pari88 さん プロフィール

  •  
pari88さん: あなたの健康はお金で買えますか・・・?
ハンドル名pari88 さん
ブログタイトルあなたの健康はお金で買えますか・・・?
ブログURLhttp://gojokai377.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本の名医・日本の病院の実力・今日のストレス明日の病気・気になる病状・1分間で病気判断など配信
自由文衣食住な話題をセレブ風に配信します。※だれにも簡単に美味しく作れるお料理は大人気です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7567回 / 365日(平均145.1回/週) - 参加 2010/04/23 13:53

pari88 さんのブログ記事

  • ついに解禁「液体ミルク」 知っておきたい7つのポイントまとめ
  • 8月8日、乳児用液体ミルク(液体ミルク)の製造・販売がついに解禁となりました。調乳に5分ほどかかる粉ミルクと異なり、すぐに赤ちゃんに与えられる液体ミルクは、育児の負担軽減や家族の育児参加、震災など非常時での育児サポート効果などが期待されています。【画像で見る】さまざまな種類の液体ミルク でも、液体ミルクって具体的にどんなもの? 名前は聞いたことはあっても、どういうものなのか分からない……。8月7日に行 [続きを読む]
  • 「被害者ぶる人たち」の厄介すぎる危険な生態
  • 「被害者ならば何をしても許される」――そう思い込んで被害者のふりをする人が、いま社会に蔓延している。必ずしも自分が実際に被害を受けたわけではないのに、あたかも被害者であるかのように装い、まわりの人々を味方につけて誰かを攻撃する人たち。この人たちは、本来救済されなければならない「リアル被害者」とはまったく異なる人たちだ。被害者ぶる人たちは、なぜ自分が被害者であるかのように装うのか。精神科医である片田 [続きを読む]
  • 免疫薬ICIで進行がんが治る!? 5年生存率、衝撃の米データ
  • 「免疫チェックポイント阻害剤(ICI)」を使えば、手術できない進行肺がん患者が「治癒」するかもしれない―。  岡山大学病院呼吸器・アレルギー内科の木浦勝行教授は「実際に使ってみるまで、これほど効果のある薬だとは思っていなかった」と驚きを隠さない。免疫を活性化してがんを撃退するICIを投与した「IV期」の進行肺がん患者の中に、画像検査でほぼ見えない程度まで腫瘍が消え、その効果が長期的に持続する人が現れ始めた [続きを読む]
  • イライラの原因は腸内環境の乱れ!? 腸と脳の意外な関係…
  • ストレスや喜怒哀楽、好き嫌い…。脳が感じている刺激の発信源はどこなのか? どうやらそのルートの多くは、腸からであることが明らかになってきた。脳と腸が相互に関連し合って情報をやりとりしている“脳腸相関”の仕組みに迫ります。「脳腸」だけでなく「腸脳」、ふたつの臓器は情報交換している。脳と腸はお互い関連し合って機能している。それが“脳腸相関”と呼ばれるシステム。「脳腸相関が正常に成り立っていることで、我 [続きを読む]
  • 「出勤中、熱中症になった」夏の満員電車は危険がいっぱい
  •  心身ともに不調が表れる夏バテ。涼しくなるまでの辛抱……と我慢してしまいがちだが、放置したがため、命に関わる大病を患うこともある。そんな“キラー夏バテ”のメカニズムとは!?◆乗客数や駅の距離で気温が上下。夏場の電車内は体調管理が困難 毎日、長時間をすごす通勤電車。夏になれば外は灼熱地獄、車内はガンガンにエアコンが効いているかと思えば、満員ラッシュの人いきれ。「出勤中、熱中症になった」と語るのは宮本幸 [続きを読む]
  • 【女医ドル】私が外科医になった理由は「命を預かっている自覚」
  • 私が医者になった理由は、たまたま試験勉強が得意だったからです。自分の適性もわからず、将来やりたいことも特になく、「選択肢の幅を狭めない」ことを優先した結果が、東大医学部でした。 入学してからは、「積極的に医者になりたくない理由が見つからない、それ以外に進みたい道があるわけでもない」ことを盾に、ずるずると6年間を過ごし、24歳で研修医となりました。 研修医2年間を終えると、多くの場合は3年目からそれ [続きを読む]
  • 【女医ドル】ホワイトニングできれいな白い歯を目指す
  • 白い歯ってすてきですね。ではどのように歯を白くするかご存じですか。 着色汚れを落とすときれいになり、歯は白く見えます、ただ、どんどん汚れを落とそうとゴシゴシ磨きすぎると、汚れだけでなくエナメル質まで削れ、下層の象牙質の黄色い色が透けて逆効果で取り返しがつかなくなることもあります。 「歯を白く」とうたう日本の歯磨き粉は、着色汚れを落とすもので「歯を白く漂白する薬剤」を含むものは実は市販されていません [続きを読む]
  • 【女医ドル】「全身麻酔」の不安に答えます
  • 「手術より麻酔が怖い」といわれることがしばしばあります。よく話を聞いてみると、残念ながら麻酔についてほとんど知っておられないことが大半です。 知らないから不安になるのは当然なので、せめてこのコーナーを読んでくれている方々には少しでも知っていただきたいと思います。 今回は『全身麻酔』について紹介します。これはテレビドラマでもおなじみの、患者さんに眠っていただく麻酔です。患者さんからしてみれば急に眠く [続きを読む]
  • なんと「血液型」でなりやすい病気があった!【A型・AB型編】
  • 皆さん、血液型別のダイエットは聞いた事がありますよね。では、血液型別に“かかりやすい病気の種類が異なる”というのはご存じでしょうか? 最近では、血液型別の医学的実験結果も次々と発表されています。いまの不調や病気は、もしかしたら自身の血液型に合わない生活をしているからかもしれません。実は、血液型別で、体に合う食材や運動が異なります。合わない食材を摂取する事で病気を引き起こしてしまうのです。10年程前に [続きを読む]
  • 【女医ドル】銀歯の寿命は2〜3年 取れた部分はよく磨こう
  • 「銀歯が取れてしまった」といって来院される患者が私どものクリニックへも多くいらっしゃいます。では、なぜ、銀歯は取れてしまうのでしょうか。 銀歯は長年、口の中で使用することで金属イオンとなり少しずつ溶け出し、形が変形、劣化してしまいます。また、銀歯をつけるときに使用する接着剤も、古くなると時間とともに劣化してしまいます。 こうしたことで、歯と銀歯との間に隙間ができてしまい、これらの隙間から口の中の虫 [続きを読む]
  • 【女医ドル】高血圧には食事、運動、睡眠から
  • 高血圧は有名すぎる病気です。しかし実際には高血圧であるにも関わらず、自覚されていない方が非常に多いのも事実です。手術前の診察で「これまでずっと健康でした。高血圧? 言われたことありません」と言っていた患者さんの血圧が手術中とても高くなったり、逆に麻酔導入時(全身麻酔で患者さんを眠らせること)に驚くほど下がってしまったりすることもしばしばです。 高血圧なのに血圧が下がるなんて矛盾に聞こえるかもしれま [続きを読む]
  • 夏の髪ダメージを解消するたった2つの方法
  • そろそろ熱い夏も終わり。紫外線による髪ダメージが心配になってきますよね。季節の変わり目を迎える今だからこそ、夏でのダメージを清算しちゃいましょう!◆そもそも"夏”に多い髪・頭皮ダメージって…?・枝毛や切れ毛髪の主成分であるタンパク質は、アミノ酸のシステイン結合で構成されています。その結合を分解してしまうのが紫外線。紫外線を多く受けてしまうと、毛髪のキューティクルがダメージを受け、枝毛や切れ毛の原因 [続きを読む]
  • 脱毛のベストシーズンは夏じゃない!秋からの脱毛のススメ
  • 今の時期からはじめよう! 皆さんが脱毛に興味を持ち始める時期といえば、服装も薄着になってくる春〜夏だと思います。実際にわたしのところへカウンセリングに来てくださるお客様も「海やプールで水着を着るから」や「制服が半袖になるから」などのきっかけが多いです。しかし、実を言うと…夏は紫外線も強く女性は自己処理回数が一年で最も多い季節!夏は、お肌が一番ダメージを受ける季節であり、脱毛を始めるタイミングとして [続きを読む]
  • 「パーマを落とす」、知っておいてほしい基礎知識
  • 「一度パーマをかけたけど、何となく気に食わない」「パーマをかけて1週間、すでに飽きてしまった」「学校はパーマ禁止。夏休みだけパーマをかけていたけど、学校が始まるのでそろそろ落としたい」こう考えて、パーマを落とす方法を模索する人もいるはずです。でも、気軽に実行するのはちょっと待って!パーマを落とすことは、実は大きなリスクを伴うことなのです。●パーマを落とす方法にはこんなリスクがパーマがきちんと残って [続きを読む]
  • 残念すぎる後姿!「背中のボンレス肉」がたっぷりつくNG習慣
  • Tシャツや薄手のトップスを着た時、背中の贅肉が気になった経験はありませんか? ブラジャーを境に脂肪がデコボコと波打っていると、まるでボンレスハムのような後ろ姿になり、太って見られるだけでなく老けた印象になってしまいます。背中は一度脂肪がつくと、なかなか落ちにくいパーツのひとつ。自分で見る機会が少ない背中だからこそ、脂肪がつかないように意識する必要があります。そこで今回は、背中に脂肪がたっぷりついて [続きを読む]
  • ダイエットの大敵“偽の空腹感”には要注意
  • ダメだとわかっているはずなのに、ついやってしまう「間食」。特にダイエットを考えている人にとっては大敵です。しかし、私たちが間食を欲してしまう理由さえ理解できればもう同じ失敗を繰り返すことはなくなります。「偽の空腹感こそが、つい間食をしてしまう原因」と、医学的見地から正しく、無理なく継続できるダイエットの方法論を紹介した書籍『何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから』が話題の精神科医、 [続きを読む]