浜松交響楽団 さん プロフィール

  •  
浜松交響楽団さん: 浜響団員blog〜浜松交響楽団〜
ハンドル名浜松交響楽団 さん
ブログタイトル浜響団員blog〜浜松交響楽団〜
ブログURLhttp://hamakyou.seesaa.net/
サイト紹介文音楽の街、静岡県浜松市で創立35年。日本で唯一の財団法人格をもつ市民のためのオーケストラです。
自由文演奏会に向けて、日々の練習を楽しみながら活動しています。
いろんな団員がかわるがわる投稿。日々の練習記録をお楽しみに・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/04/10 12:04

浜松交響楽団 さんのブログ記事

  • 最後の平日練習 11/28
  • いよいよ演奏会に向けての最後の平日練習日となりました。本日は、全曲の練習でした。前半は合唱団の皆さんと合流しての大合奏。大合唱団なので、すごい人口密度でした。後半はオーケストラだけの練習でした。新聞社の取材らしき方もみえていました。本日、一番印象に残ったことは、ロシアものは息の長いフレーズが多い、そして、息の長いフレーズはフレーズ設計がとても重要。というお話しでした。その例えとして、テンポも拍子も [続きを読む]
  • 写真が、、、
  • 11月も終盤に差し掛かり、冬の気配と同時に定演直前の緊張感も感じられるようになりました。 それにしてもこの日練習会場は思いのほか暑かった、、起毛やウール混素材の服装でもおかしくない日だったのに、空調のせいなのか皆の熱気のせいなのか。 (団員の中にも)半袖Tの人がいたほどです。さて、今日の練習ですが、その出来栄えは理想の音楽にはまだまだ足りない状態。井?先生からは「初期に譜面をさらってきた時とあまり変 [続きを読む]
  • ロシア音楽への誘い
  • 今回の演奏会はエキゾチック・ロシアをテーマにロシアの作曲家による名曲をお送りいたします。今日の練習はシェエラザードの合奏。私がこの曲に初めて携わったのは高校2年生の時。4楽章のみでしたが、吹奏楽用に編曲されたものを演奏しました。参考のためにCDを購入して聴きましたが、独奏ヴァイオリンの美しさや管弦楽の技巧に圧倒され、いつかオーケストラでこの曲を演奏したいと思うようになりました。念願が叶い今回演奏でき [続きを読む]
  • 磐田での集中練習
  • 浜松では、11/8から第10回浜松国際ピアノコンクールが開催されています。そんな中11/10は、9月に続き2回目の集中練習でした。コンクールの影響か、浜松では練習場所が確保できず、隣の磐田市まで遠征…。駐車場も少なく、とても大変でした。午前中は合唱だけで井?先生のご指導、午後前半は合唱と練習、午後後半はゲストコンマスの辻井先生に来ていただき、シェエラザードの練習と盛りだくさんでした。会場は前後左右ぎゅうぎゅう [続きを読む]
  • 千夜一夜物語〜ある楽団と少年の話〜
  • ―おお、恵み深い王さま、とシェエラザードは語り始めた。 昔、東の小さな国に、楽器を特産とする街がございました。商いをする者たちの間で、楽器を作って売るだけでなく、街の楽団を作ろう、という話が持ち上がります。近く国中の商人たちが集まる祭りが催されることが決まっており、この場で楽団を披露することにしました。街の商人たちは大急ぎで資金と楽団員を集めました。この祭りは大成功を収め、それからは楽団の規模も大 [続きを読む]
  • 井崎マエストロ
  • 井崎マエストロ、浜松に到着後、オケ練習前にラジオ局に向かいラジオ番組の収録とり。本番一発OK!急ぎ練習会場へ移動、いつもの練習ウェアに着替える時間もなく指揮に立つ、閉館ギリギリ、最終新幹線でお帰りに。分刻みである。というかそれどころか(SNS情報によると)この2日前になんと音楽家が憧れるウィーンのムジークフェラインで指揮をされ大絶賛!スタンディングオベーションで迎えられた、ってすごすぎる!で、帰国され [続きを読む]
  • エキゾチック・ロシア
  • エキゾチック→【異国的】今回の定期演奏会のテーマは「エキゾチック・ロシア」らしいです。エキゾチックジャパン(私は世代ではないです笑)という言葉もあるように日本も負けないぐらいエキゾチックな旋律を持っていますが、今回はロシア!!とにかく聴いていただければ分かりますが、エキゾチックな旋律が溢れ出てます。定期演奏会まで2ヶ月となった10月3日の練習は音楽トレーナー長瀬先生による「イーゴリ公」の練習。エキゾチッ [続きを読む]
  • ダッタン人日本語替え歌
  • 先週は客演指揮の井?正浩先生をお迎えしての第1回目の集中練習でした!今回のプログラムでは、歌劇「イーゴリ公」から序曲、ダッタン人の行進、ダッタン人の娘の踊り、ダッタン人の踊りを合唱付きで演奏します。ダッタン人の踊りは様々なところで使用されるほどの有名曲。JR東海「うましうるわし奈良」のCMでも流れていたのも記憶に新しいです。エキゾチックで美しい旋律が魅力の曲です。そんなダッタン人の踊りを練習中の一コマ [続きを読む]
  • 30年以上経っていました・・・
  • 「シェヘラザード」今日もたっぷりと練習できました。なんと次の日曜日は集中練習!指揮者の先生がまた来てくれます。まだ1回しか合わせて無いのに、本番の指揮者がいらっしゃった先週の練習。どうなることか?と思いましたが、うまく持ち上げていただいたという感じ。演奏会のタイトルの「エキゾチック・ロシア」のまんまで振ってくれて、ノリの良さが、いつの間にかオーケストラを良い方向に導いてくれてました。なんだかいい感 [続きを読む]
  • シェエラザード初合わせ
  • 第85回定期演奏会の練習が始まって、早2か月が経とうとしています。間に「ふじのくに子ども芸術大学」の練習も挟みつつ、難曲に挑んだ日々。今日は本番に指揮をしてくださる井崎先生との初合わせ。「ホールの客席で鐘が鳴った幻想(交響曲)以来ですね!」そうです。2016年以来。私たちも再会を楽しみにしておりました!!シェエラザード全楽章、曲全体のイメージをつかむ練習。全楽章と言っても、細かなニュアンス、フレーズ感、音 [続きを読む]
  • コルンゴルト初合わせ
  • 来週末は、はましんファミリーコンサート本番。練習も、佳境に入ってきました。6/27は、コルンゴルト作曲チェロ協奏曲のソリスト・泉優志さんとの初合わせ。東京藝大附属高校二年生である泉さんの若さ溢れる演奏に、浜響はどう応えるのか。7/8(日)の演奏会当日を、是非ご期待下さい!(ヴァイオリン S.S) [続きを読む]
  • すっげーハード。。。
  • ブログをご覧のみなさま、こんにちは。バイオリン弾きのかーたんです。昨日は、オーケストラ教室@曳馬小学校の本番前最後の練習でした。本番を意識した通し練習が行われました。かーたんの担当楽器のバイオリンは、結構弾く(ていうかほとんど弾いている)ので写真撮るのとても大変なんです。急に弾くの止めると、隣の人に「えっ!?」って顔で見られます。。。ブログ当番も簡単ではありません(笑)その厳しい環境の中での、2枚 [続きを読む]
  • オケ教練習三日目
  • こんにちは。5月初旬の沖縄を皮切りに、全国でも続々と梅雨入りが発表されていますね。静岡県は6月6日に梅雨入りしたのだそうですが、そんな記念すべき曇天の日に3回目のオケ教練習を行いました。全員で演奏したり、いくつかの楽器を抜粋したりしながら、今回も長瀬先生にたくさんご指導いただきました。「ドの音を合わせて」同じ音を出しているはずなのに、楽器の特性などによって少しずれてしまう…まぁつまり、個性が光るオーケ [続きを読む]
  • オケ教練習 二日目
  • 本日(5/30)は2回目のオケ教練習です。仕上がり具合は順当と思われます。本番まで2週間余り。残りの練習でさらに完成度が高まっていく予定です。個人的には、スターウォーズと星条旗よ永遠なれ、が難しいかなと…特に星条旗〜は、子供たちがオーケストラのなかに入って聴く、という体験コーナーの曲なのでよりちゃんと弾かないといけませんね。本番で隣に小学生がいるかもしれないのです。(勿論、他の曲をないがしろにしていいと [続きを読む]
  • オケ教の練習始めました
  • 今日(4/11)は2018年度移動オーケストラ教室(於:曳馬小学校)の初回tuttiです。指揮をしてくださるのは昨年に引き続き長瀬正典先生です。本年度の実行委員パートは1stVn。選曲にはこだわりました。聴いてくださる人がいてこそのオーケストラ、小・中学生と地元の皆様が喜んでいただける演奏会がテーマです。毎年お馴染みのレパートリーに加え、新しい試みも考えています。体験コーナーでは恒例の指揮者体験とともに今年はシンバル体 [続きを読む]
  • コルンゴルト
  • 今回は、はましんコンサート、前半プログラムの初合わせでした。今年のはましんコンサートですが、テーマは「見つけた!わたしの宝物!」ということで、威風堂々に美しき青きドナウ、アルルの女など、名曲盛りだくさんの構成になっております。ソリストをお迎えする前半のプログラムを遡っていっても、セビリアの理髪師、メンコン、あー知ってる知ってる!となるのですが1曲だけ、、、コルンゴルト??チェロコン???今回の練習 [続きを読む]
  • コルンゴルト
  • 今回は、はましんコンサート、前半プログラムの初合わせでした。今年のはましんコンサートですが、テーマは「見つけた!わたしの宝物!」ということで、威風堂々に美しき青きドナウ、アルルの女など、名曲盛りだくさんの構成になっております。ソリストをお迎えする前半のプログラムを遡っていっても、セビリアの理髪師、メンコン、あー知ってる知ってる!となるのですが1曲だけ、、、コルンゴルト??チェロコン???今回の練習 [続きを読む]
  • GP
  • 今日はいよいよGPでした。今までやってきたことの総復習。前回の演奏会から短期間しかないとのことで必死で練習してきました。もう明日で終わりかと思うと寂しい限りです。明日、今日までご指導いただいたことが、ちゃんと実現できますように!今日の中日新聞に水曜の練習風景を掲載していただきました。ピアニストが写ってないので、GPの様子を撮影しました。ソリストの中谷彩花さん、ステキなラフマニノフです。ぜひご来場お願い [続きを読む]
  • ソリスト中谷さんとの初合わせ
  • 今週水曜日の練習は84回定期演奏会の華、中谷彩花(なかやさやか)さんとの合わせ練習でした。中谷さんは2016年に行われた浜響ソリストオーディションピアノ部門で見事第1位を受賞され、今回浜響と共演することとなりました。ピアノのソロから始まるラフマニノフピアノ協奏曲第2番、中谷さんの演奏は雄大なロシアを感じるたっぷりした演奏でした。写真のかわいい笑顔とはガラリと変わって!さらに靴は本番で履く靴に履きかえて練 [続きを読む]
  • 怒涛の通し練習×2
  • 週末の集中練習から3日が経ち、水曜日の練習日でした。本日はというと、キャンディード序曲を20分ほど弾いた後にブラームスの通し練習を2回行ったのでした。さてさて早速1楽章の合奏がはじまったや否や、今までにないほどのテンポの変化に過剰反応してしまい、いちオーケストラ奏者として動揺を隠し切れずの40分間が過ぎ去りました。休憩をはさんでもう1回の通し練習。練習の終盤に印象に残る一言が。「せりふが断片的でどこに向か [続きを読む]
  • 濃い音楽と濃い二日間
  • 週末は集中練習でした!密度の濃い練習で本番までのモチベーションが高まった2日間でした。ラフマニノフのピアノコンチェルトはピアノとの合わせでした。素晴らしいピアニストと合わせると本当に楽しいですねー!アツくご指導いただきました。ブラームス交響曲第4番の練習では、指揮者の、すさまじいエネルギーをもって音楽に向かう姿に、自分も!頑張らなきゃ!となりました。「寄り添う恋人と、その周りでふわふわしている天使た [続きを読む]
  • 濃い音楽と濃い2日間
  • 週末は集中練習でした!密度の濃い練習で本番までのモチベーションが高まった2日間でした。ラフマニノフのピアノコンチェルトはピアノとの合わせでした。素晴らしいピアニストと合わせると本当に楽しいですねー!アツくご指導いただきました。ブラームス交響曲第4番の練習では、指揮者の、すさまじいエネルギーをもって音楽に向かう姿に、自分も!頑張らなきゃ!となりました。「寄り添う恋人と、その周りでふわふわしている天使た [続きを読む]
  • 音楽的な表現を
  • 本番まであと2週間!最後の追い込みということで、この土日は集中練習です。海老原先生との練習も、だんだん緊張感が増していきますね…!さて、海老原先生とのブラームスの練習で、よくでてくるキーワードがいくつかあります。・休符・弱拍にあるアクセント・3連符・ブレス例えば、「休符」というキーワードひとつとっても、いろんな場面で使われます。音の始まりに休符を感じる。音の終わりに休符を感じる。休符でもcrescendoを [続きを読む]
  • 本番まで1ヶ月を切りました 2/7
  • 本日は、長瀬先生による全曲の要所についての合奏練習でした。長瀬先生は、本番の海老原先生の練習にも全て参加していただいて、演奏会に向けた流れを全て把握された上で練習をみていただいています。海老原先生とは旧知の間柄でもあられるそうで、その点でも本番に向けた、ぶれない練習をしていただいている印象です。本日の練習でも、海老原先生ならきっとこのように指示されるだろうというお言葉を交えながらの「補講」さながら [続きを読む]
  • 久々の分奏
  • 年明けから合奏が続いていましたが、今日は分奏の日。弦楽器はいつもと違って、2つのグループに分かれての練習でした。人数が少ない分、自分の音も周りの音もよく聞こえ、とても有意義な練習になったのではないかと思います!明日からはもう2月…。あっという間に、定期演奏会1か月前です…!!インフルエンザ等に気をつけつつ、今後もがんばります! [続きを読む]