HIROKO さん プロフィール

  •  
HIROKOさん: リ・リ・リとMEXICO
ハンドル名HIROKO さん
ブログタイトルリ・リ・リとMEXICO
ブログURLhttp://leririmexico.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メキシコ片田舎で子供達(9歳6歳4歳)を日本語で育児。動物や植物とふれあい、ゆったり暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/04/23 06:37

HIROKO さんのブログ記事

  • オーブン扉が割れた〜いろんなものが寿命な時期
  • 一昨日から、PCのキーボードがおかしい。前かぎ( 「 )を打つと、( :「 )とかわいい顔文字のように表記され、「s」は「xs」とタイプされ、「m」と押すと、「mJ」となり、「も」と書きたいのに、「mじょ」ってなる。文字を消したくて、DELキーを押すと、「。。。」って、こっちが、。。。だよ。打っては無駄な文字を消し消し、ここまでで、5分くらいかかった。2010年モデルのコンピューター。パソコンの寿命 [続きを読む]
  • 架空の話で想像してみたけど、やっぱり理不尽な実際の話
  • メキシコの小さな村で、子供たちの好きそうなピザやホットドッグ、大人も楽しめるマフィンやシナモンロールを焼いたりしながら、家の玄関先で売っています。メキシコでは、皆よくパンを食べるけれど、メキシコのパン屋さんでは売っていないようなパンもおいしいよーってことを伝えたくて、あれやこれやと並べて、楽しくやっています。ここからは、実際にあったことではなく、値段も含めすべて架空の話なのですが、もしも・・・私が [続きを読む]
  • 死者の日のパン600個超
  • 10月に入ったら、あ〜はやく作りたいなぁ・・・とソワソワ。Pan de Muertos(死者の日のパン)=Ojaldra(オハルドラ)。メキシコのお盆、Dia de Muertos(ディア・デ・ムエルトス:死者の日)は、11月1日と2日。地元のパン屋さんでは、10月中旬になると、このパンと、もう一種類のこの時期だけのパンしか扱っていないほど、よく食べられるパンで、さらに1年でこの数週間だけしか売らない、特別なパン。去年は私も、「も [続きを読む]
  • 初めてのおむつケーキ
  • 姪っ子に赤ちゃんが生まれたので、お祝いに。初めて作ってみた<おむつケーキ>をプレゼント。満足の出来栄え。玄関先の店に、プレゼント用品を並べているので、出産祝いを買いに来るお客さん向けに、おむつケーキを作って、販売したいなと思いながら、ネットで見る日本で売ってるおむつケーキは、ケーキの上にさらに、赤ちゃんのおもちゃ、靴下、スタイなんかがのっていて、大きなリボンや造花や、たくさんのかざりがついて、とて [続きを読む]
  • やっと、授業再開
  • 校舎の安全確認が済んで、月曜日からは授業が再開されるかと思いきや、日曜の夜になっても、村の放送が流れない。月曜の夜になってやっと、村の幼稚園と中学校は、明日からいつも通り登校すること、という放送が流れたけれど、小学校は〜??パパに、先生と連絡をとってもらったら、まだ上からの指示が出ていないので・・・とのこと。結局翌日になって、小学校も授業に戻ること、と案内があり、水曜日からやっと、やっと、いつもの [続きを読む]
  • ジンクス?
  • 普段の生活の中で、あんまりこういうことって信じないたちだけど、<ブログに書くと、反対の状況になる・・・>ということが結構あって、あれ、この間ブログに書いたのに、状況が反転してるってことが多々あると、これって変なジンクス?と思う。忙しい、忙しいと書くと、急にびっくりするほど暇になったり、最近だと、「遠足があったらいいのに」と書いたらすぐ、ふもとの町役場主催の、博物館ツアーに子供たちが誘われて、市内の [続きを読む]
  • 学校が始まりません
  • 地震の被害にあった方に比べれば、何事もなかっただけで有難いことだけれど、いまだに学校が再開しないのは、困りもの。プエブラ州の教育省のホームページには、学校再開までのステップがきちんと説明されていて、いままでのメキシコ生活の中で起こってきた、なんだか分からない状況・・・ではないだけまし。地震の被害があった112の地域については、州の機関の担当者が、各学校に不具合がないかどうかの確認に行き、安全が確認 [続きを読む]
  • 明日も休校が続きます
  • 先週の火曜日、9月19日午後に起きた、プエブラ州南西部を震源とするM7.1の地震の影響で、翌日から、プエブラ州内ではすべての学校がお休みになりました。私が住んでいる地域では、建物や人的被害もなく、水・木・金と休んで、週明けには、学校が再開されるかな・・・と期待していたのですが、月曜日から学校が再開するのは、プエブラ州217自治体のうち、下記の112の自治体<<以外>>の地域ですとの昨日の案内で、オ [続きを読む]
  • 無事です
  • 先日の地震の際も、たくさんの方からご心配のご連絡をいただきました。今日の地震は、震源がプエブラ州とのこと。かなりの揺れでした。ですが、私たちの住む村では建物の倒壊などもなく、私たちは無事です、ということをとり急ぎこちらでお伝えしておきます。ネット環境が悪く、今やっとインターネットがつながりましたが、切れたり、つながったりなので、メールなどしにくい状況です。すぐに、お返事できないかもしれません。 [続きを読む]
  • 独立記念日2017
  • 9月16日は、メキシコの独立記念日。前夜からお祝いです。長女と次女は村の小学生なので、メキシコの伝統ダンスを披露。といっても、7月の卒業式で踊ったダンスなので、練習期間も1週間。長男は、村の中学校に通っていないので、独立記念日のイベントには参加せず、観覧。毎年書くけれど、メキシコ全土でこうやって独立記念日を祝うのって、素晴らしいことだなぁと思う。独立の英雄を讃え、その歴史を学び、「メキシコ万歳ー! [続きを読む]
  • メキシコの地震
  • 2日前に起きたメキシコ南部沖地震の被害状況が、時間が経つにつれて、より明らかになってきました。震源に近い地域では、建物の倒壊など被害も大きい様子ですが、プエブラ州では、それほど大きな被害はなく、夜の11時台後半だったので、家でも、気がついたのは私だけで、子供たちもパパもグーグー寝ていました。一旦揺れがおさまるか、と思った瞬間、また強く横揺れがきたので、さすがに、パパを起こして、玄関のドアを開け、逃 [続きを読む]
  • 夏が過ぎ
  • 3か月連続で子供たち3人の誕生が各月にあり、それが過ぎると、夏が終わったなぁと感じる。最後は、長女の誕生日。いつもの大人数でお祝い。メキシコの夏は、本当に涼しくて助かる。6月下旬の日本でも、もう蒸し暑さに耐えられんーー!と思ったし、こんな時期から、ガンガン冷房を効かせるのかぁ・・・と、妙に環境のことなども心配してみたりしたけど、私の住んでいるメキシコの地域では、7月8月は寒くてフリースを着るような [続きを読む]
  • トウモロコシの季節と引っ越しのお手伝い
  • 今年2度目の、焼きモロコシ。先週末に初物を庭で焼いて家族で食べて、今週末も。うちの畑の採れたてを食べられるのは、年に一度。今だけの旬です。毎年この季節に、トウモロコシ狩りに泊まりに来てくれていた、お友達家族が引越しすることになったので、うちのトラックで、お手伝いに行って来ました。一緒に手伝いに来てくれた義弟の言葉がせつない。「義姉さんの友達は、みんな引っ越していっちゃうね」って。いや、いや、でも、 [続きを読む]
  • 夏休みの日本語勉強
  • 子供たちの学校が休みに入ると、日本語がしっかり勉強できる。特に夏休み。メキシコの学校は、8月末から新学年なので、夏休みを挟んで学年が変わる。今は、日本でいう春休みのような感覚で、宿題が全くないので有難い〜。期間は、5週間もあるので、ここで普段の遅れをしっかり取り戻したいところ。相変わらず試行錯誤の日々だけど、良くなったことといえば、3人が3人とも小学生になったので、邪魔が全く入らなくなって、ラクだ [続きを読む]
  • 遠足があればいいのに
  • 夏休み中のお出かけ第一弾は、プエブラ市内の博物館へ。(第二弾があるか、どうかはわからないけど・・・。)市内北東の小高い丘にある、Parque de los fuertes(フエルテス公園)内には、池や公園、オリンピックスタジアム、展望台にロープウェイなどや、博物館が4,5館に、プラネタリウムまで揃った広大な施設。その中で、今回は、Museo del evolucion(進化の博物館)へ。公式facebookからお借りしました。日本でいう、自然 [続きを読む]
  • 8歳かぁ
  • 夏の誕生日ラッシュ、7、8、9月と続きます。第一弾は次女。8歳になりました。おばあちゃんちにて。3人目なので、いつまでたっても小っちゃい子のイメージ。でも、数年前までは感じていた幼児っぽさは、もう全くない。当たり前か。8歳だしね。1年生のころは、なんとなく自信なさげだった次女も、最近は、随分としっかりして、前記事のダンスもそうだし、同年代の家族や友達との会話が、おねえさんって感じ。いつも遊ぶ相手が [続きを読む]
  • 今年の卒業式
  • はぁ・・・。早いなぁ・・・1年て。もう今年の卒業式シーズンかぁ・・・と時の過ぎる早さを感じるものの、去年は長男の卒業式で、そこへ日本から妹が来てくれていたことを思い出すと、なんだか、えらく遠い昔のような・・・。あれ1年前だっけ・・・?と記憶の奥〜のほうにある印象。なんだろう、この変なバランスの感覚は。としだなー。さて卒業式。ハトコくんが卒業。今年は平穏に、長女と次女のダンスを楽しむのみ。卒業生が踊 [続きを読む]
  • 1週間も早く始まった夏休み
  • SEP(メキシコの教育省)のカレンダーでは、7月18日が今学年の最終日。その翌日から、夏休みの予定。昨日は、村の小学校の卒業式で、各学年が、ダンスを披露する、1年で1番大きな学校行事。中学1年の長男が、「見に行きたいなぁ」と言うので、パパが、「先生に休暇申請してあげようか」と話していたけれど、先週1日は早退し、今週1日を体調を崩して休んだので、もう休まない方がいいんじゃない?と思うのと、妹のどちら [続きを読む]
  • 結局のところ、祭り料理に飽き飽きなんだと思う
  • 少し前の記事に書いた、今年のお祭りの話に戻ります。2年前に初めて、村のお祭りの日に、教会の神父さんが食べる食事を担当させてもらい、今年が2度目。今まで聞いていた話では、神父さんは、お肉を食べないし、好き嫌いがものすごく激しい人とのこと。「一口だけでも・・・」と、誰かの家へ無理から行ったとしても、「どれどれ」・・・パクッ・・・「うん、おいしいね(作り笑顔)。でもいらない。ありがと。」と言って帰ってし [続きを読む]
  • 日記の宿題に、課題山盛り
  • 2週間不在の間、子供たちに課した宿題は、日記。毎日書くこと。パパがお尻をたたいてくれたお陰だと思いますが、3人とも、ちゃんと毎日日記を書き続けました。えらい!ただ「書く」ということだけ見れば、よくやった、ほんとエライよー!と思うんだけど、中身がね。課題、山積みだなぁ。とにかく、漢字がーー。長男は、少しは漢字を使って日記を書いているけれど、誤字脱字だらけ。見んなで ⇒ 皆で重物の世話 ⇒ 動物の・・ [続きを読む]
  • 一週間後に!
  • 5月末のお祭りの忙しさや、6月初めはピザのオーダーが続いたりと、玄関先のお店もバタバタで、でも、そんな忙しさもまったく苦にならなかったのは、これを乗り越えたら、「一人で日本!」だったから。たった2週間だけど、いや夢のようです。ほんと。予行演習なのか、出発直前の週は、やたらとパパが畑へ子供たちだけを連れて行って、子供たちは、勝手にカメラも持ってパシャパシャ、楽しそう。大丈夫そうだね。連絡をもらったら [続きを読む]
  • 教会のミサでガンジーの話が出たので
  • 村の祭りの日、教会での一通りの行事が終わった後に、神父さんが、ウチへ食事に来ることが決まった時、「あれ、絶対聞こう!」と思っていたことがあった。さかのぼること2カ月前。年に一度だけ、私が教会のミサに出席する日。それは、ふもとの町のお祭りの日で、ここの村の教会から、ふもとの町の教会まで歩きながら、キリストの肖像を運んでいく儀式の後のミサ。もう何度もこのブログには、書いたけれど、この、ふもとの町のお祭 [続きを読む]
  • 今年の村のお祭りは・・・
  • 随分と、放置してしまいました。前記事は、5月の上旬。5月の下旬から今まで、怒涛の1ヶ月半。5月と言えば、村のお祭り。今年の教会の花は、可愛いかった!大好きな色合いです。年に一度の、村の一大イベント。この日のために冷蔵庫で冷やして置いておいた、日本食材店で買ったラムネ1本を、3人で回し飲み。1本40ペソもするんだもん。そして、私は、2年ぶりに、また、教会の神父さんのお食事を担当することになり・・・。 [続きを読む]
  • 畑へ 5・14
  • 畑に十字架を立て、「おいしいトウモロコシが食べられますように・・・」なんてこともしたり、子供たちは、パパにくっついて時々畑へ行くけれど、私は種まき以来、久しぶり。1ヶ月もたつと、茶色かった畑は、全面緑色に。雨露も可愛い。「ここが、ぼくの蒔いたところ」土いじりに夢中な長女。「いえ〜い!」とふざけてばかりの次女。三人三様。いくつかの畑の育ち具合を見て回って、小一時間ほどの、畑めぐり。天才的な、手作りイ [続きを読む]