KIN さん プロフィール

  •  
KINさん: Doll`s Houseをやってみた
ハンドル名KIN さん
ブログタイトルDoll`s Houseをやってみた
ブログURLhttp://mitsuonesu.exblog.jp/
サイト紹介文Doll`s Houseをやっていたつもりが、バイク、車のプラモ。最近ではフィギアまで広がってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/04/15 23:31

KIN さんのブログ記事

  • AC10 充電中
  • 次女の「パッソ」ですが、ルームランプをつけっぱなしで2日。LED だったので、たんとか持ちこたえましたが、ふつーのバルブだったらバッテリー逝ってたかな。幸い、エンジンはかかったので、充電器使ってじゅーでん。が、かなりヘタっていたみたいで、午後一番で充電開始して、完了したのは午後6時。これは「手助け」であって、やっぱバッテリー交換しないと危ないですね。JAFの呼出も... [続きを読む]
  • 箱根と大仁(5)
  • 箱根関所を後にして、次に行ったのが・・・箱根駅伝ミュージアムなーんか、どっかのTV局がロケ、つーかレポートやっていましたが。箱根駅伝中継するTV局って言えば、おおかたTV局は絞られる、ってもんです。この場所、ここが往路のゴールであり、帰路のスタート場所でもあります。こっちも、撮影禁止なもんで、駅伝ミュージアムもここまで。 [続きを読む]
  • 箱根と大仁(4)
  • 箱根関所・・・さらに続き。高台に遠見張所があるので、長い階段を上ってたどり着く。江戸時代、旅人は芦ノ湖を船で渡ることは禁止されていたそうで、関所破りを発見するのはこの見張り所で見ていれば、まず捕まえることが出来るということで。降りてくる時、老夫婦が上ってきていましたが・・・キツイなんてもんじゃねーぞ。で、次に向かったのが箱根関所資料館。生憎、撮... [続きを読む]
  • 箱根と大仁(3)
  • 箱根関所の続き。「入り鉄砲と出女」と言われていますが、当時の記録によると鉄砲の規制はされた記録はなかったそうで、出女はマジであったみたいです。こーして、雇われ老婆にこーして髪の中まで調べられたと。ここは大番所。つまり「おめー、どこに何しにいくんだ?」と聞かれた場所です。後ろには鉄砲、弓矢を備えてあり、通行する旅人を威圧していたそうです。で、... [続きを読む]
  • 箱根と大仁(2)
  • 11月に行った「箱根と大仁」のレポおば。箱根、芦ノ湖に降りたのは小学校5年生春の遠足以来。ちょーど、この場所で集合写真、撮影したんです。芦ノ湖めーぶつ、海賊船があはるかとーくに。で、行ったのが箱根関所資料館。人形があったのですが、なーんかグレー色なので、模型人としてはなーんか親しみ感じたりして。足軽部屋にある人形・・・つーかフィギア。... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(12)
  • 駐屯地を出まして、本来目的であった「予科練記念館」に。館内は区画が「七つボタン」にちなんで「七区画」に分けられています。入隊から、日常の予科練生活。戦意高揚映画など見ていると、おおらかに描かれていますが、実際はかなりキツイ。つーか、キツイなんてたとえじゃ言い表せないでしょう。一度、行ってみること、オススメ [続きを読む]
  • 中央債権回収株式会社
  • 最近、迷惑メールフォルダに入っているもんで。これは、巷でも小規模な話題になっているらしく、結論を申せば架空請求ですそもそも債権回収はメールで督促しません債権回収が商売なんですから、やるからには文書でしっかり証拠を残します。まぁ、メールの内容も読む人が読めば、架空請求モロわかりですけどね。事例財産__差_押強制執行告知,,本,状確認後... [続きを読む]
  • はしだのりひこ・・・逝く
  • 日本のフォークソングを語るとき、絶対にハズせない人がまた一人・・・いっけんすっと・・・イルカと見分けがつかない・・・これは有名な話。実際、フルに活動していたのは70年代前半なので、自分も「風」とか「花嫁」ぐらいしか曲は知りません。 [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(11)
  • 土浦駐屯地は武器学校もあるので、旧軍の戦車も。三式中戦車ですね。ドイツの戦車ばかり見ていると、旧軍の戦車は・・・ねぇ。旧練兵場・・・つーか、わかりやすく言うと「校庭」?毎日ここに全員集まって、明治天皇の歌を唱したあと、体操点検があったわけでこの鐘を鳴らして、時を刻むと。これは戦時中に作られた戦意高揚映画「ハワイ・マレー沖海戦」にも写っています。... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(10)
  • ちょうど日が良く、【土浦駐屯地開設65周年記念行事】にブチあたりまして入場。予科練記念館である「雄翔館」の前には山本五十六の像。うーん、長岡の家にも行きたいもんです。「雄翔館」の中は原則「撮影禁止」ですので・・・すいません。皆、若くして散った予科練出身の方の戦歴が・・・中には、終戦の日、宇垣長官の足元に座って突っ込んでいった方も。戦争が終わった日に・・・と思う... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(9)
  • 昼食はひさびさに「幸楽苑」に入りまして・・・こーゆー所にいくと、ついつい大食いしてします。で、向かったのが霞ヶ浦の「予科練記念館」最初に格納庫のゼロ戦21型がお出迎え。で、中に入ろうとしたら、お隣の土浦駐屯地がなんだか賑やか。・・・途中の回天模型。なもんで、本日は【土浦駐屯地開設65周年記念行事】なもんで・・・あぁ、そう。ってことで中に入りまし... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(7)
  • 「房総のむら」の続き。ここは「房総」地方独特のモノがありまして、これ。最初は「?」でしたが、下に説明が・・・なるほどね。園内、かなりあります。で、ここがたぶん、今、AU三太郎のCMで「金ちゃん」が3日前から並んでいるといった最初のカットで出てくる建物・・・だろうと思う。柿・・・安売りしてましたね。で、下に降りていくと水田まである。... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(6)
  • 明けて行ったのが成田山のちょい北東にある「房総のむら」どーゆー所かと申しますと、まぁ、古い町並みが再現されているってこと。入場料は300円。かなり、お得ですよ。最初に目に入ってきたのが千葉県議会(?)を移設した建物。明治村にも似たような建物、ありましてね。時代が同じだと、デザイン的にも同じになるんだなぁ。と。入場料払って、最初に目に入るのがコレ。江... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(5)
  • 行く先々でお目当ての一つとして探しているのが地酒ならぬ地醤油仲田師匠の傍にある「八峰の湯」にも醤油コンクールで上位入賞した醤油がありましたがやはり「地醤油」は味、コクが違います。なもんで佐原でも評判の地醤油「正上醤油店」店舗と土蔵は県指定有形文化財に指定されているらしい。で、こちらで醤油を買って、お泊り先である「スーパーホテル鹿島」... [続きを読む]
  • 旅行記:小江戸佐原と霞ケ浦(4)
  • 「東洋軒」で腹ごなしした後は、佐原の集客ネタの一つである江戸時代の測量家である伊能忠敬関係のブツに。・・・の前に屋根飛んでいるって。。佐原の町って、この方と江戸風町並みでもっているよーなモノ・・・らしい。まずは旧宅。そもそも商人で見入りは良かったらしく、測量については「道楽」とは言いませんが、殆ど好きでやったようなもので、報酬目的でやったもではない・・・ら... [続きを読む]
  • おっと・・・ペンション海岸通り・・・廃業か
  • 3月にお邪魔した「ペンション海岸通り」ですが・・・実は5月末日をもって、廃業しておりました。 ペンション海岸通り/閉店のお知らせいつもFacebookをご覧になっていただきありがとうございます。突然のお知らせで恐縮ですが、この度、6月をもって「ペンション海岸通り」を閉店することとなりました。思えばレストラン業を15年。ペンション業を32年。私た... [続きを読む]
  • ふーん、ただの・・・おバカ
  • うーん・・・頭悪いんだろうな。その1財産__差_押強制執行告知,,本,状確認後、対応を放置した場合は訴状提出後、__民_事,,,訴訟を経て以下の支払いを命じる。返答なき場合は身辺調査完了後、.未..納料全額分財産差___押処分(強制執行)とする。▽有料WEBコンテンツ(SNS・.ア.ダ.ルト,,動,画)未払い記録情報,,,請求額 【 1,048,863... [続きを読む]