seito さん プロフィール

  •  
seitoさん: 大西星都のダメダメ英語
ハンドル名seito さん
ブログタイトル大西星都のダメダメ英語
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/onishi00i
サイト紹介文インターネットを利用して英語学習して行ける素材を紹介。無料で英語学習。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2271回 / 365日(平均43.6回/週) - 参加 2010/04/24 07:53

seito さんのブログ記事

  • 斉藤由貴をいじめないで
  • 斉藤由貴が最近虐められている。bimbo : 不倫を好む女と言うことらしい。大体にして不倫が悪というのはおかしい。恋も出来ない女になってほしくないもんだ。不倫とか淫乱と言うのは女の勲章だ。どうも日本人はこういうことにうるさすぎる。男と女のどちらがうるさいのか知らないが。斉藤由貴は良い女だ。 [続きを読む]
  • The Buried Giant(5) by Kazuo Ishiguro
  • After a while Axl could no longer remember how talk of this journey had started, or what it had ever meant to them. But then this
    morning, sitting outside in the cold hour before dawn, his memory seemed partially at least to clear, and many things had come bac
    k to him: the red-haired woman; Marta; the stranger in dark rags; other memories with which we need not concern ourselves here. An
    d he had r [続きを読む]
  • The Buried Giant(4) by Kazuo Ishiguro
  • The Buried Giant(4) by Kazuo Ishiguro“Just stop there, husband, no further! I’ll come to you. But don’t climb up here and be disturbing this poor lady’s peace now she’s at last able to rest her feet and eat a little of yesterday’s bread.”Axl waited as instructed and before long saw his wife coming down the long field-path to where he was standing. She came right up to him, and concerned no [続きを読む]
  • AV女優 南ともか
  • AV女優 南ともか 彼女は大学生であった。まだAV女優がどのようなものかわからずにキャキャキャキャしている内にAV女優になってしまったというような女であった。 出演本数が増えるとともに、要求される内容がよりハードになるのがこの業界の常識である。 実入りが良い上に、自分がスターになったかのようにマネージャーまで付き、少なくても昔の女郎のような扱いはされない。しかしAV女優という者の実態は売春婦である。 [続きを読む]
  • AV女優 結城みさ
  • 妻を寝取られた男には嫉妬の角が生える。英語ではhornという。 AV女優に「結城みさ」と言う女が居た。彼女は夫公認でAV女優になったという。 夫は聞くところによるとトヨタ系列の会社の幹部社員だったとか。 彼女には子供もおり、最初はまだ母乳が出ており、母乳をまき散らしながらのsexで デビューした。今は引退して福岡にいるとも言っていた。 福岡でどういった暮らしをしているかは知らない。しかし現役時代の彼女の稼ぎ [続きを読む]
  • 女の黒子を数える
  • 女の黒子を数える 日本人の女は肌が滑らかでる。特に白い肌をした女は美しい。そんな女にもよく見ると黒子を発見することがある。私は電車に乗っていて、やることがない時は、女の黒子を数える。女はたいていスマホをいじっていてこちらの視線を気にしていない。女の顔をじろじろと舐めるように眺めるのは、見られるものにとって気持ちの良いものではないが、痴漢の様に犯罪にはならない。従って逮捕されることはない。 人は黒子 [続きを読む]
  • 尻に座りあざのある女
  • 尻に座りあざのある女Mは平凡な日本人の顔をしていた。俗に言うおかめ顔である。しかしその顔は身長に対して比較的小さく、昭和の時代の女の姿ではなかった。最近の女の身長が伸びたと言っても、やはりその体は日本人の女である。胸はそれほど大きくはなく掌に収まるくらいのほど良さを持っていた。腰はくびれて、尻が大きい現在の日本の女である。 彼女の自慢は尻が大きい割には陰部が比較的小さく、俗に言う、しまりの良い陰部 [続きを読む]
  • 立花のようで華やかで威のある姿をした女
  • 私が夜の英語クラブに通っていたとき、講師を務めていたMは、立花のようで華やかで威のある姿をした女であった。彼女は、昼間は塾の講師をしながら夜は大人の英語を見て居た。上背は平均よりも高くやせ形であったが、その立ち姿がすこぶる良かった。黒板に文字を書くとき少し尻を突き出して書く癖があった。それは彼女の高い身長のせいであろうが、私にはその肩幅に比べ、より良く発達した尻を強調する彼女のsex appeal のように [続きを読む]
  • 英語は出来ないが心はエロい
  • 近くに英会話学校があるというので調べてみたら幼児用だった。小学生ならOKと言うのだが、私は幼児趣味ではないので止めた。止めたというより参加が許可されなかった。英語が出来るご婦人がいたが、教えて頂くにはきちんと授業料を頂くと言われた。私のような貧乏人から金をとるというのは、どうも恐ろしい話であるのでそこも辞めた。どうも英語が出来るというのと情感が豊かと言うのは比例しないようだ。昔習った方法に英語のエ [続きを読む]
  • cafeで英会話(美人が集まる出会い系)
  • 学校ではなくて比較的安く英語を楽しむ方法はTokyo English Club に参加する事だが、最近はその他にもよく似たのがいろいろある。特に都心にはサラリーマン用にいろいろある。最近、紹介されたのが次の組織だ。Cafe Eikaiwa leafcup   Vital English特にVital Englishは都心の英会話クラブのメッカのようになっていて評判も良い。しかし、私のように郊外に住んでいる者にとっては行きにくい。leafcup や cafe Eikaiwaは [続きを読む]
  • The Buried Giant(3) by Kazuo Ishiguro
  • The Buried Giant(3) by Kazuo Ishiguro“You’re a strange one, child,” Axl said as she came skipping up to him. “Aren’t you afraid of the dark? Of the wolves or the ogres?”“Oh, I’m afraid of them, sir,” she said with a smile. “But I know how to hide from them. I hope my parents haven’t been asking for me. I got such a hiding last week.”“Asking for you? Of course they’ve been asking for [続きを読む]
  • cafe Eikaiwa
  • I went to " cafe Eikaiwa" or a cafe English conversation club.->1. ok'ish [would be better if you put 'quot
    ation' marks around 'cafe English conversation'. Or in speech you could say: "I went to Cafe Eikaiwa which can
    be translated as a cafe meetup for English conversations."]
    It is new English learning system in Japan [続きを読む]
  • The Buried Giant(2) by Kazuo Ishiguro
  • You may wonder why Axl did not turn to his fellow villagers for assistance in recalling the past, but this was not as easy as you
    might suppose. For in this community the past was rarely discussed. I do not mean that it was taboo. I mean that it had somehow fa
    ded into a mist as dense as that which hung over the marshes. It simply did not occur to these villagers to think about the past
    ―even the r [続きを読む]
  • Kazuo Ishiguroを読む
  • Kazuo Ishiguroを読むKazuo Ishiguroの小説は語学学習には非常に役に立つ。彼の小説は使われている単語は難しいが文章がsimpleなので、辞書さえ引ければ理解できるからだ。辞書の問題は読みながら同じPCで引けるEijiroが良い。これは版数の古いものが200円でbookoffで売っていたのでinstallした。これは146MBなので簡単にPC上に置ける。後は読むときの目の疲れの問題だ。EbookをPCで読むと目が非常に疲れる。これは目が上目遣 [続きを読む]
  • To return to Axl and Beatrice
  • To return to Axl and Beatrice. As I said, this elderly couple lived on the outer fringes of the warren, where their shelter was le
    ss protected from the elements and hardly benefited from the fire in the Great Chamber where everyone congregated at night. Perhap
    s there had been a time when they had lived closer to the fire; a time when they had lived with their children. In fact, it was ju
    st such an [続きを読む]
  • I have no wish to give the impression
  • I have no wish to give the impression that this was all there was to the Britain of those days; that at a time when magnificent ci
    vilisations flourished elsewhere in the world, we were here not much beyond the Iron Age. Had you been able to roam the countrysid
    e at will, you might well have discovered castles containing music, fine food, athletic excellence; or monasteries with inhabitant
    s steeped [続きを読む]
  • In one such area
  • In one such area on the edge of a vast bog, in the shadow of some jagged hills, lived an elderly couple, Axl and Beatrice. bog【名-1】沼地、湿地帯、湿原、湿地、(泥)沼・The heavy horses sank up to their necks in the bog. その重量馬は、沼に首まではまり込んでしまった。【名-2】〈俗〉トイレ【自動】沼にはまる、泥沼化してしまう【@】ボッグ、ボグ、【変化】《動》bogs | bogging | boggedPerhaps these wer [続きを読む]