おーじろう さん プロフィール

  •  
おーじろうさん: おーじろうのらくがき
ハンドル名おーじろう さん
ブログタイトルおーじろうのらくがき
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ojiro70
サイト紹介文下手な4コマ漫画で平凡な日常をつづってます。野球や猫のコーナーもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供596回 / 365日(平均11.4回/週) - 参加 2010/04/24 16:51

おーじろう さんのブログ記事

  • 川端物語201 記念写真
  • 1987年9月14日 旭川市民文化会館NHK全国学校音楽コンクール道北大会その瞬間、東高のタッキーさんとマーチさんが涙を浮かべてテレビカメラの前で強く強く抱き合った。昨年までは「勝って当然」という態度の東高だったがこの日は違って、いつまでも興奮冷めやらぬ様子だった追い詰めたんだ、あの東高を。僕たちは。でも。東高の歓喜の輪を横目に見ながら僕たちは広場に出た。後日、審査員の一人が語ったところによると議 [続きを読む]
  • 川端物語200 熱き時代を
  • 1987年9月14日 旭川市民文化会館大ホール審査の待ち時間、出場したみんながステージに登壇し合唱の定番曲を数曲、合同で演奏する。即席のスペシャル合唱団。Nコンならではの光景だ。コンクールの緊張から解き放たれたみんなが敵味方なく清々しい表情をしている。合同演奏の最後に東高のマーチさんが大地讃頌を振ったNコンのボルテージが最高潮に達した瞬間だった。このまま時が止まってしまえばいい。そう思った。僕がこ [続きを読む]
  • 川端物語199 乾坤一擲
  • 1987年9月14日 市民文化会館大ホールさあ、いよいよ僕らのNコン本番だ。この大きな文化会館大ホールを支配してやる。僕は一瞬ブルっと震えた。え?緊張してるのかな?いや違う、これが武者震いというやつなのだろう。西高の自由曲、高田敏子作詞、三善晃作曲合唱組曲五つの童画より「どんぐりのコマ」どんぐりの頭、神さまがちょっとつまんでとがらせたおそらく他に類を見ない圧倒的破壊力で突っ切った手ごたえ十分。文化 [続きを読む]
  • 川端物語198 緊張感
  • 1987年9月14日 東高のリハーサル東高の自由曲は、混声合唱組曲、縄文から「透明」ジスイズ東高音楽部という、実にまとまった演奏でバランスの良さは非の打ち所がない。大人びた歌唱は僕ら西高のそれとは明らかに路線が違う。「上手いな」隣で吾妻先輩がつぶやいた。「そうでもないですよ」僕が返した。いや、本当は上手いと思っていたんだ。でも。東高の合唱は大人になってからでもやれると思う。西高の合唱は今この青春と [続きを読む]
  • 川端物語197 Nコン道北地区大会
  • 1987年9月14日Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)が始まった今年からリハーサルは当日本番前に行われることになった。また、会場も公会堂から、より大きな文化会館大ホールに変更になった。パワーと破壊力のある僕らには有利だろうか北高が先にステージに上がってライトを浴びている。北高は昭和30年代にNコンの全国大会において、2位、3位になった歴史がある旭川の音楽界にとって今なお語り継がれる伝説だ。偉業 [続きを読む]
  • 川端物語196 決戦前夜
  • 1987年9月13日Nコン前日の練習は軽く曲を通しただけで終わり自転車をこぎ、いつもは歌う帰り道を、歌わずに帰った。堤防沿い、川のせせらぎ、長い影本番までは声帯を傷めないように極力大きな声を出さないし、笑わないようにした。東高、北高、富良野、西高、青春をかけた大勝負を控えている。僕は特に東高に対しては並々ならぬ思い入れがある。勝てる。今年は勝てる。あの東高に勝てる。四天王もいるし、僕らも上手くなっ [続きを読む]
  • 川端物語195 貞子の過去
  • 1987年9月上旬 西高音楽室「吾妻先輩、貞子先輩ってけっこう声聞こえますね」「ああ、経験者だからな、基礎はできてる」「経験者ですか?」「あいつは1年の時に俺たちと一緒に合唱部に入ったんだ」「え?そうだったんですか」「でも、ある事件を機にだんだん居づらくなって辞めたんだあいつ自体は悪くないと思ったんだけどな。」事件って何だろう?と思ったが、吾妻先輩もそれ以上言おうとしないし、僕が聞かない方がいいよ [続きを読む]
  • 川端物語194 世界陸上
  • 1987年9月上旬ローマ世界陸上が終わったまだこの時代のテレビ中継に織田裕二はいない僕らは教室で陸上の話題で盛り上がっていた女子マラソンではロサ・モタが、棒高跳びではセルゲイ・ブブカが圧倒的な力を見せた。全体的にソビエトと東ドイツが強かった。きっとドーピングをしているのだろう。世界中が注目したカール・ルイスとベン・ジョンソンの100m対決で、ベン・ジョンソンが9秒83というとてつもない世界記録を出 [続きを読む]
  • 川端物語193 巨木のうた
  • 1987年9月上旬 西高音楽室Nコンは、課題曲と自由曲を審査して評価される。課題曲はA.B.C.Dがあって、混声はA.Bから選ぶ。Aはコンクールの為に毎年新曲が書き下ろされる。今年の課題曲A「巨木のうた」を僕らは選んだ。早くから取り組みだした曲だから曲としてほぼ完成している。後は指揮者の荒木先生が気になるところを調整する。この1か月で部員たちはみるみる発声が上達していったから全体バランスの調整は日 [続きを読む]
  • 川端物語192 四天王へ
  • 1987年9月7日 Nコンまであと1週間ソプラノ、超音波ソプラノ和泉先輩アルト、地獄のアルト渋井先輩テナー、流星のテナー菊谷先輩バス、スーパーウーハー吾妻先輩僕はあなたがたを勝手に「四天王」と呼んでいました。初めて揃って歌った昨年の合唱祭同じステージに居ながらにして分かる圧倒的破壊力。レベルの高さに鳥肌がたったのをまるで昨日の事のように、鮮明に覚えていますでもみなさん我が強いものだから、よく部長の [続きを読む]
  • 川端物語191 ふたつのコンクール
  • 1987年9月9月になったからといって、すぐに秋にならなくてもいい。でも、川面を伝う風は明らかに夏のそれとは違っていた。芸術の秋という言葉は合唱の世界にも当てはまる。この9月に、僕らは二つのコンクールに挑む。Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)と全日本(全日本合唱コンクール)だ。合唱界の2大コンクールと呼ばれる大会が9月に重なった。野球で言えば春と夏の甲子園を同じ月に開催するようなものだ例年の西 [続きを読む]