believe さん プロフィール

  •  
believeさん: やる気スイッチを探す旅
ハンドル名believe さん
ブログタイトルやる気スイッチを探す旅
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/believe_001/
サイト紹介文荒れて遊び倒して深海魚♀。中2病の中学生活を経て高1になりました。大学受験を目指します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 204日(平均5.6回/週) - 参加 2010/04/07 16:18

believe さんのブログ記事

  • 自宅学習日の怪
  • 期末試験が終了し、その後の学校行事等の予定がすべて終了した。土曜日には、テストの返却があったそうだ。点数は、中間テスト+20点くらい。まだ平均点が発表されていないので、詳細はわからない。さて、一学期の一通りのおつとめが終了すると、中高一貫校では中途半端な休みが始まる。「自宅学習日」という名目の休み。これはいったい何だ?終業式の日まで、宙ぶらりんの休み。ならばサッサと夏休みにしてくれればまた心構えが [続きを読む]
  • オープンキャンパス予約してみた
  • 某大学のオープンキャンパスを予約した。実はその前に、他大学の予約をしようとしたのだが、定員満席につき予約不可。前日から予約開始したばかりだったのに、翌日には満席・・・・人気大学の人気学部だったのか、あるいはもともと定員を少なく設定していたのかはわからない。そこは諦めて、他の大学を予約。ここも、娘がぜひ見たいという国立大学だ。今年は他に私立大学を数校行ってみたいのだが、まだ大学を決めかねているそうだ [続きを読む]
  • 中高一貫校を辞めてフリースクールへ
  • 先日、ご近所の姉妹のご両親とお会いした。二人とも頭の回転が早い女子、よく似た性格で、まるで双子のような姉妹。姉は共学の中高一貫校に、2年後、性格が良く似た妹も同じ学校へ入学した。妹の入学式の帰りにばったりお会いしたときには、家族そろって満面の笑顔だった。姉は楽しく通学していた。しかし、妹は入学直後から学校へいくのが苦しくなったらしい。そして徐々に休みがちに。中2、中3はほとんど学校に行けなかった。 [続きを読む]
  • 進研模試、大失敗
  • 学校で進研模試が実施された。期末試験が終了し、先生方は採点や成績付けの業務が忙しい時期だからか、卒業生(大学生)が試験監督として入っている。その時、問題が発生。試験監督の大学生が、試験開始時間と同時に入室し、あわてて問題用紙と回答用紙を配布。慌ただしい中、「選択問題は○番を選ぶように」と言ったらしいが、よく聞こえてなかったそうだ。聞こえた人も、周りの人と、「○番やるの?」などと確認しあったとのこと [続きを読む]
  • 神童の呪縛
  • かつての同僚のご子息は、幼いころ、神童とよばれていた。しかし、難関国立小お受験で、抽選くじにはずれてしまった。中学受験はしないのに小1から6年間SAPIX、高校受験で都立トップ校をめざす。中学時代は集団塾+個別を併用。だが大人びた彼は、思春期の難しい時期にいろいろ悩み、勉強が手に付かず、地元の三番手校へ行ったそうだ。その高校の進学実績は旧帝大、早慶1〜2名くらいらしい。この結果から、学校のカリキュラム [続きを読む]
  • 全統高1模試の結果から
  • 大学受験を見据えた初めての校外模試、全統高1模試の結果、案の定娘は隠し持っていた。全国で46,000人ほど受験している(英語)。今の時点では何とも言えないが、やはり国語が悪すぎる。まあ、現代文は何のこっちゃさっぱりわからなかったそうだから、あたりまえか。学力要素区分では、国語の「表現力」が0%。その国語の校内順位は、ブービー賞(校内偏差値34)。しかし全国ではCレベルなので、娘の学校は国語ができる子が多 [続きを読む]
  • 「基礎を固める」の基準
  • 学校から、高2終わりまでに基礎を完全に固めておくようにと話があった。「基礎固め」・・・よく耳にする言葉だ。しかし、この「基礎」というのは、どのレベルを指すのか?そうしたら、同じ疑問を持っていた人は他にもおり、質問が出た。この質問に対する学校の回答は・・・・。進研模試が一つの基準になる。難関校、上位校は受けず、主に中堅校以下が受験する進研模試は、問題自体が基礎中心。この模試で偏差値70で「基礎ができ [続きを読む]
  • 受験票紛失事件、その後
  • 受験票と本人確認票両方がないことに気付いた娘の動揺は、相当なものだった。面接当日、英検協会の問い合わせ開始時間の8時にすぐに電話をするつもりでいたが、混んで繋がらない場合も覚悟もしていたし、たとえ繋がっても、受験できないといわれるかもしれないことも覚悟していた。しかし、4度目でやっと一次を合格した娘自身は諦めきれず、とにかく受験したい思いが強かった。朝5時ごろ、バタンバタンと娘の部屋が騒々しく、ま [続きを読む]
  • 英検の受験票、紛失!
  • お久しぶりです。仕事で、またまた山奥で仙人生活をしていました。たまにはこんな生活も悪くはないなあ。さて、家を空けている間に、娘の期末試験が始まっていた。どんな様子なのか、出来はいいのか悪いのか、さっぱりわからない。期末試験中日だというのに、テレビを見ているのは余裕なのか、諦めなのか・・・そして明日は、英検二次面接。ここにきて、事件発生!受験票が見つからない。いくら探しても、家中探しても見つからない [続きを読む]
  • 期末直前、図書館バトル
  • 日曜日、朝から図書館で勉強をすると出かけて行った。開館前から並ぶそうだ。しかし、30分後に帰宅。座席争奪戦に敗北図書館の入口が2か所あり、2Fの自習室への階段は1か所。開館と同時に、2方向から1本の階段へ人が押し寄せ、高校生男子や大学受験生が猛突進。体の小さな娘は弾き飛ばされ、少し遅れをとってしまったが、重いリュックを背負ったままダッシュ。しかし・・・・一歩及ばず。無駄に体力を使った上に敗北感しか [続きを読む]
  • 「今日は絶対ここまでやるんだ」という寝言
  • 昨夜の日付が変わるころ、数学を勉強しているはずの娘は、机に突っ伏していた。コンタクトレンズを出すように言っても、むにゃむにゃ何を言っているのか不明。今頃みんな遅くまでがんばっているに違いない。だから自分もまだ寝るわけにはいかない!ということのようだが、誰が見ても、明らかに寝てる。ただそこが布団の中ではないというだけ。眠いならベッドで寝なさい、明日朝早く起きてやればいいといってみたが、夜の方がはかど [続きを読む]
  • 試験勉強は感じるままに
  • 期末試験1週間前に、試験のスケジュールが発表になったそうだ。暗記ものが重なる地獄は○曜日とか、一番重い科目はいつ・・・とか。その日程に合わせて、今から計画的に進めていかなければならない。あれもこれもと欲張り過ぎたり、試験範囲の前半を丁寧にやり過ぎて、後半は手をつけられなかったという失敗を何度も経験している娘。そしてとうとう中学後半は、勉強そのものを放棄した。紆余曲折、いや、どちらかというと失敗から [続きを読む]
  • にんじん作戦始動!
  • スピーチの準備で、期末試験勉強のモチベーションが一気に下がってしまった娘。なんとかせにゃいかん!と本人も頭では分かっているのに、体がいうことをきかないのだとか。しかたなく、目の前に『にんじん』をぶらさげてみることにした。『目標』も『にんじん』も、娘に決めさせる方がやる気が出るだろう。『目標』  :順位二桁『にんじん』:けやき坂46のファーストアルバムひらがなけやき、好きだったんだ・・・・っていうか [続きを読む]
  • 英語スピーチの準備
  • 期末試験が迫るこの時期に、英語でスピーチをしなくてはならなくなった。英語どころか、日本語ですらかなり怪しいのに。部屋にこもってブツブツブツブツブツブツ・・・・日本語とも英語とも聞こえない不思議な音が聞こえてくる。レポート用紙にびっしり殴り書きの原稿が数枚。何度も読み直し手を入れていく作業。発表は、期末試験の前日だそうだ。鬼・・・・これから暗記して毎日練習だ。もう期末も英検も勉強ができないと投げやり [続きを読む]
  • 期末試験と英検二次
  • 高校初めての期末試験の日程は、土日を挟んでいる。そして、ちょうどその挟まっている日曜日に、英検の二次試験がある。英検は一次試験で落ち続けていたので、二次が期末試験と重なるなどとは全く想定外だったらしい。期末の試験勉強と英検の二次対策、いったいどちらをやれば・・・・うぎゃああああ)))))))))))今の娘はこんな状況。いやっ、普通に両方バランス良くやればいいでしょ!!といってみたが、全然聞いていない。仕事で [続きを読む]
  • 通塾の気持ちが固まらない
  • 入塾テストを受けて数週間。思わしくない結果ではあったが、ギリギリ入塾許可はいただいた。一番下のクラス(←当然の結果なのだが、、、)に納得がいかない娘。前に書いたとおり、友達が一番上のクラスにいるからだ。変なプライドが、決断の邪魔をする。来月もう一度、再受験するかどうか迷っているらしい。再チャレンジしても、クラスアップがかなうどころか、不合格になることも十分ありうる。ならば、許可をもらったクラスで頑 [続きを読む]
  • 震災時の学校の対応②
  • 震災後、中学受験の学校選びの検討材料として、通学時のことを心配した。学校にいる時間は学校が対応するし、在宅中は家庭での対応。しかし、通学途中は自己の判断と責任のもとで行動しなければならない。当時、・家から近い学校を選ぶ・都心の混乱しそうなターミナル駅の乗り換えを避ける・津波や液状化を避けるため、海に近い学校は避ける  などを考えた。結果、我が家は、できる限り近い学校を選んだ。都内は、いつインナーシ [続きを読む]
  • 震災時の学校の対応①
  • 大きな自然災害が起きると思い出すことがある。3.11 東日本大震災。地震発生当時、娘はすでに帰宅していた。この日は母親の仕事が休みだったため、当時小2だった娘も、自宅で親と一緒にいることができた。これは、ただただ運が良かった。一方、まだ小学校に残っていた児童はどうだったか。この日は放課後の校庭開放日で、多くの子どもたちが外で遊んでいた。地震発生時は校庭中央に子どもを集めたそうだが、その後は遊具の安全確 [続きを読む]
  • 期末試験2週間前
  • 期末試験まで、約2週間。中間試験の時のような、切迫感が感じられない。中間試験は、それはもう、今まで見たこともないような勉強ぶりだったのだ。本当にギリギリのところまでやった。ここまではよかったのだが、次がいけなかったのだ・・・・そして、娘は大きな勘違いをしてしまった。怠けていた時は、当然下位グループ。怠けている本人はへっちゃら!だって勉強していないのだから、できなくて当然。どれほど悪くても、全く堪え [続きを読む]
  • 英検一次結果
  • 準2級、4度目の受験。一次『合格』まずは一安心。ところで、GP2+8 これは何?とにかく、二次に合格しないことには、いつまでたっても前へ進めない。何事も、一度で成功したことがないからなあ・・・・いやいや、しっかり面接対策をして臨もう!がんばろう!応援してくださる方は、ポチっとお願いします。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 後悔の涙
  • 入塾テストを受けた娘。英語と数学。ギリギリ合格。しかし、両方とも最下位のクラスだ。かなりの進学校に通っている知人の子も、以前落されたことを知っているので、よく引っかかったと思う。だが、娘は相当ショックだったらしい。なぜなら、友達が一番上のクラスにいるからだ。しかも数学は、中高一貫生対象のクラスではなく、高校受験組の一番下のクラス。当然、進度はかなり後退することになる。テストの結果は正直だ。これが今 [続きを読む]
  • 予備校の説明会に参加
  • 大学受験の予備校の説明会に、初めて参加した。システムに関する説明はなく、それぞれの教科の授業の進め方が中心だった。中学受験塾とは、まるで違う。あたりまえか・・・・・テストを受けて、許可が下りないと入れない。無理だなあ、きっと。娘はテストを受けてみたが、習っていない単元もあり、大問一つはまるまる白紙。もちろん他ができれば問題ないのだが、案の定、手も足も出ない問題が多数。それでも娘は、入りたいらしい。 [続きを読む]
  • 中堅校と上位校の中間の女子校の大学進学先(6)
  • これが最後。国公立でも早慶でもMARCHでも三大女子大でもない人たちはどこへ行ったのか?我が家にとっては、これはとても重要だ。よく言われる学校群でみてみると、日東駒専、成成明学、四工大を合わせて10、学校群に属さない東京農大、獣医生命科学大、お嬢様女子大など合わせて5、大東亜帝国・関東上流江戸桜0。それ以外も0。美大音大や体育大学を除くと、理系は四工大や農大や獣医生命大などを選んでいた。もし農学部志望 [続きを読む]
  • 今さら・・・それは酷というものです
  • 娘の学校は、英検も漢検も数検も、特に何も推奨していない。やりたい人は、勝手にどうぞ。学内受験もないし、もちろん検定対策もない。しかし・・・・・、しかしだ。保護者会で、学校側から英検の話題が出た。先生「みなさま、すでに英検2級くらいはとってらっしゃると思いますが〜、、、」多くの保護者「?????????????」もちろん、しっかりした家庭で、確実に上位級へ進んでいる人もいる。しかし、一度も受けたこと [続きを読む]
  • 中堅校と上位校の中間の女子校の大学進学先(5)
  • またまたつづき。いつまで続くのやら…大抵どこの学校も、大学進学先のデータを提示する際には、『合格実績』を出す場合が多い。しかし、私立大学の合格者数は、一人で複数の実績を稼ぐのは周知のとおりだし、その学校の実力を見たい時は、国公立大学の実績を見るのが常識だ。ちなみに、このシリーズで提示してきたデータはすべて進学実績。中学受験の学校選びの一つの指標として、いわゆる進学実績(合格実績)をみる時は、国公立 [続きを読む]