マリオ03 さん プロフィール

  •  
マリオ03さん: TRICOLOR STANDARD
ハンドル名マリオ03 さん
ブログタイトルTRICOLOR STANDARD
ブログURLhttp://artdesign007.blog33.fc2.com/
サイト紹介文No Tricolor, No Life.
自由文Jリーグ・横浜Fマリノスを全力で応援するブログ。試合を見た感想などを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/04/15 22:56

マリオ03 さんのブログ記事

  • マルちゃん。
  • 時には転げて、痛がって、守備が緩くなって周りに迷惑をかけちゃう時もあるけど、ガンバ戦は学の分も頑張って、攻撃の核になってた。パススピード、シュートセンスはJリーグではなかなか体感出来ない、ザ・ヨーロッパスタイルの素晴らしいもので、そんな中で、一緒にプレーが出来るマリノスの選手は幸せなんだなと。マルティノスがいなかったら、ウーゴの先制点も、遠藤の決勝弾もなかった。週末の試合は、久しぶりに何度でも見た [続きを読む]
  • 「驚異的な回復力」の文字、待ってる。
  • 試合中のケガで、倒れた後もピッチに戻って、プレーしていたから大怪我ではないとは思っていたけど、とても残念。昨オフからのゴタゴタで、齋藤自身もマリノスを去るのかと不安いっぱいの中、残留を決めてくれて、10番を引き継ぎ、色々なプレッシャーや葛藤の中、頑張っていた矢先のケガ。本人が一番悔しいと思う。まずは、治療に専念して、ピッチ外から熱い想いを戦う仲間に送り続けて欲しいと思う。ケガの重傷度や回復具合などは [続きを読む]
  • 守備陣の踏ん張りに応えてあげてくれ、攻撃陣。
  • 学の早い時間帯での先制点で、今日は優位にゲーム進められるか??と思っていたけど、そう甘くはなかった(´・_・`)前半は、ある程度「攻めの形」を出せていて、前半だけを見れば、負ける気はしなかったけど、後半に柏がギアチェンジして、猛攻食らい始めた時から、「これは、やばいかも…」という思いが自然に湧き出てくる。監督とすれば、前半のまま、後半も様子を見てみようだったんだろうな。ある程度の時間帯で、守備固めでゲー [続きを読む]
  • 完敗。(長文です)
  • 上位のクラブ同士の直接対決。試合前には、攻撃のフロンターレ、堅守のマリノスと言われていたけど堅守をズタズタにされて、完膚無きまでにされた、ある意味記憶に残る試合だった。前半は終始、フロンターレの一方的な攻撃。ボール奪い返すも、やっぱりクリアするのがやっと。中位、下位チームとの対戦では、ある一定の時間攻め入れられてもしっかりと、反撃カウンターのターンが回って来るんだけど昨日の川崎にはそれされもさせて [続きを読む]
  • 無敗記録も明らかに強いという感覚は鈍い。
  • 首位を行く鹿島のように、点を取るべき人がしっかりと取って、手堅く勝ち切るサッカーがマリノスは出来ているか。無敗記録という記録は素晴らしいけど、やっぱり上位、首位を狙うには、勝利と共に内容も伴わないといけない。特に、前半は決定機は何度かありました。ウーゴが確実に仕留めていれば。彼は、ワンタッチでゴール狙うタイプなので敵に囲まれると、得点の匂いは確実になくなる。そのためにも、左にマル、右に学で固定して [続きを読む]
  • 上位に食らいつくなら、引き分けを勝ちにしなければ
  • 上位に食らいつき、優勝、ACL圏狙うならば、前節広島戦、そして清水戦共に勝ち切らなければならなかった。特に、前半はチャンスもシュートも多かったのに、得点して突き放すことが出来なかったのが、後々に響いた感じ。10番の得点への執着は、プレーぶりをみてヒシヒシと伝わってくる。だけど、それが空回りになってはいないか。攻撃の時の「俺が俺が」は大切だけど、周りを見る余裕を失ってはないか。キャプテンとして、やらなき [続きを読む]
  • 下位に沈む広島相手に引き分けは痛い。。。
  • 前田の値千金の先制点を守り切る事が出来なかった。。勝ち点3を奪えた試合。。と、同時に勝ち点3を奪われかねない試合でもあった。マリノスは前半から、得点のニオイはしてました。学の切り裂くドリブルもそうだし、ウーゴの決定的な場面もあったし。あの辺りを、確実に仕留めていれば、苦しめられる事もなかった。バブンスキーを中央で使えなかったのかな。天野純はどうも、悪い癖のような、とにかく後ろを向いて一旦、バックパス [続きを読む]
  • マリノスは強い!!!!!(仮)
  • マリノスは強いんです!!!!しっかりと、選手がハマって躍動さえしてくれれば!!!!そう証明してくれているような、昨日の試合でした。どうも、エンジン全開とは思えない川崎相手ではあったけど、それでも、天野のピンポイントパスからマルちゃんの折り返しを、ウーゴがきっちり決めて先制。ケガから復帰、リーグ戦に戻ってきたケイマンの、大事だ大事なループでの追加点。それにしても、ものすごい決定力。。。得点を挙げた二 [続きを読む]
  • 解任論噴出かと思いきや
  • 昨日のルヴァン広島戦は見れませんでした。。見れなかったので、内容についてどうこう言えないのですが、色々な意見を見てみると、やっぱり「解任してくれ!」というのが多いみたいですね。でも、そんな中でも「昨日の試合は監督というより、選手が応えられていなかった」という意見もあるようで、敗戦は致し方ないという見方もあるようですね。ニッパツ三ッ沢のあの最高の雰囲気、勝利はもちろん、引き分けでも次に進めるという条 [続きを読む]
  • 昨日の仙台みたいなサッカーが見たい
  • 先制点は意外や意外と言ってもいい、マリノスでした。前がかりに攻め入って来る仙台の裏を突いての、マル→前田での得点。前半開始から、得点シーンみたいな崩しが見られたらいいんですけどねぇ。昨日のマリノスも、前節をコピペしたような試合内容と相も変わらずの一部選手の出来。あまりベンチは見ないんですけど、モンさんほとんど椅子に座っている印象。一方の仙台の監督は試合開始からコーチングエリアに出て来て選手らに声掛 [続きを読む]
  • いつまで我慢すればいいんだろう
  • 勝ちました。勝てたはいいんですけど、内容が無いよう。選手達がもがいてもがいて、レベルアップを図ろうとしているのも試合の中で垣間見ることもあります。それでも、雲を蹴散らすような出来ではなかった。マリノスは、ここ一か月流れからの得点が無いみたいです。それは、モンバエルツ監督の変わらぬ選手起用と対戦チームも作戦が立て易い、手策も限られた変わらぬ戦術に現われているんでしょう。週末の試合、前半19分のマルティ [続きを読む]
  • 降格圏が見えてきた
  • モンバエルツ監督がハリルに見えてきました。ハリルが結果も内容も思わしくないのに、起用しなきゃ不安になるから一部選手らを起用し続けるみたいな?モンバエルツ監督も、とにかく現主力を起用し続けないと何となく不安になる、信用出来ないみたいなのがあるのでしょうか?ハリルも原口や久保などを起用して結果を残しつつあり、何とか代表監督辞任の危機を乗り越えましたが。とにかく、うちは攻撃が物足りなさすぎますね。チーム [続きを読む]
  • ルヴァンから主力へ
  • ルヴァン甲府戦、見れていたいないのですが主力組に割って入れそうな、期待の出来る選手はいたのでしょうかね?リーグ戦は、何となくどんよりしているけどルヴァンは控え、若手で盛り返している印象です(´ω`人)この結果、内容からリーグ戦のスタメンを替える、一新するなど監督の柔軟な采配にかかっていると思うんですけどね。新しい風で、リーグ戦も上昇を。 [続きを読む]
  • 監督の限界が見えてきた
  • スタメン発表を見て、「お、おう・・・」って最近なります。結果も内容も出ていない、前半はいつもの悪い時のマリノスの完全に引きこもって対戦チームの攻撃練習の相手をしているような、しょっぱい試合が続いているっていうのに代り映えのない起用。。。。マリノスの試合を定期的に観戦して、大体知っている方の口を突いて出てきそうな、「学とマル頼み」。中村俊輔が在籍していた時代の「俊輔頼み」が「学、マル頼み」に代わった [続きを読む]
  • 内容を伴わないと、上位は厳しい。
  • アウェイで完敗とでも言いましょうか。圧倒的に崩されて負けたわけでもないんですが、こちらの攻撃が何も出来なかったので、スコア以上に「負けた感」があるような気がしてます。今日の試合も、広島戦の延長を見ているような気分だった。柏の走る攻撃に惑わされて、こちらはとにかくボールを最後尾から掻き出すのがやっと。繋ぎの部分でのミス、ズレから柏にカウンターを食らうばかり。右のマルティノスの不在、学のドリブルも完全 [続きを読む]
  • 虎の子一点を守り切る・・・。
  • 内容としては、正直納得がいきませんでしたが、それでも、虎の子一点を守り切っての勝ち点3奪取。下位に沈むチームとは言え、広島の攻撃の方が、見応えあったかな。マリノスは試合開始早々にボンバーの今季初得点で先制するも、なかなかなかなか追加点が生まれない。せめて、後半にも追加点を奪えていれば楽になっていたかも。昨日も、少々不安だったのが、ウーゴ、バブンスキーのところがあまり目立っていなかったところ。ボラン [続きを読む]
  • 私はジュビロの10番にブーイング出来ない
  • ブーイングには色んな意思、想いがあるだろうしブーイングするもしないもサポーター、ファンの自由だろうけど、私は出来なかった。どういう経緯でトリコロールを脱いで去ったのか、俊輔本人しか知りえない。それまで、横浜Fマリノスを愛してくれていたことは事実。他クラブの好条件に靡かれて、二つ返事で移籍が決まったわけでもない。それはそれは、苦渋の決断があった事も移籍決定時に本人も口にしていた事だし。私は、この後数 [続きを読む]
  • マルティノスのCF起用を。
  • 先発のFW伊藤にボールが収まらない、運動量もケイマンほどでもない、そんな状態で前半45分折り返し。。。去年に戻ったかのような、シュート数も片手で余裕で足りてしまう、物足りない寂しい前半。相手もやっぱり研究してくるのは当然ですよね。左の学、右のマルティノスと徹底的して張り付き、持ち味のドリブルを完全に封じ込める戦略。両ワイドが使えない時に、マリノスはどうするか?真ん中と言いたいところだけど、バブンスキー [続きを読む]
  • 十分に勝ち点3を奪えた試合・・・。
  • マルちゃんの豪快な一発で先制したものの、なかなか早い段階での追加点まで結びつきません。チャンスは学から、マルから、天純からと数多くやってきます。天野が左サイドを抜けからの、ウーゴへのラストパスは素晴らしく、あとはウーゴが合わせるだけという場面でした。たらればになりますが、あの場面も含めて数多く生まれた得点チャンスをモノに出来ていれば、不用意なバックパスを狙われた失点もダメージ少なかったでしょう。そ [続きを読む]
  • 小野裕二!!!!!!
  • 日本に戻ってきて、行きたいクラブ選ぶのは自由、好条件になびくのも自然だと思うけど、やっぱり、ベルギー移籍前の「漢」小野裕二であるならば、まずはマリノスへ戻ってきて欲しい!!やっぱり、オフの一連のゴタゴタはおのゆの耳にも入っていたのだろうか。あの中村俊輔も出て行ったし、不信感も少しはあるのかな。ユニ買うなら、学か小野裕二の二択だったんだけど、これで、学一本になりそう。学頼む、残留しておくれよ。。。戦 [続きを読む]
  • 「懊悩煩悶」がすべて。
  • 「懊悩煩悶の末、マリノスを離れる決断に至りました」この「懊悩煩悶」という言葉に、移籍の苦渋の決断が表れているんだと思います。悶え苦しむぐらいに悩む。それは、俊輔のプロ人生が「マリノス」で始って、「マリノス」に育てられたから。サポーター・ファンの熱い思いも十分承知で、そんなマリノスに背を向けて離れる事は出来ない。でも、現状のままでは素直にサッカーだけに取り組む事が出来ない。それは、環境面もフロントの [続きを読む]
  • 内情が良く分かりませんが。。。
  • やっぱり、俊輔と優勝したいのが一番。もちろん、ボンバーや学も、そして全ての選手たちと。モンバエルツ監督契約終了か続投か?で言えば、自分は新しい監督でも良かったんじゃないかと思います。また一からだよって意見もあるけど、成績で見ると、やっぱりモヤモヤしたものがありました。若手も主力を食うぐらいの勢いあったかというと、そうでもないし、ケガ人や選手層の関係で起用せざるおえなかった印象でしたし。そして、能力 [続きを読む]
  • 何だかな。。。
  • 成績や出場数などで、年俸が増減する事はわかります。それにしても、やりすぎじゃないですかね|ω・`)言っても、ボンバーや俊輔は「クラブの顔」なんですよ?ボンバーに至っては、フル出場で最後尾で守りきってくれた。失点は決して少なくなかったとしても、それはボンバー一人に責任を押し付けるべきなのでしょうか???ボンバーがいなかったら、今の順位で済んでいたのでしょうか???不可解にバッサリいく、クラブのやり方に怒り [続きを読む]
  • レッズ戦と来季へ向けて。
  • リーグ最終戦となったアウェーでのレッズ戦。この試合も、予想通りの前半は完全に押し込まれる展開でした。マリノスは、中盤をほぼ支配されて最後尾で何とかボールを掻き出す様相。そのクリアボールを学、前田、ケイマンへと繋ごうと試みるがレッズの高い守備意識に前半はシュートすら打たせてもらえず。試合は、レッズに先制されるも、交代のマルティノスの欧州で見られるような素晴らしいゴールでドローに追いつきましたが、やっ [続きを読む]