のぶヒろぐ さん プロフィール

  •  
のぶヒろぐさん: のぶヒろぐ〜漆喰について日々考える〜
ハンドル名のぶヒろぐ さん
ブログタイトルのぶヒろぐ〜漆喰について日々考える〜
ブログURLhttp://www.blog.rice-ohmori.com/
サイト紹介文伝統的な漆喰の作り方や漆喰の工法について。石灰、麻すさ、海藻のり、油などの研究を続けています。
自由文石灰と漆喰をつくる会社に勤めてまだ数年。
漆喰一年生として、全国津々浦々を周って優しい方々に色んな事を教えていただいています。
そんなワタシの日々学んだことや感じたこと
訪問先での素敵な?出来事を 「お仕事ヌキ」でお知らせします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/04/22 22:09

のぶヒろぐ さんのブログ記事

  • 伝統素材の伝承をお手伝いするのが我々の使命
  • 伝統素材の伝承を支援、つまりお手伝いするのが我々でんでん協会の使命。ただ、本物のホンモノ…それは大変希少なものなのです。希少すぎて、それが大切なものなのかどうかも分からぬまま消えていくことが、ままあるのです。素材は文化財に限らず、それを受け入れて下さるだけの市場が無ければ、伝統素材を作り続けていくことは困難なのです。例えば、下の写真は昭和初期に塗られたお城の壁…が欠けたところ。見る方が見れば、当時 [続きを読む]
  • 樹脂の功罪
  • なかなかデリケートなお話なのですが、樹脂によって文化財が傷められたというニュースがあったこと、覚えていますか?その時問題とされた樹脂成分がポリビニルアルコール。一般にPVAやポバールなどと呼ばれます。我々の暮らしには身近な素材で、洗濯のりなどに使われていますね。だから安全とされています。しかし所詮は合成樹脂。マガイモノであるとしか言いようがありません。それが顕著に表れたのがその報道。上野東照宮の壁 [続きを読む]
  • アレルギーは漆喰だけでは治らない
  • 今日はアレルギーに悩む住宅についての記事から。 http://news.mynavi.jp/news/2013/02/19/012/index.html  どうなんでしょう?「漆喰を使えば健康!」という内容に見えなくもないのですが、本質は違いますよね?!結局のところどんな構造や素材を使っても、健康的に暮らすには「換気」。部屋の空気をコントロールすることが健康的な生活の秘訣です。ジメジメしたままの場所を作らない。ホコリが溜まったままにしない。TV stoffe [続きを読む]
  • 新たなSNSがなかなか出て来ませんね
  •  Facebook(フェイスブック)。現在も世界最大のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。我が国で一気に浸透したのはエジプトでのアラブの春、そして東日本大震災がきっかけだと言われています。電子口コミの情報伝達の力、そして緊急時のネットワークの力、Twitterと比較されながら共に注目されましたね。私が始めたのが2011年のちょうど今頃。ビジネスグループの全国大会で「仲間」から勧められたのがきっかけ [続きを読む]
  • 常識か? 非常識か?
  • 常識と非常識の違いって分かりますか?多くの人はこう考えています。 自分たちにとって「当たり前」と思っていることが常識。 そしてそれらに反するものが非常識。たとえば ― 灼熱の砂漠に雪景色。 あるわけがないでしょう?(笑) …と。常夏の島、沖縄に雪が降るわけないでしょう? と。ざっとこんなカンジですよね?!ところが、私たちの常識、ニッポンの中でも通用しないのです。食べ物を例に挙げても納豆に砂糖味噌汁に [続きを読む]
  • そして9年目へ
  • 今日から9年目のブログが始まり。また新たな第一歩を踏み出します。2010年2月17日、一念発起?してこのブログを始めました。ブログを始めるにあたって、そのきっかけとなったのは「古民家鑑定士」「伝統資財施工士」の資格を取得したこと。始めるにあたりいただいたアドバイスはやるからには365日ですよ!自分の成すべきコトを書くんです!営利目的の内容は誰も興味を持ちませんよ!日々の日記にしてはダメです!いくつ [続きを読む]
  • 8年達成。2922日目です。
  • 「のぶヒろぐ」、今日で2,922日目。満8年達成ですっ!!パンパカパ〜ンConfetti! / Brendan Adkinsタイトルに漆喰と入っていますが、最近は、ほとんどが雑学・雑感ばかりです。漆喰の真面目なオハナシは産経デジタル:イザ!から引っ越した「漆喰ブログ」に掲載を続けています。 → あなたが漆喰を愛してくれますように http://shikkui.denden-kyokai.com/今お読みの「のぶヒろぐ」では、ダラダラと止まらない私のオタク癖を満 [続きを読む]
  • 「人間国宝」 会ってみたいですね
  • 1950年の文化財保護法が制定・施行されたあと、1954年その大改正。その際に無形文化財に重要無形文化財の指定制度が成立しました。それを受けて初の認定が行われたのが1955年の今日、2月15日でした。そこで生まれたのが「人間国宝」という言葉です。Najio Washi (Japanese Paper) / Hyougushi 人間国宝。正しくは重要無形文化財の保持者として認定された人々のことを指します。重要無形文化財ですから、対象はカタ [続きを読む]
  • たまには家族の写真を撮りませんか?
  • まずはこの写真から。"Family portrait (Voyager 1)" by NASA, Voyager 1 - Visible Earth source: http://photojourn
    al.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00451 TIFF version: http://photojournal.jpl.nasa.gov/tiff/PIA00451.tif. Licensed under パブリック
    ・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.太陽系家族写真といいます。1990年の今日、2月
    14日、ボイジャー1号によって撮られたこの写真。家族写真にように太陽系の惑星を [続きを読む]
  • 今日は苗字の日
  • 「はじめまして。○○と申します」自分の名前。その由来をご存知ですか?という今日は苗字の日。1875年の今日、「平民苗字必称義務令」が明治政府により布告されたことによります。平民苗字必称義務令平民苗字必称義務令(へいみんみょうじひっしょうぎむれい)???…ですよね。分かりやすく言えば、全ての国民に「苗字」を名乗ることが義務付けられたのです。実はさらに5年前の1870年に「平民苗字許可令」が出され、「 [続きを読む]
  • そうめんは 冬に
  • 寒い日に夏の準備。drying noodles / rabble今、夏の準備をしている真っ盛りなのが、そうめんです。そうめんは乾麺。出来立ての柔らかい麺をこの冬の冷たく乾いた空気に干す、「寒晒し」で作られているんです。つるつるっと食べるのは、暑〜い夏。それをこの冬に造っているんですね。強引ですが、漆喰と同じく白い粉を練ったものですから、ちょっとオハナシしてみましょう(笑)一般にそうめんは古くなったものが珍重されていますね [続きを読む]
  • 蔵がすごい
  • あまりテレビを観る機会は多くないのですが、私が好きなのは時代劇。案外ファンは多いと思うんですけどね。さて、時代劇でよく出てくるのが、盗賊、泥棒が大店からの盗み。強盗殺人はイヤですが、お約束満載の時代劇にあって、ちょっとしたハラハラ感がたまりません。それほどかつての盗賊、泥棒にとって、オタカラが眠る土蔵を破る(攻略する)ことは大変なことでした。火事や泥棒から守るため、蔵を作る技術は築城技術以降、我が [続きを読む]
  • 文化財のプロフェッショナル
  • 以前にも紹介しましたが国がインターネットなどで公開しているコンテンツ。とても素晴らしいものがあるんです。中でもオススメは文部科学省によるMEXTchという名の動画コンテンツ。YouTubeで配信されている様々な動画なのですが、その中でも「文化財のプロフェッショナル」は必見です。今回もその中から、是非見てほしい4話の宮大工さんシリーズをご紹介します。関心を通り越して感動。とてつもなくためになり、涙が出そう [続きを読む]
  • 子供のための使命
  • 時折ご紹介している漆喰の史跡。私が初めて本格的な漆喰を目にすることが出来た現場を、改めて、ご紹介です。東京・上野にある「国際子ども図書館」。もともとは1897年4月27日、「帝国図書館」として設立された建物です。第2次世界大戦以前の唯一の国立図書館でした。 それが21世紀、歴史的建造物の保存と再生、現代の施設としての活用を目標に様々な改修工事が行われ、「国際子ども図書館」として生まれ変わりました。 [続きを読む]
  • うま味と天然
  • ワタクシ…インスタントラーメンを食べると何故か下痢をします(笑)現代のニッポンで普通に暮らしていく限り、全て天然素材100%である食事を続けていくなんて、とても困難なことです。それほど、「私たちは様々な調味料の恩恵を受けている」と言わざるを得ないでしょう。誰もがご存知のことでしょうけれど、我々が口にする食べ物には少なからずうま味調味料が含まれています。家庭で使われる調味料やだしの素、外食であっても同 [続きを読む]
  • 常識が替わった日
  • ご存知ない方はまったくご存知ないのがこの呪文のような謎のコトバ。スイキンチカモクドッテン・・スイキンチカモクドッテン…とは 水 ・ 金 ・ 地 ・ 火 ・ 木 ・ 土 ・ 天 …太陽系を構成する惑星の名前を太陽に近い順に言ったものです。太陽を中心に水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星…さて、このあとに続く星の名前は?実は学んだ年齢によって異なるのです。1972年生れのワタシが幼いころにおぼえたの [続きを読む]
  • ノリとセッカイ
  • 2月6日は海苔の日。パリッとしたあの食感には石灰が役立っているってご存知ですか?「乾燥剤」として昔から生石灰が利用されています。見覚え…ありますよね?おせんべいや海苔などに入っている白い袋。まさにあの中には生石灰が入っています。生石灰は発熱の危険性があるとして取扱いの注意が必要ですが、通常の環境で空気中の水分をゆっくり吸えば、それほど「高熱」を発することはありません。さて、そんな石灰。どうやって出 [続きを読む]
  • 案外「石灰」は難しい
  • 漆喰の原料は…ほぼ消石灰です。で、メーカーさんでも案外知らない人も多いのですが、「消石灰なら何でも良い」というわけではないのです。例えば石灰石の焼き方。大量生産のために燃料を送風等で効率的に燃焼させながら、比較的高温で焼かれる「油焼き」「素焼き」と呼ばれるもの昔ながらの自然通気で、塩をまきながら、多少の生焼けが残るくらいの温度で焼かれる「塩焼き」と呼ばれるもの。いずれも焼いて出来上がるのは生石灰。 [続きを読む]
  • 今年も2月4日は立春のおはなし
  • 今日は立春。今日から春が始まるんです。そして今年も、立春と言えばコレ。中学生の国語の授業でした。忘れた方も多いでしょうね。覚えてますか?この文章。 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古 [続きを読む]
  • 共通するものは何でしょうか?
  • 問題です。次の写真に共通するモノとは??共通するモノが何だか分かりましたか? 今日は節分。今年も節分にちなんだクイズにしました。納豆の豆。豆腐や味噌の原料。青いうちに採れば枝豆。植物油100%のマーガリンは大豆油から。最近の新聞にはソイインク(大豆インキ)が使われていますね。そう、今日は節分の豆まきにちなんで「大豆の日」でもあるんです。油揚げ、高野豆腐、がんもどき、きなこ、醤油、豆乳、湯葉、最近で [続きを読む]
  • 実は今が 掃除のラストチャンス?!
  • 寒い毎日。いろいろと不便ですね。それでも風のない日中、暖かい日があるようでしたらチャンスです。そのチャンスに今のうちにやっておきたいのが…大掃除です。実は今がラストチャンス?!年末から、本格的なお掃除、やってますか?毎日寒いので、窓を開け放ってパタパタとホコリを追い出しつつ…なんて出来ませんよね?数時間の暖かい日和の間にちょっとずつでも掃除しておくのがオススメです。お布団も、日頃出来ない大きな洗濯 [続きを読む]
  • 最近、ダイヤルしましたか?
  • 1899年2月1日。明治32年の今日、日本初の長距離電話、大阪〜東京間での電話が開通しました。我が国で電話が導入されたのが1890年ですから、長距離化に9年。果たして早いのか遅いのか。といったお話から「電話」。最近、公衆電話って見なくなりましたね。財布の中にテレホンカードも…入っていません。唄の歌詞に出て来るのは携帯電話。ちょっと前までは、そこいらじゅうにあったような気持ちになる、電話ボックスが、 [続きを読む]
  • 今日は愛妻の日ですよ〜!
  • 季節は違いますが、ある夏の群馬でのオハナシ。群馬の嬬恋村をクルマで駆け抜けました。見渡す限りの風景はキャベツ畑。嬬恋村は日本一の夏秋キャベツの産地なんです。キャベツが収穫時期になれば一面に緑のじゅうたん。これで何人前のお好み焼きが??とさらに畑の中を走っていると…おかしな看板です。嬬恋村は「妻恋村」。日本武尊(やまとたけるのみこと)が「吾嬬者耶(あづまはや)」(ああ、わが妻よ、恋しい)と嘆き、妻を [続きを読む]
  • 世界一長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い
  • 1165年の今日。1月30日(長寛2年12月17日)に落慶したのが、この世界一長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い木造建築。蓮華王院本堂。通称「三十三間堂」です。この長いお堂、長さ約121メートル。驚くべきはその長さでしょうか?それとも、これだけの建築物を狂いなく造り上げた、我が国の職人さん達の技術でしょうか?中に納められているのは、ご本尊の千手観音さんと1000体の千手観音立像。「この中に自分 [続きを読む]
  • 寒い日にオシゴトしたくない理由
  • 左官さんが冬の寒い日に仕事をしたくない理由…ちゃんとあるんです。寒いですね。漆喰をはじめとして、左官作業には厳しい季節です。漆喰など、水を使う建築材料は原則として 一日を通じて摂氏3度を下回る環境では塗らないようススメられています。 理由は、凍るから。皆様ご存じの通り、水が凍る温度は0度です。 が、一日のうちどこかで3度を下回るということは?そうです。その夜から翌明け方にかけての気温低下によって  [続きを読む]