塾頭 さん プロフィール

  •  
塾頭さん: 西宮の大学進学塾 one-half
ハンドル名塾頭 さん
ブログタイトル西宮の大学進学塾 one-half
ブログURLhttp://yproonehalf.blog82.fc2.com/
サイト紹介文阪急西宮北口の少人数制英数国個人塾。5人以下の授業で個々ののびしろにあわせ指導し難関大学を目指す。
自由文塾生は偏差値が10〜20伸長し、京都大、大阪大、神戸大、早慶、関関同立などの難関大学に多数合格。「頑張りたいけど頑張り方が分からない」生徒と一緒に机に向かうことで第一志望合格を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2010/04/14 20:15

塾頭 さんのブログ記事

  • 「無理」厳禁。
  • 私がかつて勤めていた学校では、1月に書初めをしていました 生徒が提出した全ての作品を教室に掲示していたのですが、その中に無理厳禁という四字熟語?があったのです。春にはいよいよ高校最終学年になる年の抱負としてはいささか物足りない言葉だと思って、本人にその真意を聞いてみました。すると、あれは無理をしてはいけないという意味ではなく、『無理!』という口癖をやめるように自分に言い聞かせるために書いたものだと [続きを読む]
  • 夏休みの前までに。
  • 先週ぐらいから、ガーデンズやACTAを歩いていると柏餅が売られているのを目にするようになりました one-half で過ごす間が長い私は、チョコレート雛あられ柏餅などの旬の商品を見て季節を感じているのかもしれません 昨日からone-half でもスリッパ入れの上に兜を飾り始めました。こうしてみるとなかなかの存在感ですね 不思議なことに、立ち上げ当初から男子の割合が低いため、つい飾るのが遅れがちになる兜ですが今年は3週間も [続きを読む]
  • 痛みを分かち合う経験。
  • 私の学生時代に担任として関わって下さった先生が約10名生活指導や教科担当などで関わって下さった先生方は100名を超えると思います。正直なところあまりにも昔の話なので、全ての先生の顔と名前を思い出せる訳ではないのですが、最も強く印象に残っているのは、本気で叱ってくれた先生方です。ただ単に間違いを指摘したり、良くない点を注意するだけではなく、大切なことを伝えようとして顔を真っ赤にして叱ってくれた先生の [続きを読む]
  • 進学実績から目標を設定する。
  • 新年度の第一週目が終わろうとしています 中高生の皆さんは、様々な学校行事やスタディサポートなどのテストが続いてぐったりと疲れ果てているのではないかと思います この春one-half に入塾した新入生たちも、まだ自習スペースの雰囲気にも慣れていない状態ですが、それでも他の塾生たちに遅れをとるまいと必死に頑張っています どの学年の人も、疲れが溜まっているはずなのでこの週末は気力&体力の回復を最優先にして、少しリラ [続きを読む]
  • この日のために。
  • この春神戸市看護大学に合格したKさんが、お母様と一緒にone-half に挨拶に来てくれました 最後にKさんに会ったのはセンター試験直後で、その時はさすがに緊張感溢れる顔つきをしていたのですが、希望する大学での入学式を終えたばかりの先日は私たちが初めてKさんに会った日と同じ柔らかな笑顔を見せてくれました 今はまだ生まれて初めての電車通学に慣れないことも多く、5限まで埋まっている授業に圧倒されていますが、これまで [続きを読む]
  • TOEIC 受験記録\(^o^)/
  • またまた、受験してきました!TOEIC。前回受験したのは、2016年の9月・・・スコア825 でした。さあ、今回はどんなスコアになるか・・・楽しみなような、心配なような。この1年半ほどの間に私が取り組んだのは下記です。(1)とにかく、できるだけ「毎日」「少しでもいいから」英語に触れること昨年1年間は、家族の介護があり、なかなか勉強する時間がとれなかったのですが主に移動時間中を利用して少しでも英語に触れるよう [続きを読む]
  • 「やれば」と「できる」の間に必要なもの。
  • やればできる。これは塾や予備校のCMでよく使われる言葉ですが、私も勉強はきちんと努力すればできるようになると信じています でも実際には成績が伸びずに困っている中高生がたくさんいます 一体なぜなのでしょう やればできるという言葉は宣伝用のフレーズなので、少しcoated with sugar(= 糖衣に包んで )あるのですが、それをそのまま信じてしまう中高生が多いからかもしれません 実際にはやり続ければできるなのではないで [続きを読む]
  • 自分を乗せる波を創り出す。
  • 先日TOEIC で920点を取得したNさんと、授業の後に話す機会がありました 初めてのTOEIC で目標を達成したことで、自分の中に何か変化があったか尋ねたところ、勉強が楽しくなってもっと頑張りたいと思うようになったと話してくれました 私たち大人も同じですが、やはり結果が出ると自然に気持ちが乗ってきてさらに創意工夫を重ね努力していくものですよね 逆に、良い結果が出ないと意欲が低下して、どんどんとvicious circle ( [続きを読む]
  • 伸びようとする小さな葉。
  • この10日ばかりの間に、自習スペースに置いてあるベンジャミンにも新しい葉が増えました 出てきたばかりの葉はまだ小さく、色も薄いです。生まれたてはこんなにかわいいのです 桜が散り新緑へと季節が移りつつあります ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆六年一貫校では2年で3年分のカリキュラムを消化するので、一旦躓いてしまうと2度とは追いつけないほどのスピードで授業が進んでいきます まだ将来 [続きを読む]
  • 高校2年生3月 TOEIC 920点 (」*´∇`)」。
  • 新高校3年生のNさんが3月に受験したTOEICのスコアを見せてくれました なんとListening は満点の495点、Reading は425点のトータル920点 という高得点でした one-half では、昨年の春慶應義塾SFC環境情報学部に入学した卒塾生のRさんが高校3年生の4月に取得した935点に次ぐハイスコアでした ●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●Nさんは今回初めてTOEICに挑戦したのですが、高校生には過酷な1 [続きを読む]
  • 「英語がわかる」という感覚。
  • 先週末は新高校1年生が見学に来てくれたのですが、なんとone-half を知ったきっかけはチラシだったそうです このブログに何度か書いてきた通り、one-half のチラシは私たちの手作りで、自分たちで印刷して、自分の足で一軒一軒ポスティングしたものです 新高校3年生のY君もチラシがきっかけで入塾してくれた1人です。運命の出会いと言うと大袈裟に聞こえますが、実際にポスティングした私たちとしてはそれぐらい嬉しいことなの [続きを読む]
  • やる気になったその日がベストタイミング。
  • 今日も桜の開花状況からスタートです ご覧ください!満開です 街中の至る所で満開の桜を楽しめる今の時期にこんな小さな桜の写真をアップしたところで珍しくも何ともないのですが、私たちにとっては塾生が卒塾の記念にくれた大切なものなのでどの桜より美しくみえます ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆考えてみると、私の周りには卒塾生が残していってくれたものがたくさんあります 問題集や赤本だけでな [続きを読む]
  • 桜と笑顔。2018年春。
  • ついに!苔桜が開花しました 地植えをした昨年は蕾をつけることもなかったので、ほんの1週間前まではもう花を見ることはできないのかと諦めかけていたのです それが昨日の暑さで一気に複数の花が開花して、今にも開きそうな蕾もまだたくさんついています 上手く育たないと、何が悪かったのだろう・・・と悩み続けてしまうので、大切に育ててきた植物が花や実をつけてくれると心底ホッとします。明日は新高校1年生が見学に来てく [続きを読む]
  • ドニガチ2018 (*´〜`*)。
  • 昨年告知が遅くなった反省を生かして、今年は新年度が始まる前からGW英検講習のお知らせをアップしたいと思います *-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*2018年度第一回目の英検は6月3日(日)に実施されます。one-half ではGWと試験直前までの土日を利用して集中英検対策を行う予定です この英検対策は完全個別講習のため、フレキシブルなスケジューリングが可能です!ドニガチとも呼ばれるこの講習 [続きを読む]
  • Ripple effect。
  • 先週寒かったのが?のように暖かくなり、街中の桜が一気に開花し始めましたね one-half の苔桜も徐々に蕾が膨らんできていて、今週末には花をつけそうです その週末からは4月となり、新年度に突入します one-half でも小論文対策の個別指導がスタートしたり、英検1級を目指すクラスに新しいメンバーが増えるなど、いくつか変化があります one-half は定員が10名程度の小さな塾なので、ほんのわずかな変化がripple effect(= [続きを読む]
  • 参考書とともに半年。
  • 3月&4月はお問い合わせが多い時期です one-half は年に何度か自分たちでチラシをポスティングする以外には一切宣伝活動を行わない塾なので、Googleなどで検索をかけてこのブログを見つけて下さった方だけしかその存在を知らないというとても変わった塾なのです その検索のキーワードとしては、中学生 であれば数学高校生の場合は英語が過半数を占めていると思います 数学の場合はどこから苦手になったのか本人が自覚しているケ [続きを読む]
  • 自分を知り、強みを生かせる道を選ぶための4年間。
  • 今日は卒塾生のS君が大学卒業の報告を兼ねてone-half に遊びに来てくれるはずだったのですが、約束の時間になっても姿を現さず2人で心配していた矢先に電話が鳴りました OMG!なんとS君は通いなれた旧教室に行って途方に暮れていたのでした そんな訳で、途中まで迎えに行った主宰と道端で4年ぶりの再会を果たしたS君は、全体的な印象は高校時代のままで落ち着きのある好青年に成長していました せっかくなので卒業祝いのケーキカ [続きを読む]
  • Springtime Green。
  • 一昨日まで雨の日が続いていましたが、ようやく快晴の春らしい陽気になりました one-half の花たちも朝の陽ざしを浴びて生き生きとしています まだ寒い時から花をつけてくれていたクリスマスローズも頑張って咲き続けてくれています 2年前に大阪市立大学 工学部 化学バイオ工学科に合格したA君がくれた苔桜の木もすくすく成長して、新しい芽をつけました 合格を祝うケーキカットの日以来会えていませんが、きっとA君も充実した大 [続きを読む]
  • 期待される苦しさ、の先にあるもの。
  • 突然ですが、みなさんは読売ジャイアンツの小林誠司選手を知っていますか?昨年ゴールドグラブ賞を獲得したキャッチャーで、日本代表にも度々選出されています 同志社大学出身ということもあって、注目しているプロ野球選手の1人です 彼は守備力には定評があり、球界を代表するキャッチャーになりつつあるのですが、課題は打撃面で昨年は打率 .206というぶっちぎりの最下位でした そんな中、昨年末のドラフト会議でジャイアン [続きを読む]
  • 祝!神戸市看護大学合格!!!おめでとう!!
  • うれしいニュースが舞い込んできました!!Kさんが神戸市看護大学に後期試験で合格したとのこと!!(現役合格)おめでとう!!!!粘り強く勉強した成果が出ましたね。Kさんとの出会いは昨年のちょうど今の時期。大学入試まであと1年を切っている段階でどうしても数学に自信が持てない、ということでone-half を訪ねてきてくれました。Kさんは当時まだ、部活動が忙しく時間がない中でなんとか効率よく、苦手な数学を克服したいと [続きを読む]
  • 進歩するための工夫。
  • 自分ではまだまだ若いつもりでも、アラフィフと呼ばれる年齢に差し掛かり次第に物忘れがひどくなってきました 英字新聞を読んでいると、Alzheimer's DiseaseをはじめとするDementia(= 痴呆・認知症)に関する記事をよく見かけるので、自分のことも心配になるのですが、今のところforgetful(= 物忘れがひどい)なだけだと思いますかつては絶対に忘れない!と自分を信用して、手帳1つ持ち歩いたことがなかったのですが、最近で [続きを読む]
  • 受験の苦しみを自信に変える4年間。
  • 2013年の年末にone-half を卒塾し、一般入試で京都産業大学に合格したS君から数年ぶりに電話をもらいました ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆↓ 4年前の大晦日、最後の授業の様子です。懐かしの旧教室 これまでで最大の1学年6人という大所帯だったので色紙に寄書きをしてもらいました 戦友の存在を心の支えにして、6人全員が一般入試で志望校に合格を果たし満開の桜のもと大学の入学式に臨んだ [続きを読む]
  • 見通しを持つ。
  • 心理学での試行錯誤学習とは試行の積み重ねによって問題の解決に至ることから生じる学習をいいます。一般的に、試行錯誤を繰り返すことにより、刺激と反応の結びつきが徐々に強くなり、問題解決にかかる時間は短くなっていくとされます。また、この刺激と反応の結びつきには報酬が寄与するとされます。と定義されています。ここでの試行は、手当たり次第の反応を次々と試みることです。猫を箱に入れて行った実験が有名ですね ?? [続きを読む]
  • とにかく明日へ。
  • 昨日はシャツ1枚で歩けるほど暖かい1日でしたが、今日は一転して冬物のコートが欲しくなる寒さになっています 気温の変化が激しいこの時期は、体調とともにやる気の維持も難しいものです 昨日燃えていたやる気の炎が今朝からの寒さですっかり下火になっている人はいませんか?そんな意欲が下がり気味の人に、1つアドバイスをさせてください こんな日は、あまり完璧を求め過ぎないようにしましょう!私たちの意志も体もそれほど [続きを読む]
  • 同志が増える喜び。
  • 2018年の大学受験は、2年間お預かりしたAさんが無事第一志望の同志社大学商学部 に合格して最高のフィナーレを迎えることができました 個人的には自分の教え子が我が母校同志社大学に進むことは何より嬉しいことです 特に、個性的で独立心に富む塾生には、是非同志社大学を目指して欲しい!とさえ思うほどです。皆さんは倜儻不羈(てきとうふき)という言葉をご存知でしょうか?この言葉は「新島襄の遺言」に出てきます その [続きを読む]