知症メモ
ハンドル名すいかずら姫 さん
ブログタイトルアルツハイマー型認知症メモ
ブログURLhttp://poodle-springs.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文アルツハイマー型認知症の母との付合い方の覚書きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/04/03 14:12

すいかずら姫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • もうひとつの介護:内科入院②(2016.10.10〜2016.11.30)
  • 寝返りを打てないくらい足に痛みがあって、抗生剤を入れる。コカール(鎮痛解熱)処方も、あり。一旦、落着いても、また疼痛が出て、動けなくなったりを繰返す。ようやく、1週間ほど、動けなくならずに過せていて、落着いた気配があり、このまま発熱・ひどい疼痛がなければ、退院しましょう、ということに。このとき、院内は、歩行器を使って移動していた。痛風所見でない痛みがあり、内科・整形外科での検査はしたが原因が分らず [続きを読む]
  • 砂糖の国の乙女
  • 日曜の家族(が)介護(担当する日)、食材の在庫などを補充するため買物を済ませ、さぁ、夕食を準備しようとすると。母は、自分で食パンを2枚トーストにして、食べようとしている。ご飯が入らなくなるから、食べないで待つよう説得するも、受付けてもらえない。認知症が進んで、何を言われているのか分らないような、日本語が通じていない気配がある。分らないながらも、自分の行為を止めようとされたことを感じたらしく、ご機嫌 [続きを読む]
  • もうひとつの介護:退院(2016.09.29〜2016.10.10)
  • 発熱もおさまり、下肢痛も落着いて、少し食べられるようになって、退院が決る。退院にあたって、プランを組直す。介護ベッドを入れて、防水シートと大判バスタオルをセットする。サイドテーブルを置く。一応(使わないかもしれないが)ポータブルトイレを購入する。病院への行き帰りに使う車イスを借りる。家では、狭いし、つかまりながら歩くが、不安定なので、歩行器を置く。ヘルパーさんに、買物・調理・掃除・ゴミ出しをお願い [続きを読む]
  • 開けられないフタ
  • 母は、食器用洗剤のプッシュプルキャップが開けられない。(開けることもあるかもしれないが)プッシュプルキャップというのは、食器用洗剤の容器のてっべんについた『つまみ』部分を引っ張り上げて開け、押込んで閉めるタイプのフタである。彼女の長い人生の中で、こんな開閉方法が現れた期間が短すぎて、定着しきっていないのだ。でも、洗剤は使いたい。で、(たぶん『つまみ』を引っ張りすぎ、容器本体を押しつぶしすぎて)壊す [続きを読む]
  • もうひとつの介護:内科入院(2016.07.22〜2016.09.29)
  • 点滴で、極端な脱水状態は改善したが、今度は、血が薄ーくなったため、胸水・腹水がたまる。利尿作用のある薬を入れて、胸水・腹水を減らすことに。栄養失調で体力がないし、内臓が薬に耐えられないかもしれず、もしも、のことは覚悟しておくように言われる。もしも、のときの延命はしないことになった。骨も弱ーいので、心臓マッサージやらしたら、肋骨がバキバキ折れて、本人も苦しいだけだろうから、救命でなく、痛い・苦しい・ [続きを読む]
  • 引戸
  • 毎年、暑くなると、熱中症を心配する。母は、たいてい居間のイスに座っていて、エアコンは隣の仏間にあり、間の引戸を開けて、2部屋を冷す。のだが、彼女は、引戸を閉めてしまうことがある。何年か前は、扉を閉めただけでなく、まだ片付けていなかったオイルヒーターを点けて、室温38度にしていたことも。【超猛暑】 彼女しとては、扉を開けておくのは、夏の日中にエアコンを使うときだけで、扉を閉めている方が常態なんだろう。 [続きを読む]
  • もうひとつの介護:開始(2016.06〜2016.07.22)
  • 私は、もうひとつの介護を抱えているので、そちらも書くことにする。本人には失礼だと思うが、私が書留めておかないと、忘れてしまい、後々介護のヒントが探せなくなるから、今までの私の尽力と引替えと考えて、本人には我慢して頂きたい。2016年の夏前から、話をはじめることにする。本人は、独居の高齢者予備群。当時64才。家族は、それぞれ病身の夫を持つ姉3人、長らく別居中の当時の妻(私)。両親は死別。子供なし。たまに自 [続きを読む]
  • リハパンを2種類に
  • 冬の頃、デイサービスのない火・土のヘルパーさんの連絡ノートの記載に、交換前のリハパンがぱんぱんになっていて、ズボン下・パジャマ・シーツまで湿っていたため、洗濯した…というのがあった。シーツの下には大判バスタオルがあり、バスタオルの下には防水シートがある。バスタオルと防水シートについては、記載がなく、無事だったのだろう。被害は、シーツまでで止っていたのね。だから、よかった…と言っている場合ではない。 [続きを読む]
  • 乾燥剤
  • カップには、まだ、たくさんコーヒーが残っていたが、とっくに冷めてるし、と思い、居間のテーブルにあったコーヒーカップを洗おうとしたら。カップの底に、粒状のものが、じゃらじゃらしていた。シリカゲル?いつもは、砂糖壺からスプーンで、これでもかというほど砂糖を入れる母が、そのときは、ナゼだか、砂糖壺が記憶から抜落ち、ペットシュガー(?)の袋を切って、コーヒーに砂糖を入れることを思い出したらしい。砂糖は入れ [続きを読む]
  • 『タッチアップ』
  • 現在、福祉用具は『タッチアップ』を2つ使っている。立上がりの補助になる小さなハシゴみたいなものだ。起きていれば、母は、だいたい1階の居間のイスにいる。彼女がイスから立上がるときに、ちょっとジタバタする感じが出てきたので、居間のイス横に『タッチアップ』を設置して、どうなるか見ることにした。そもそも何だか分らないだろうし、邪魔だ、と言うかもしれない。布団の横にも設置したいところだが、見慣れぬ物が二カ所 [続きを読む]
  • 見知らぬ自転車
  • 2017-2018年末年始の頃。実家の裏口あたりに知らない自転車が置かれていた。まだ充分新しそうだ。ひと月ほど、動かされた気配がない。駐輪状態、自転車全体、黄色いシールの防犯登録番号をスマホで撮ってから、交番に行く。独居の高齢者宅の裏口の見知らぬ自転車は、キモチワルイ、と相談すると、同情してくれて、対処してくれることになった。その次の親介護の日、裏口に自転車はなかった。きっと撤去してくれたのだろう。よかっ [続きを読む]
  • 隔週の訪問看護
  • ヘルパーさんからの連絡ノートによると、母が、さかんに足の親指爪を気にしているとのことだった。靴下に引っかかる感じがするので、むしろうとしているのだろう。長年の爪白癬のため、ひどく変形していて、爪切りでは切れず、爪ヤスリで削ることになろう。正常な爪ではないから、ヘルパーさんのサービスには追加出来ないだろう。ケアマネさんに相談すると、「ここは、ご家族が…」と、言いかけるのを遮る。ちょっと待ってくれ。そ [続きを読む]
  • 炊飯器を新しく
  • ヘルパーさんとの連絡ノートに「炊飯器が壊れたようです」とあった。うまく炊けなくなったらしい。ヘルパーさん側だけのことならば、電子レンジ用のご飯パックがあれば済む。わざわざ炊飯器を使って、小分け・冷凍の手間をかけなくてもよい。実家に炊飯器を置いているのは、母自身が炊いてしまうからだ。娘時代から(かまどの時代から?)ご飯炊きをしていた彼女には、『炊飯』という行為が身に染みついて本人の一部になっていて、 [続きを読む]
  • 水漏れタクシー
  • 通院の迎えに行く旨、デイサービスに連絡して、母を送り車に乗せず、さらって整形外科に連れて行く。一旦、帰宅して、新たに通院させるのが面倒くさいからだ。回り道にはなっても、帰宅途中に病院に寄る方が、はるかによい。デイでは、タクシー配車を手配しておいてくれる。母には、デイの送り車とタクシーの区別が、もうよく分らない。病院に寄るのを嫌がりはするが、連れて行ってしまえば、病院でむずかることはない。(外面がよ [続きを読む]
  • 冷蔵庫も新しく
  • 電化製品というのは、ナゼだか一斉に壊れることになっている。冷蔵庫の調子も悪くなった。冷蔵室が、うまく冷えていず、食材が傷むようになり、水モレもするようになったから、買換える。こちらは4〜5年だから、そんなに古くはないんだけどね。まぁ、アタリハズレがあるのだろう。冷蔵庫は、いつもの電気屋さんでなく、量販店に見に行く。上から順に、冷蔵室・冷凍室・野菜室の3ドアで、上部に電子レンジが乗るタイプは、それし [続きを読む]
  • IHを新しく
  • デイ(サービス)のスタッフさんから連絡があり、送出しのヘルパーさんの話を連携で伝えられる。ガスがうまく使えない(ときがある)。表示が消える(ときがある)。電源プラグを抜差ししても、状況は変らない。…らしい。操作パネルが、おかしいのだろうか。ガスの点検を依頼し、要介護認定調査と同じ日に来てくれることになった。認定調査は、ヘルパーさんのサービス時間の後のため、入れ替りになる感じ。ヘルパーさんに訊くと、 [続きを読む]
  • 皮膚科の通院
  • 母の足の爪(特に親指)は、変形している。それは、もう何十年も前からのことだ。爪水虫なのだろうと思う。デイサービスからの連絡帳に、足爪の変形について書かれ、皮膚科受診を奨められた。分ってはいる。が。本人は痛がっても痒がってもいず、皮膚科受診の優先度は、かなり低いのだ。しかし、デイで入浴をお願いしていることだし、と思い、通院する。整形外科の近くの皮膚科に連れて行く。予約のシステムではないので、受付を済 [続きを読む]
  • 入歯磨き
  • 本当は、磨き粉の入らないものがいい筈だが、ペーストも歯ブラシも、今までの銘柄を変えないことにしたので、たまーに母が磨くと、細かいキズが、たくさんつくことだろう。まぁ、今まで、それで磨いてきたのだから、(見えないけど)すでにキズだらけなのだろうが。総入歯にしたとき、歯科医の「磨き粉の入っていない入歯用で磨いてね」というアドバイスはなかったのか。イヤ、言われたんだけど、聞いちゃいなかったのであろう。も [続きを読む]
  • サイフとカギの紛失
  • 夕刻、デイサービスから電話がきて、サイフごとカギが見当らない、と言う。当日は、キーバンカーの予備で開けたとのこと。本来、デイにサイフを持って行くものではないが、母は、カギに紐をつけ、紐を安全ピンにくくりつけ、安全ピンをサイフに留めている。そのため、カギとサイフはセットになっているのだ。長年やってきたものを崩すと、彼女はキーーーとなってしまう。・・だろうことが想定されるので、サイフには大金やカードを [続きを読む]
  • 治験終了後の方針
  • 担当の先生とお話しして、一応の今後の方針を決めた。この病院に今までの経過などの資料は揃っているので、それを活かさないのも勿体なく、3ヶ月に一度で、こちらに通うことに。3ヶ月に一度なら、そうタイヘンではないだろう。なので、次回通院は、4月。薬については、本来、アリセプトは初期用の薬だけど、それだけじゃなく、いろいろ作用があり、それとメマリーと治験薬で、うまくバランスがとれていたのを、アリセプトを抜い [続きを読む]
  • 【トリむね肉オレンジマーマレード煮のレシピ】
  • ◆材料:3〜4人分トリむね肉 1枚(300gでこぼこ)− 煮汁等 − オレンジマーマレード 150g しょう油 50cc水 150cc◆手順 1.トリむね肉に塩こしょうして、もみ込む。  20〜30分おいて、キッチンペーパーで余分な水分を拭取る。  鍋に入れる。2.オレンジマーマレード、しょう油、水を入れて煮る。  煮立ったら、灰汁を取る。  私は、落しぶた兼用で、あく取りシートも使います。3.弱火に [続きを読む]
  • TVが映らない
  • ヘルパーさんからの連絡で、TVが映らない、という。最初、電源コードが抜けていたので、差込んで、本体のスイッチオンしたり、いろいろしたが、何かがないとかメッセージが出て、映らない、と。じゃあ、明日行くので、そのままにしておいて、ト伝えると、それでは淋しい気がするとのこと。じゃあ、ラジオでも点けてやって下さい、トお願いする。翌日、見ると、確かに点かない。電源スイッチをオンすると、「B-CASカードが入ってい [続きを読む]
  • 治験の終了
  • 長らく続けてきた治験が終了となった。2010年開始だから、6〜7年くらい。偽薬かもしれない状態を経て、実薬になってから4〜5年かな。期待した結果が出なかったのだね。ウチの母には、結構効いたと思うが。市販薬として展開するには、百人のうち3人くらいに効いているようではダメである。アルツハイマー型と特定するにしても、少なくとも70〜80パーセントくらいには効いてほしかろう。認知症の場合、症状(つまり本人や周りが [続きを読む]
  • リハパン交換
  • 日曜日は、家族介護の日だ。やること、いっぱい。気の進まないこと、おびただしい。毎回、行きたくない。が、行けば、もうカラダは自動的に動く。一週間分の食材その他を近くのスーパーで買物する。食材は戸棚や冷蔵庫に保管。夕食の支度をして、配膳・下膳する。(最近は、ワントレー専門だ。お皿に移して、少し足すけど)本日分の薬を飲んで貰う。入歯を出してもらって、洗浄する。その間に、食器を洗って、拭いて、片付ける。お [続きを読む]
  • 『エアおはぎ』
  • 金曜日は、通院だった。もともとはデイサービスで、デイ送りのヘルパーさんが入り、起して、トイレ・洗顔を促し、リハパン交換、更衣介助、朝食にトースト、温めたミルク、(あれば)サラダ等を出してくれる。朝食の後は、母は化粧台の前で化粧をする。デイの迎えが来たときには、準備万端整って、車に乗るばかりだ。通院に金曜日を充てて、デイサービスは休み、デイ送りのヘルパーさんは、お願いする。そうすると、私がタクシーで [続きを読む]
  • 過去の記事 …