はにゃーまん さん プロフィール

  •  
はにゃーまんさん: フィンランドからMoi
ハンドル名はにゃーまん さん
ブログタイトルフィンランドからMoi
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hanyaa_man
サイト紹介文日々の雑感とフィンランドの日常写真を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 286日(平均0.9回/週) - 参加 2010/04/09 06:03

はにゃーまん さんのブログ記事

  • 中山道6-3
  • 昼食はカツ丼とうどんのセット。かなりのボリューム。カツがサクッと揚がっていて美味しいのである。うどんは ほうとうみたいで、これがうどんなの? と 首をかしげるが、出汁は美味しい。蔵は珍しくないのだけれど、このあたりにはレンガの蔵があるのである。渋沢栄一のおかげということのよう。そして ついに上州へ。しっかりとお土産も買って、新町駅まで歩く。万歩計の値は35726歩。一応、新記録達成?ブランクがある割に [続きを読む]
  • 中山道6-3
  • 昼食はカツ丼とうどんのセット。かなりのボリューム。カツがサクッと揚がっていて美味しいのである。うどんは ほうとうみたいで、これがうどんなの? と 首をかしげるが、出汁は美味しい。蔵は珍しくないのだけれど、このあたりにはレンガの蔵があるのである。渋沢栄一のおかげということのよう。そして ついに上州へ。しっかりとお土産も買って、新町駅まで歩く。万歩計の値は35726歩。一応、新記録達成?ブランクがある割に [続きを読む]
  • 中山道6-2
  • 造り酒屋の煙突に誘われて。。。レトロなショップスペースになっている。でも、ここでお酒を買って荷物を増やすわけにはいかない。先はまだまだ長いのだ。中山道ぞいには なんだかんだで家いえが立ち並ぶけれども、ふと家並みが途切れた先には、どこまでも続く田畑が。菜の花は満開。もう春はそこまで。妙に沢山ある鉄塔を仰ぎ見つつ、先へ先へと街道を進むうちにiPhoneの電池がなくなってしまう。しかし、今回は新兵器があるのだ [続きを読む]
  • 中山道6-2
  • 造り酒屋の煙突に誘われて。。。レトロなショップスペースになっている。でも、ここでお酒を買って荷物を増やすわけにはいかない。先はまだまだ長いのだ。中山道ぞいには なんだかんだで家いえが立ち並ぶけれども、ふと家並みが途切れた先には、どこまでも続く田畑が。菜の花は満開。もう春はそこまで。妙に沢山ある鉄塔を仰ぎ見つつ、先へ先へと街道を進むうちにiPhoneの電池がなくなってしまう。しかし、今回は新兵器があるのだ [続きを読む]
  • 中山道6-1
  • 久しぶりの再開。深谷から歩き始める。朝、寝過ごして予定の電車に乗り遅れるも、電車のダイヤが乱れていたおかげでほぼ予定どおり10時から歩き始める。前回は疲れ果てていて鑑賞している時間もなかった駅舎を へぇ〜、オシャレ〜 と眺めすかしたのち、移動開始。梅の花は散りつつあるけれども、桜はこれからという感じで、春の訪れを感じる。ものの30分と歩かないうちに、トラップに引っかかる。翁最中、あんこがとても美味しい [続きを読む]
  • 中山道6-1
  • 久しぶりの再開。深谷から歩き始める。朝、寝過ごして予定の電車に乗り遅れるも、電車のダイヤが乱れていたおかげでほぼ予定どおり10時から歩き始める。前回は疲れ果てていて鑑賞している時間もなかった駅舎を へぇ〜、オシャレ〜 と眺めすかしたのち、移動開始。梅の花は散りつつあるけれども、桜はこれからという感じで、春の訪れを感じる。ものの30分と歩かないうちに、トラップに引っかかる。翁最中、あんこがとても美味しい [続きを読む]
  • 落陽
  • インドネシアの水域には、日本をはじめ、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアと多数の艦船が沈んでいる。ダイバーたちに確認されていたこれらの沈没船が、ここ数年でいきなり消滅したりしているという。鉄を好む海生生物がが食べてしまった というわけではなく、様々な連中が勝手に引き上げてはスクラップ鉄を転売しているからだという。経済発展の余韻は こんなところにも及ぶ。湖面に浮かぶ、朽ちかけたボート。 [続きを読む]
  • 落陽
  • インドネシアの水域には、日本をはじめ、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアと多数の艦船が沈んでいる。ダイバーたちに確認されていたこれらの沈没船が、ここ数年でいきなり消滅したりしているという。鉄を好む海生生物がが食べてしまった というわけではなく、様々な連中が勝手に引き上げてはスクラップ鉄を転売しているからだという。経済発展の余韻は こんなところにも及ぶ。湖面に浮かぶ、朽ちかけたボート。 [続きを読む]
  • その昔、マルセルデュシャンという男は、小便器、いわゆる「朝顔」に泉と命名して出展したという。えも言われぬ命名だ。もちろん、こちらは 普通の水飲み場なのだが、泉という言葉の両義性を僕は否応なく意識するのである。 [続きを読む]
  • その昔、マルセルデュシャンという男は、小便器、いわゆる「朝顔」に泉と命名して出展したという。えも言われぬ命名だ。もちろん、こちらは 普通の水飲み場なのだが、泉という言葉の両義性を僕は否応なく意識するのである。 [続きを読む]
  • 旧邸
  • 昔の偉人の方は趣味が良いように しばしば思えるのはどうしてだろう?時間がゴテゴテ、ギラギラした虚栄を洗い流してしまうのだろうか? [続きを読む]
  • 旧邸
  • 昔の偉人の方は趣味が良いように しばしば思えるのはどうしてだろう?時間がゴテゴテ、ギラギラした虚栄を洗い流してしまうのだろうか? [続きを読む]
  • あそこに座りたい・・・
  • 全然大した仕事をしているわけではないのに、細かい例外がたくさんあるものだから、自分が出したつもりになっている指示と、実際に実行される作業が違うのである。打ち合わせの時には必ず議事録を作って、双方で共有しておけばよかった。基本中の基本だけれど、この程度の作業なら大丈夫だ と油断してしまった。日常生活の手戻りはいいけれど、仕事の手戻りは ズーンとダメージが残るのだ。 [続きを読む]
  • 行ってみよう
  • 僕は計画を立てるのが苦手である。何かを思いついたら、もう、どうやればいいかなんか考えずにとりあえず手をつけてしまう。そんなことを考えていると、僕のパトスは始める前に、色褪せてしまう。手戻り、脱線、行き止まり。それが僕の日常。 [続きを読む]
  • カテドラル
  • 貧乏性なのでリスクを嫌う僕は、ガチャガチャなるものは よほど心が囚われていない限りはやらないのである。かつて、海洋堂謹製の三国志フィギュアが出てきた時も、ゴールドモデルなど外れアイテムが数多含まれていたため、涙を飲んで購入を諦めていたのだ。ある時、そんな燃えるような心情を吐露したところ、カミさんが ふんふん と💻を叩き、僕に憧れのフィギュアをプレゼントしてくれたのだ。劉備、関羽、孔明、曹操 [続きを読む]
  • くもり
  • 最近、持ち物をよく壊す。特に、定盤をおいても大丈夫というのが自慢の職場の床は情け容赦なく、不注意から落下した様々な持ち物を粉砕するのだ。。。。はぁ。。。修理できるかな。。。 [続きを読む]