山形の達人mamo さん プロフィール

  •  
山形の達人mamoさん: 最上には最上の物語がある
ハンドル名山形の達人mamo さん
ブログタイトル最上には最上の物語がある
ブログURLhttps://ameblo.jp/maemori03/
サイト紹介文カルデラの中の「やまがた最上町」。温泉、アウトドア、食、人をキーワードにまちづくりへの思いを。
自由文行政との連携をキーワードにむらおこし、まちづくり実践中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/04/10 23:08

山形の達人mamo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018JAN26やまがた最上町の雪のこと
  • 【0126天気のこと0900】思う。 この3日間は雪掻き三昧である。毎日が災害対応、でもあろう。 さて、この雪。 この雪は白いダムとして今、野山に積もっている。これが夏の飲料水となり、たゆまない川の流れになるのである。 我が最上町は、少なくとも4500年前から人が住んでいる。竪穴式住居も多数あり、縄文土器の美しさは類い稀なる我が町のタカラである。 あの当時、人々は冬をどう過ごしていたのだろう。おそらく半 [続きを読む]
  • やまがた最上を仙台100万人に
  • 【0124仙台FMたいはく収録1330】収録終了!お疲れ様でした。お星様診療所のお二人さま♪http://floral-ray.com今回は豪雪のため肘折温泉・松屋さんは欠席でしたが。今回はレキシコーナーにも彼女達が出演!岸善幸監督あゝ荒野の映画の受賞の話題も。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000008-spnannex-ent1月27日(土)12:30〜13:0078.9MHz仙台圏(仙台市・多賀城市・岩沼市・名取市)の皆様、宜しくお願いします! [続きを読む]
  • 2017Jan9th最上町の名ガイド逝く
  • 大場康次さん。85歳だった。思えば2009年から2011年まで最上町観光協会のスタッフとして働いていたとき、赤倉温泉の活性化のために「熊撃ちマタギとゆくカンジキの旅」のガイドを勝ってやってくれたのだ。康次さんは「ヤスんつぁん」と呼ばれていた。マタギのイデタチで赤倉温泉駅でお客様を待ち、下車してきたお客様をさっそく「方言攻め」にする。そして、トロッコ橋を通って万騎の原の雪原に入っていくのだった。そこで、お客 [続きを読む]
  • 冥福を祈る、ということ。
  • 【0105闘う尊さ0710】星野仙一は、血をたぎらせる。ライバルは、必要。悔しさが、人を成長させる。悔しさが、人を前向きにさせる。悔しさが、人を燃え滾らせる。悔しさは、人生の推進力なのだ。そして。世論とも闘う。巨人を勝たせようとする世論と闘う。しびれた中日監督第2期があったのだ。名古屋球場で、巨人のメイクドラマの優勝を見せられ、カミさんを失い、奮い立つ。99年、長嶋巨人を崩し、王ダイエーと闘う。人生、やはり [続きを読む]
  • 平成29年度向町2区総会で決まったこと
  • ●2017年4月20日(木)19:00〜20:30●最上町向町駅公民館●15軒出席(29世帯の住居・13軒の事業所)●会計決算の報告と予算の承認 →可決(1軒あたり1万4000円の集金) →総額59万円、繰越金67,558円●区長からの議題1.最上祭り(9月2.3日)への参加意向 →5月31日まで若手によって意思を固める2.花壇整備の協力の呼びかけ →5月21日(日)6:00 駅集合3.最上駅の無人駅 [続きを読む]
  • 2017馬を飼う理由0320
  • 【サンマルという馬】まだまだ雪の残るやまがた最上町の赤倉温泉。ここに馬を飼い始めて半年となります。ここは、863(貞観5)年に平泉や山寺を開いたとする円仁(慈覚大師)が、最上町の富山馬頭観音を開いたときに赤倉温泉のところを立ち寄ったときに始まります。農夫が川で馬を洗っているのを見て、自分の持っていた錫杖で川を突いたところお湯が溢れてきた、というのが起源といわれてます。あれから1154年。忘れてはいけない私達 [続きを読む]
  • 2016仙台の海0826
  • 夜明けを見に来たサーファーがすでに波を待ってた潮風がいいざっと50人が沖100メートルのところに横一列に陣取っているさあもう少し潮風に吹かていよう波にかき消される波乗り達をしばらく見ていようそしてまた町へ戻るんだ [続きを読む]
  • 2016 やまがた最上町の文化的遺産「佐藤義則」① 0824 
  • 我が 山形県最上町の偉人に佐藤義則さんがいます。民俗学者であり作家であったこの方は私の義理のおじさんに当たります。このたび縁があって調べることになりましたが、奥が深く、どれほどの偉業を成し遂げてきたのか、思いを馳せているところです。彼の人的つながりをこれから少しずつこのブログでご紹介してまいります。今回は、その中で見つけたお宝を二つ。一つめは「須藤克三」と「高嶋祥光」のコラボレーション画集 [続きを読む]
  • 2016 0722 山形大学附属小学校の冒険教育
  • 山形大学附属小学校。5年生。100名の児童がおり3クラスで構成されている。ホームページによると「よりよい自分に向かって乗り越えなければならない問題を明確にし、乗り越えるために最善の方法を見定め、さまざまな体験をしながら事象(人、もの、こと)の価値をさぐり自分の「とらえ」を更新していく子ども」を研究している。http://www.yamagata-u.ac.jp/sho/pdf/keiei.pdf さて、今回は元気な33名の5年2組さんを担当 [続きを読む]
  • 2016May10 映画のまちにする2
  • 2016年5月9日 映画を見る前に仙台駅前の さくら野デパートへ。パネル展を見に行ったのです。エレベーターから入り口までの廊下。展示物。こんなポスターも。なかなか。殿様の呉れた日本酒の名前3つ。繰り返し 映画のコマーシャルビデオも流しております。しゅやくの阿部サダヲはグループ魂のメンバーであり、先日のアラバキ2016のBANETSUステージでおりましたね。そしてそして。我が最上町の馬4頭と役者2名も。話はつづきます。 [続きを読む]
  • 2016May10映画の町にしていく
  • 2016年5月9日 月曜日、映画「殿、利息でござる」を観てまいりました。宮城県は全国に先駆けて今週はいち早く観られるのです。本日は、その前に舞台となっている大和町へ。穀田屋さんに寄っていきます。お店の前には、今回の映画のポスターが。お店の中も充実の展示物。いつもの駄菓子を買って雑談をし、予言どおりの セット商品が売り切れ状態だそうです。これから一年間は、お酒が沸騰します。これら3つの銘柄を早急につく [続きを読む]
  • 5月の予定
  • 1(日)リピーターのお客様対応2(月)お友達ご案内 FMたいはく収録3(火)前森高原4(水)前森高原5(木)前森高原6(金)前森高原・アカマツ7(土)前森高原8(日)前森高原9(月)10(火)国立花山青少年自然の家・講師【泊】11(水)国立花山青少年自然の家・講師【泊】河北新報取材12(木)国立花山青少年自然の家・13(金)馬旅14(土)映画「殿、利息でござる」仙台・山形封切り  馬旅・前森高原・15(日)前森高原16(月)国立花山青少年自然の家・講 [続きを読む]
  • 過去の記事 …