RAH-UK さん プロフィール

  •  
RAH-UKさん: ホメオパシー的健康生活
ハンドル名RAH-UK さん
ブログタイトルホメオパシー的健康生活
ブログURLhttp://rahuk.blog93.fc2.com/
サイト紹介文英国ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシースタッフがお送りするロンドンブログ
自由文ホメオパシーのこと、イギリスのこと、ロンドンのこと、ホメオパシー本場イギリスならではの情報、またイギリスのリアルな情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/04/13 23:08

RAH-UK さんのブログ記事

  • 第19回JPHMAコングレス海外来賓のご紹介その2
  • 来る2019年1月5日(土)6日(日)第19回JPHMAコングレス開催まで、2か月を切りました!お申込みも続々と増え続けているようで、どんどん盛り上がってきていますね♪今回は、JPHMAコングレス海外来賓のご紹介その2と題し、インドからの発表者をご紹介させて頂きます。ジェイッシュ・ベラーレ教授です。ベラーレ教授は、インド工科大学ボンベイ(ITTB)化学工学の主任教授を務められています。健康管理、生物医学ディバイス、電子顕 [続きを読む]
  • 第19回JPHMAコングレス海外来賓のご紹介その1
  • 来る2019年1月5日(土)6日(日)第19回JPHMAコングレスが開催されます。コングレスのバナーは、神々しくて素敵ですね。今回のJPHMAコングレスには、CHhomの前身であるロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシーのUK校(RAHUK)で、副学長を務められたトレバー・ガン先生が発表者として招聘されています!トレバー先生には、今年7月、ロンドンにて、由井学長とシーラ・ワトコットさんと共にジョイントセミナーのスピーカーとして講 [続きを読む]
  • サセックス侯爵夫人とホメオパシ―
  • 英国ロイヤルファミリーがホメオパシーを支持しているのはよく知られていますね。バイオダイナミック農場「ダッチ―・オリジナルズ」でもホメオパシ―を使用していたことで知られるチャールズ皇太子。その息子のヘンリ―王子と今年結婚したメーガン妃(サセックス侯爵夫人)は昨日、ご懐妊を公式に発表、来年春に出産予定だそうです。おめでとうございます!ヘンリ―王子と出会う前のメーガン妃の写真は英国新聞社デイリーメールか [続きを読む]
  • イタリアのホメオパシー製造社CEMON訪問の思い出
  • 2018年イタリア・英国スクーリングのプログラムでは、ナポリのCEMON(チェモン)社訪問がありました♪由井学長の「海外スクーリングに参加する学生やホメオパスの皆さんには、カンファレンス参加のみでなく、訪問する国のホメオパシーに直に触れて貰いたい」という思いが通じたのか、由井学長がローマを訪問する事を知った、チェモン社のGiuseppe Spinelli氏より「Dr. Torako Yuiが、イタリアにいらっしゃるならば、是非、私達を訪 [続きを読む]
  • 第8回 伝統医学と鍼灸の国際カンファレンス in ローマ
  • 7月23日、24日にイタリア・ローマで開催された「第8回 伝統医学と鍼灸における国際カンファレンス」では、由井とらこ先生が基調スピーカーとして招待され、「難病を治癒に導くZENホメオパシー」の発表を行いました。海外スクーリングに参加されたCHhomの生徒・卒業生の方々も一緒に出席したこのカンファレンスは、イタリアを始め、オーストリア、イスラエル、南アフリカ、オランダ、アメリカ、カナダ、インド、エストニア、韓国な [続きを読む]
  • ZENホメオパシーによるホメオパシー的予防
  • アメリカでホメオパシー的予防を推進しているFree and Healthy Children International (代表:ケート・バーチ)のFacebookに、今週末のとらこ先生セミナー情報が掲載されていました。「イギリスでホメオパシー的予防についてもっと学びたいならば、今がチャンスです!」と書かれ、とらこ先生のオフィシャルサイトとリンクされています。http://www.torakoyui.com/en/homoeoprophylaxis-with-zen-homoeopathy-by-torako-yui-with- [続きを読む]
  • ドイツ医師会の会長はホメオパシーを支持!
  • ドイツの医師会の会長が、ホメオパシーをサポートする記事がありました♪以下、ご紹介させて
    頂きます??【オリジナル記事】https://www.homoeopathie-online.info/montgomery-praesident-der-bundesaerztekammer-spri
    cht-sich-fuer-homoeopathie-aus/?utm_source=Mid-June2018GermanMedPresident&utm_campaign=mid-June2018GermanPresident&utm_medium=emai
    l【記事の概要】ドイツ、エアフルトで開催された第121回連邦医療Dayのテ [続きを読む]
  • 2018年とらこ先生ロンドン・ライブ講演情報!
  • 2018年のとらこ先生ロンドン・ライブ講演は、7月21日(土)です!トレバー・ガン先生(英国ホメオパス)& シーラ・ワットコット先生(米国ホメオパス)とジョイントセミナー +「真の免疫の探求」プレミア上映ますます霊性を高められ、パワーアップしたとらこ先生。今回のロンドン講演では、その人が抱えているインナーチャイルドが同種の感情を持った病原体を引き寄せているというとらこ先生の最新の発見「インナーチャイルドと [続きを読む]
  • ルーマニアでのZENホメオパシー旋風冷めやらぬ!
  • 今年1月に第18回JPHMAコングレス海外来賓として来日したルーマニアのマリナさんが、ご自分の所属されるルーマニア・ジェモセラピー&ホメオパシー協会(ARGH)のウェブサイトに日本について記事を投稿されていたのを発見♪WEBリンク先:http://www.gemoterapie.ro/evenimente/33-alte-evenimente/638-gemoderivatul-de-camfor-si-experienta-japoneza.html楠の木のジェモエッセンスと日本での経験By マリナ・シウマス・リンブ日本 [続きを読む]
  • とらこ先生イタリアの国際学会にて基調講演!
  • 由井学長が今年7月ローマで開催される国際学会「第8回 伝統医学と鍼灸における国際カンファレンス」にて「難病を治癒に導くZENホメオパシー」をタイトルに基調講演します!ウェブリンク:http://traditionalmedicine.alliedacademies.com/カンファレンスのテーマは「伝統代替医学革新の探究 − 伝統2018」ホメオパシー界の革新者である由井名誉会長が、ホメオパシー分野で発表します。この国際学会の特色は、ホメオパシーを含む [続きを読む]
  • 春にむけて ティッシュソルト♪
  • まだ寒い日が続いていますが、日照時間も延びてきて、春の気配も感じる今日この頃ですね♪春は、肝の臓が動き出し、溜まっていた体内毒を出そうと、花粉症になったりして、排出が進みますね。症状はありがたい!体のお掃除ができて良いのですが、ミネラルも一緒に排出されてしまうので、体が疲れた感じになる時も。。。そんな時の強い味方がホメオパシーのティッシュソルト(生命組織塩)のレメディー達です!12種類のティッシュ [続きを読む]
  • HMAジャーナルに由井学長の論説が掲載されました!
  • 2017年10月29日(日)に開催された英国ホメオパシー医学協会(HMA)カンファレンスにて発表された由井学長の講演内容が、HMAのジャーナル「Homeopathy International」2018年冬号に掲載されました!発表テーマは、「The ZENホメオパシー ? 心・体・魂を三位一体で治癒に導く」由井学長は、ご自身で編み出した魂・心・体を三位一体で治癒に導くZENホメオパシーの意義と概要をイギリスのホメオパス達にもとてもわかりやすく伝えてく [続きを読む]
  • インド首相も勧めるホメオパシー!
  • インドのモディ首相がホメオパシーを推進されている事は、良く知られていますが、個人的にもホメオパシー療法をお勧めしている様子が伺える記事が、The New Indian Express紙に掲載された事をホメオパシー中央リサーチ評議会(CCRH)のDr.マンチャンダ長官よりご連絡頂きましたので、皆様にも紹介させて頂きます。【参照元】http://www.newindianexpress.com/cities/thiruvananthapuram/2017/dec/20/pm-narendra-modis-world-of-ad [続きを読む]
  • 設立20周年を記念するJPHMAコングレスでお会いましょう!
  • 世界各国でホメオパシーのコングレスが開催されていますが、今までJPHMAコングレスにゲスト参加した海外のホメオパス達は、口を揃えて「JPHMAのコングレスは、世界でもトップレベル!素晴らしい!」と仰られています。この言葉を頂ける、その理由は?と考えてみると、、、高レベルな症例発表、健康に自然に生きるための最先端の情報の多さ、美しい舞台設備、活気ある展示など、様々な角度から見ての事と思いますが、何より、発表者 [続きを読む]