JUJULING さん プロフィール

  •  
JUJULINGさん: 小宮ベーカー純子オフィシャルブログ
ハンドル名JUJULING さん
ブログタイトル小宮ベーカー純子オフィシャルブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sivjuju44/
サイト紹介文クリエイティブでスピリチュアルなオーラになる・小宮ベーカー純子JUJUのブログ
自由文イギリスから「五次元思考実践ガイド」・「オーラ13の魔法の法則」の著者がつづる
クリエイティブソート!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/04/21 07:03

JUJULING さんのブログ記事

  • 母から繰り返し聞いた最後の夜のお話し
  • 特攻隊として飛び立つ前に、実家に帰してもらえるわけではない。 実の両親のところに帰るには、時間もかかるだろうから、近くの一般の家庭に一晩泊まらせてもらい、まるでその家の息子のようにご飯を食べさせてもらい、お風呂に入れてもらい、床をとってもらって寝させてもらえたと言う。 青年がその家に着くと両親と同じ年くらいの夫婦が迎えてくれた。 玄関の引き戸をガラガラを開けて 「ごめんください〜」 と、声をかけると、 [続きを読む]
  • ストーンヘンジとウィルツシャーそして、  アトランティス
  • ストーンヘンジはイギリスのウィルツシャーにある世界遺産となっている古代遺跡です。ストーンヘンジは年に2回ですが、夏至と冬至には一般開放されているので、中に入ることができます。JUJUのイギリス聖地の旅では、この日を狙って行くようにしています。…それでも、数えてみたらまだストーンヘンジには50回も行ってないなあ…でも、ストーンヘンジの中に入ったことは、沢山あって、石に触れないVISITは、目の前にあるケーキを [続きを読む]
  • 『LOVE THE EARTH with ヒロシマ』 あの日あったことを聞いた私の責任として…
  • 15歳だった少年は、学徒動員で兵器工場で働いていた。朝早くから、工場に出向き、学友といっしょに兵器を作る。今日も1日、お国のために働くのだ。 ここは広島。 8月6日の空は青く晴れ上がっていた。 少年の父は、パン屋を経営していたので、広島の中心地から数キロだけ離れたところに家があった。いつもと同じように、少年が家を出た時、母は、やっぱりいつものように行ってらっしゃい!と声をかけてくれた。父は、やはり仕事の [続きを読む]
  • ブログ記事のリンク
  • 日本ではシードルとフランス読みする飲み物は、英語ではサイダーと呼びます。サイダーというと、あの3本の矢の透明なシュワっとする感覚がたまらないノンアルコールな飲み物を思い出す人が多いはずですが、ここ、イギリスでサイダーと言えば、アルコールどパーセント以上もあるお酒なのです。そのサイダーにサマーベリーやライムが入った飲み物があるのですが、サマーベリーのほかには、洋ナシなどもあって、かなりいけます。via [続きを読む]
  • テムズ川の濫觴から宇宙人まで
  • 《揚子江のような大河も源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎないという「荀子」子道にみえる孔子の言葉から》物事の起こり。始まり。起源。を意味する言葉 ・・・ということですが、 觴ほど小さくはないのですが、昨年訪れたコッツウォルズのテムズ川の小さな流れから昨日訪れたテムズ川の河口までとロンドンブリッジがかかるテムズ川そしてエシャーからヒースローに行くまでの間、道路に帆走して走るテムズの流れ [続きを読む]
  • ウィンザー城に旗が立っているときは…
  • イギリスのどこにでもありそうな、ハンギングバスケットのかかったお店。そしてユニオンジャック 可愛い〜 これ夜の9時ですがなかなか明るいですね。 で、どこかと言えば、この建物の向かいにあるお花たちで・・・ どこかで見たことがあるなと思う人も多分いるはずの、この建物 よく見ると今日は、旗が立っているので あ・・・いるいる 何してるんだろうな〜 と、お城の中に、エリザベス女王がいることを示す旗のおかげで想像力 [続きを読む]
  • ひと月に13人…アングリカンチャーチで想う
  • 軟なことを言うと思われるかもしれないけどその「軟」な感覚を大切にすることは、雑な感覚から離れるためにも大切なことだと思う。 ひと月に13人の処刑という話。 もちろん、彼らは処刑に値することをしたのかもしれないけれどこれだけ大量の人をいっぺんに処刑する国の在り方に、震えを感じる人だっているんじゃないかなと思う。 死に対する麻痺が起こりかねないこの状況の中、えん罪なのかそうなのか、まだわからない例えば袴 [続きを読む]
  • 魔法使いはそこにゐる その1
  • ずっとルノルマンや5次元の事ばかり書いていましたが、明日からイギリス聖地ツアーに出かけますので今日は、久々に札幌ミネラルショーのお知らせをちょっとしてみますね〜 9月7,8,9日の金、土、日今回は英国の木だけでなく、モン・サンミッシェルやセーヌ川の木も! もちろん風に吹かれて飛んできた枝しか使いません。クリスタルもブラジルやヒマラヤなどのものを組み合わせて、「使えるワンド・魔法の杖」として誕生させます [続きを読む]
  • ルノルマンの真価を問うインタヴュー
  • これからディナーの用意をしなければならないので、今日はちょっと短めの記事です。明日から、またちゃんと書きますね(笑)さて、ルノルマン・ピケのインタヴューがウェブマガジン「@LIVING」に掲載されています! こちら↓ http://at-living.press/culture/7606 インタヴュアーはブックセラピストの元木忍さん。ルノルマンの真価に迫ります! オンライン講座も、もうすぐ始まります! 詳細はこちらhttps://www.lenormand-japan [続きを読む]
  • 映写室の明りは今も誘蛾灯の様
  • 今日は、父の一周忌でしたが、JUJU@イングランドなので、法要というわけにもいかず父を偲ぶというのもなんか、違うなと思い そうか、トリビュートということでできることと言ったら、やっぱり、映画を観に行くことだなと…。 ということで、久しぶりに映画を観に、映画館まで足を運んで来ました。 普通なら、観たい映画を見に行くのだけれど、命日なので、無理にでも何か観ようと思い まあ、無理という言葉も「無理」な表現で、 [続きを読む]