小秋 さん プロフィール

  •  
小秋さん: カラフルしている(・w・)/
ハンドル名小秋 さん
ブログタイトルカラフルしている(・w・)/
ブログURLhttp://www.koakisan.com/
サイト紹介文色彩・デザインと知的財産の基礎知識。1級カラーコーディネーター、色彩検定1級のイラスト屋さんの日常。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/20 11:10

小秋 さんのブログ記事

  • お盆玉にひとこと言いたい!という人のためのポチ袋のイラスト
  • お盆玉(おぼんだま)のポチ袋のイラストを描いてみました。近年、お盆の時期に子供や孫にあげる小遣いのことを「お盆玉」と呼ぶ向きがあるとのことで。お盆玉のイラストこのお盆玉という言葉、一部の地方では古くから使われてきたとの話ですが、全国的に知られるようになったのは、2014年に日本郵便が「お盆玉袋」の販売を開始した頃であるようです。私がこの言葉を認知したのは、つい2、3日前のこと。ある調査で、シニア層の「お [続きを読む]
  • eco検定(環境社会検定試験)®を受験する意味は?
  • 去る7月23日に試験を終えた東京商工会議所の「eco検定(環境社会検定試験)®」(以下、「エコ検定」)。受験する意味あるの?という向きもある試験ですが、私は、意味があったと思っています。この記事では、同検定の受験を決めたときの顛末を書いてみることにします。※この記事は、2017年3月23日に書いた記事を、同年8月2日に編集したものです私は、ここ10年ばかり環境とかエネルギーに関わりがある会社の中で働いていて、その分 [続きを読む]
  • 第22回eco検定の自己採点の結果は?
  • 第22回eco検定(2017年7月23日実施)の自己解答と自己採点の結果です。eco検定の問題用紙は、試験終了後に持ち帰りOKです。なので、見直しの際などに、問題用紙の余白に自分の答えをメモしておくと、発表を待たずして、自己採点をすることができます。「でも自己採点ったって、答えがわからないよ…」という人はご安心を。eco検定の問題は、ほぼ公式テキストの記述どおりです。なので、テキストと照らし合わせれば、ほとんどの問題 [続きを読む]
  • 時事問題は?傾向は?第22回eco検定を受験してきた
  • 7月23日、第22回eco検定(環境社会検定試験)を受験しました。この記事では、試験日当日の会場の様子や、出題傾向や時事問題の出題について書きたいと思います。まず、試験日に至るまでの経緯を簡単に書きますと、勤務先に環境関連の事業が追加されるかもしれないので、関連知識を入れといた方がいいかもなあ、というのがeco検定受験を思い立った理由でした。学習期間は、公式テキストと問題集を購入した時点から数えると約4ヵ月です [続きを読む]
  • 【虫注意】ヒアリの無料イラストあります
  • ヒアリの無料イラスト。あの港のコンテナでも見つかった!こっちでは地面に巣作ってた!と日本各地を震撼させている例の南米原産のアリのイラストです。環境省のPDF「ストップ・ザ・ヒアリ」掲載の画像などを参考に、制作したヒアリのイラストはこちら。無料素材サイトの「素材屋小秋」用に制作したイラストですが、あちらが現在メンテナンス中のため、先行してこちらにアップします。【無料】ヒアリのイラスト ※右 でお [続きを読む]
  • 資源生産性とは何か?企業経営への取り入れと成功事例三つ
  • 前回の記事SDGsとは?エコプラザ大阪「利益を生みだす環境ビジネス講座」の感想の続きです。6月28日に行われた同講座第1回目「サステナブル社会を目指して」の内容から、特に興味深かった「資源生産性」の話をご紹介します。資源生産性とは?資源生産性とは何かを3行で説明すると、こんな感じでしょうか。国がどれだけ資源を有効活用したかを示す数字GDPを天然資源等投入量で割ったもの数値が高いほど資源を有効活用していることに [続きを読む]