荒巻ケンコー さん プロフィール

  •  
荒巻ケンコーさん: カラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ハンドル名荒巻ケンコー さん
ブログタイトルカラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ブログURLhttps://kenkomemo.blog.fc2.com/
サイト紹介文健康や身体、病気に関するメモ帳。「ためしてガッテン」「健康カプセル! ゲンキの時間 」のレビュー。
自由文いつの間にやらいい歳になりました。目に歯に髪に肌に腰に、いろいろとガタがきています。

これはメンテナンスが必要ということで、いろいろと情報をメモし、試してみたいと思います。

とりあえず、栄養管理でメタボ検診は合格でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/04/25 09:25

荒巻ケンコー さんのブログ記事

  • 【聴力と認知症】 耳の毛と補聴器/ガッテン
  • 音を聴くのに欠かせない、耳の中の毛「有毛細胞」。なんと、難聴で音の入力が少なくなると、脳の一部が委縮。認知症の発症率が高くなるという、研究報告が!聞き間違いが増えてきたら、病院で検査を。早期発見チェックで確認!補聴器についての注意点。世界では、数々の対策キャンペーンが。 ・60:60セオリー。 ・Make Listening Safe(耳を守るために)。解説:国際医療福祉大学 三田病院 聴覚・人工内耳センター長 岩崎聡。20 [続きを読む]
  • 【ジャム新世界(2)】 萩春朋の手作りレシピ/ガッテン
  • 福島県のシェフ、萩春朋さんが教えてくれる。冷凍したり、すりおろすことで、時間も短縮。刺身にも使えるって、本当?<実習コーナー> 簡単3分手作りシャム。 絶品ハンバーグソース。 マンゴーシャムの絶品ドレッシング。メーカーが紹介してくれた、「ジャム点在塗り」と「チーズとおしゃれ塗り」。混ぜるだけ、<栗原はるみ流 トースト>。2017年11月29日放送の「ガッテン」より、「あのジャムが大進化! 秋の恵みフル活用術 [続きを読む]
  • 【ジャム新世界(1)】 福島県のシャム/ガッテン
  • ジャムの定義は?ロシアでは 松ぼっくりで作るって、本当?砂糖を入れる理由。保存期間の目安は?福島県で大流行!低糖度で、爽やかな味。正式名称「フルーツスプレッド」、通称「シャム」。2017年11月29日放送の「ガッテン」より、「あのジャムが大進化! 秋の恵みフル活用術」からのメモ書き。その前編です。□ 47都道府県のジャムたちさあ、今回のテーマは何でしょう? 食材から、「ジャム」について。トーストに塗ったり、ヨー [続きを読む]
  • 【お風呂の温度】 冷え・腰痛改善 1℃の方程式/ゲンキの時間
  • 健康になれるお風呂の温度は?カギは、自律神経の境界線となる「42℃」。<肩コリ・腰痛改善><気管支炎・鼻炎><手足の冷え症>それぞれに効く、お風呂の入り方を、紹介します。血行を良くしたいなら、<温冷交代浴>がおススメ。免疫力をアップする入浴温度。<危険な入浴法>と注意点。ドクネット:東京都市大学 人間科学部 早坂信哉(温泉療法専門医)。ゲンキスチューデント:滝裕可里。ゲンキリサーチャー:あべこうじ。20 [続きを読む]
  • 【鼻の力・嗅覚の衰え】 回復させる方法/ガッテン
  • 洗剤の香りで、掃除する?ニオイは、無意識の行動にも影響を与える。食欲がない、外出が面倒、元気が出ない、人付き合いが億劫。そんな体調不良の原因は、嗅覚の衰えかも。カレーやメンソール(ミント)のニオイが分からなかったら、耳鼻咽喉科に相談を。<対策>数種類を嗅ぐことで、センサー(嗅神経細胞)に刺激を与え、回復させる。ポイントは、意識して嗅ぐこと。解説:兵庫医科大学 耳鼻咽喉科 都築健三 准教授。2017年11月2 [続きを読む]
  • 【血圧サージ 前編】 危険度チェック/NHKスペシャル
  • 健康診断で正常でも、要注意!朝、血圧が急上昇しているかもしれません。そのメカニズムとは?血管の伸び縮みが繰り返され、壁が硬く厚くなり、柔軟性を失う。結果、脳卒中や心臓病、認知症のリスクが上昇。自分で調べる方法は?8つの質問からなる、危険度チェックも紹介。司会:青井実、寺門亜衣子。ゲスト:石田純一、榊原郁恵、小島よしお。2017年10月29日放送の「NHKスペシャル」より、「“血圧サージ”が危ない 〜 命を縮める [続きを読む]
  • 【食物繊維】 増やすコツ&おススメ食材/健康カプセル! ゲンキの時間
  • 便秘改善、血糖値やコレステロールの抑制など、健康に関係する栄養素である、食物繊維。でも、目標摂取量に足りていないのが、現実です。<摂取量を増やすコツ>生野菜のサラダよりは、スープや味噌汁で。スパゲティ(パスタ)そのものに多く含まれ、アルデンテにすると、血糖値の上昇が穏やかになる。<おススメ食材>麦ごはん(β-グルカン)、ごぼう(イヌリン)。ごはん、いも、カボチャなどは、冷やして食べる(レジスタント [続きを読む]
  • 【ワイシャツの黄ばみ落とし】 大矢勝先生の方法/ガッテン
  • 洗濯シリーズの第2弾。しつこい黄ばみの原因は、皮脂だった。普通にやってると、これは落としきれない。ドライクリーニングでも 完全には除去できない理由。もう一つの原因、たんぱく質の酸化があるから。クリーニング後、しまっておいたのに黄ばむのは、このせい。<黄ばみを落とす三要素> 洗濯洗剤 + 酸素系漂白剤(粉) + 台所用洗剤。家庭でやれる方法も、紹介します。解説:横浜国立大学 教授 日本繊維製品消費科学会 会 [続きを読む]
  • 【とろりんレンコン】 見分け方&料理 /ガッテン 後編
  • レンコン三兄弟の見分け方。細長ノッポ、丸くて大きい、小さくて芽がある。断面の色も、ヒントに。<絶品料理>レンコン焼きに、みぞれ汁、刺身、寿司。キンピラ、おすまし。とろりんレンコンの作り方。ミャンマーでは、レンコンの糸で、機を織る。宮森右京くんのファッションショー。解説:徳島県立農林水産総合技術支援センター 澤田英司 農学博士。2017年10月25日放送の「ガッテン」より、「ビタミンC&食物繊維! レンコンが信 [続きを読む]
  • 【レンコン】 長男 次男 三男の違い/ガッテン 前編
  • 美味しさは、池の中に。宮森右京くんが「レンコン引き上げプロジェクト」に挑戦。全部、引き出せるだろうか?まったく性格が違う、レンコン三兄弟。長男、次男、三男で、食感や味に違いがある。料理によって見極めは大事だという、上野の居酒屋さんに、岐阜県羽島市の「竹扇」。モチモチ、ホクホクなら、長男。シャキシャキなら、三男。2017年10月25日放送の「ガッテン」より、「ビタミンC&食物繊維! レンコンが信じられないほど [続きを読む]
  • 【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン
  • 掃除しても出てくる、ホコリ。いったい、どこから出てくるんだろう?そんな長年の謎が、ついに判明した。カギとなるのは、静電気。なんと、風が吹くだけでも、摩擦で静電気が発生するのだ。対策には、「ガッテン流ぞうきん」を。柔軟剤で、簡単に作ることができる。2017年10月18日放送の「ガッテン」より、「なぜか出るホコリ! 原因はソコだった!?」からのメモ書きです。□ ホコリは どこから やって来る?さあ、今回のテーマは [続きを読む]
  • 【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間
  • 三日坊主を克服し、運動を続けるコツ。それは、脳をだますことだった。続けられなくする原因、脳ポリスとは?<筋肉をだましてトレーニングする方法>ゆっくりした動きの、筋発揮張力維持スロー法。その名も、「だまトレ」だ。<無理なく企業で体力作り>オフィスで、自然に。ITOKI(イトーキ)の取り組み。ドクネット:杏林大学 名誉教授 精神科 古賀良彦。 日本筋力トレーニング推進協会 佐藤健一 代表理事。ゲンキスチューデン [続きを読む]
  • 【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間
  • スマートフォンの長時間使用が、疲れ目やドライアイの原因に。予防するコツは、適度に目線を外すこと。15分ごとに、1分間休憩するとよい。度数が合っていないメガネやコンタクトも、よくない。1年に一度は、眼科で検診を。最終的に、うつ病に?ある男性の、眼精疲労 体験談。ドクネット:井上眼科病院 井上賢治 院長。ゲンキスチューデント:泉里香。ゲンキリサーチャー:ザ・たっち(たくや&かずや)。2017年10月8日放送の「健康 [続きを読む]
  • 【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン
  • 正常なはずの血圧が、急上昇するケースがある!どんな場面で、上がるのだろうか?実験で分かった、9場面。1つ1つは小さくても、侮ることなかれ、集まれば大きな波になります。要注意なのが、朝起きた時。起床して2時間は、変動しやすい。深酒、ストレス、タバコなども、要因となる。<対策> ・ベルトをゆるめる。 ・スリッパを履く。 ・深呼吸。解説:自治医科大学 医学部 苅尾七臣 教授。2017年10月4日放送の「ガッテン」より [続きを読む]
  • 【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間
  • 長引く咳(せき)には、要注意。病気が隠れている場合があります。診断チャートを使い、原因を探してみよう。近年増加している「大人の喘息」。年間死亡者数は、約1500人だという。「ぜんそく日誌」で、ピークフローを記録。最新治療「気管支サーモプラスティ」も紹介します。ドクネット:順天堂大学 医学部附属 順天堂医院 呼吸器内科 原田紀宏 准教授。 国立国際医療研究センター 呼吸器内科 診療科長 杉山温人。ゲンキスチュー [続きを読む]
  • 【股関節腰痛(2)】 改善に パコパコ体操/ガッテン
  • 後半は、解決編。カギは、たくさんの筋肉の奥にあるインナーマッスルにあった。パカパカ体操で、深層筋を縮ませて、目覚めさせる。すると、股関節の動きが滑らかになって、腰痛が改善されるのだ。 ◆ パカパカ体操。 ◆ おしりフリフリ体操。 ◆ 四股スクワット。猫背タイプは、変形性股関節症にも要注意。簡単体操で回復した女性の体験談も紹介。解説:神奈川リハビリテーション病院 杉山肇 院長。2017年9月27日放送の「ガッテ [続きを読む]