pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9058回 / 365日(平均173.7回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • 親次第で悪化 小5の20人に1人が夜尿症に悩んでいる
  • 5歳を過ぎても、週2回以上のオネショが3カ月以上続く場合、「夜尿症」と診断される。患者数は80万人といわれているが、近年、その数が増加傾向にあるという指摘もある。自分の子供がそうなら――。 「夜尿症がきっかけで、いじめを受けるようになるケースがあります」と言うのは、兵庫医科大学小児科学講座・服部益治教授だ。  小学1年生で10人に1人いるといわれている夜尿症は、その10〜20%が成長に伴い、自然に治 [続きを読む]
  • 高血圧、糖尿病、がんに効果 「きくち体操」ってなんだ?
  • 菊池和子氏(80)が提唱する「きくち体操」は、人間の体の仕組みを理解したうえで、脳を使って動かす部分に意識を集中させ、自ら体を健康にしようとする動作である。高血圧や糖尿病、がんさえも克服した例が出ている“命の体操”とは――。■動かす部分に意識を集中  川崎教室を本部に、現在83クラス(一般クラス・クリニカルクラス・男性クラス)を展開する「きくち体操教室」は、受講者3000人以上、平均年齢64歳。最 [続きを読む]
  • 腰痛を治したければ「脳の錯覚」を自覚せよ 最新診療の効果
  •  厚生労働省の調査によれば、現在、日本では2800万人もの人が腰痛に悩まされている。そのうち85%は原因がわからず、長期にわたって痛みと付き合うことを余儀なくされている。だが、医療の発達が、そうした状況を過去のものにしてくれるかもしれない。最新の腰痛治療に迫った──。  都内在住の内山隆史氏(仮名・59歳)は2年前の早朝、布団から起き上がろうとした際、突然激しいぎっくり腰に見舞われた。 「2、3時間は寝返りも [続きを読む]
  • 腰痛や肩こり 湿布は「温湿布」か「冷湿布」どちらが良い
  •  腰痛や肩こりの症状を抑える湿布には、温かく感じるタイプと冷たく感じるタイプがある。はたしてどちらのタイプがよいのだろうか。秋津医院院長の秋津壽男医師が語る。 「両方とも同じ消炎鎮痛剤が含まれているので、基本的な効果は同じです。ただし温湿布には温かさを感じさせるため、唐辛子成分のカプサイシンが配合されています。  皮膚が弱まっている高齢者が温湿布を使用すると、その成分の影響で肌がただれる可能性があり [続きを読む]
  • 手術後の痛み止め 予防で飲むと副作用で腸閉塞になる事例も
  •  医療機関を受診した際、医師から「念のため痛み止めを出しておきます」と言われるケースが多いが、やはり飲んだほうが良いのか、それとも飲まなくても良いのか。『長生きするのはどっち?』の著者で秋津医院院長の秋津壽男氏(内科医)がいう。 「痛みが出始めたら我慢せずに痛み止めを飲んだほうが良いですが、『痛みが出る前に予防として飲むこと』はやってはいけません。  例えば、非ステロイド系消炎鎮痛薬は、胃の粘膜を荒 [続きを読む]
  • 毒をもって毒を制す! 蜂の針を用いた「蜂針療法」があるらしい
  • 日本ではまだ広く知られていないものの、海外でよく行われているという治療法は、数多く存在します。その一つに「蜂針療法」というものがあります。これはどのような治療法で、どのような場合に適用されるのでしょうか?今回は、蜂針療法について、医師に詳しい話を聞いてきました。蜂針療法とはなんですか?蜂針療法とは、ミツバチ(セイヨウミツバチ)の針を皮膚にさして、意図的にミツバチに刺された時のような状況を作る治療法 [続きを読む]
  • 鍼灸院は「どのくらいの頻度」で通えばいい?鍼灸師に聞いてみた
  • 鍼やお灸は世界的に認められている治療法なのに、日本ではよく知らないという人が大勢います。実際、公益財団法人東洋療法研修試験財団が行った市場調査(2014年)によると、鍼灸(しんきゅう)について「よく知っている」または「知っている」と答えた人は、たったの45.3%。「名前くらいなら知っている」または「よく知らない」と答えた人の割合(54%)を下回りました。つまり、半数以上の人が鍼灸を知らないことになります。ま [続きを読む]
  • 全力で拒否される!男が一番嫌いな「お腹のボンレス肉」解消
  • 顔は好みでもこれはないわ…と男性から言われた経験ありませんか? もしかしたらそれはボディパーツが原因かもしれません。先日ご紹介した「脱がなくてもバレバレ!男を幻滅させるボディパーツの解消法3つ」では、『Menjoy!』が男性500人を対象に実施した「見るとドン引きしてしまう女性のダメダメなボディパーツは?」アンケートの結果から、「タプタプ揺れる二の腕」「ブラにのっている背中のお肉」など、普段見落としがちな部 [続きを読む]
  • 尿もれで病院に行ったら、どんなことを聞かれるのですか?
  • 頻尿や夜間頻尿、または尿もれについての悩みは、多くの人が抱えています。尿もれは、特に女性に多い病態です。病院に行くか悩んでいるかたも多いでしょう。今回のテーマは「尿漏れで病院に行ったら」です。尿漏れで病院に行く場合、どんなこと聞かれるのでしょうか。泌尿器科の医師に話を聞きました。 Q.尿もれは、どうなったら病院に相談すべきでしょうか? 尿もれ自体は、命を脅かす病態ではありません。QOL(Quality Of Life)と [続きを読む]
  • 尿もれの原因にもなる「過活動膀胱」について知りたい!
  • 頻尿や尿もれに悩んでいる人はとても多く、特に女性に多いようです。今回は、そうした尿トラブルの中から『過活動膀胱』という病気について、泌尿器科の医師に聞きました。 Q.過活動膀胱とはどのような病気なのでしょうか? 過活動膀胱とは、膀胱の活動が過剰になっている状況です。つまり自分でトイレに行って排尿する場合ではなく、膀胱の収縮が不随意に起きてしまうという病状です。不随意の膀胱の収縮を「尿意の切迫感」として [続きを読む]
  • 関節を正しく動かして機能美ボディーを手に入れよう
  • 月テーマを変え、生活に役立つ情報をお届けする人気のよろずテキスト「NHKまる得マガジン」。6月〜7月は整形外科医・スポーツドクターの中村格子(なかむら・かくこ)さんを講師に迎え、バレエダンサーのようなしなやかな「機能美ボディー」になるためのバーエクササイズをご紹介しています。中村さんは、この「機能美」こそが最も伝えたいことだと語ります。 * * * よい姿勢、しっかりとした体幹から動き出す手足。この一連の [続きを読む]
  • 靴下がはけない「強直性脊椎炎」 診断まで長期、誤診も多く
  • 「背中や腰に激痛があって動けない日と、痛みがなく元気な日を繰り返す」「背骨や首が動かず、態度が横柄に見える」−。こんな症状のため、周囲の人から誤解を受けやすいのが「強直(きょうちょく)性脊椎炎(AS)」だ。診断まで時間がかかるのも特徴という。  ◆病名間違い9割  ASは、脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靱帯(じんたい)の接合部で炎症が起こるリウマチ性疾患。原因は不明で、何らかの細菌感染が引き金とな [続きを読む]
  • 親次第で悪化 小5の20人に1人が夜尿症に悩んでいる
  • 5歳を過ぎても、週2回以上のオネショが3カ月以上続く場合、「夜尿症」と診断される。患者数は80万人といわれているが、近年、その数が増加傾向にあるという指摘もある。自分の子供がそうなら――。 「夜尿症がきっかけで、いじめを受けるようになるケースがあります」と言うのは、兵庫医科大学小児科学講座・服部益治教授だ。  小学1年生で10人に1人いるといわれている夜尿症は、その10〜20%が成長に伴い、自然に治 [続きを読む]
  • 高血圧、糖尿病、がんに効果 「きくち体操」ってなんだ?
  • 菊池和子氏(80)が提唱する「きくち体操」は、人間の体の仕組みを理解したうえで、脳を使って動かす部分に意識を集中させ、自ら体を健康にしようとする動作である。高血圧や糖尿病、がんさえも克服した例が出ている“命の体操”とは――。■動かす部分に意識を集中  川崎教室を本部に、現在83クラス(一般クラス・クリニカルクラス・男性クラス)を展開する「きくち体操教室」は、受講者3000人以上、平均年齢64歳。最 [続きを読む]
  • 腰痛を治したければ「脳の錯覚」を自覚せよ 最新診療の効果
  •  厚生労働省の調査によれば、現在、日本では2800万人もの人が腰痛に悩まされている。そのうち85%は原因がわからず、長期にわたって痛みと付き合うことを余儀なくされている。だが、医療の発達が、そうした状況を過去のものにしてくれるかもしれない。最新の腰痛治療に迫った──。  都内在住の内山隆史氏(仮名・59歳)は2年前の早朝、布団から起き上がろうとした際、突然激しいぎっくり腰に見舞われた。 「2、3時間は寝返りも [続きを読む]
  • 腰痛や肩こり 湿布は「温湿布」か「冷湿布」どちらが良い
  •  腰痛や肩こりの症状を抑える湿布には、温かく感じるタイプと冷たく感じるタイプがある。はたしてどちらのタイプがよいのだろうか。秋津医院院長の秋津壽男医師が語る。 「両方とも同じ消炎鎮痛剤が含まれているので、基本的な効果は同じです。ただし温湿布には温かさを感じさせるため、唐辛子成分のカプサイシンが配合されています。  皮膚が弱まっている高齢者が温湿布を使用すると、その成分の影響で肌がただれる可能性があり [続きを読む]
  • 手術後の痛み止め 予防で飲むと副作用で腸閉塞になる事例も
  •  医療機関を受診した際、医師から「念のため痛み止めを出しておきます」と言われるケースが多いが、やはり飲んだほうが良いのか、それとも飲まなくても良いのか。『長生きするのはどっち?』の著者で秋津医院院長の秋津壽男氏(内科医)がいう。 「痛みが出始めたら我慢せずに痛み止めを飲んだほうが良いですが、『痛みが出る前に予防として飲むこと』はやってはいけません。  例えば、非ステロイド系消炎鎮痛薬は、胃の粘膜を荒 [続きを読む]
  • 毒をもって毒を制す! 蜂の針を用いた「蜂針療法」があるらしい
  • 日本ではまだ広く知られていないものの、海外でよく行われているという治療法は、数多く存在します。その一つに「蜂針療法」というものがあります。これはどのような治療法で、どのような場合に適用されるのでしょうか?今回は、蜂針療法について、医師に詳しい話を聞いてきました。蜂針療法とはなんですか?蜂針療法とは、ミツバチ(セイヨウミツバチ)の針を皮膚にさして、意図的にミツバチに刺された時のような状況を作る治療法 [続きを読む]
  • 鍼灸院は「どのくらいの頻度」で通えばいい?鍼灸師に聞いてみた
  • 鍼やお灸は世界的に認められている治療法なのに、日本ではよく知らないという人が大勢います。実際、公益財団法人東洋療法研修試験財団が行った市場調査(2014年)によると、鍼灸(しんきゅう)について「よく知っている」または「知っている」と答えた人は、たったの45.3%。「名前くらいなら知っている」または「よく知らない」と答えた人の割合(54%)を下回りました。つまり、半数以上の人が鍼灸を知らないことになります。ま [続きを読む]