なおこ さん プロフィール

  •  
なおこさん: イタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia
ハンドル名なおこ さん
ブログタイトルイタリア写真草子 - Fotoblog da Perugia
ブログURLhttp://cuoreverde.exblog.jp/
サイト紹介文イタリア語&日本語教師、通訳のイタリア暮らし・旅・語学だより。自然と山歩きが大好き。
自由文イタリアの暮らしや文化・旅行情報を、写真と共に紹介。時に日本語教師・通訳の仕事やイタリア語学習の秘訣も。フランス語を勉強中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/04/08 20:22

なおこ さんのブログ記事

  • おいしくてやがて悲しい冬の夜
  •  わたしの誕生日を祝う大家族での昼食にと、日曜日にケーキを焼いてくれた夫は、デコレーションを前日からあれこれと考えていて、最初はチョコレートでコーティングをしたハート型のクッキーをアーモンドで作ろうとしたのですが、小麦粉を使わなかったためか、生地がオーブンの中で膨張して形が崩れ、おかげで前夜は、おいしいプチクッキーを食べることができました。 今夜は夕食前に、夫が台所で何やらして... [続きを読む]
  • 天気きまぐれ 昨日のペルージャ
  •  昨日は、「…がほしいです。」という表現を、日本語の授業で学習したので、生徒さんに、「何がほしいですか。」と質問したら、「今、わたしはかさがほしいです。」という答えが返ってきました。最近は天気の悪い日が多く、昨日も朝から天気がぐずついて、朝から雨がぱらぱら降っていました。そのため、わたしも朝うちを出るときに、傘を車に入れました。 ところが、「そうですか。」と答えたとき、自分の傘が見... [続きを読む]
  • 自分を大切にするということ、英語・イタリア語版瞑想講座
  •  自分を大切にするということは、利己主義ではなくて、むしろ、他人のことを本当に思い、大切にできるためには、まず自分自身を愛して大切にすることが必要なのだと、ディーパクは言います。他人のことばかり考えていて、逆に己が枯渇してしまい、経済的に困窮し、心身が疲れきってしまっては、他の人に対しても何かをすることができなくなってしまう。他の人や世界との関係は、自分自身とどう向き合うか、自分自身をどうと... [続きを読む]
  • 誕生祝いとイタリア乳がん検診
  •  今日も日曜日と言うことで、義父母宅で、大家族で昼食を食べました。わたしの誕生日は数日前だったのですが、以来初めて皆が集う昼食の席だったので、昨日から夫が試行錯誤の結果、チョコレートケーキを作ってくれて、昼食後皆で祝ってくれました。 ケーキの上にはロウソクが5本、自分でもあまり実感がないのですが、50歳になりました。夫も義弟夫妻も皆すでに50代になっていたので、わたし... [続きを読む]
  • 曲芸ネコと水鏡
  •  わたしきれいと、水に映る自らの姿に見とれているわけでは決してなくて、ミミがこうして、後ろ足は元ワイン樽の板のわずかな厚みの上に、前足はかなり下方の元植木鉢の水槽のふちに、微妙なバランスを保って、じっとしているのは、のどが渇いたのでしょう、水を飲みたいからなのでした。 撮影したのは2枚目の写真が先で、器用な姿勢に感心し、水に顔が映るのがおもしろいと、最初は遠く... [続きを読む]
  • 定期検診でうろうろ、イタリア ペルージャ
  •  昨日は、地域保健所から日時を指定してきた無料の定期検診がありました。学校の授業が午後1時に終わり、検診は3時過ぎからだったので、うちに帰って昼食を取ってから戻っていたら間に合わないのではないかと心配していたのですが、案内の手紙をよく読んだら、検診の場所が学校のすぐ近くなので、お昼は学校で食べて、そのままうちに帰らずに、検診場所に行くことにしました。ASL Poliambulator... [続きを読む]
  • バス時刻表を駅前で、イタリア ペルージャ
  •  ペルージャの市内バスは、通勤や買い物のために利用する人もいますが、最も多く利用するのは、学校に通う生徒たちなのでしょう。と言うのも、バスの便は、平日(feriale)か土曜日(sabato)、休日・祝日(festivo)かによって変わるのはもちろんですが、学校の授業があるとき(scolastica)とないとき(non scolastica)のバスの便数や通る道筋が大幅に異なるからです。以上... [続きを読む]
  • 夕日・朝日・朝の月と日本語学習、時の表現と歌と折り紙
  •  夏至に向かって、日の出は少しずつ遅く、日の入りは少しずつ早くなっています。特別な時間割変更がなければ、わたしは、月曜・水曜・金曜は、朝8時からの授業を担当しているため、7時半過ぎに学校に到着し、火曜・木曜は夕方4時半まで授業をしています。今日はペルージャの日の出は7時25分、日の入りは4時35分とのことですが、Tramonto a Perugia 5/12/2017 16:33... [続きを読む]
  • ピザ焼く炎と男性活躍ピザの会、イタリア
  •  ピザ窯の中では、熱い炎が燃え上がり、あっという間にピザが焼き上がります。 土曜のピザの夕食会の写真です。夫が準備しておいたピザの生地をフランコが伸ばし、具を載せ、夫がピザ窯に入れて焼き、焼き上がったら、義弟が切り分けてテーブルに配るという、男性陣の連携プレーが冴えてありがたい晩でした。 運ばれたピザをテーブルで待ち受けるのは、義母と義弟の奥さんです。... [続きを読む]
  • 鉄と石うまく使ってピザ台作り、イタリア
  •  リミニから雪がちらつくアッペンニーニ山脈を越えて、ミジャーナに来てくれたフランコと、夫が昨夕頭を悩ませ、今日完成させたのは、ピザ窯のすぐそばに設置したこちらのピザ台です。 台そのものは、こちらの写真の方がよく見えるかと思います。 ピザ台となった石と、それを支える鉄は、それぞれ友人宅およびミジャーナで、長く使われず、使うあてもないまま放置され、邪魔になって... [続きを読む]
  • 今夜はミジャーナ、海辺の石のシャワー床
  •  今日は夕方、リミニから友人が、山の家の改築作業を手伝いに来てくれました。夫は朝早くからミジャーナで、パン作りに励みながら友人を待ち、わたしはペルージャのうちで、洗濯のあと来週の授業の準備をして過ごしました。そうでもしないと、納得の行くまで準備をする時間が取れないからです。 夕食はミジャーナでピザを食べることになっていたので、午後7時頃、招待された義弟夫婦や義母と共に、車でミジャー... [続きを読む]
  • 夕空の月、朝日と冷えゆくペルージャ
  •  昨夕学校を出たとき、東の空を見やると、桃色の雲の上に白い月が見えて、とてもきれいです。無骨な現代建築の間からではありますが、サン・ピエートロ教会の美しい鐘楼が見えるように、撮影してから、バス停に向かいました。Perugia 30/11/2017 16:39 夕焼けは晴れというその言葉のとおり、今日は1日いい天気だったのですが、朝7時過ぎにうちを出ようとすると、家の前の私道が... [続きを読む]
  • 日本語新聞、イタリアの大学生の作文から
  •  生徒が、時刻表現や、日常生活におけるさまざまな行動を表す動詞を学び、日々の暮らしを日本語で言ったり書いたりできるようになってきたとき、わたしが毎回使っているとっておきの秘密兵器があります。 以前、ペルージャ外国人大学の学士号取得課程で、数年間日本語・日本文学の授業を契約講師として担当していたときに、当時の学生たちが宿題として書いた作文の中から、内容ができるだけ重複しないように... [続きを読む]
  • 夕暮れの雲間の三日月
  •  先日、夕焼けの空に、ほっそりと美しい二日月が沈もうとするのが見えて、それを記事にしたちょうど翌日のことです。 学校からうちに戻るバスの中から、雲の上の空の高みに、きれいな三日月が見えました。車内からは、高い建物に遮られて、月は時々見えるばかりですし、移動中のバスの中からでは、きれいに撮影できないことを知っていたので、バス停でバスを降りてから月を撮ろうと考えていました。 とこ... [続きを読む]
  • イタリアでカラオケ熱唱
  •  カラオケも、寿司や神風と並んで、日本語からイタリア語に外来語として入った言葉の一つです。わたしの手持ちの15年前に購入した伊伊辞典にも、すでにkaraokeが登場しています。イタリア語では、原則として、単語の後ろから数えて二つ目の音節が母音で終わる場合には、その音節の母音が長音となり、長く発音されます。そのため、イタリアの人が発音すると、「さよなら」は「サヨナーラ」、「かみかぜ」は「カミカ... [続きを読む]
  • コーヒーあればすべて解決、イタリア バールの壁の言葉
  •  土曜の午後、コーヒーを飲もうと立ち寄ったバールの壁に、それは気の利いたコーヒー賛歌が書かれていましたので、ここにご紹介します。バールの人によると、インターネットで見つけていいなと思ったとのことです。日本語訳は、わたしが最初に読んで受けた印象をもとに訳したものです。口調と意図が伝わることを重視した意訳です。  「コーヒーさえあれば、どんな問題だって解決する!   眠いときは、... [続きを読む]
  • 紅葉の森訪ねてから海辺へと、イタリア
  •  今日は、このプレサリーノの滝の上流の小川に沿って、森を歩いてから、友人たちの待つリミニに向かいました。 まだ紅葉の残る道は、風が激しく、川を何度も渡らなければならず、苦労しましたが、美しい自然のただ中を、久しぶりに歩けてうれしかったです。****************************************Risale il t... [続きを読む]
  • ごはん日本語・イタリア語、文化を映す言葉たち
  •  今日は日本語の授業で、教科書に出てきた「ごはん」という言葉を覚えるのに、生徒さんが苦労していたので、「ごはん」という言葉について、日本文化における米の大切さに言及しながら、説明してみました。 イタリア語では、ごはんは、調理前の「米」であろうと、米を炊いたものであろうと、米が実る植物、「稲」であろうと、すべて「riso」という同じ単語を使います。一方、主食が米である日本では、植物... [続きを読む]
  • フランス語版瞑想講座開始とふつふつ再学習熱
  •  時々学校で、フランス語の先生たちが母語で話しているのを聞く機会があり、やっぱりフランス語はいいなと、今朝も機会をとらえて、フランス語の先生と、フランス語であいさつをしてみました。この数年、フランス語学習を、すっかりさぼってしまっていけません。この夏、オルタ湖周辺を訪ねたとき、ホテルでも観光地でも、フランス人観光客に会って、フランス語で会話を交わす機会があり、そのときにも、ああフランス語の勉... [続きを読む]