pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8306回 / 365日(平均159.3回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 突然にして勃たなくなる原因とは
  •  「半年ほど前まで精力旺盛だった男性でも、一気にEDになることがあるんです」 こう語るのは、ED治療の第一人者である『浜松町第一クリニック』院長の竹越昭彦氏だ。 EDとは本来、何かしらの要因があり、基本的にジワジワと進行するものだ。「特に器質性EDの場合、血流の流れが悪くなったり、体力が減退したりと年齢とともに進行するケースがほとんど。ある時突然、なんてことは滅多にないのです」 一方、心因性EDは突発的なも [続きを読む]
  • EDは治る!根元に注射する「ICI療法」
  • 【Q】EDって治るのですか?(60代男性)  【A】EDは間違いなく治ります。正確に言えば、治りはしませんが、「男性器を性交渉可能な状態にする」という観点では、まず100%可能です。  いま世界で薬効が認められている「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」という三種類の内服薬。それぞれの特性を生かした、特殊な飲み方、まぁ裏技に近い使用法ですが、これも二の手、三の手、奥の手と、さまざまな服用法をお教えす [続きを読む]
  • 季節の変わり目が【男の老け】を助長する...シートパックの効果とは?
  • ●季節の変わり目が、老けを助長するシートパックの目的は、肌に潤いを即効で届け、持続させることにあります。男性の肌は、女性の肌に比べて水分量が少なく皮脂量が多いので、なにもしないままだと、乾燥しているのに表面はベタベタ、やがてシワやたるみを引き起こしてしまいます。特に季節の変わり目は気温の変化も激しいので、老けを助長する時期でもあります。こんなときこそ、スペシャルなケアが大切です。毎日は難しくても、 [続きを読む]
  • 中高年セクシュアリティ調査 セックスレス倍増、不倫3倍増
  • 臨床的な研究を通じて性の健康推進を図る専門家集団である日本性科学会が約10年ぶりに中高年夫婦の「セックスレス」の実態に迫る大規模調査を実施した。 インターネットで性の情報を得やすい時代になったにもかかわらず、自分の性に関する話を調査票に書き込んで他人に明かす抵抗感は強く調査は難航したというが、中高年の性生活の実相を浮き彫りにする興味深い結果が明らかになった。 医師や看護師らで構成される日本性科学会が [続きを読む]
  • 強制セックスレス!EDになったら彼女へのフォローをしっかりして
  • 男性にとって切実すぎる悩み、ED(勃起不全)。加齢とともに増えるイメージがあるかもしれませんが、実は20代でEDになってしまう男性も少なくありません。彼女からのプレッシャー、男としてのプライド……。精神的にもかなりつらいものがあるED。今回は、勃たなくなってしまったときの対処法をご紹介します。■まずは専門家に相談を病院で診てもらうのは恥ずかしい……とサプリメントや民間療法を試す人が多いようですが、EDは立派 [続きを読む]
  • 男性機能が健全=動脈硬化が少なく他の臓器も元気の意味あり
  • 男性機能チェックのバロメーターとなるのが「朝勃ち」だが、その頻度が年とともに減ってくるのは、動脈硬化と関係しているという。昭和大学藤が丘病院副院長の佐々木春明教授(泌尿器科)が解説する。 「人間は眠りが深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠を繰り返す。男性はレム睡眠時に勃起を繰り返していて、そのタイミングで目覚めるといわゆる“朝勃ち”になります。 ところが年を重ねるごとに動脈硬化が進行するため、勃起回数も1 [続きを読む]
  • 性生活の満足度のTOP3は鹿児島、山梨、福井 最下位は愛媛
  • コンドームメーカーの相模ゴム工業が、全国1万4100人(20〜60代の男女)を対象とする史上空前規模のセックスアンケートを行なった。調査は47都道府県、各300人に及んだため、県民“性”の差まではっきりと現われている。ここでは、「性生活の満足度ランキング」を紹介しよう。1位 鹿児島県 55.8%2位 山梨県 55.7%3位 福井県 54.8%4位 熊本県 54.4%5位 岩手県 54.4%↓ ↓ ↓ 43位 宮城県 47.1%44位 三重県 47.1 [続きを読む]
  • 専門医に聞け! Q&A セックスと健康の関係
  •  Q:最近、セックスレスに近い状態です。妻から求められても、頭の中が仕事のことでいっぱいで、ついスルーしてしまいます。妻は、そういうときこそセックスが必要で、心の安定が得られるし、健康にもいいと言います。本当でしょうか。妻を嫌いなわけではなく、愛しています。アドバイスをお願いします。(38歳・信用金庫勤務) A:奥さんのおっしゃる通りで、男女間の良好な性的コミュニケーションと性に関する悦びは、心身ともに [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 精子の“無駄打ち”も大切
  •  「精力減退を理由に“無駄打ちをしない”と考える中高年男性もいますが、あれは大間違いです」 こう語るのは、医学博士の志賀貢氏だ。無駄打ちとはつまり、オナニーをして精子を放出することだ。 「確かに、精子を溜めることで性欲は高まり、勃起時の“膨張率”も高くなります。とはいえ、ずっと溜め込んでいては、それこそ無駄。むしろ、精力を弱めてしまう危険が高いのです」 なぜなのか。その理由を解くには、精子が作られ [続きを読む]
  • セックスレスが続いたら、彼氏を泌尿器科に連れて行って!
  • 勃起不全の治療ができる病院とは?勃起不全の改善には、バイアグラなどの治療薬を使って投薬治療をしていくのが現在では一般的な手立てだと考えられています。勃起不全の治療薬は何科でも処方が可能なので、かかりつけの医師に相談してみるのもいいでしょう。ただし、専門知識があるのは泌尿器科や勃起不全専門のクリニックです。特に、泌尿器科は男性にとっては女性の婦人科のようなもの。ある程度の年齢になれば、男性は排尿障害 [続きを読む]
  • 誰にも相談できない…包茎とは
  • 包茎に関する健康情報や治療の情報はインターネット上にたくさん散らばっていて何が正しいのかよくわからない人も多いと思います。包茎の正しい情報を提供したいと思います。実は男性の多くが悩んでいる包茎とは?包茎というのは亀頭が包皮で覆われてしまった状態の事を言います。男性の生殖器は二次性徴を迎える時に、男性ホルモンの影響で生殖器が大きくなるのですが、この時に亀頭が包皮で覆われず露出する人と、包皮で覆われた [続きを読む]
  • セックスレスの大きな要因にも!「産後の女性」がひどく自信を失う理由
  • 産後の女性は、幸せをかみしめながらも、自分の体の変化に悩みを抱えていたり、“女性”としての自信を失っているケースが少なくありません。たるんでしまったお腹の皮や、1日のうちに何度も張ったりしぼんだりを繰り返すうちに少し打つ垂れ下がっていく乳房、しばらく手入れしていない髪の毛。そして、最も人に言いにくいの悩みの1つが“性器”の変化ではないでしょうか。具体的に、産後の女性はどのような悩みを抱えているのでし [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ “硬くならない”時の対処法
  •  「勃起はするけど、アソコが若干柔らかい。ガチガチに硬くならないことで悩む男性も少なくないんです」 こう話すのは『脳で感じるセックス入門』などの著作がある弘邦医院・院長のドクター林氏だ。 確かにコレ、中高年男性なら身に覚えのある話ではないだろうか。「完全EDなら、ともかく挿入は可能。ただ、挿れた時の“力強さ”が足りず、中折れしそうな不安もつきまとう。この状態を放置しておくと、近い将来、完全EDになりか [続きを読む]
  • 死ぬまで現役 下半身のツボ 「オナニーED」からの脱却
  •  昨今のED事情で急増しているのが「オナニーED」と呼ばれるものだ。 弘邦医院の院長で『脳で感じるセックス入門』などの著作もあるドクター林氏がこう説明する。 「オナニーでは勃起も射精も可能なのに、生身の女性を相手にしたセックスでは勃起しない、射精に至らない現象のことです。また、オナニー時はペニスがしっかり硬くなるのに、セックスではさほど硬くならない現象も、これに含まれますね」 こうしたオナニーEDは、本 [続きを読む]
  • セックスで攻め上手になるには?
  • 彼とのセックスには満足しているけれど、たまにお返しにリードしようとすると、やんわり拒否されてしまう。「男性は、絶対に自分がリードしなければいけないと思い込んでいる人も多いものです」と、幸せな「ラブライフ」のあり方を提唱するOLIVIAさんは言う。「そういう男性にとって、“セックスでリードすること=男らしさ”。そのため女性がセックスに積極的なのを素直に受け入れるには、プライドが邪魔をしている可能性がありま [続きを読む]
  • 包茎はカッコ悪くない!おちんちんの新しい常識
  • 包茎は不潔でかっこ悪いし、おまけにパートナーに嫌われる。そんな広告が青年向け雑誌や新聞に溢れている。しかし今、包茎に対する新しい見方が広がりつつあるという。【BuzzFeed Japan / 森駿介・小林明子】 泌尿器科医の岩室紳也さんは、そもそも男性の多くが「包茎はダメ」と考える原因について、次のように話した。 「女性に『包茎とむけちん、どちらがいいですか?』と聞いても、女性は困るんですよ。なぜならそんなことに興 [続きを読む]
  • 子宮筋腫についての2つの誤解。あなたは大丈夫?
  • ちょっとした思い込みで、取り返しのつかないことになってしまうことってありますよね。 特に病に関する誤解は避けたいもの。子宮筋腫について、こんな誤解をしている女性がいます。 「子宮筋腫って、大きくなるとがんになるんですよね」 子宮筋腫は良性の腫瘍ですので、大きくなってもがんになることはありません。その昔、「切らないとがんになる」と患者を脅かし、子宮筋腫の手術を勧める悪徳医者がいたのです。筋腫ががんにな [続きを読む]
  • 乳がん切らずに治療 薬物療法の「目的」と「種類」
  • 「がん」の治療は腫瘍を切除する手術だけでなく、薬物や放射線を組み合わせて行う集学的治療が効果的であることは、どの臓器においても確認されています。中でも乳がんは治療に使用できる薬剤が最も多いといってよいでしょう。今回は乳がんに対する薬物療法の「目的」と「種類」に分けて解説します。  (1)乳がんになるとなぜ薬物療法をするのか?(表1)  がん細胞は発生してから徐々に増殖(進行)し、周りの組織へ直接広がり [続きを読む]