らぷらざ亭 さん プロフィール

  •  
らぷらざ亭さん: 肴町のらぷらざ亭 『今日のおすすめ』
ハンドル名らぷらざ亭 さん
ブログタイトル肴町のらぷらざ亭 『今日のおすすめ』
ブログURLhttp://osusume-rapurazatei.sblo.jp/
サイト紹介文八戸市六日町の居酒屋『肴町のらぷらざ亭』です。料理、地酒、八戸の街を美味しく紹介します。
自由文八戸市六日町「旬菜料理 肴町のらぷらざ亭」です。地元の方には「今日は何が美味しいのかな?」を知っていただくために、県外の方には「八戸という街に行ってみたい!」「八戸に行ったら”らぷらざ亭”で食べてみたい!」と思っていただけるブログを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2010/04/05 23:46

らぷらざ亭 さんのブログ記事

  • クリスマスのつまみ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今からもう何十年も前になりますがむつ湊の界隈や河口近くの新田川沿いには今でいう「居酒屋さん」みたいなものがたくさんあったんです。全国の漁師さんたちが漁のために八戸へ漁船でのりつけていたからなんですね。川を越えたところにある、ここ小中野(=こなかの)の浦町あたりもいわゆる「呑み屋さん」やカフエ、バーなどがずらっと軒を連ねていたものです。フレ [続きを読む]
  • 銀たらのカマ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。タラはタラでも、銀タラとなるとお値段もちょっとはりますね。気軽に鍋物で、という感じではないランクが上?って印象があります。その銀たらのカマはカマの中でも絶品の品質。トロリとした旨み、そしてサクッと離れる身、潔い美味しさに満ちています。コクの良さをじっくりお楽しみいただきたくて寒さも募る今日、心を込めてお出ししました。みなさまも是非、お楽し [続きを読む]
  • 鶏の柚子コショウ焼
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今年の一皿には「鶏胸肉料理」が選ばれるなどしたためか鶏料理が人気です。今日は、その肉質と風味の良さで大人気の桜姫鶏をやわらく焼きました。柚子コショウをつけて召し上がります。通常、鶏肉は焼いたり煮たりなど加熱することにより、堅くなりがちなのですがこの桜姫鷄はなんと柔らかく仕上がり、とてもジューシー。ヘルシーなので体重など、健康に気遣われてい [続きを読む]
  • はっちのイルミネーション
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。この季節になると毎年、はっち(=八戸地方の様々な文化を「入り口」のところまで紹介する施設)に灯るイルミネーション。今年は八戸市の市政施行88周年にちなみ88がつきました。記念すべき年なんですものね。1回の綺麗なツリー型のイルミネーションは優しいピンク色に輝いています。もうじきクリスマスなんですねぇ(しみじみ)。12月もだんだん気忙しくなってきた [続きを読む]
  • 舐めるんじゃねぇぞ、ナメタガレイの煮付け
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。寒くなると、どんどん美味しくなってくるものの海の幸の一つにこのナメタガレイがあります。寒いと、もう一枚、洋服を着る人間同様、北国のお魚さんたちはもう一枚?脂を身にまとうんですね。それで、一層旨みを増してくるというわけでしょうか。特に子持ちになるこのシーズン、季節の恵みをじっくりいただくにはぴったりのステージです。しっとりした身には脂がしっ [続きを読む]
  • らぷらざ亭のキューピーちゃん
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。四季折々にその装いを変える、らぷらざ亭のアイドル、キューピーちゃん。寒くなってきましたので、暖かいお洋服に衣替えしました。なんでここに?と思われるかも知れませんがま、特に意味はなく、なんとなく、ホッとする情景を置いておきたかった、みたいな気分からです。お客様がたは、男性でも(!)可愛いとおっしゃってお写真を撮っていくんですよ。面白いでしょ [続きを読む]
  • らぷらざ亭お刺身しあわせの4点盛り
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。八戸の美味しいものが食べたい!というお客様に銀サバ、イカを盛り、さらにホッキ刺とサーモンで飾りました。これからのシーズン、三沢前のホッキ貝がどんどん美味しくなってきます。とっても楽しみですね。ところで、もう随分前のことになりますが、今のように、流通環境がそんなに便利ではなかった頃のことを思い出しました。東京からのお客様がおいでになった時の [続きを読む]
  • 人気者だよ、全員集合!
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。人それぞれ、お好みですがお酒には、お刺身……というイメージがあります。長い間のお酒の席の傾向が、そんな印象を固めていってのでしょうね。今日は、そんな思いとは別に当・肴町のらぷらざ亭で常に上位にランクインする人気メニューたちを集めてみました。今が旬のタラの白子は天ぷらで。カリッとした衣を軽く噛むと、ああら、いい感じ、トロ〜ッとした食感と共に [続きを読む]
  • 鮭はらす焼き
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。朝食はご飯党という方たちはおかずの1品に焼き鮭が登場することが多いのではないでしょうか。実はこの鮭のお腹の部分は体にいい脂が豊富で、その部分だけを特別に切り取って「はらす」と呼んで売られています。ちょっと高価なんですね。身の部分より、むしろ脂がたっぷりな分とろりとした旨さに溢れご飯のおかずはもちろん、お酒の肴に非常によく合います。やっぱり [続きを読む]
  • 聞け、潮騒、味わえ、いちご煮
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。いちご煮について、お友達の思い出話しを聞いたことがあります。当時、平成天皇がまだ皇太子だった時のこと。八戸をご訪問され、その様子が地元の新聞、デーリー東北に掲載されていました。大きく「いちご煮をお代わりされた」というタイトルがあったのを見て、そのお友達は、フルーツのいちごを煮たお料理なんだろうな、だけど、どんな料理なんだろうと思ったそうで [続きを読む]
  • 欧風漁師鍋
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。今やご家庭でも、いろんな味の鍋物が楽しめるようになりましたね。当・肴町のらぷらざ亭でも板さんが腕を振るい世界中の鍋物のスープの味を再現してくれています。今日は、欧風漁師鍋。鍋の美味しいこの季節には特にオススメの濃い鍋料理です。魚介類をふんだんにいれ、色々な香辛料も入れています。黄色いスープはサフランから出たもの。小魚からとっただし汁でエビ [続きを読む]
  • やってきましたよ、なまこ酢のシーズン
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。いよいよ旬です、ナマコの季節です。見た目はチョイ、正体がない印象のためちょっと引く人もいますが、これがなかなかいい味、潮の香り満載。本来はコリコリと固い食材なのでその食感を好む方も多いのですが当・肴町のらぷらざ亭の板さんの手にかかると別の味わいに。少しやわらかく、しかしコリコリ感も残し微妙な風味に驚かれるかもしれません。ツルリンとしたのど [続きを読む]
  • 時には豪華な時間、そしてディナー
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。ホテルニューオータニでパーティーがあり、参加しました。写真は前菜です。名付けて、「海の幸、大地の恵みをジュレに寄せて」ですって!ステキ!フルコースは一分の隙もないくらいに完璧な仕上がり。感激しました。さすがです。美しさにも気を使っているのは当然でしょうね。味?もちろん、説明するまでもないでしょう?ときには、こんなふうに、異次元空間?で日常 [続きを読む]
  • 冬来たりなば、豚キムチ鍋
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。あと数日で今年の12分の11が終わっちゃいますね。なんて速いんでしょ、月日の過ぎるのは。誰かが言ってました。若いときの時の流れは自転車、年取ると、それはバイクだって。どういうことかというと時間の流れがそのぐらいのスピートに変わっちゃうってことのようです。実感。さて、冬の寒さもいよいよ本気を出してきました。(という表現もおかしいか)寒いと、どう [続きを読む]
  • 豚肉の野菜炒め
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。あ、なんだか、野菜不足、そんな感じがするとき思わず注文しがちなのが「野菜炒め」ですね。野菜炒めと称していても、やはり少しは豚肉などのお肉が入っています。じつは、だいぶ前のことになるんですが出張で県外に出かけたときのこと。お昼になったのでご飯を食べることになり、あるレストランに入りました。先ほど話したように、外出先ではどうしても野菜不足気味 [続きを読む]
  • 旬の盛り込み
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。昨日の地元紙、デーリー東北のトップ面にはサバが大漁だったという記事が載っていました。良かったですねぇ!だって、少し前まではイカもサバも全然獲れないという困った状況が続いていましたもの。そんな嬉しいニュースに触発されたわけではありませんが今日は、鮮度バッチリの海の幸たちを旬盛りしました。程よく脂の乗った銀サバの刺身、(当店は日本で一番いいサ [続きを読む]
  • タラの白子の天ぷら
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。噛みどころのないタラの白子は天ぷらにすることで、形が安定し、食べやすくなります。しかも、もともと濃厚な旨みを持っているので油で揚げることで、さらに引き締まったうまさに変身するんですね。外側はカリッ、そして中は熱々、ジューシーな美味しさで迫って来ます。生の時とはまた違った味わいに感激されることでしょう。にほんブログ村青森県 ブログランキングへ [続きを読む]
  • タラの白子ポン酢
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。一瞬、何かの形に似ている、とお思いのあなたは、かなり、デリカシーの強い、素敵な感性をお持ちの方。確かに見た目は、ちょいとユニーク。でも、人間と同じで外見で人や物を判断してはいけません。なんてね。透き通るような美女の肌にも似てその表面はあくまでも艶やか。そして、どこまでも白くうっとりするような輝きを放ってやみません。タラの白子です。お吸い物 [続きを読む]
  • これでもか!「ごっちゃ煮」でgo!
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。チラチラと雪が降ったりしてああ、やっぱり冬が来るのね、なんて複雑な思いにかられました。でも、冬といえばいよいよ鍋の季節到来とも言えますね。そんなわけで、今日はいろいろな魚や野菜がいっぱいの「ごっちゃ煮」をお出ししました。だし汁が沸騰して来たらまず最初に魚を入れます。そうして今度は次々と具材を全部入れてクツクツと煮立てます。あまり煮込まない [続きを読む]
  • 秋の彩り
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。味覚の秋、彩り溢れる季節。そんな風情、秋の美しさをどの色にも染まるという白い色の器に盛りました。氷頭(ひず)なます、菊、柿、そして秋を代表する色、紅葉(もみじ)の趣。それらが日毎に深まる秋の気配を感じさせます。甘酢で味付けしました。菊は香りとともにその色を、カキは甘さと酸味を、氷頭なますは、独特のコリコリ感をゆっくりとお楽しみください。に [続きを読む]
  • 季節到来、カキフライ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。来ましたよ、いよいよ私の大好きなカキフライのシーズンです。お好きなお客様が非常に多いですね。磯の香りをそのまま閉じ込めてしまうカキフライ。カリリと外側をか〜るく噛むとカキのエキスがジュワリと舌の上に滑り出します。もう、なんとも言えない醍醐味。海の味のいいとこ取りです。さあ、濃厚な味わいを力いっぱいお楽しみください。カキはこれからが旬です。 [続きを読む]
  • 川エビ唐揚げ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。伊勢海老やロブスターなんかは超高級魚介類の一つでそうそういつでも食べられませんが、この川エビなら、普段着の気持ちで十分美味しく味わえます。お口に放り込んでカミカミすれば、殻がパリパリして、そのあと身から絞り出る汁がジュワジュワ!この繰り返しが、嗚呼たまんないですねぇ。非常に美味しいこの川エビの唐揚げはお酒の肴にぴったり!もちろん、程良い油 [続きを読む]
  • あさりバター
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。一般に、酒蒸しなどにして、あさりのみのうまさを楽しみたい時は大振りのものを、味噌汁などで美味しい出汁を取りたい時には小粒のあさりをたくさん使用するのがコツと言われています。今日は、あさりの旨みを存分にお味わいいただきたくて特大サイズのあさりをお出ししました。あさりから出た潮の香りいっぱいのよ〜く出汁が効いたコクある旨み、そして濃厚バターの [続きを読む]
  • 揚げ出しドーフ
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。日毎にめっきり寒くなりましたねぇ。日中も、お日様が出ていてもそんなに暖かいと感じなくなりましたもの。まぁ、秋だから、といえばそうなんですけどね。こんな黄昏時にはやっぱり、あったかいものが恋しくなります。お店でも、アツアツの揚げ出しドーフのご注文が大変多くなってきています。淡白なお豆腐は、どんなお料理にしても自分の美味しさを主張せず、そのほ [続きを読む]
  • 鮭のちゃんちゃん焼き
  • おんでやんせ! 八戸の居酒屋、肴町のらぷらざ亭でございます。鮭のちゃんちゃん焼きといえば、北海道が有名ですね。私の住むまち、八戸の沖でも鮭が獲れる季節になりました。ちゃんちゃん焼きをお出ししました。キャベツ、きのこ、長ネギ、玉ねぎなど野菜がたっぷり。ホイルの中で蒸された鮭と野菜はコチジャン味噌でマゼマゼします。まあ、なんていい香り!ニンニクの風味が効いて鮭と野菜の蒸し加減もバッチリ。味噌の甘辛い味 [続きを読む]