荒巻ケンコー さん プロフィール

  •  
荒巻ケンコーさん: カラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ハンドル名荒巻ケンコー さん
ブログタイトルカラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ブログURLhttps://kenkomemo.blog.fc2.com/
サイト紹介文健康や身体、病気に関するメモ帳。「ためしてガッテン」「健康カプセル! ゲンキの時間 」のレビュー。
自由文いつの間にやらいい歳になりました。目に歯に髪に肌に腰に、いろいろとガタがきています。

これはメンテナンスが必要ということで、いろいろと情報をメモし、試してみたいと思います。

とりあえず、栄養管理でメタボ検診は合格でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/04/25 09:25

荒巻ケンコー さんのブログ記事

  • 【傷んだ髪を美しくする方法】 ドライヤー 冷風の使い方/ガッテン
  • 専門家おススメの髪を傷めないお手入れ方法を紹介!ポイントは、シャンプーをよく泡立てることと、髪同士をこすらないこと。さらに、傷んだ髪を美しくする方法も、紹介します。カギは、ドライヤーの冷風にあった。仕上がりはまるで、CM のようだ。解説:花王 研究所 上席主任研究員 長瀬忍。 ヘアディレクター 田中勇輝。2018年4月18日放送の「ガッテン」より、「傷んだ髪の共通サイン! “空洞化”を防ぐ新常識」からのメモ書き [続きを読む]
  • 【髪の空洞化】 切れ毛 パサつき の原因/ガッテン
  • ツヤなし、切れ毛、ハリなし、うねり。女性につきものの、ヘアケアのお悩み。その原因は、髪の空洞化だった!毎日の習慣で、髪を傷めているかも。いったい、何が悪いの?キューティクルが簡単に剥がれてしまう行為とは?ガッテンボーイ 亀井賢治くんが実験!何回洗うと、髪は傷む?2018年4月18日放送の「ガッテン」より、「傷んだ髪の共通サイン! “空洞化”を防ぐ新常識」からのメモ書き。その前編です。□ 髪の毛の空洞化さあ、 [続きを読む]
  • 【肺ストレッチ】 呼吸でストレスを減らす方法/ガッテン
  • アメリカでは、呼吸のトレーニングで ストレスを減らす取り組みが行われています。特に、9・11同時多発テロ後、大きな成果を上げているのだとか。<肺ストレッチ>その方法を紹介。吸う筋肉と、吐く筋肉を鍛える。それによって自然と呼吸数が減り、ストレス症状が改善するのだ。<鼻呼吸のパワー>一酸化窒素が増えて、血流が良くなる。毛細血管が広がって、ポカポカに。鼻歌を歌うと、さらに効果UP!解説:東京有明医療大学 本間 [続きを読む]
  • 【呼吸の回数】 減らすと健康に/ガッテン
  • 呼吸の回数で、身体にうれしい変化が!冷え症改善、肩こり解消、血圧低下、快眠、ストレス減などの効果が期待できる。甲賀流忍術にも、同じような極意が。第二十一代目当主、川上仁一さんが教えてくれた。「息長」といって、呼吸回数を極限まで減らす技だ。カギとなるとは、脳の中の「呼吸中枢」と「偏桃体」。そのメカニズムとは?解説: 東京有明医療大学 保健医療学部 高橋康輝 准教授。 三重大学 大学院 医学研究科 小森照久 [続きを読む]
  • 【スマホ老眼】 瞬間視のテストとケア/名医のTHE太鼓判!
  • 昔から言われる常識は、本当なのだろうか?「遠くを見る」or「緑を見る」、目に良いのはどっち?「暗い所で本を読むと目が悪くなる」って、ホントなの?<動体視力と瞬間視>加齢による目の衰え。家庭でできる予防法を紹介します。<スマホ老眼>若くても要注意。視線を外した時、ぼやけませんか?100円ショップの老眼鏡で、セルフケアできる。ドクター:愛知工業大学 石垣尚男 教授。2018年4月9日放送の「名医のTHE太鼓判!」より [続きを読む]
  • 【白目のシワ】 マイボーム腺のケア/名医のTHE太鼓判!
  • 女性の方がドライアイになりやすいって、本当?<白目にシワができる>原因は、加齢、紫外線、摩擦だと言われています。対策には、副交感神経を働かせる「腹式呼吸」が有効。メタボを解消すると、視力が復活することがある?<マイボーム腺のケア>ここが詰まると、ドライアイや ものもらいの原因に。綿棒を使ったケアも紹介します。ドクター: 平松類 (二本松眼科病院)。 川島素子 (久喜かわしま眼科)。2018年4月9日放送の [続きを読む]
  • 【大感謝祭(3)】 低栄養チェックシート/ガッテン
  • 3本目は一番反響が大きかったテーマ、「低栄養」について。「10食品群チェックシート」が、話題になりました。一人暮らしの高齢者の方、お肉食べる機会が減ってませんか?知らない間に、たんぱく質の摂取量が少なくなっているかも。ご両親には、声かけを。「もっと肉食べるようにしなよ」神戸には、スマホ用アプリを作った使い手がいた!2018年3月28日放送の「ガッテン」より、「大反響&新情報に超ビックリ! 2年分の大感謝祭」か [続きを読む]
  • 【大感謝祭(2)】 没頭が瞑想に 階段では鳥を追え?/ガッテン
  • 大感謝祭、2つ目の振り返りは、「瞑想」。カギは、前頭前野と海馬との関係にありました。呼吸に集中することで、海馬へのストレスを無くす。するとやがて、頭の中がスッキリして、クリアに。塗り絵、ダーツ、模型作りなど、没頭することでも効果が!小野アナは、トリを追いかけながら階段を上る?最強のガッテンマニア、山寺宏一さんセレクションも紹介! ・お風呂の防カビ。 ・NASA直伝 アンチエイジング法。 ・癒しホルモン [続きを読む]
  • 【大感謝祭(1)】 足をパカパカさせるだけで腰痛が改善/ガッテン
  • リニューアルから、早2年!74回の放送の中から、反響が大きかったものを紹介します。1つ目は、「パカパカ体操」による腰痛改善。股関節を動かすことで、深層筋が刺激され、腰への負担が減ることで、改善される。驚くことに、番組放送前に、治っちゃった人がいた?2018年3月28日放送の「ガッテン」より、「大反響&新情報に超ビックリ! 2年分の大感謝祭」からのメモ書き。その1/3です。□ パカパカ体操で腰痛改善さあ、今回のテー [続きを読む]
  • 【若く見られる姿勢】/健康カプセル! ゲンキの時間
  • ちょっと正すだけで、5歳は若返る。プロが教える姿勢のコツとは?あることをするだけで、立ち姿勢が美しくなります。見た目年齢が、グッと若くなる。指導:プロカメラマン 木村武士。ゲンキスチューデント:滝裕可里。ゲンキリサーチャー:TKO 木本武宏。2018年4月1日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「〜 腰痛・膝痛・股関節痛 〜 姿勢で若返り&痛み改善」からのメモ書き。その前編です。□ 若く見られる姿勢さあ、 [続きを読む]
  • 【300回記念(4)】 iPS細胞で腎臓再生/ゲンキの時間
  • 最後は、世界の医療を変える革命的な研究。なんと、「腎臓の再生」が可能になりつつあるというのです。人工透析を受けている患者さんに希望が!目指したきっかけは、7歳の少女との出会いだった。ドクネット:東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科 横尾隆。2018年3月25日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「〜 祝300回! 〜 名医が教える健康法SP」からのメモ書き。その4/4です。□ 腎臓再生 最後のスペシャルなドクター [続きを読む]
  • 【メガネの選び方】 毛様体筋と処方箋/ガッテン
  • 今までのメガネは、ベストではない可能性が!もっと楽に見えるものがある。そのカギとなるのが、「調節機能解析装置」。それをもとに、「メガネの処方箋」を発行してもらえます。「無理した視力」から「楽な視力」へ。毛様体筋を休ませてあげよう。解説:日本眼光学学会 理事 梶田雅義。2018年2月28日放送の「ガッテン」より、「あなたの目にベストマッチ! “幸せメガネ”スペシャル」からのメモ書きです。□ よく見えるメガネは [続きを読む]
  • 【新しい便秘 排便困難型】 数える解消法/ガッテン
  • 新しいタイプの便秘が、増えています。それは、「排便困難型」。便意はあるのに、出てくれない。原因は、「恥骨直腸筋」にありました。対策は、数をかぞえること。力を入れて、緩めることが、カギに。アメリカのバイオフィードバック療法も紹介!うんこ学会のアプリ&注意したい ウンチの色。解説:大腸肛門病センター 高野病院 高野正太 副院長。2018年3月14日放送の「ガッテン」より、「便意はあるのに出ない!? 便秘の新タイプ [続きを読む]
  • 【巨大血栓】 原因は心房細動 脈の測り方/ガッテン
  • 特効薬も効きにくい、重い脳梗塞が増加!その原因は、ネーハイシーザーも経験したという「心房細動」にあった。予防には、脈拍を測ること。正しい脈の取り方も、紹介!対策には、処方薬を忘れずに飲むことと、適度な運動。カテーテルアブレーションという手術もある。解説:大分大学医学部附属病院 循環器内科 高橋尚彦 教授。2018年3月7日放送の「ガッテン」より、「巨大血栓を作らない! 脳梗塞・寝たきり予防SP」からのメモ書き [続きを読む]
  • 【糖化 AGE】 チョイ足し&体操で予防/健康カプセル! ゲンキの時間
  • 身体がサビるって、本当?骨や肌、血管まで焦げちゃう?認知症との関係も?酸化とは違う、アンチエイジングの敵の正体とは?<対策>血糖値を急上昇させない生活習慣。食べる順番でも、影響がある。運動(簡単体操)で燃焼。から揚げや焼肉には、チョイ足しすることで改善できる。ドクネット:浦田クリニック スコール金沢 森田祐二 副院長。 同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター 八木雅之 教授。ゲンキスチューデ [続きを読む]
  • 【乾燥肌対策】 かゆみの原因&入浴法/健康カプセル! ゲンキの時間
  • 乾燥する冬は、かゆみを訴える人が急増。肌を拡大して見ると、まるで ひび割れた地面だ。乾燥肌と潤いのある肌、その差はどこにあるんだろうか?お風呂でのゴシゴシ洗いは、要注意!熱いお湯も、あまりよくない。入浴後すぐに保湿剤を塗りましょう。<静電気を抑える方法>も、紹介。ドクネット:順天堂大学 名誉教授 大学院特任教授 高森建二。ゲンキスチューデント:滝裕可里。ゲンキリサーチャー:ヴェートーベン(久保&青井) [続きを読む]