香彩 さん プロフィール

  •  
香彩さん: 香彩日記
ハンドル名香彩 さん
ブログタイトル香彩日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kyo-ko521
サイト紹介文一筆入魂!今の思いを閃くままに『書』に込めて。
自由文季節のことやお薦めスポット、最寄りの国立(くにたち)情報など、その日書きたいテーマの一番伝えたい言葉を「書」に込めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/04/08 15:41

香彩 さんのブログ記事

  • 沙楽さんの落款印
  • 画家の日向沙楽さんに依頼された雅号印です。絵のサイズに合わせて、2cm角、1,5cm角、1,2cm角、1cm角、0,8cm角の5顆。ご希望を聞いて、全サイズ、同じデザインでお作りしました。押印した作品を是非拝見したいです紙匠 雅さんで、可愛い集印帖を見つけたので、今回から制作した印を押していくことにしました。右側が表面。桜柄の着物になってます。帯留めのゴムも裏面の帯も可愛いです [続きを読む]
  • 霧ヶ峰 車山
  •      本日は、日本百名山「霧ヶ峰」の最高点「車山」へ。久々の山歩きなので、軽めです。長野県「茅野」駅からバスを利用し「車山肩」バス停から出発。約35分で山頂に着きました。山頂には、気象レーダー観測所があります。車山神社もあり、御柱が祀られています。車山はスキー場なので、リフトで山頂近くまで行かれ、軽装の観光客が多いです。ワンちゃん連れの人もたくさんいました。下りは車山高原スキー場のリフト乗り場へ [続きを読む]
  • 団扇に朝顔
  • 今年も講師をしている書道講座で、団扇の作品作りをしました。今回は、筆を20本連ねた連筆を使って下地に色柄を付け、好きな漢字や俳句などを書いていただきました。見出しの団扇は、参考に書いたものです。表には、個展に展示した朝顔を書きました。裏面は、加賀千代女の俳句「朝顔につるべ取られてもらひ水」。「朝顔に」は、千代女がのちに「朝顔や」に直して、朝顔の美しさを強調したそうです。「や」で書くつもりが「に」で [続きを読む]
  • 落款印いろいろ6&杏書展のご案内
  • 個展終了後に制作した落款印です。上の姓名印4顆と変形印3顆は、書道教室を主宰している寿杏さんからのご依頼で、来月主催される作品展用です。右下の6mm角2分印8顆は、書道講師をしている友人からの依頼で、受講生の方々の仮名作品用です。納期がほぼ一緒だったので、同時進行で制作させていただきました。寿杏さん主催の作品展「杏書展」は、2018年8月2日(木)〜5日(日)10時〜18時(最終日は16時まで)千葉県の「船橋市民ギ [続きを読む]
  • 「楓果」ちゃんの書
  • 個展に来てくれた友人から、昨年末に生まれたお孫さんの記念にと、嬉しいご依頼をいただき制作した書です。額のサイズは、12cm角位。立てることも掛けることもできます。漢字でも平仮名でもインスピレーションにお任せします、と言っていただけましたので、自由な発想で楽しく制作させていただきました。添付して頂いた可愛いお写真やお名前の雰囲気から、絵本の挿絵のようなイメージにしたいと思い、色を使って、「楓」と「果」 [続きを読む]
  • 嶽〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 岳の旧字体「嶽」。険しい山をイメージして、全紙2分の1(約68×70cm)に書きました。個展終了して1ヶ月、展示作品をUPしてきましたが、ほぼ完了。お付き合いくださいました皆様、ありがとうございました。久々に毎日UPがつづきましたが、またマイペースに戻りそうです。いずれは、副タイトルの「一筆入魂!今の思いを書に込めて。」を実践して、毎日UPしたいと思っています。今後とも、どうぞよろしくお願いします。久 [続きを読む]
  • 満月〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 今日は満月。この書は、以前、スーパームーンのブログにUPした時に書いたもの(☆)で、額装して個展に展示しました。実は、この額装、初個展で展示した作品の額とマットと利用しました。八重の桜をイメージして書いた桜の作品(☆)です。この作品用にカットした黒いマットに丸くカットした黄色いマットを合わせれば、「満月」の雰囲気にぴったりする!と閃きましたこの「桜」の初個展での展示の様子です。↓ [続きを読む]
  • 緑と縁〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 以前、ブログにUPした「縁」と「緑」。形の似た2つの漢字を並べて、個展に展示しました。今回の個展で、額作品のマットを頼んだのは、立川のプリムベールさん。初個展でもお世話になったセンスの良い額屋さんです。「縁」は、赤い額に入れたかったのですが、手頃なものがなく、「緑」の額と色違いの黄色の額にして、マットもそれに合う雰囲気にしてもらいました。そして、緑のマットもお揃いの額装にしてもらいました。でも、個展 [続きを読む]
  • 桜 欅 銀杏〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • はがきサイズが3枚入る額を見つけて、以前ブログに載せた桜と欅と銀杏を入れて、個展に展示しました。桜は、ピンク色でひらがなの「さくら」をたくさん書いて、花が咲いているイメージにしました。欅は、緑色で「わかば」をたくさん書き、葉が茂っているイメージにしました。銀杏は、黄色でひらがなの「いちょう」をたくさん書いて、黄葉をイメージしました。「さくら」と「わかば」は読めるけど、「いちょう」は読めないと [続きを読む]
  • のびのび すくすく ゆっくりゆっくり〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 個展に展示した唯一のペン作品です。ペンは、以前、山歩きで寄ったお土産売り場で見つけた「篠ペン」。→ ☆篠竹でできた手作りペンです。先がつけペンのようになっています。100均でL判サイズの写真が3枚入る額を見つけたので、紙はL判の写真用紙を使用。インクの代わりに墨を付けながら、光沢のあるツルツルの面に書きました。個展での展示風景です。↓ どこにあるかわかるかな。 [続きを読む]
  • ヨウムのぎんちゃん〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 以前、ブログにUPした漢字の「鳥」の篆書。額装して個展に展示しました。御岳山の駒鳥売店さんの看板ヨウム(洋鵡)のぎんちゃんをイメージして書きました。→ ☆個展に来てくださった人の中に、丁度、数日前に御岳山に行って、ぎんちゃんを見た方がいらしてこれも何かの縁と、お買い上げくださいました最近、御岳山に行ってないので、ぎんちゃんはどうしているか気になっていましたが、元気におしゃべりしていたと聞いて、嬉し [続きを読む]
  • 波〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 漢字の「波」を北斎の大波をイメージして書きました。墨は、青い墨(彩煙墨)に墨を混ぜています。落款印は、北斎の神奈川沖浪裏に書かれている舟をイメージして作りました。始め、海の雰囲気でマーブリングした小さめの画仙紙に書きましたが、紙一杯に書いたため、舟形の落款印が近すぎて、しっくりしなかったので、半紙に自然に書けたこの作品を選び、空間を持たせて押印しました。 [続きを読む]
  • 日光白根山
  •      本日の山歩きは、日本百名山 日光白根山。時間的に日帰りは無理なので、昨日、丸沼高原のペンションに泊まり、今朝8時、ロープウェイの運行開始時間に合わせて行動開始。ロープウェイ山頂駅から、白根山の3つのこぶがドーンと見えます。(朝は逆光だったので、この写真は下山後に撮影。)白根山山頂は狭い岩場で、360度の眺望です。下りは座禅山経由で下りたら、途中、林間学校の中学生の団体と遭遇。足場の悪いガレ場を [続きを読む]
  • 競〜第2回香彩閃書展 展示作品
  •      競い合う姿をイメージして書いた「競」。これも以前、ブログにUPしたもので(☆)、額装して個展で展示しました。額のサイズは、約17cm角です。個展作品は、いくつか気に入ってくださった方々にお嫁入りしましたが、この作品もその一つです。昨夜は、2018FIFAワールドカップ ロシア大会で、日本は初戦、2-1でコロンビアに勝利今日はこのニュースでもちきりです [続きを読む]
  • 夢ちゃん 喜怒哀楽〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 閃書キャラクターの代表格、漢字の「夢」を女の子に象った「夢ちゃん」。今回は表情を変えて、喜怒哀楽の雰囲気で4枚書きました。落款印もそれぞれ白文で「喜怒哀楽」を作って押印しました。右上が「喜」。落款印も笑ってる雰囲気の「喜」にしました。その下が「怒」。落款印も怒っている雰囲気で大きめにしました。左上は「哀」。落款印は篆書体で小さめの「哀」です。その下が「楽」。落款印は以前作った金文の「楽」で [続きを読む]
  • 雲の波〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 以前、ブログに載せた「雲の波」を和紙に貼り、額装して個展に展示しました。和紙は、お世話になっている紙匠 雅さんで見つけた透かし和紙。透かし和紙の下に、濃いグレーの画用紙を敷きました。はじめ、きれいな空色の画用紙を敷いたら、作品が負けてしまったので、この色に変えてみたら、落ち着きました。今朝、大阪で震度6弱の強い地震がありました。大阪や兵庫の親戚の無事がわかり、ほっとしましたが、かなりの揺れだったよ [続きを読む]
  • うちわを象った「団扇」〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 一昨年、「国立うちわ市」に行ったブログにUPした「団扇(うちわ)」作品を、額に入れて、個展に展示しました。額のサイズは、約20cm角です。そして、今年も「国立うちわ市」に行って来ました。くにたちにゆかりのある作家さんたち総勢25人の手描きのうちわ約80本!それぞれ工夫が凝らされていて、見応えあります!平成30年「国立ウチワ市」〜手描きのうちわノ展示会 は、6月14日(木)〜26日(火)11時〜19時 20日(水)定 [続きを読む]
  • 閃書8種〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 作品が8枚入る額を見つけたので、閃くままに漢字を絵に見立てて、はがきに書いた書の集合額にしました真ん中は、閃書8種の代表ってことで、「閃」を顔に見立てた「ひらめき君」です。一番上は、「雨」。以前、ブログに載せています。→2015年08月30日 右回りに「登」。雲を浮かべた山に山道をつけたイメージです。以前、ブログに載せた「澄」の変形です。→2013年12月29日その下が「鳥」。前回UPした「奏」の音符形の落款を [続きを読む]
  • 浅間山 外輪山 黒斑山〜蛇骨岳
  •     本日の山歩きは、快晴の中、日本百名山の浅間山へ。浅間山の噴火警戒レベル2のため、火口近くまでは行かれないので、外輪山最高峰の黒斑山(くろふやま)と少し足を伸ばして、蛇骨岳(じゃこつだけ)まで行ってきました。出発地点の「高峰高原ホテル前」までは、北陸新幹線「佐久平」駅からバスを利用しました。「黒斑山」に向かう途中の「トーミの頭」からは、浅間山がドーンと見えます。黒斑山と蛇骨岳方面も見えました [続きを読む]
  • 木の葉〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • 三文字を重ねて、一つの言葉を絵のように表現した書です。黒い墨で書いた「木」の上部に、青墨でひらがなの「の(乃)」を書き、その中に緑色で「葉」を書き入れて、「木の葉」にしました。ふっと閃いた葉書作品。前回UPした「道」と色違いの額に入れました。 [続きを読む]
  • 道〜第2回香彩閃書展 展示作品
  • はがきサイズの黒い画用紙に、白い墨汁で書いた「道」です。以前、書いて、しまいこんでいたのを見つけて作品にしました。個展では、遊び心をさらに盛り込んだ閃書エリアに展示しました。ここに展示した作品も一つずつ紹介していきたいと思いますm(__)m [続きを読む]
  • 竹筆で書いた「竹」〜第2回香彩閃書展 展示作品
  •    手作りの竹筆を2種類いただいたので、固めの「矢竹」でバックの竹3本を青墨で書いて、もう1本の竹筆で篆書体の「竹」を節をつけて書きました。表具にしたすだれは、百均の巻きす3枚をタコ糸で繋げ、山で拾った竹を上下に付けました。さらに、余った竹と竹筆2本も両側にぶら下げて飾りました。↓ 右側は、筆のアップです。個展では、水屋の両脇に「朝顔」と一緒に飾りました。 [続きを読む]