TOMO さん プロフィール

  •  
TOMOさん: そうだ、家で過ごそう。
ハンドル名TOMO さん
ブログタイトルそうだ、家で過ごそう。
ブログURLhttp://iechie.blog65.fc2.com/
サイト紹介文京都市内の和風のお家で「おばあちゃんの知恵袋」的な生活を目指す日々を綴ります。
自由文買うのがあたり前だと思っていたものが、じつはかんたんに作れたり、その方がおいしかったり、楽しかったり。探してみると、案外そんなものも多いもの。「手仕事」「国産」「自然素材」「東洋」をキーワードに、家の中で、時間をかけずに、できればあまりお金もかけずに、良い気分になれることをたくさん見つけて、紹介していきたいと思います。(本業である編集・ライター業のこぼれ話も少々)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/04/25 00:08

TOMO さんのブログ記事

  • 産休のお知らせ
  • このたび思いがけず二人目を授かり、産まれ来る新たな家族とともに、しばしお籠り態勢に入ります。仕事の切れ目が曖昧で、フリーランスでもあるし結局いつから産休という区切りがないママに、もう予定日前日を迎えてしまい。せめて1日くらいは産休気分を味わおうかと、こっそりオット(いちおう毬藻舎社長ですし)にだけ「今日から産休に入ります」宣言してみました。が、「産休じゃなくて、もう育休やろ…」とのツッコミを受ける [続きを読む]
  • マフィン作り
  • ハロウィンパーティにお呼ばれした娘といっしょにお持たせ用のミニマフィン作り。こぼさないように、マフィンカップに慎重〜〜〜に生地を流し入れていくムスメ。ハハよりも断然ていねい!(しかし、とてもノンビリ)焼け具合をじっと見守り続ける。完成。きれいに焼けました!ひと口サイズのミニマフィン型は、いくつかの味を食べたいときなど大人にとってもちょうどよいサイズ感。この日は、なかしましほさんの本から、バナナマフ [続きを読む]
  • すり鉢ワークショップ@阪神百貨店
  • 阪神百貨店梅田本店で、11月22日から開催される初の催し「台所マルシェ」に、『野菜たっぷり すり鉢料理』の著者・宮本しばにさんも登場予定です。◎イベント詳細https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/kitchen/event.html/?from=625日(土)午後12時30分〜のすり鉢ワークショップは、早々に満席となってしまいましたが。当日はデパート開店から14時半頃までしばにさん自ら店頭に立たれるとのことなので、関西方面の方々、 [続きを読む]
  • すり鉢生活
  • 『野菜たっぷり すり鉢料理』(アノニマ・スタジオ)の発刊から早1年。著者の宮本しばにさんのレシピととセットで、すり鉢は、わが家の日々の料理にすっかり欠かせないものになりました。すり鉢の中で材料を擦り合わせ、そこにだし汁を流し入れるだけで完成する、うどんのつけ麺。ささっと作れるので、仕事で慌ただしい平日ランチにもぴったりだし、何よりもシンプルな美味しさが絶妙すぎて……!焼きネギとレモン、ごま油の香り [続きを読む]
  • 七五三(7歳)
  • ムスメの七五三詣りへ。予約していた近所の写真スタジオで、ビシッと着付けてもらい頭も日本髪に結い上げていただきおすましして撮影に臨む。着物と帯は、私が7歳の頃に着たもの。当時の私よりも、ムスメのほうがずいぶん身長が高いのですが、世代を超えて受け継いでいける着物って日本のありがたい文化だなあと、改めて思います。同じスタジオで、3歳の七五三に写してもらった写真がこちら。この晴れ着も、◯十年前に私、さらに [続きを読む]
  • 「平野甲賀と晶文社展」
  • 京都dddギャラリーで開催されている「平野甲賀と晶文社展」へ。撮影はご自由に、とのことだったので、後学のために色々と撮らせてもらいました。作品たちがずらり。日本を代表する装丁家&ブックデザイナーである平野さんが手がけた装丁作品のうち、晶文社の本だけで圧倒的な作品数!600冊が展示されていましたが、これでも全作品ではないのだとか。「遠」「近」の文字が語り出す。平野甲賀さんといえば、私のなかでは、この「子ど [続きを読む]
  • 山下景子さんの本
  • 2年前に編集制作をお手伝いさせていただいた、山下景子さんの本『手紙のそえる季節の言葉365日』が、この秋4刷目に。書店以外にも、文房専門店や雑貨店のレターコーナーで、グッズと一緒に置いていただいているのを、ちらほら見かけます。4年前に制作したこちらは、5刷目に。どちらも長く愛読していただけているようで嬉しいかぎりです。 [続きを読む]
  • その後の『おいしく たべる』
  • 9月のアタマに刊行された『おいしく たべる』。各方面からじわじわと評価のお声をいただいています。◎京都の個性派本屋さん「ホホホ座」<本日の気になる入荷>②『おいしくたべる』松本仲子(監修),加藤休ミ(画),得地直美(画),朝日新聞出版(編) 今までなかった子どものための実用書。シリーズ第1弾は「食べる」ことをテーマになぜ食べ物をおいしく感じるのかなど、いろいろな疑問を親子で楽しく考える思想書 pic.twitt [続きを読む]
  • こどものための実用シリーズ『おいしく たべる』
  • 『おいしくたべる』監修・松本仲子(朝日新聞出版)ここ2年ほど取り組んできた、毬藻舎企画の子ども向け書籍。「こどものための実用シリーズ」の第一弾、『おいしく たべる』(監修・松本仲子)が朝日新聞出版より、9月7日に刊行となりました!子どもにも、おとなにも、「おいしい」の原点に触れてもらえたら、という思いから生まれた本。家庭科や食育といった枠組みからは少しはなれ、「たべる」から広がる、自由で豊かな世界の [続きを読む]
  • 夏のおもいで〜宿題
  • はじめての夏休みの宿題に挑む。宿題のなかでも大物の自由研究は、「しかけ絵本をつくりたい!」とムスメ自ら早々に決めていました。が、結局着手したのは、夏休みが終わる4日前で…。(親ものんびりしていました; )仕事場に眠っていた用紙ストック(本の装丁用などの見本として送られてきたもの)を慌ててかき集め、いざスタート!始めてみると、 ”夏休みの終わり”というリミットがムスメ的にはまったく気にならないようすで [続きを読む]
  • 夏のおもいで〜旅行②
  • すこし足をのばして、志摩の離島にも行きました。鳥羽から出ているフェリーに揺られ、三島由紀夫の『潮騒』の舞台にもなったという神島へ。数時間の滞在でしたが、のんびり島時間を過ごしました。宿泊は、畔蛸(あだこ)という漁港にある民宿。窓から見えた、タコの絵がかわいらしい。夏の太平洋をたっぷり満喫できた旅でした。---(おまけ)今回の旅では、ペットホテルに預けられていたワンコ。戻ってきたら甘えん坊化していて、 [続きを読む]
  • 夏のおもいで〜旅行①
  • ムスメの夏休み期間中は、学童保育にお世話になりました。ドッジボール大会に、流しそうめん、駄菓子屋さんごっことイベント三昧で、飽きることなく毎日を過ごせたようす。ありがたいことです。しかしお盆休みがしっかり1週間程あるのが、保育所時代とちがうところ。ここ数年、オトナの夏休みは夏の間にとらずにいたけれど、娘に合わせて、今年は束の間の小休憩をすることに。初の三重県・志摩に2泊3日の旅行。まずはムスメご所 [続きを読む]
  • バイオリン発表会
  • 本番2週間まえ。ビアノ伴奏をしてくださる先生のお宅へ、意気揚々と。あっバッグが引っかかった…!(注:わざとです。)この日のビアノ伴奏付きレッスンで、気持ちよく弾けたことと、周りからも褒められたことにすっかり満足した様子だったムスメ。驚くべきことに、その後本番までの2週間、さっぱり練習をしなくなりました。促しても気乗りしない様子で、唯一、2度あったレッスン日だけ楽器に触れるという…。見るからに練習不 [続きを読む]
  • 梅しごと
  • いつも野菜を宅配してもらっている">坂ノ途中さんから、美味しそうな無農薬梅が入手できたので。夏のはじまりに、久しぶりの梅しごとを。梅ジュース(左)と梅ビネガー(右)を少量ずつ。お砂糖は、マスコバト糖という黒砂糖を使ってみました。見た目は濃いけれど味はさっぱり爽やか。梅味噌にも初挑戦。味噌にほんのり梅の風味がうつって、おむすびなどに合うおかず味噌としても、オリーブオイルと合わせてドレッシングにもぴった [続きを読む]
  • 水無月
  • つぼ庭の網戸に、涼しげな来訪者が。まるで影絵のような。上半期が終わろうとしている現実にハッとして「水無月」を買い求め、無病息災を祈念する。ことしは近所の和菓子屋さんのもの。下鴨神社門前の甘味やさんには、かき氷がお目見え。舌涼みに、この夏もたびたびお世話になります。 [続きを読む]
  • 一年生
  • この春は、休日のたびに鴨川へ。気がつけば、京都の観光スポットに出歩くことが滅多にないわが家。。。なんだかんだで、近所の鴨川が一番のお気に入りスポット(&出没頻度が高い)かも!ということに、先日ハタと気がつきました。行けば必ずお友達のだれかに会える、というのもムスメにとっては好きな理由。大人も、空+川+山の清々しい景色のなか、心地よく過ごせます(ときにはビール片手に)。ムスメは、この春から小学生に。 [続きを読む]
  • 『オトナ女子の気くばり帳』
  • 『オトナ女子の気くばり帳』(サンクチュアリ出版)編集のお手伝いをさせていただきました、『オトナ女子の気くばり帳』が先日、発刊されました。「ルールにしばられない生き方」「マナーどおりが正しいとは限らない」を合言葉に、従来のマナー本と目線を変えて、相手も、自分も、うれしくなれるような気くばりのアイデアを紹介しています。イラストは一冊丸ごとマスコエリさんによる描き下ろし。ちょっぴりレトロな表紙のオトナ女 [続きを読む]
  • 大相撲
  • 相撲ファンの友人が主宰するツアーに混ぜてもらい、初めての大相撲観戦へ(大阪場所)。写真は新横綱の稀勢の里、登場のシーン。客席は盛り上がる、盛り上がる。升席でビール片手に行楽気分。お相撲奉行(友人)の絶妙な解説を聞きながらの、贅沢なひとときでした♪ [続きを読む]
  • 今年も冷え冷えだった京都の冬が去り、ようやく春。放置していたブログを、もぞもぞと再始動しようと思います。長かった保育所生活も、あと少しでおわり。小学生になる日を、指折り数えて待望んでいるムスメです。いつも全力で”いまを生きてる!”感じだったムスメが、年長さんになって、少し先のことを楽しみにしたり、そのための準備をしたりと、”未来”を思考するようになり。人間らしく成長しているんだなあと、日々感じてい [続きを読む]
  • 新刊イベントのお知らせ
  • そしてさっそくですが、今週末の10月9日(日)、ザ・コンランショップ・キッチン(渋谷ヒカリエ内)にて、新刊『野菜たっぷり すり鉢料理』のイベント&先行販売が行われます。13時〜と15時〜の2回、すり鉢料理の試食付きで参加無料。本当に多くの人に見て、香って、味わっていただきたい!関東方面の方、完成ほやほやの新刊と、宮本しばにさん、そして働き者のすり鉢たちに、ぜひぜひ会いに来てください〜!(私もお手伝いで参加 [続きを読む]
  • 『野菜たっぷり すり鉢料理』
  • http://www.anonima-studio.com/books/recipes/suribachi/アノニマ・スタジオから来週発売となる宮本しばにさんの料理本、『野菜たっぷり すり鉢料理』。企画と編集を担当させていただきまして、発売前ですが、Amazon等で予約開始しているのでちょこっと(と言いつつ長文です)ご紹介。*宮本しばにさんは、長野の静かな高原に暮らす料理研究家さん。手に入りやすい身近な材料を使って、ふつうの人がふつうの台所で再現できる、で [続きを読む]
  • みたらし祭り
  • 今年も下鴨神社のみたらし祭り、足つけ神事へ。痛いほど冷たい水に浸かり、無病息災を願う行事。期間中は毎朝5:30から行われているそうで、いつか平日早朝に行って心静かに浸かってみたい…(と毎年思っていますがまだ実現せず)。鳥居そばの「さるや」のかき氷で、お腹の中からも涼しく。そして休日は、ムスメの発案で、家でも足つけ神事ごっこを。牛乳パックに水を入れて凍らせた氷柱をたらいに浮かべてみると、足つけ神事並 [続きを読む]
  • 祇園祭り
  • 京都に来てすぐの年に一度行って以来、ずっと足が遠のいていた祇園祭。当時2歳のムスメ連れで(→☆当時の投稿)、あまりの人出に圧倒され、子連れで行くと早々に退散せねば……と躊躇し続けていたのですが、気がつけばムスメも、もう6歳。ひょっとして、すでに色々と大丈夫な年頃なのかも!?と突然気が付いた今年、ついに宵山でリベンジを果たすことに。人気の月鉾に遭遇して、「あ、あれーー!」と叫ぶムスメ。保育所の絵本で [続きを読む]