奥井みさき さん プロフィール

  •  
奥井みさきさん: 奥井みさき、旅の記録と徒然日記
ハンドル名奥井みさき さん
ブログタイトル奥井みさき、旅の記録と徒然日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/okui-m
サイト紹介文仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。 札幌在住のフリーライタ・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供308回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2010/04/17 14:10

奥井みさき さんのブログ記事

  • 「ポート・オブ・ザ・イヤー2018」、紋別港が受賞
  • 公益社団法人 日本港湾協会は情報誌「港湾」の読者投票により、毎年「ポート・オブ・ザ・イヤー」を選出しています。これは全国約1,000港の中からその年に最も優れた活動をした港が選ばれているもので、2003年から選定され初年度は名古屋港、昨年度は境港(鳥取・島根県)など、全国の名だたる港(そうでない年もある)が受賞しています。今年の「ポート・オブ・ザ・イヤー2018」はナント、紋別港が受賞しました。北海道の港で受賞 [続きを読む]
  • JR各社、春の臨時列車を発表
  • JR各社は春(3月〜6月)に運転される臨時列車を発表しています。JR北海道では目新しいものはないので言及しません。ということで、馴染みのあるJR東日本のプレスリリースを見てみました。首都圏だけではなく、甲信越や東北までエリア全体でいろいろな列車がある。特急だけではなく快速もたくさんあり、また車両も百花繚乱だ。まことに羨ましいことでありますなぁ。北海道も国鉄時代はねぇ…。さてJR東のプレスリリース、19 [続きを読む]
  • こんなに設備や線路点検が多い鉄道会社って、あるか?
  • JR北海道は昨日、苗穂駅構内で回線不具合があり列車の運休や遅れが発生しました。同社はこのような設備点検や線路点検での運休が頻繁に発生しています。どれくらい発生しているかはいちいちカウントしていませんが、雪や寒さということを考えてもかなりの頻度だと感じています。実は私のブログ最近、閲覧数の上位に登場する記事があります。「多発するJR北海道の自責トラブル」    → https://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/e90 [続きを読む]
  • 風邪ひいた
  • 風邪をひきました。土曜日から何となく具合が悪かったのですが月曜に発熱しました。熱は37.5℃程度、症状もさほどではない、普段なら病院に行く症状ではない。が、インフルが流行しているこのご時世なので病院に行きました。インフルかどうかさえ分かればいい。結果、インフルではありませんでした。あとは食べたいものを食べて薬を飲んで寝るだけ、火曜日は予定していた会食へ。「アルコール消毒だ〜」などといって調子こいて飲ん [続きを読む]
  • 滝上南特別教授場跡
  • 滝上市街地に区画設定されたのは1913年です。以後、本格的に市街地が形成され人口も増加、学校設置の必要がでてきました。すぐ翌1914年5月、校舎142?と校長住宅69?が落成し、第四渚滑尋常小学校(後の滝下小学校)所属滝上南特別教授場として開校しました。碑の場所は役場正面の「岡本政道翁像」横、この学校が今の滝上小学校になります。※滝上町役場1915年には白鳥尋常小学校の所属になり更に滝美尋常小学校として独立します。 [続きを読む]
  • アイヌ人 柳田初太郎住居跡
  •   滝上市街地、渚滑川とサクルー川の合流点の元町側には「プラザの湯」があります。そこの川べり、まさに川の合流点にあるのがこの記念碑です。「プラザの湯」の休憩室からも見ることができます。ここは明治33(1900)年に留萌のアイヌ・柳田初太郎氏が渚滑川をさかのぼり、滝上町で最初に住んだ者の住居として記録されている場所です。どこにそんな記録があるのかと思うのですが、正確な居宅場所としてはともかく柳田初太郎氏が [続きを読む]
  • 滝ノ上市街 芝居小屋・消防番屋 跡
  •   開拓民の娯楽の場として中川伝作がこの地に「滝上座」という劇場を開きました。場所は元町、プラザの湯の入り口あたりになります。ときに大正5(1916)年です。ここで滝上町初めての“活動写真(映画)”が上映されました。ちなみに滝西の亜麻倉庫で活動写真が上映されたのは大正9(1920)年、大人10銭、子ども5銭で奥地から12?歩いて観に来たという記録があります。開拓の苦労の中、日々娯楽に飢えていた人々の気持ちがわか [続きを読む]
  • 大正尋常小学校跡
  •   滝下地区から渚滑川を渡った国道と反対側にあるのが大正地区。ここは1912年で徳島県から4戸の入植がありました。その後開拓が進み人口が増えて行きましたが何しろ川向うの不便な地、渡船が唯一の交通機関ということもあり子供は学校に通えませんでした。そこで1915年、地区住民が設置費用を負担するという条件で開校したのが、第四渚滑尋常小学校(後の滝下小学校)所属の川端特別教授場です。1923年に大正尋常小学校となって [続きを読む]
  • 滝下・メナシ間渡船場跡
  •   今日から5日間、滝上町に建っている記念碑をご紹介していきます。滝上町の記念碑をご紹介するのは1年半ぶり、ご興味のある方は“滝上町”のカテゴリーをご覧ください。さて、最初は渡船場のお話し。北海道は開拓時代には河川を渡る橋は少なく、多くは渡船に頼っていました。全国でもまだ渡船はいくつかありますが、一番有名なのは歌にもなった「矢切の渡し」。北海道では最後まで残っていたのは「美浦渡船」(美唄市ー浦臼町) [続きを読む]
  • 『いよかんカツゲン味わい濃いめ』
  • カツゲンは雪印メグミルクから発売されている北海道限定のソフトドリンク。今は「ソフトカツゲン」として販売されていますが、私が子供のころに飲んでいたカツゲンはもっと濃い味でした。3年前には昔のカツゲンの味を再現した『あのころのカツゲン』が発売され、売れすぎてなかなか手に入らないという現象も起きました。さて、今月8日から期間限定で『いよかんカツゲン味わい深め』が発売されています。これは「ソフトカツゲン」よ [続きを読む]
  • 久しぶりのアヨロ温泉
  • 昨日は急に室蘭に行くことになりました。そうか、であるならついでに苫小牧でやり残した仕事を片付けてから行くか。ということで、昼前に札幌を出て苫小牧に立ち寄り室蘭へ。思いの外順調に事が運んで予定より早く白老町内をドライブしている。こういうときは“仕方ない”ので虎杖浜温泉で時間調整だな。国道沿いから横道に入り虎杖浜市街地に『アヨロ温泉』という日帰り温泉があります。ここに来るのは久しぶり、ブログでは2012年 [続きを読む]
  • スキージャンプ週間、小林陵侑が優勝
  • 年末年始恒例、ヨーロッパでのスキージャンプ週間で小林陵侑が優勝しました。日本人の優勝は1997−98シーズンの船木和喜以来21年ぶり2度目となります。今シーズンのジャンプ週間は12月30日のオーベルストドルフ(ドイツ)に始まり、1月1日のガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)、4日のインスブルック(オーストリア)、6日のビショフスホーフェン(オーストリア)の4戦(日付は現地時間、いずれも決勝)。ここで小林陵は4連 [続きを読む]
  • 浮島トンネル(国道273号線)でラジオの聴取が可能に
  • 年末年始の帰省で気づいたことがあります。『浮島トンネルでラジオの聴取が可能になっていた』主要なトンネルでラジオが聴けるのはよくあることですが、浮島トンネルでまさかそういう事態になるとは…。で、いつから聴けるようになったのだ?浮島トンネルは11月にも通ったことがあります。そのときはもう聴取可能になっていたのだろうか…?覚えていない…。ところで滝上町はラジオの電波が届きにくいところ。唯一クリアに聞けるの [続きを読む]
  • 今日から再開します
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末年始は滝上に帰省していました。行きは天気と相談しいつもの30日ではなく29日に帰りました。帰りはいつも通り、元旦に帰札。それでも行きは高速道路の通行止めや吹雪の区間があり、何もなければ3時間で行くところを5時間もかかってしまった。さて実家では暖房に薪ストーブを使っています。それも今流行りの格好いいものではなく、昔ながらのブリキ製のもの。こう [続きを読む]
  • 2018、今年を振り返る(下半期)
  • ブログから振り返る今年の下半期です。7月は西日本豪雨があり、各地で大変な被害がありました。交通網も寸断され、JR呉線が全通したのは今月15日だ。また熊谷市で41.1℃という観測史上最高気温を記録しました。災害級の猛暑、でしたね。8月はお盆休みに小平、苫前、羽幌と士別に行きました。これが楽しかった。たまに仕事を忘れて観光することも大切なことですね。9月はなんといっても6日3時8分頃に発生した胆振東部地震。日本で [続きを読む]
  • 2018、今年を振り返る(上半期)
  • さて、このブログから今年を振り返ります。今日は上半期。1月は振り返ってみるとブログでは碌なことを書いていない。ちゃんと仕事をしていなかったのだろうな。その中で拾うとすれば成人式の話題。この年の滝上町の新成人は10人だけ、今年度で滝上高校は閉校します。2月はオリンピックがありました。日本選手団が活躍したのでその話題が多いな。“そだね〜”(今年の流行語大賞)3月は日ハムのボールパークは北広島に、そして夕張 [続きを読む]
  • “おけいはん”は7代目
  • 関西には京阪電鉄という大手私鉄があります。札幌ではホテル京阪があるほか、最近では京阪ブランドのマンションが建っています。関西では名門企業ですが、その会社が何故札幌でマンション開発をするのかがわからない。きっといろいろな事情があるのでしょう。さて、京阪の本業はもちろん鉄道業です。そのイメージキャラクターになっているのが“おけいはん”。「京阪乗る人、おけいはん」で始まったこのキャンペーン、時代を重ね“ [続きを読む]
  • 札幌市のマンホールカード(第9弾)
  • “マンホールカード”について私が最初に書いたのは札幌市のものについてでした。    → https://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/c5bf3c50350a5a4bf538120c957720cf札幌市はマンホールカードの第1弾で道内では唯一参戦した自治体。北海道のマンホールカードの先鞭であり私を悩ませる元凶になったところでもあります。そのマンホールカードは今や第9弾まで伸びてきていまや全道各地で発行されています。発行場所が拡大されるたびにコ [続きを読む]
  • 年賀状はお早めに
  • 年賀状は今日までに投函すると元旦に届くそうです。私は昨日、年賀状を投函しました。これは例年の私からすると異常に早いことでございます。いつもなら、全ての仕事が片付いた27日から29日の間に宛名を書いて30日に投函、そして30日に帰省という綱渡りのスケジュールでこなしていました。ほぼ徹夜で宛名書き、が常なのだ。ところが今年はこの3連休で年賀状の印刷をして宛名書きまで済ませた。なんと素晴らしいことなのでしょう! [続きを読む]
  • 手稲駅改築記念入場券
  • 現在の手稲駅は4代目、2002年の供用開始です。さてこの記念入場券は3代目駅舎になったときのきっぷです。供用開始は昭和57(1982)年4月1日、このときから橋上駅になりました。裏の説明文を見てみると、住所は「西区手稲本町」となっており手稲区ではありません。西区から手稲区が分区したのは1989年です。1日の乗降客数は約2万人となっていますが、現在は約2万8千人となっています。これはJR北海道の駅の中では札幌駅に次いで2 [続きを読む]
  • 腕時計
  • 仕事のときに使っている腕時計に不具合がでました。竜頭(リューズ)が取れた。修理に出すといくらくらいかかるか時計屋さんで確認すると、状態により最大2万5千円ほどかかるとのこと。実はこの時計、今までもちょっと手がかかっていました。一度分解修理にも出していて、その後も細かい不具合があった。だったら、もう買い替えた方がいいんでないかい?ということで、その場で新しい腕時計を買いました。初めてのソーラー電波時計 [続きを読む]
  • 日本製紙クレインズ、廃部
  • アイスホッケー・アジアリーグに参戦している日本製紙クレインズが廃部になります。実は私、アイスホッケーはかなり好き。日本リーグだったときには当時参戦していた雪印のファンクラブに入り、上野幌にあった「雪印スケートセンター」で毎年何試合も生観戦していました。当時のチーム数は6、国土計画、西武鉄道、王子製紙、雪印、十条製紙、古河電工でした。雪印の前身は苫小牧の岩倉組、王子製紙との戦いは意地と意地のぶつかり [続きを読む]
  • ドライブレコーダーを取り付けた
  • 一昨日、旭川に行ったという話を書きました。実は旭川には私の隠れたカーアドバイザーがいるのです。日常の整備や修理などは札幌で済ませる私ですが、カー用品の購入は違う。旭川の“黄色い帽子”の永山店に信頼できる方がいらっしゃいまして、カー用品を買うときには旭川に行ったときに何を買うべきか相談しています。この方、ざっくばらんに商品の良い悪いをバッサリ切ってくれます。高くて多機能だからそれでいいわけではない、 [続きを読む]
  • 北海道150年記念歴史パネル展
  • 北海道命名150年ということで、これまでの北海道の歴史や出来事を振り返る、「北海道150年記念歴史パネル展」を開催中です。※北海道150年記念歴史パネル展期間:12月18日(火)〜21日(金) 8:45〜17:30場所:北海道庁本庁舎 1F 道政広報コーナーいやいやこれ、なかなか大規模ですよ。パネルの数、なんと100枚…。パネルの内容は旧石器時代から現代までに北海道で起こったことが展示されています。100枚もあるのでその内容は本 [続きを読む]
  • 今年の遠征、終了
  • 私は毎年、年末には道内各地に出向きます。泊りだったり日帰りだったり、いろいろですが。昨日、旭川へ日帰りで行ってきました。路面状況はこの時期には珍しく国道275号も12号も良好、夏場と同じような時間で行き来することができました。旭川市内の住宅街ではザクザク路面で難儀しましたが。年内の遠征はこれで終了、あとは仕事納めまでずっと札幌にいます。多分、ですが。思えば今年もいろいろなところへ行きました。日暮里を歩 [続きを読む]