soliwood さん プロフィール

  •  
soliwoodさん: 無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ハンドル名soliwood さん
ブログタイトル無垢にこだわる家具工房SOLIWOODのBlog
ブログURLhttp://soliwood.com/blog/
サイト紹介文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッドのブログ。日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
自由文無垢の木にこだわる家具工房ソリウッド・プロダクツのスタッフブログ
無垢ダイニングテーブルをはじめとする無垢材家具を販売する吉祥寺ショールームと製作する相模湖工房から日々の様子、木や家具のことをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/04/23 22:35

soliwood さんのブログ記事

  • 6人掛けのダイニングセットの価格感【No.2110】
  • 今日のブログは、無垢材のダイニングテーブルとチェアの価格感についてになります。先日はこちらのエントリーで主に4人掛けのテーブルと椅子2脚、ベンチ1脚の価格帯について書きました。4人掛け相当のテーブルと椅子をご検討中の方はそちらをご参照ください。無垢材ダイニングセットの価格感今日は6人掛けのダイニングテーブルと椅子を購入する際の価格帯について書きます。まず常にダイニングテーブルの長辺に椅子を3脚置く [続きを読む]
  • 家具に適しているのは広葉樹材。硬い木の方が傷は付きにくい。【No.2109】
  • 無垢の木を使って製作したテーブルは樹種によって見た目は全然違います。ざっくり分類すると濃い色をしているのと、明るい色をしているの。どちらが良いかは完全に好みの問題です。樹種によって硬さや重さは違いますが、広葉樹材であればテーブルとしての強度は問題ありません。柔らかい木は傷が付きやすいですが、一般的に使用されている広葉樹材であれば針葉樹材よりは硬いです。針葉樹材は柔らかいので傷が付きやすく、強度も出 [続きを読む]
  • 無垢材ダイニングセットの価格感【No.2107】
  • 今日は無垢材テーブルと椅子などダイニングに置く家具の価格について書きます。どんなに自然の素材のモノが良い、デザインが気にいったといった気持ちがあっても予算との兼ね合いはどうしても出てくると思います。そこで、無垢材のダイニングセットを購入した場合の参考になる価格感を示せればと思います。まずはテーブルですが、ソリウッドに関わらず樹種とテーブルのサイズによって価格が決まることがほとんどだと思います。です [続きを読む]
  • ISU-WORKSの椅子も選ぶるファブリックが増えて充実しています。
  • 昨日のブログでは宮崎椅子製作所の椅子で選択できるファブリックの中から注文数が多いHOLLY 1 PLAINという楕円ドット柄の布生地を紹介しました。椅子の座面に選ぶるファブリックはメーカーによって違います。宮崎椅子製作所の椅子は選べるファブリックの種類が豊富です。リーズナブルな価格の布生地からオイルレザーまで幅広い選択肢が用意されています。ISU-WORKSの椅子もだいぶファブリックが充実してきました。発売当初は布と人 [続きを読む]
  • 耳つきテーブル、椅子はどうするの?【No.2104】
  • 「耳つきテーブル」という言葉は、一般にはなかなか認知されていないと思いますが、無垢材を扱う家具屋や建築関連の業界では、意味するものがパッと思い浮かぶ方も多いかも知れません。耳つきとは、木の樹皮の部分のカタチを残したテーブルということになります。実際には、樹皮は落とすので樹皮そのものが残っているわけではありませんが、樹皮があった部分のカタチをそのまま残すので、自然にできたカーブを堪能することが出来ま [続きを読む]
  • 丸テーブルも気になる方へ【No.2103】
  • 吉祥寺のショップで店番をしていると、「丸テーブルもいいね」というコメントをわりと良く聞きます。丸テーブルをご購入される方に話を聞くと、丸いプロポーションが気にいってご注文されるケースがほとんどです。見た目的には、可愛らしく、角のあるものが多くなりがちなお部屋に、インテリア的にアクセントをつけることができます。印象としても丸テーブルがある空間のほうが、柔らかく優しい雰囲気になると感じます。機能面でも [続きを読む]
  • 腰に優しく、回転する。人気のAwaza LDRチェア。【No.2102】
  • 冬間近になり寒い日が増えてきましたね。工房の周りに生えている木々の葉は紅葉し、落ち葉となって地面に落ちるようになりました。葉が落ちた木を見ると改めて木って生きているんだなと思います。木は秋から冬にかけては活動が鈍くなります。春から夏にかけては水分や養分の移動が活発になりますが、秋から冬は"冬眠"状態になるようです。木の伐採が行われるのもこの時期です。木の成長が落ち着いているこの時期に伐採するのか一般 [続きを読む]
  • 一般的にはぎ合わせ枚数が少ないとテーブル価格は高くなります。【No.2101】
  • 今日は久しぶりの配達で埼玉県へ。圏央道が出来てから埼玉県方面にも行きやすくなりました。しかし、帰りは事故で10km以上の渋滞が発生していたので、途中から下道を使って渋滞を回避して再度高速に乗りました。行きは1時間半ぐらいでしたが、帰りは3時間くらい掛かってしまいました。結構疲れました。ソリウッドでは無垢材を使用したテーブルや棚を中心に製作、販売をしています。テーブルはインテリアの中心になるアイテムですの [続きを読む]
  • 無垢材家具の比較検討は吉祥寺で。【No.2100】
  • 以前のブログで、「吉祥寺は家具屋が多い街になりつつあるので、家具を探すなら吉祥寺を歩こう」といったエントリーをかきました。その後、さらに主に無垢材家具を扱う家具屋さんがオープンしています。ですので、ソリウッドで扱っているような無垢材家具を検討する際に、吉祥寺に来て損はないと思っています。家具屋を経営している身としては、競合店が多いということは、それだけ商売的には厳しい環境だと思いますが、オーダーで [続きを読む]
  • 座面が白い椅子が良いという方へ【No.2097】
  • 今日は椅子の座面の色の話をしようと思います。ソリウッドでは国内生産をしている3つの椅子ブランドの椅子を扱っています。椅子ブランドによって、選べる座面の張り地を違ってくるのですが、どのブランドも座面の色の選択肢があるので、選ぶのは椅子選びの1つの楽しみだと思います。中には、選択肢があって樹種との組み合わせやテーブルや他の家具との相性などを考えてしまい悩むこともあると思いますが、最終的には直感を信じて [続きを読む]
  • オーダーで製作できる小さいデスクとテーブル【No.2096】
  • ソリウッドは無垢材を専門にした家具工房です。すでに完成した製品をそのまま販売することもありますが、ほとんどはお客様のご要望をお聞きして製作するオーダー製作がほとんどです。オーダーメイドというと、敷居の高い印象があると思いますが、多くのメリットもあります。寸法の成約が少ない既成品の場合はサイズが決まっていて、細かな融通が聞かない場合がほとんどです。その点、オーダー製作では、置く場所に合わせてサイズを [続きを読む]
  • 現品販売するカバ材耳つき3枚はぎテーブルを製作中です。【No.2094】
  • 朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。自転車通勤を始めてから初めての冬。すでに寒さが身にしみています。冬本番を乗り切れるかちょっと心配になってきました。寒さ対策を万全にしないと駄目そうです。相模湖工房では現品販売するための耳つきテーブルの製作を進めています。吉祥寺ショップに展示してあった耳つきテーブル天板用の板2セットを持ち帰り現品販売できるように製作することにしました。一つはカバ材の耳つき3枚は [続きを読む]
  • イチ押し耳つきテーブル! ミズメ材2枚はぎ【No.2093】
  • ソリウッドの吉祥寺ショップでは、現品販売と注文で製作する2タイプの耳つきテーブルを展示しています。現品販売でお届けするテーブルは、すでにオイルで仕上げが施されており、脚もついて完成品になります。吉祥寺ショップから出荷が出来るためご注文から1週間程度でお届けすることが出来ます。一方、注文で製作するタイプのものはまだ加工途中の板の状態で展示をしており、気にいった板があればサイズ、仕上げ、脚のデザインな [続きを読む]
  • こんな耳つきテーブル用の板、仕入れました。【No.2092】
  • ソリウッドの吉祥寺ショップでは、現品販売をしている耳つきテーブルを数点展示しています。さらに2点のテーブルを製作中です。ソリウッドが販売する無垢材テーブルは基本的には受注生産をしています。お客様のご要望サイズで製作するためにはそれしかありません。でも、納品までに2.5ヶ月ほどお時間を頂きます。現品販売の耳つきテーブルはすでに塗装をして脚までつけた状態でお店に展示してあります。そのため、納品までに時間が [続きを読む]
  • 板座面の椅子。【No.2091】
  • あっという間に10月も終わってしまいました。いつのまにか11月になっていました。今日は日中とても暖かかったですが、これからどんどん寒くなっていきますね。材木業界はこれからの季節が本番です。木の伐倒は冬に行うのが普通です。春から夏にかけては木が活発に活動している時期で水分を多く含んでいます。秋から冬にかけて木の活動が緩やかになって時期に伐倒した方が安全でかつ良い木材を得ることができるんですね。なので、こ [続きを読む]
  • スポークのある椅子【No.2090】
  • 椅子のデザインにはいくつかのカタチがありますが、大きくは座面を支える脚とその一部が背もたれも支えているもの、座面と背もたれを支えているのが別の構造をしているものに分けることが出来ます。最近の椅子では、数的に前者のほうが多いかと思いますが、今日は後者の座面と背もたれを別の構造で支えている椅子を紹介します。ソリウッドで扱いのある椅子でこの構造になっているのものが2つあります。ribチェア(宮崎椅子製作所 [続きを読む]
  • 仕入れた耳つきテーブル用の板の計測と撮影をしました。【No.2088】
  • 今日は先日仕入れてきた耳つきテーブル用の板の検寸と撮影をしました。仕入れた板はいついくらで仕入れたかが分かるように個別の番号をつけています。識別番号はダイモテープを板に留めています。数字とアルファベットを組み合わせた識別番号を打ったテープをタッカーで留めています。紙のテープだとすぐに切れてしまいますが、ダイモテープなら紙よりは丈夫です。とは言っては切れてしまったり、文字が読めなくなってしまうことは [続きを読む]
  • 宮崎椅子製作所の椅子 その3。【No.2087】
  • 昨日のブログエントリーで賢木@吉祥寺が紹介していたクリ材の耳つき4枚はぎテーブル、4人掛けで食事をするのには十分な大きさがあるテーブルでなかなかのおすすめ品です。クリ材はやや黄色味がかった茶褐色をしていて時間が経つと少し色が濃くなると思います。木材の中では水に強く、昔から家の土台や鉄道の枕木に使われていました。耳つきではありますが、形もほぼ長方形で使いやすいはずです。気になる方は吉祥寺ショップでチェ [続きを読む]
  • 現品販売の新作テーブル!クリ材耳つきテーブル!【No.2086】
  • 吉祥寺ショップに現品販売の新作テーブルが入荷しました。D111 クリ材の耳つきダイニングテーブル天板はこんな感じになっています。いかがでしょうか?耳のカタチも奇抜ではなく、ほどよいカーブになっていて使いやすいカタチになっています。全体的にはナチュラルな印象ですが、自然素材のもつ力強さもあってかっこいい天板だと個人的には思っています。こちらのテーブルはサイズW1650×880〜890×H700でゆとりのあ [続きを読む]