コピーライターの小澤 さん プロフィール

  •  
コピーライターの小澤さん: 売れる・伝わる・好きになる。誰でも書ける広告文章術
ハンドル名コピーライターの小澤 さん
ブログタイトル売れる・伝わる・好きになる。誰でも書ける広告文章術
ブログURLhttps://ameblo.jp/katagaki01/
サイト紹介文誰でも書けるキャッチコピーの書き方をお伝えしています
自由文キャッチコピーは、どう書いたらいいんだろう。
そうお悩みの中小企業の経営者、個人事業主の方へ。
キャッチコピーをプロに頼みたいけれど、
予算がなくて自分で書くしかない。
でも、いざ書きはじめてみても、、
何をどう書いていいのか、わからない。
そんな方のために、このブログでは
コピーライター経験18年の私が、
書き方ノウハウを惜しみなく公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 67日(平均5.3回/週) - 参加 2010/04/13 23:54

コピーライターの小澤 さんのブログ記事

  • キャッチコピーを書くときに忘れているものとは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーを書くとき、あなたは何を考えていますか? どんな強みを書いたらいいのかな…。差別化につながること書きたいな…。私のサービスの何について書こうかな…。 考えや思いは、それぞれでしょう。どれも必要不可欠な考え方ですが、それ以前に意識してほしいことがあります。それは、 人は3秒で判断をしている、ということです。 上記は「メラビアンの法則」といって、人の第一 [続きを読む]
  • キャッチコピー勉強会でお話をしたのですが、それが…。
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 先日、私の地元である岐阜にて活動されている「えんつむ会」にて講師をしました。講座のタイトルは、 【3秒で魅了する! 伝わるキャッチコピー&web文章の書き方】 私の講座では、座学だけでなくワークを入れるようにしています。というのも、聞いて「なるほど!」と思っても、いざ書いてみると「どうか聞けばいいの?」となるから。 たくさんのキャッチコピーの事例もご紹介しているので [続きを読む]
  • 売れるキャッチコピーのヒントは、書店にあった!
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーを書くのは、ゼロから生み出すのは、なかなか大変なコトです。そこで、キャッチコピーを書くのに悩んだら、「見本」を探してみてはいかがでしょうか。 といっても、「キャッチコピーの書き方」とかの本じゃないですよ。とっても身近で、タダで手に入る「見本」。それが「書籍のタイトル」です!! 「書籍のタイトル」は、とてもキャッチ―なものが多くて見本に最適なんですね [続きを読む]
  • このキャッチコピーの書き方は、ものすごいんです!
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーを書くときに気をつけたいことが一つあります。それはイメージしやすいよう「メリットを具体的に書く」ということです。たとえば、 小澤整体は、他では体験できない施術です。 上記の場合、抽象的な表現なため、いったい何なのかイメージがわきませんよね。そこで具体的な時間や体感できることを書いてみます。たとえば、こんな感じ。 小澤整体なら、5分でじんわり温か。し [続きを読む]
  • キャッチコピーだけで、なぜ売上が7.5倍になったのか?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 これは過去に聞いたお話です。ある自転車屋さんが、店頭に張り紙をしたら、売上が7.5倍になったそうです。そこに書かれていた言葉とは、以下の通りだったそうです。 「パンク修理、5分でできます」 くわしくは、わかりませんが、パンク修理だけで7.5倍になるとは思えないので、「パンク修理」をネタに、入店しやすいきっかけをつくったのが成功したのでしょう。 さて、パンク修理といえば [続きを読む]
  • 売れるキャッチコピーを書くコツとは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 売れるキャッチコピーには、さまざまなパターンがあります。今日は、そのうちの一つをご紹介しましょう。 キャッチコピーを書くとき、ついやってしまうのが、強みを書こうとすることです。 間違いではありませんが、そればっかり考えも書くことができないケースもあります。 そこで一つの型としてとらえて考えてみるのです。例えば、一つの型として、以下の考え方があります。 ■■■キャ [続きを読む]
  • キャッチコピーが簡単に書ける方法とは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーは、どうやって書いたらいいんだろう。大半の方が悩まれることです。 気を引くことがキャッチコピーだ。そう言われても、どのように気を引いたらいいかわかりませんよね。 私も駆け出しの頃、どのように書いたらいいのかさっぱりわかりませんでした。そんなとき、やっていたのが「模倣」でした。 いろんな広告のキャッチコピーを見ているとなんらかパターンがあることに気が [続きを読む]
  • 「ドラマ型文章」で書くと、なぜ売れるのか。
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 売れる文章パターンには、いろんなパターンがあります。 その中で今日お伝えするのは、 [ドラマ型]の文章の流れについてです。 人という生き物は、ドラマ(物語)がとても好きです。そこでドラマのような文章の流れにすることで、感情移入させてしまうという訳です。 そもそもドラマの流れの中でも、典型的な展開がありますよね?たとえば、以下のような流れです。 主人公が運命的な出会いを [続きを読む]
  • キャッチコピーを書く前に注意したいことは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーを考えるとき、まず押さえておきたいことがあります。 もし、それを意識しないで、感覚的に書いてしまたら、ピント外れなキャッチコピーになってしまいます。 では、何を意識したらいいかっていえば、何のためのキャッチコピーかを考えて書くことです。たとえば、以下の2つのキャッチコピーですが、何がちがうと思いますか? (1) 目のつけどころがシャープでしょ。 (2)  6 [続きを読む]
  • 文才がなくてもブログで魅力する方法
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 ブログは、文章力が決め手である。もし、そう決めつけられたら、どう思いますか? 私には文章力がないから、絶対にムリだわ…。 それでも書けない状態なのに、そう思って余計に書けなくなりますよね。 でも、個人的には、ブログは文章力ばかりではないと思っています。 もちろん文章力があるに越したことはないですが、世の中を見渡すと、文章力以外でも人を引き付けるブログもあります。 [続きを読む]
  • だから、あなたのキャッチコピーでは売れないのかも。
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 がんばって書いたキャッチコピーが、まったく反応がないのはどうしてだろう…。 もし、そんな状況にであった場合、まず検証してほしいのが「悩みまたはニーズのレベル」です。 人の悩みやニーズは単純ではありません。たとえば、以下のように段階があると考えられます。 --------------------------------------------Aレベル (ニーズはあるが)悩みと感じていない。--------------------- [続きを読む]
  • 商品に必要不可欠なものとは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 つい最近、新商品の開発に関わりさせていただきました。私の役目は、商品コンセプトの設定と、ネーミング、そしてキャッチコピーを決めることです。 4時間近く濃い話をした末、いい感じに目途が立ち、コンセプトはもちろん、ネーミングとキャッチコピーが決まりました! 今回、改めて感じたのは、商品コンセプトとネーミングは、とても重要な「商品の核」になるってことです。 「商品の核」 [続きを読む]
  • 伝わる文章の書き方 5つのポイント
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 売れる文章は、誰もが書きたいもの。でも、売れる文章以前に、ちゃんと伝わる文章がかけないことには、本末転倒になってしまいます。そこで今回は、伝わる文章の書き方をいくつかご紹介しましょう。 ●二重否定で書かない。二重否定が書かれた文章は、言いたいことがはっきりしません。だから、相手に伝わらないケースがほとんどです。 × その活動に参加しないわけではない。〇 その活 [続きを読む]
  • 否定することで振り向かせるキャッチコピーとは? 
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーの書き方の一つに、「否定」することで、気を引く方法があります。 具体的には、当たり前のことを「否定」するのです。たとえば、工務店のキャッチコピーに、こんな「否定」キャッチコピーがあります。 まだ、家は建てるな! 工務店のチラシなら、建ててほしいのに「何故建てるな」というのだろう。読んだ人は不思議に思いますよね。そこでこのキャッチコピーの落としどころ [続きを読む]
  • キャッチコピーに「ひねり」を入れる効果とは
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーは、その名の通り、心を「キャッチ」をしなくては意味がありません。 だから、当たり前のことを当たり前のように伝えても誰も振り向きません。 だからキャッチコピーのポイントは、「いかに気を引くか」が勝負でもあります。たとえば、エステの広告で、 ただいま、6000円割引キャンペーン実施中! こんなキャッチコピーを見たことありますよね。まあ、確かに割引は、気を引く [続きを読む]
  • キャッチコピーで気を引くなら、ギャップをつくること。
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 当たり前のことを書いても、人は振り向きません。 え? それ何? そう思わせる言葉にすることで、気を引くことができます。それこそキャッチコピーなんです。 では、どのように気を引いたらいいか。いくつも方法がある中で、「ギャップをつくる」というのがあります。たとえば、これ。 小さなクルマ、大きな未来。 自動車のスズキのスローガンとして、使われていたフレーズです。 ここで [続きを読む]
  • 売りたいなら、●●●な表現にする
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤 キャッチコピーでは、ほんのちょっとした工夫をするだけで、モノが売れたりします。 ちょっとした工夫には、いろいろありますが、今日は「具体的にする」についてご紹介しましょう。 たとえば、あなたがケーキ屋さんだとします。いろんなケースがある中で、お店の一押し「チョコケーキ」を売りたい。 そこで店頭ポップに付けて、お客さんの気を引きたいと思います。 さて、あなたならどんなキャ [続きを読む]
  • 天邪鬼になってキャッチコピーを書いてみる
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤 今日はキャッチコピーを書くときのコツを一つお教えしましょう。 それはキャッチコピーを書くときに、天邪鬼(あまのじゃく)になってみるってことです。 天邪鬼(あまのじゃく)といえば、モノゴトをひねくれていったり、わざと人に逆らう言動をすることを指しますよね。この天邪鬼(あまのじゃく)精神をキャッチコピーを書くときに活かすのです。 たとえば、あなたが整体院のオーナーだったとし [続きを読む]
  • キャッチコピーには、実は種類があった!
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 ネットや書籍で見かけるのは、「売れるキャッチコピー」ばかりです。でも、それ以外にも種類があると思っています。 そこで今回は、その種類についてご紹介しようと思います。※あくまで私が勝手に分類したものなので、絶対的なものではないことを予めご承知ください。 キャッチコピーは、大きく3タイプに分かれます。 ●売りキャッチコピー●イメージキャッチコピー●ブランドキャッチ [続きを読む]
  • キャッチコピーで気をつけたい2つ注意点とは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 今日はお伝えすることは、キャッチコピーだけでなく、チラシなどの本文で役立つ注意点です。 では、さっそくいきましょう。 まず一つ目は、もうすでに分かっている情報を書いてしまうというケースです。 たとえば、チーズケーキのキャッチコピーを書いた場合。 濃厚でコクのあるチーズケーキです。 そもそもチーズケーキって、「濃厚さ」「コク」があるものですよね。しかも、ありきた [続きを読む]
  • 造語キャッチコピーの効果とは?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーでは、言葉の強さに関わらず、大なり小なり「気を引く」ことが大切です。 では、どうしたら「気を引く」ことができるのでしょうか? たとえば、当たり前な言葉も「造語」を入れることで小さな引っかかりをつくることができます。 造語 その1 短縮してみる。 イケメンアラサー婚活 この辺りだと日常生活の中で、よく見かける短縮言葉の代表格でもあります。 この短縮ス [続きを読む]
  • キャッチコピーは、ギャップが効く?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 キャッチコピーで、気を引くために何をしたらいいと思いますか? 安さや便利さを強調する。誇張ぎみに書いてみる。差別化につながることを書く。脅して気を引く…。 この他にいろんなアプローチがあり、どれも間違いじゃないです。ただ一つ言えることは、読み手の心を「いかに動かすか」がポイントだってことです。 キャッチコピーではないですが、心を動かすいい例文を見つけたのでご紹 [続きを読む]
  • 想いを伝えるキャッチコピーはキケン?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 自社のアピールするキャッチコピーで、意外と見かけるのが、「自社の想いを掲げる」タイプです。 たとえば、エステ系なら…、 当店の願いは、お客様が持つ美容的なお悩みから、身も心も解放することです! こうした想いを言葉にするキャッチコピーは、経営者がどんな理念でやっているのかを表現するものでもあります。 パッと見は、良さそうに感じますよね。だって、お客様への強い想い [続きを読む]
  • スイスイ読める文章の書き方のコツ 7連発
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 スイスイ読める文章の書き方について、7つのポイントをご紹介しますね。 その1 一文は、30〜40文字程度に。 人がモノゴトを覚えられる時間は、3秒なんだそうです。だから一文が長くなると、はじめに書いてあることを忘れてしまいます。 だから、できるだけ一文は短くした方が良いといえます。1秒に読むことができるのは10から13字程度。そうなると3秒なら30字から40字になるので、一文の [続きを読む]
  • どうしたら本文まで読んでもらえるのか?
  • 名古屋・岐阜のコピーライター小澤です。 どうしたらブログやホームページのセールス文章を読んでもらえるか。そのカギを握るのが、文章の流れ(構成)です。 どんなにキャッチコピーで気を引いたとしても、その先につながらないと意味がありませんから。 では、どんな文章の流れ(構成)がいいのでしょうか。その説明をする前に、ランディングページを例に挙げ、基本構成をご紹介しましょう。 [基本構成]ヘッドコピー 注目ボディコ [続きを読む]