荒巻ケンコー さん プロフィール

  •  
荒巻ケンコーさん: カラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ハンドル名荒巻ケンコー さん
ブログタイトルカラダのケンコーメモ帳(身体の健康)
ブログURLhttps://kenkomemo.blog.fc2.com/
サイト紹介文健康や身体、病気に関するメモ帳。「ためしてガッテン」「健康カプセル! ゲンキの時間 」のレビュー。
自由文いつの間にやらいい歳になりました。目に歯に髪に肌に腰に、いろいろとガタがきています。

これはメンテナンスが必要ということで、いろいろと情報をメモし、試してみたいと思います。

とりあえず、栄養管理でメタボ検診は合格でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/04/25 09:25

荒巻ケンコー さんのブログ記事

  • 【浮き指 後編】 対策に ひろのば体操/ガッテン
  • 昔と違って足の指を使わなくなった結果、現代人に浮き指が増えてしまったようです。また、足元にも原因が。ブカブカ、足先が狭い、そんな靴は要注意!シューフィッター 武田剛さん直伝、ピッタリ合った靴のチェックポイント。桜美林大学 健康福祉学群 阿久根英昭 特任教授の解説。理学療法士の湯浅慶朗さん直伝、「ひろのば体操」も紹介します。これは転倒予防にもなり、運動能力の向上にもつながる。2018年7月18日放送の「ガッテ [続きを読む]
  • 【浮き指 前編】 チェック法&腰痛との関係/ガッテン
  • 足形を 30年かけて 10万人分も収集した、阿久根英昭さん。日本人の足に、ある異変が起こっていることに気づきました。足の指と、腰痛、ひざ痛など、身体の不調との関係は?負荷がかかるメカニズムを説明。簡単なチェック法も紹介します。2018年7月18日放送の「ガッテン」より、「10万人調査で判明! 腰痛・ひざ痛 劇的改善のカギは足形!?」。その前編です。□ 足の異変さあ、今回のテーマは何でしょうか?「浮き指」について。 [続きを読む]
  • 【かつお節 後編】 アレンジ料理 オイル&バター&アイス/ガッテン
  • スリランカにも、かつお節料理があった。シーニサンボーラ&バナナの花のカレー。そこから学んだのは、香りが脂溶性であること。<使いこなし術> (1) かつおオイルの作り方。 (2) アレンジ料理(青菜炒め、こんにゃくの刺身 カルパッチョ風、サラダドレッシング)。 (3) かつお酒(めんつゆ、味噌汁、目玉焼き)。 (4) かつおバター。 (5) アイスクリームが大変身。荒節と枯節の違い、伝統の職人さんも、紹介します。2018年7 [続きを読む]
  • 【かつお節 前編】 パックは使い切るのが基本/ガッテン
  • 鹿児島県枕崎市での、かつお節作り見学。にんべんが 小さなパックを開発した理由。そして生じた、使い切らない問題。解決法は、意外なものでした。開封してしまうと、冷蔵庫に入れても、香りが飛ぶので、要注意!水分量も減って、しっとり感まで無くなってしまう。2018年7月11日放送の「ガッテン」より、「最強の調味料に変身!かつお節パック 徹底活用ワザSP」。その前編になります。□ かつお節の作り方さあ、今回のテーマは何で [続きを読む]
  • 【唾液 後編】 ドライマウス対策に 昆布ドリンク/ガッテン
  • ドライマウスの最新研究。なんと、患者の脳では、血流が右に偏っていた。原因は口の中ではなく、「ストレス脳」だったのだ。対策は、何かに没頭すること。口の中に塗るジェルも、市販されています。口の体操、「リップトレーニング」。さらには、「特製昆布ドリンク」も紹介します。解説:鶴見大学 歯学部 斎藤一郎 教授。 東京医科歯科大学 豊福明 教授。 日本大学 酒谷薫 教授。 東北大学 笹野高嗣 名誉教授。「免疫力アップ [続きを読む]
  • 【唾液 前編】 育毛〜ドライマウスの悩み/ガッテン
  • 育毛に、歯の再石灰化など、唾液のパワーに注目!緊張すると口の中が乾くのにも、ちゃんと理由がありました。それには、動物の進化が関わっていたのだ。唾液の量が元に戻らない、「ドライマウス・口腔乾燥症」の悩み。 ・就職活動をきっかけに、口が乾くようになった。 ・味がしなくなった。 ・口内炎ができやすくなった。 ・口臭が気になるように。こんな苦労をしている人たちがいる。2018年7月4日放送の「ガッテン」より、「 [続きを読む]
  • 【トロトロわかめ】 ペースト“わかぺ”の作り方/ガッテン
  • 家庭でもできる、竹串を使った作り方。<各地の料理>宮城県 石巻市 十三浜。地元漁師おススメの「しゃぶしゃぶ」。淡路島の緑色した麺。秋田県男鹿市では、冷凍に。歯ごたえの無い「わかめペースト“わかぺ”」。玉子焼き、お好み焼き、大福のレシピも紹介。2018年6月27日放送の「ガッテン」より、「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」の覚書。その後編です。□ ワカメ大実験前編で紹介した、トロトロわかめ。しか〜し、一枚一枚丁 [続きを読む]
  • 【ワカメの不思議】 淡路島&京都 アルギン酸パワー/ガッテン
  • 整腸作用や歯ごたえだけではない、新たな魅力を発見!淡路島 由良海岸の天然ワカメ。激流に耐えられる「やわらかさ」には、「アルギン酸」が関係する。実はこれが、おいしさの秘密だったんです。<料亭のトロトロわかめの作り方>京都の料亭「ごだん 宮ざわ」 宮澤政人さん。2018年6月27日放送の「ガッテン」より、「魅惑の食材わかめ!未知との遭遇」からの覚書。その前編になります。□ ワカメの特徴とアルギン酸さあ、今回のテ [続きを読む]
  • 【柔軟講座(1)】 首のストレッチ/趣味どきっ!
  • スマホの使い過ぎで、ストレートネックに。簡単な方法で、首の調子がチェックできます。<トレーニング> 首の後ろのストレッチ。 イスを使った横と前への伸ばし。<動的ストレッチ> リズミカルに、20〜30回。 筋肉の血行を良くする。<タオル枕>の作り方。 朝起きた時に痛い人むけ。 バスタオルを丸めて、自然なカーブを作る。指導:フィジカルトレーナー 中野ジェームズ修一。進行:藤井隆。ゲスト:小芝風花。2018年6月 [続きを読む]
  • 【胃酸の逆流】 危険度チェック 春間賢/ガッテン
  • 3名の胃人から分かったこと。 ・ 穴が開いて、胃の中と体の外がつながってしまった人。 ・ 自らピロリ菌を飲んだ、研究者。 ・ 胃酸が出やすくなっていることを発見した、日本人医師。<胃酸の逆流 危険度チェック>肥満、猫背、過食、飲酒、ストレスに注意。<生活のコツ> ・ バランスのよい食事を、腹八分目で。 ・ 食べ過ぎたら、枕を高くする。 ・ 食後 30分は横にならない。解説 : 川崎医科大学 総合医療センター 春 [続きを読む]
  • 【新型胸やけ】 胃酸で 歯が溶ける?/ガッテン
  • 逆流性食道炎の不思議な症状。 ・咳が止まらない。 ・歯が溶けてボロボロに。 ・中耳炎に。胃酸が逆流するメカニズムを紹介。名古屋大学医学部 曾根三千彦 教授。島根大学 医学部 角昇平。2018年6月13日放送の「ガッテン」より、「せきが止まらない! 歯が溶ける! 犯人はまさかの“胃”!?」からのメモ書き。その前編です。□ 新型胸やけさあ、今回のテーマは何でしょうか?「胃酸」です。時代と共に変化してきた、日本人の身 [続きを読む]
  • 【ビタミンC】 1000mg 摂取の理由/健康カプセル! ゲンキの時間
  • 老化防止の要、ビタミンC!枯れてしまうと、どうなるの?厚生労働省の摂取基準では「100mg」ですが、理想は「1000mg以上」。その理由は?<賢い摂取方法> レモンの切り方。 枝豆は、焼き蒸しに。 カリフラワーは、生で。 新ジャガの完璧スープ。ドクネット:東海大学 健康学部 石井直明 教授。 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御 研究部長 石上昭人。 東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部 [続きを読む]
  • 【人とのつながりチェックシート】 飯島勝矢/ガッテン
  • イギリスで誕生した、「孤独担当大臣」。BBCでは、人とのつながりの大切さを伝えるキャンペーンまである。ロンドン大学の研究では、つながりが少ない人ほど死亡率が高いことが判明している。運動や禁煙、アルコール摂取より、影響が大きという報告も。対策は、「みんなでワイワイ」。週に1回、同居の家族以外の人と、外で会うとよい。解説:東京大学 高齢社会総合研究機構 飯島勝矢 教授。2018年6月6日放送の「ガッテン」より、「 [続きを読む]
  • 【最新 寝たきり予防法】 人に親切にする/ガッテン
  • 寝たきり予防は、運動だけじゃない?もっと効果の高い対策があった!UCLA スティーブ・コール教授が実証した、行動とは?それをし続けると、炎症物質を出させる遺伝子が、あまり働かなくなる。2018年6月6日放送の「ガッテン」より、「筋肉&血管を強くする! 世界が証明した究極の寝たきり予防法」からのメモ書き。その前編です。□ アメリカ発 寝たきりにならない行動さあ、今回のテーマは何でしょうか?「究極の寝たきり予防法」 [続きを読む]
  • 【ひざ痛】 まとめと改善体操
  • 膝痛に関する、まとめ記事です。 (1) 基本のスクワット。 (2) 関節包ストレッチ。 (3) 予備群向け対策。 (4) О脚の影響。 (5) 簡単な運動。   階段を下りる時は、どっちの足から? (6) ヒザ伸ばし体操。□ 基本のスクワットさあ、今回のテーマは何でしょうか?「ヒザ痛」です。今まで紹介してきた記事の中から、改善法を復習しましょう。ヒザ痛の原因は一つではありませんが、特に中高年の場合、一番多いのが「変形性膝 [続きを読む]
  • 【もの忘れと血糖】 簡単チェック&改善法/ガッテン
  • 脳が糖不足になってないか、知る方法がある。簡単チェック法=「1分間で動物を何種類言えるか?」。作業記憶というものに、関わっています。もの忘れと HbA1c 値。何%以上だと、注意が必要なの?認知機能を改善する=脳でインスリンを効きやすくする。そのためには、食事や運動など、生活習慣の改善を!最後は、最新研究を紹介。歯状回の細胞について。解説:東京医科大学 高齢総合医学分野の 羽生春夫 教授。2018年5月23日放送の [続きを読む]
  • 【血糖値と認知症】 HbA1c インスリンとの関係/ガッテン
  • 甘いものを控えて、血糖値を下げると、もの忘れが改善する。というのも、血糖値が高い状態が続くと、脳は糖不足に陥ってしまうのだ。インスリンと記憶力の関係とは?解説:広島大学 名誉教授 鬼頭昭三。 マックマスター大学 教授 ハーツェル・ガースティーン。2018年5月23日放送の「ガッテン」より、「物忘れ&認知症を予防! “記憶物質”大発見SP」からのメモ書き。その前編です。□ 〇〇が高いと 記憶力が低下する?さあ、今 [続きを読む]
  • 【肝炎ウイルス検査】 佐賀県 江口有一郎/ガッテン
  • 注射器の使い回しの禁止が通達されたのは、いつだと思います?意外と最近なんですよ。佐賀県の取り組み。なぜ、肝炎検査を受けてくれないのだろう?そこで、「SAGA 肝がんワースト1 汚名返上プロジェクト」を実施。はなわさん出演のCMを流した。C型肝炎は、薬で身体からウイルスを消すことができる。2〜3か月、毎日薬を飲むだけでOK。まずは検査を受けましょう。解説:佐賀大学医学部附属病院 肝疾患センター 江口有一郎 特任教授 [続きを読む]
  • 【老眼鏡の作り方】 初めてに密着/健康カプセル! ゲンキの時間
  • 初めての老眼鏡作りに密着。眼科で、処方箋を書いてもらいます。オートレフラクトメーターやアコモドメーターによる、検査。また、目に病気がないか、細隙灯顕微鏡検査や眼底検査も受ける。レンズは単焦点、それとも、多焦点?仕事やライフワークにあった、フレーム選びも。ドクネット:加藤卓次(眼科院長)。ゲンキスチューデント:井上咲楽 。ゲンキリサーチャー:ヴェートーベン (久保&青井)。2018年5月13日放送の「健康カ [続きを読む]
  • 【側坐核】 認知行動療法と成功体験/ガッテン 【慢性痛対策】
  • 側坐核を元気にする、「認知行動療法」。小さな目標をクリア → 側坐核を刺激 → 痛みが改善する。趣味や目標に取り組むことが大事。できたぞ! という達成感が、側坐核を活性化させてくれる。ガッテンボーイ 常住富大くんの実験。ちょっとした喜びが、偏桃体を鎮めてくれる。解説:奈良学園大学 保健医療学部 柴田政彦 教授。2018年5月9日放送の「ガッテン」より、「痛みを“脳”で克服! “慢性痛”治療革命」からのメモ書き。そ [続きを読む]
  • 【慢性痛】 原因は脳の中?/ガッテン
  • ハッキリした原因がないのに、ものすごく痛い。そんな人たちが、全国で 2300万人もいるのだそう。アメリカのヴァーニャ・アプカリアン教授が教えてくれました。痛みの強さは、頭の中にある!そして、和らげる場所もまた、脳にある!カギとなるのは、中心近くにある「側坐核」だ。体験談も、紹介します。2018年5月9日放送の「ガッテン」より、「痛みを“脳”で克服! “慢性痛”治療革命」からのメモ書き。その前編です。□ 原因の [続きを読む]