新うるさん さん プロフィール

  •  
新うるさんさん: ちょっと知的にサラリーマン
ハンドル名新うるさん さん
ブログタイトルちょっと知的にサラリーマン
ブログURLhttp://chiteki100.blog92.fc2.com/
サイト紹介文ビジネスマンとしてのスキル向上を目的に、読書から学んだことを日常と照らし合わせながら書いてみました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/11 08:57

新うるさん さんのブログ記事

  • 部員の成長度合いがわかる玄関掃除
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">常勝軍団のプリンシプル 面白いエピソードが書いてありましたので、ご紹介いたします。岩出監督は年に1、2回、学生寮に行き、ほうきを持って玄関の掃除をするそうです。掃除をしていると授業が終わった学生が、ぱらぱらと帰ってきます。各学年の対応の違いに成長が見てとれます。●1年生  監督が掃除していることに、どう対応していいかわからず、その横をスタスタと通 [続きを読む]
  • 帝京ラグビーの質問力
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">常勝軍団のプリンシプル 前回からのつづきです。自分で考えて行動できる、自律的集団を作り上げるための部内でのコミュニケーション方法が紹介されていました。新チームが始まったばかりの春シーズンでは、ポイントとなる大事な場面で練習を何度も中断して、岩出監督が部員に短いアドバイスをするそうです。その後で、「今言ったことを1分で確認してみて」と指示します。 [続きを読む]
  • 脱体育会系
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">常勝軍団のプリンシプル 前回からのつづきで帝京ラグビーの強さについて紹介します。キーワードは?脱体育会系?技術や根性、伝統だけでは勝てないとあり、確かに伝統校と言われる大学が弱くなっているような気がします。しかし、岩出監督が帝京大学ラグビー部監督に就任したのは1996年で最初の10年間は伝統校に全く勝てませんでした。そこで監督である自らを変える、指 [続きを読む]
  • 帝京ラグビーが強い理由
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">常勝軍団のプリンシプル 今シーズンの大学ラグビーでも見事優勝し現在9連覇中の帝京大学。明治大学との決勝は途中まで帝京大学が劣勢に立たされ面白いゲームでした。毎年チームの主力となる4年生が卒業していく中、9連覇はスゴイことです。学生ラグビーの連覇ですと平尾誠二の頃の同志社大学3連覇があります。過去の全国大学ラグビーフットボール選手権(年末から正月にか [続きを読む]
  • 寝る前30分、朝起きてからの30分を改革する
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">「寝る前30分」を変えなさい 皆さん、寝る時はどうされていますか。何となくこれではダメだなと思いつつ、私はテレビのタイマーをセットし、なんとなくテレビを見ながらそのうちに寝てしまう、というのがパターンでした。ある日曜日の午後に、近所の書店で本書を発見し、かねてからも課題でもありますので購入してみました。睡眠は翌日の一日をむかえるためのスタート [続きを読む]
  • 20年後も残る仕事
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">あと20年でなくなる50の仕事昨日からの続きです。一方で、生き残っていける職業は次のようなものがあげられていました。高級レストランや旅館などの接客業。商品にまつわるストーリーやスペシャル感など、感情的な価値が求められる高付加価値品の営業担当者。教育者はコンピューターなどには置き換わりにくい。人に対して取材という行為を行う新聞記者。医師・薬剤師・医療従 [続きを読む]
  • 20年後無くなる仕事
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">あと20年でなくなる50の仕事以前、「10年後に食える仕事 食えない仕事」という本を紹介させていただきました。2012年に出版された本でした。関連リンク 「営業も二極化していく」関連リンク 「未来の雇用問題」関連リンク 「10年後無くなる仕事」本書が出版されたのは2015年、それから3年後です。著者は違いますが、こういうタイトルの本を見ますとついつい買ってしまいま [続きを読む]
  • 清宮監督のチームマネジメント
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">究極の勝利 Ultimate crush私が読んだのはハードカバーでしたが、現在は以下の文庫本が発売されています。正月の大学ラグビーをテレビで見ながら再度読み返してみました。皆さんご存知のとおり日本ハムに入団した清宮君のお父さんです。チームの改革の方法、リーダーシップのあり方、仕事の場面に置き換えても参考になる点が多々ありました。これまで何回か紹 [続きを読む]
  • 選択肢を考える
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">論理的思考力を鍛える33の思考実験 タイトルにあります?思考実験?とは、本書の冒頭に以下のように書いてありました。『思考実験とは、実験と聞いて最初に思い浮かぶ理科の実験のように、道具やそれを扱う場所を必要とする実験ではありません。ある特定の条件の下で考えを深め、頭の中で推論を重ねながら自分なりの結論を導き出していく、思考による実験です[p.2]。』様々 [続きを読む]
  • 加賀百万石前田家の参勤交代
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">べんけい飛脚将軍は徳川吉宗、老中水野忠之という江戸時代のお話。外様の大大名である前田家、この時の当主は前田綱紀。この人は親分肌で豪快な殿様、将軍の吉宗からは強い信頼を得ていたものの、老中や他の徳川官僚からは煙たがられる存在でした。加賀百万石で有名な前田家、参勤交代で江戸へ来る時も総勢4千名の大部隊。槍、刀、弓を持っている鎧武者だけでなく、駕籠かき [続きを読む]
  • ハンバーガー大学での学び
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">マクドナルドで学んだすごいアルバイト育成術マクドナルドで学んだすごいアルバイト育成術 (新潮文庫)(2015/02/28)鴨頭 嘉人商品詳細を見るマクドナルドにはハンバーガー大学という社員向けの人材教育施設があります。現在、世界に7校(アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ブラジル、中国)あります。そこでの学びは、講師から言葉。『「僕がここでどんなに [続きを読む]
  • やってはいけない山歩き
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">やってはいけない山歩き現在、日本では1年間に約2,500件の山の遭難事故が発生し、3,000人以上が死亡または救助されています。特徴はこの20年で激増していること、高齢者の遭難が多いこと、そして死亡遭難事故は少ない、?軽い遭難?が中心であることが紹介されています。高尾山や都会に近い低山に分類される山で、なぜ遭難が起こるのか、その要因について「危なっかしい人」 [続きを読む]
  • 奥州仕置き
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">冬を待つ城豊臣秀吉が奥州の伊達氏を屈服させ、そして小田原の北条氏を滅ぼして天下を平定した後、次は朝鮮出兵か?という頃のお話です。もし、そうなれば極寒の地へ攻め込むということもあり、寒さに慣れた人足を徴用しなければ軍勢は維持できません。さらに冬場の合戦の課題、問題点も洗い出さなければなりません。そういうこともあって豊臣の軍勢を奥州以北に攻め込ませ、 [続きを読む]
  • 感動の救出劇
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">八月十五日に吹く風1943年太平洋戦争での救出劇を描いた本です。羽田空港の書店で購入しました。場所は、北海道の千島列島のもっと先、アラスカまでつながるアリューシャン列島の島のひとつ?鳴神(キスカ)島?でのお話。隣の?熱田(アッツ)島?の日本軍は玉砕し全滅していました。キスカ島に残る将兵達は、わずかな希望を抱きながら救出を待っています。その数約5,000名 [続きを読む]
  • あこがれの冬山
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">冬山の掟新装版冬山の掟 〈新装版〉 (文春文庫)(2014/01/04)新田 次郎商品詳細を見るこの本は1978年に発行された文庫本の新装版です。発刊年と表紙のイラストからもわかるとおり時代設定は昔の昭和、戦後の復興期から高度成長期のあたり。冬山での遭難をテーマにした?10?のストーリーが書かれています。タイトルにある「冬山の掟」とは『一.冬山ではいかなることがあって [続きを読む]
  • 餃子の王将社長殺人事件
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">餃子の王将社長殺人事件おいしい餃子で日頃よりお世話になっています。あの値段であのレベルの餃子が出せるこの会社はスゴイと思います。そんな会社の社長が射殺されるという事件が起こったのは2013年12月のことでした。京都の山科にある王将フードサービス本社前で、早朝の出勤時に至近距離から4発撃たれていました。本書では事件の詳細、餃子の王将の歴史、創業家一族、中 [続きを読む]
  • オトコのこだわり
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">オトコの一理著者はあまり存じ上げておりませんが、その方が男たちへエールを送る短編集。カラダ作り、ファッションなど持論やこだわりを紹介しています。フィットネスクラブではアンダーアーマー、ランニングシューズはニューバランス、ビジネスバッグはエルメス、コートはトレンチコート(ブランドの記載はなし)、時計はゼニスのクロノグラフとパネライのチタン製モデルな [続きを読む]
  • 人を叱るときの4つの心得
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">人を奮い立たせるリーダーの力2016年10月にお亡くなりになられた平尾誠二さんのリーダーシップ論について書かれた本です。伏見工業高校(統合により現京都工学院高校)では全国制覇、そして同校と平尾さんは感動の名作ドラマ?スクールウォーズ?のモデルにもなりました。同志社大学では大学選手権3連覇し、大学生が北の鉄人新日鉄釜石に立ち向かい何度も跳ね返されましたが [続きを読む]
  • ハードルが下がった海外
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">君はどこにでも行ける堀江氏の考え方は合理的で、興味深い考え方を示してもらえることが多々あります。そして、年間何十回と海外へ行かれるそうで、その経験をもとに本書を書いています。ご存知のとおり世界は急速に、そしてあらゆることがグローバル化してきています。昔は発展途上国であった東南アジア諸国も製造業、金融業などで大きく成長しました。残念ながら?強いNIPP [続きを読む]
  • 読んだことありますか日本国憲法
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">日本国憲法を口語訳してみたら本書はタイトルのとおり、日本国憲法の前文から補則の第103条までわかりやすく口語体で紹介してあります。恥ずかしいことですが、しっかり読んだことはありませんでしたので、たいへん勉強になりました。書かれているのはどれも大事なことでしたが、今回は「第9条 戦争の放棄」の箇所(本書の口語訳)を紹介させていただきます。『第9条 俺た [続きを読む]
  • 特攻の事実
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">永遠の0永遠の0 (講談社文庫)(2009/07/15)百田 尚樹商品詳細を見る先日、本書の映画版をDVDで観まして、岡田准一氏など映画のキャストのイメージで、再度本書を読み返してみました。以前、紹介させていただいた本です。関連リンク 「ぜひ読んでほしい本」永遠の0 DVD通常版(2014/07/23)岡田准一、三浦春馬 他商品詳細を見る爆弾を積んだ航空機ごと敵艦に体当たりする?特攻 [続きを読む]
  • 甲子園の名勝負を振り返る
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">Number 甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語本書は過去の?Number?に掲載された記事を再編集し発売したものです。甲子園の怪物と呼ばれた9人のエピソードを紹介しています。9人とは松坂大輔、斎藤佑樹、桑田真澄、清原和博、松井秀喜、ダルビッシュ有、大谷翔平、清宮幸太郎、江川卓です。それぞれスゴイ人たちですが、中でも特に私が最も衝撃を受けたのが桑田・ [続きを読む]
  • 京都に行ったら中華も
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">本書は以前紹介した雑誌を文庫本にしたものです。関連リンク 「京都の中華」京都には大きく分けると二種類の中華があります。(私の主観ですが)ひとつは、京都は学生の街です。大学や専門学校などがたくさんあり西日本を中心に全国から学生が集まります。ですからボリューム満点で、安い、そして味もはっきりしている中華が主流をきかせています。その代表格が京都発祥の有 [続きを読む]
  • 100年以上続く会社はスゴイ
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">あの会社はこうして潰れた倒産情報の専門家ともいえる帝国データバンクの社員が書いた本です。会社が潰れるには、それ相応の原因というものがあります。それを明確に、リアルに30社ほど紹介されています。倒産には破産、特別清算、会社更生、民事再生などいろいろあり、もちろん理由にも無謀な投資、経営判断ミス、不正取引、社会の変化、社員の不正などいろいろあります。書 [続きを読む]
  • 通販番組に学ぶ質問力
  • line-height:25pxmargin-left:90px;margin-right:30px">「いい質問」が人を動かす面白いことがたくさん書かれていましたので何度かご紹介してきた本です。関連リンク 「人に好かれる6つの法則」日頃よく見かける腹筋運動器具の通販番組。その番組構成から人を動かす(購入させる)質問のシナリオというものが紹介されていました。皆さんにもありませんか、「買いたい!ほしい!よし買おう!」と思ってから、買う理由を正当化した [続きを読む]