海山ヒロ さん プロフィール

  •  
海山ヒロさん: BIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
ハンドル名海山ヒロ さん
ブログタイトルBIENVENU 海山ヒロの我が家へようこそ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kouhime88
サイト紹介文日々のニュースに映画への愛。ALLジャンル小説に、旅の日々の思い出。大人小説も置いています。
自由文友達や家族に我が家を案内する感じで、全体を構成しています。記事は気が向いたら更新。

部屋ごとに過去のものがたりやエセー、旅の思い出に写真を入れてありますので、御用とお急ぎの方もぜひおくつろぎください。

あ、もちろん。昼寝飲食自由です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/04/16 20:19

海山ヒロ さんのブログ記事

  • 羊はまだ「現実」をみていないらしい。<福田事務次官辞任表明>
  • 昨日こんなエセーを書いた。なるほど彼らは羊だったのか。<財務省のセクハラ調査に批判相次ぐ 「恫喝に等しい」>そうこうするうち、問題の発端となった事務次官が辞任した。先程読んだ朝日新聞の報道が、辞任会見時の彼の言葉を正確に伝えていると信頼して判断するに。近年まれに見るくらいみっともない辞任会見であった。あれ。官僚のトップの次席ともなれば、国会答弁の草稿などで、彼が言うところの「言葉遊び」を捉えられな [続きを読む]
  • さぁ、魔法の言葉を唱えよう”JUMANJI”
  • JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE - Official Trailer (HD)いやいや、実によく出来た娯楽映画であった。監督かはたまたプロデューサーか、それとも脚本家か。もしかしたらその全員かもしれないが、ともかくもこの映画の製作者は、ゲームというものをよく理解しているのだろう。しかし。トレイラーを事前に何度か見ていたのに、なぜわたしはカレン・ギレン、『ドクター・フー』のエイミーとしてお馴染の彼女が主要人物のひとりであっ [続きを読む]
  • 久々に苦戦しています。
  • 現在32冊目の電子書籍を出版すべく、先日からAmazonさんのキンドルでアップロード作業をしているのですが。ですが。原稿のアップロードまでは十秒と立たずに終えるのに、キンドルさんのファイルに変換する際、「エラーが派生しました」表示がでて、出版できません。ちなみにその表示、先程6回目を数えました。データを保存し直したり、変換時にひっかかったのだと思える写真データを消したり、問題なく出版で着たデータと [続きを読む]
  • 「前略、クソッタレの死神さま。〜」シリーズ13話目更新しました。
  • 2か月以上間を空けておりました『前略、クソッタレの死神さま。ご依頼の件、謹んでお受けいたします。』、更新しました。いや改めてみると、ひどいタイトルですね。作品内容は反映していますが。さて。ここでお知らせを一つ。このブログにも写真を公開しております我が家の愛猫の二女・北斎が先日亡くなりました。まるで西行法師のごとく、満開の桜の美しい、望月の日。3月31日に。その前前日まで元気にしていたのに。3姉妹で一番 [続きを読む]
  • 「伝説の魔導士?〜」シリーズ91話目を更新しました。
  • 昨日に続いて、更新です。予約投稿って、便利ですよね。お楽しみいただければ、幸い。072 お客様の中で、中二病を治せる方おられませんか?「俺のサーチにでか目の反応があったから駆けつけてみれば、 魔獣(セルパン) とアンタ達がいた。ま、アンタは闘いに夢中で俺には気づかなかったみたいだけどな」 アイザックと名のったその男は、ブルサをひと息で半分以上飲んだ後、こう言いました。 どうでもいいですけど、食事中に髪 [続きを読む]
  • 「伝説の魔導士?〜」シリーズ、90話目を投稿しました。
  • ふむ。春は執筆が進むのでしょうか。プロットが出来上がっていても、いやあるからこそ、筆がなかなか進まないのが常のわたくしですが。なぜかここ最近、比較的サクサクとかけています。できればこのペースで行きたいものです。というわけで、優の異世界漫遊旅、お楽しみくださいませ。071 ハーレム野郎が現れた! ハーレム野郎が現れました。どうしますか? 会話する 闘う 仲間になる ―どうしようセバスチャン。『回避する [続きを読む]
  • 開始15分で根をあげた『BABEL』
  • Babel - Trailerかけらほどもエンターテイメント性のなさそうなこの映画を、まだ15分しか観ていない。そして、あとどのくらいあるのか知らないが、これ以上観る気がしない。ブラッド・ピットにケイト・ブランシェット、役所広司に菊池凛子まで出ているこの作品については、ヴェネツィアかカンヌで賞をとったはず。という不確かな情報しかない。粗筋すら知らない。そんな状態で観はじめたわたしだから、中央アジアの遊牧民(後で調 [続きを読む]
  • 『コードネーム U.N.C.L.E.』
  • 映画『コードネーム U.N.C.L.E.』特報『コードネーム U.N.C.L.E.』。それが何の略なのかは、映画のエンディングで明らかにされる。大変失礼な物言いながら、この作品が予想以上に面白くて驚いた。そして米ソの冷戦真っただ中、60年代ティスト満載のこのスパイ映画の主役を務めるお二人。ヘンリー・カビル(Henry Cavill)とアーミー・ハマー(Armie Hammer)両氏の、卓越した演技力にも驚かされた。いや、本当に失礼な物言いなの [続きを読む]
  • 大人小説「身も蓋もない題名シリーズ」に短編投稿しました。
  • 本日も暖かい、良いお日柄で。春めいた頭からわいてきた大人小説の短編をお届けします。がっつり大人表現がありますから、お子様はお帰りください。主人公は先日お届けした「ビッチですが何か?」のヒロイン・天音ちゃん。今回のお相手は中学の元同級生です。副題は、まぁ題名からわかる通り、フェティッシュです。中々ニッチな趣味を描いてみたのですが、お楽しみいただければ幸いです。それでは、どうぞ。「お前のこの太腿で、何 [続きを読む]
  • 身も蓋もない題名の、大人小説シリーズ投稿しました。
  • え〜。春のせいでしょう。大人作品ばかり、筆が進むのは。というわけで、身も蓋もない題名の、大人小説シリーズ投稿しました。先般投稿したものと同じく、これらの作品群では、淫語に擬音に擬態語が飛び交います。そして本作品はタイトル通り、主人公はビッチちゃんであり、それを揶揄する表現もあります。それでOKな方だけお読みください。 もちろんお子様は、閲覧禁止で。ビッチですが、何か?「これ、誰の歌〜?」「も〜誰で [続きを読む]
  • 久々に書いたこゆいのの、後編投稿しました。
  • 最初からこゆいだけではなく、アブノーマル表現もてんこ盛りです。お子様は閲覧厳禁でお願いします。「お前さ、コッチはまだ処女?」後編「なに? もう喋れなくなってんの?」「ふっ……ぅあっ……」「口で言ってくれないとっ、わかんねーんだけ、どッ!」 ぐぢゅぷぅっ!「〜〜〜〜〜……!!」 ぬ゛ぽぉ……、ズンッ! ぐちゅぅ……、パァンッ!「はっ、すっげー締めつけっ」「…も……っやめって、くら…さぁあっ、あっ」 パ [続きを読む]
  • 久しぶりに、こゆいの書きました。
  • 人さまの素敵作品を読んでいると、自分でも書きたくなる。物書きの、サガでしょうか。つい一か月前、いや半月? ほど前までは、「大人小説はもういいかな……」なんて考えていたんですけどねぇ。我ながら周期がよく分かりません。ともかく、タイトル通り久々にこゆいの書きました。女性視点で監禁・拘束・強姦・NTR表現と、アブノーマルてんこ盛りです。おこちゃまはもちろん、ラブでぴゅあな恋物語のみを愛する方は、お読みに [続きを読む]
  • 『天河伝説殺人事件』
  • 舞台「天河伝説殺人事件」上映予告先日地上波で放映されていた内田康夫氏原作の「浅見光彦シリーズ」を見て、ふと観返してみたくなったのだ。わたしにとっての初めての浅見光彦。それがこの、『天河伝説殺人事件』である。内田氏の原作シリーズのいくつかはその後読んだし、テレビドラマやコミックも読んだ。しかしこれを観た時は本当にまっさらな状態で、榎木孝明氏の演じた浅見光彦が、わたしにとっての初めてであり、唯一となっ [続きを読む]
  • 『伝説の魔導士?イエイエ、ただの出稼ぎです』第89話更新しました!
  • うむ。こちらは中々順調に執筆で着ているのでは。前回の予告通り、主人公の視点に戻りまして、異世界漫遊記を再開いたします。お楽しみいただければ幸いです。070 ひと狩り行こうぜ!「セバスチャン。今日のお昼って、もう決めてる?」 うららかな日差しを受けて、お 馬(ヒッポ) と街道を行く。 いや〜すっかり日差しが春めいてきましたねぇ。まだ暦で言えば 異世界(こちら) でも冬のはずですが、街道わきの灌木をゆらし、 [続きを読む]
  • 『KUKAI 空海〜美しき王妃の謎』
  • 「空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎」予告猫が、可哀そうだった。はっきりと言えば、後はどうでもよい。『KUKAI 空海〜美しき王妃の謎』の映像は、前評判通りとても美しかった。だから映画館の大画面で観たのは、正しい選択であった。そして物語に関しては……。『レッド・クリフ』と同じようなとんでも歴史解釈を、『陰陽師』のホラーSFで味付けした様なといえば、分かるだろうか。そう。『レッド・クリフ』を見たときから分かっ [続きを読む]
  • 最近お気に入りの曲
  • SHAWN MENDES vs ONE DIRECTION Mashup!! ft. Sam Tsui & Alexander Stewartこのブログでも何度かご紹介してきたとおり、仕事中のBGMはもっぱらユーのチューブさんにお世話になっている。そして、女性の甲高い声よりは男性の地を這うような声を好むわたしだが、近頃では男性のハイトーンボイスも楽しむようになってきた。男性のハイトーンの場合、女性と違って割れないのがいい。金属のざらざら感がないのだ。で。その中でも最 [続きを読む]
  • 「伝説の魔導士? イエイエ、ただの出稼ぎです。」更新しました。
  • 先日投稿した番外編に引き続き、本編の更新でございます。今回は、お久しぶりのルーカス君サイドと、優サイドを織り交ぜてお伝えしようと思います。それでは、どうぞ。069 結んだ縁は、思わぬところにつながる事もある。「なんだ、坊主。ずいぶんとゆっくりだな。今日は休みか?」 朝方に見た夢に引きずられ、どこかけだるく感じる身体でゆっくりと寝室からつづく居室に足を踏み入れたルーカスは、気安くかけられた声にぴたりと [続きを読む]
  • チェーンだからって、馬鹿にしてはいけない。「ビアブルグ梅田」
  • いかにもチェーン店のような店構えに、いままで通り過ぎるだけだったのだが。ちょっと損をしていたのかもしれない。だってこの「ビアブルグ梅田」で、豊かな味わいの料理と、うまいビールを味わえたのだから。この店は、先日このブログでご紹介した「ごま屋 せがれ」のすぐ近くにある。より正確に言えばDDハウスという商業施設の一階、正面向かって右端に。お店の作り、というより入口が少々変わっていて、看板の横の入り口を入る [続きを読む]