papakoman さん プロフィール

  •  
papakomanさん: 韓国で頚椎椎間板ヘルニア手術してきました。
ハンドル名papakoman さん
ブログタイトル韓国で頚椎椎間板ヘルニア手術してきました。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/papakoman
サイト紹介文原点は年韓国頚椎人工椎間板術後報告。以降、三浦哲郎・大林宣彦・松下竜一・反原発・家庭教師etc...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/04/10 03:04

papakoman さんのブログ記事

  • 島本五段 広州できんとうん戦法を講習
  •  前回のきんとうん戦法快勝譜を兄ちゃんに報告したところ、「昨日まで中国行ってたー」と、意外な返信がありました。「NHKでも動画UPされてるらしいよ」というので探したところ、ありました。2日夜の報道記事です。中国 プロ棋士が子どもに将棋教室 | NHKニュースhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20181202/k10011732141000.html 兄ちゃんのメールによると、兄ちゃんの師匠が一門を率いての普及・交流だったようですが、一 [続きを読む]
  • 島本五段のきんとうん戦法での快勝譜!
  •  さきほどWEB対局において、きんとうん戦法で快勝しました。相手のレーティングを見誤り、1300点台と思ったのが1800点台で、いい加減に指して投げようと思って指していたのですが、思わぬ快勝をしました。理由はおそらく相手がこの戦法を知らなかったためでしょう。神戸の兄ちゃんのおかげです。 相手の手が止まった時、ほくそ笑んでしまいました。「知らないな…」と思いました。その後は相手の手なりに駒をさばいて快勝です [続きを読む]
  • 11月のアクセス解析より
  •  先月のアクセス解析より、よく閲覧されている過去記事(2018年9月以前)を調べてみました。今月のTOP5は以下の5記事です。5位 名作「息子」と椎名誠原作との異同(2016年1月13日)https://blogs.yahoo.co.jp/papakoman/19823243.html4位 25-1 寅次郎ハイビスカスの花 那覇ロケ地「たがみ病院」探訪 https://blogs.yahoo.co.jp/papakoman/6543503.html3位 「ADR 人工椎間板置換術をドイツで受けて」のMを私は許さない htt [続きを読む]
  • 子どもの城の落葉の中、ワンちゃんの玩具を引く
  •  今日は子どもの城へ行きました。片道1時間10分の行程です。カプラで遊び、弁当を食べ、2時間ほどの滞在でした。穏やかないい日でした。 妻の友人からもらった犬の玩具を喜んで引っ張ってくれたおかげで、駐車場から施設まで抱っこをほとんどせずに済みました。今週は鼻水と咳があり、外遊びができなかったため、今日ようやく室内で走ることができました。帰途すぐに寝、その後一度目を覚ましたのですが「もう少し寝ていいよ」と [続きを読む]
  • 孫風邪再び サイドテーブルの扉の蝶番交換
  •  昨日は孫が風邪で、朝から病院、次いで妻の実家へ行き、あと2軒よって帰宅しました。孫の昼寝後も孫を見ていたため、夜にはすっかり首から頭にかけて痛みがあり、横になっても治りませんでした。今朝はまあ大丈夫です。 しかし、風邪を引いたようです。昨日は孫がずいぶんせき込み、戻したりして可哀そうでした。顔の正面でくしゃみを受け、「うつるかな?」と思ったのですが、その通りになりました。しかし、孫からもらうのは [続きを読む]
  • 親子遊び 夕方の孫との散歩は楽しい
  •  今日は隣市の子育て支援の親子遊びに行きました。20組ほどの母子とともに歌や遊びをしました。依然と違い、絵本がなくなりました。ほとんどが0歳から2歳なので正しい選択だと思います。最後は「ワーオ」でした。画像は歌の時で、「まつぼっくり」「まっかな秋」「もみじ」などを歌いました。ピアノに子どもが駆け寄り、端の鍵盤を「ピーン」と叩いたりしていました。孫も前へ出て手遊び歌をし、先生が「おしまい」と言うのをまね [続きを読む]
  • 某社員食堂の東北復興メニューと韓国人社員の嘆き
  •  しばらく以前に末子がこんなことを話してくれました。 末子は重電機・原発系メーカー関連で働いていますが、社員食堂で「東北復興応援」系のフェアをしていて、福島県産の食材を使ったメニューが多く出されていたそうです。 廃炉という名の事故処理ビジネス進展状況や今も続く放射能汚染状況や食品検査の杜撰さを私等から聞いている末子は、そういうメニューは敬して遠ざけていたようですが、同じ職場で働く人らは結構平気に注 [続きを読む]
  • 中勢グリーンパーク 行く前に「イヤ、イヤ」ぐずりました
  •  今日は秋晴れの下、中勢グリーンパークに行きました。ブランコ、滑り台、大滑り台、昼食、砂場、網ブランコと、約1時間半の滞在でした。大滑り台を孫は4回、妻は3回、私は1回登って滑りました。 行くと喜ぶのですが、今日は出発前にぐずりました。朝食後いつもノートパソコンで「レオ・スマイル」を見るのですが、今日は「もう一つ見たい、見たい〜」という要求が強く、妻が「じゃあもうじいじとばあばは行くで、(孫)は一人で [続きを読む]
  • 鈴鹿フラワーパーク 秋天下に一面のパンジー
  •  今日は秋晴れの下、鈴鹿フラワーパークに行きました。遊具でいっぱい遊び、お弁当を食べて約一時間半の滞在でした。正面すぐの歌壇は色とりどりのパンジーが一面に咲いていました。大きい滑り台でも自分一人で滑ってきます。リングのはしごも一人で登るので、目が離せません。 少し風が寒く感じられるようになってきました。外出には上着が必要となる季節になったようです。   [続きを読む]
  • 大門いこにこ 「やまごやいっけん」で泣き出しました
  •  今日は大門いこにこ広場の親子ふれあい遊びに行きました。谷・野田両先生が楽しく遊んでくれました。 三番目の「やまごやいっけん」という手遊び歌が終わった途端、孫が泣き出しました。谷先生が「あれー、どうしましたー?あー、猟師の鉄砲が怖かったのかなー?」と言っていましたが、私もそうだったと思います。山小屋一軒ありました/窓から見ているおじいさん/かわいいうさぎがピョンピョンピョン/こちらへ駆けてきた 助 [続きを読む]
  • 大きい滑り台を小学校のお姉ちゃんたちと滑る
  •  今日は義姉が来てくれ、娘も孫を連れてきたので、皆で「あじへい」で昼食でした。その後、妻と義姉が先に帰り、娘が用足しをする間、私は孫を連れて野球場脇の公園へ行きました。少年野球の試合があり、付き添いの親について来ていた小学校低学年の女の子が孫を遊んでくれ、滑り台を一緒に滑ってくれました。 幅の広い滑り台は傾斜も急で片手しか置けず、大人でも少し怖く感じます。一昨日に来た時は孫も滑ろうとはしなかったの [続きを読む]
  • 野球場横の公園から「あじへい」で昼食
  •  今日は快晴の下、野球場横の公園に行きました。 一人で滑り台に上って降りて来られるのでずいぶん楽にはなりましたが、小一時間でも遊ぶ孫について見守るのはたいへんです。孫は私に「ここにおって」「おいで」などと、思うままに指示します。 遊んだ後は近くのラーメン店「あじへい」で昼食をとりました。私は醬油ラーメンを孫と分け、妻は海鮮焼そばをうまいうまいと言いながら食べました。久しぶりに食べた無料キムチはずい [続きを読む]
  • 三輪車を地面を漕いで進める 自分で何でもしたがる
  •  今日は午前は隣市の子育て支援事業の親子遊びに参加し、うどん昼食の後、帰宅し昼寝、夕方は娘の帰りの出迎えも兼ねて三輪車に載せて遊びました。   もう両足がしっかりと地面に届き、両足で地面を漕ぐようにして前に進むことができます。前輪ペダルで漕ぐのはできません。私が押すと「じいじ、離して」と言い、自力で前進しようとします。わからないようにそうっと押してもすぐに気づきます。「面白い?」と聞いても答えませ [続きを読む]
  • 仏教法事の意味 金子真介さんの話
  •  先日カーラジオで興味深い話を聞きました。NHK第2放送「宗教の時間」のある曹洞宗の僧侶の話です。「生と死を見つめて より豊かに生きる」 禅心寺 前住職…金子真介http://www4.nhk.or.jp/kokoro/27/  金子真介(しんかい)さんは70代の曹洞宗の僧侶です。彼は寺の三男として生まれ、大学卒業後旅行会社に就職、その後機縁を得て永平寺で修業し、さらに仏教系の大学を出て、再び永平寺に戻り、その後寺を創建して、「生と [続きを読む]
  • 10月のアクセス解析より
  •  先月のアクセス解析より、よく閲覧されている過去記事(2018年8月以前)を調べてみました。今月のTOP5は以下の5記事です。5位 25-1 寅次郎ハイビスカスの花 那覇ロケ地「たがみ病院」探訪 https://blogs.yahoo.co.jp/papakoman/6543503.html 4位 高瀬舟」原話「流人の話」(『翁草』)口語訳 https://blogs.yahoo.co.jp/papakoman/19733503.html3位 「ADR 人工椎間板置換術をドイツで受けて」のMを私は許さない http://b [続きを読む]
  • ポルトガル(1974年)とアルジェリア(1970年頃)の切手
  •  ポルトガルの切手は観光地のイラストが多いのですが、少し変わったものもありました。これは16世紀の人文主義者ダミアオ・デ・ゴイス(Damião de Góis)の没後400年を記念したポルトガルの切手です。 名と生没年の次にポルトガル語で「人文主義者」「外交官」「歴史家」とあります。日本語で検索しても記事はほとんどありません。アルファベット検索すると英語のWikiに詳しい記事があります。それを読むと彼は10 [続きを読む]
  • ハンガリーからの返信 ポストと郵便夫と判明!
  •  先日の切手のデザイン、内容が判明しました。ハンガリーの郵便会社であるマジャル・ポスタ(Magyar Posta)社から返信がありました。 「郵便ポストと郵便夫を描いたものである」。マジャル・ポスタ社の切手収集部の回答でした。「"労働"をテーマにした20種類の絵柄の切手セットの一枚で、1955年に開催されたハンガリー農業展覧会を記念して印刷され、デザインはジョジェフ・ヴェルテール(Vertel József)である」。 し [続きを読む]
  • フランス(1969年/1974年)の切手
  •  これはフランスの1974年発行の切手です。 絵柄はリシュリュー枢機卿の肖像画で、画家・フィリップ・ド・シャンパーニュの作品です。彼はルイ13世治下のフランス王国で首相として権勢をふるった政治家で、デュマの『三銃士』にも登場します。1630年11月11日 - 17世紀 - 何世紀という時の流れの中で - ヴェルサイユ宮殿3Dhttp://www.versailles3d.com/jp/au-cours-des-siecles/xviie/1630.html 下は1969年発行のフランスの切手で [続きを読む]
  • アルゼンチン(1973年頃)とトルコ(1973年)の切手
  •  1973年頃に発行されたアルゼンチンの切手です。絵柄は19世紀初頭のスペインからの独立戦争の英雄、ホセ・デ・サン=マルティン将軍の肖像です。 次は、1973年発行のトルコの切手で、トルコ海軍兵学校設立200周年を記念する記念切手の一枚です。 絵柄は当時の練習船の一つでしょう。場所は首都イスタンブールの南、マルマラ海にあるプリンセス諸島のヘイベル島で、背景の建物は海軍兵学校・海軍高等学校の一部でしょう。この建物 [続きを読む]
  • 娘婿の祖父のコレクション(切手・古幣)を調べる
  •  今日、すてきなものをもらいました。娘婿の祖母から、「捨てようと思ったんだけど」と渡されたのが、娘婿の父方の祖父の切手と古幣のコレクションでした。帰宅し、孫の昼寝中にいくつかを調べてみました。 右端は戦後すぐの一円札です。これは江戸以降の人であるとは服装でわかりましたが、人物はわかりませんでした。二宮尊徳、江戸末の人で、二宮金次郎、私の通った木造の小学校には正門脇に石像がありました。例の薪を背負っ [続きを読む]