Pearlマダム&ムシュウ さん プロフィール

  •  
Pearlマダム&ムシュウさん: 真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ハンドル名Pearlマダム&ムシュウ さん
ブログタイトル真珠の戯れ言〜福岡のヨーロッパ古着屋Pearl〜
ブログURLhttp://pearlantique.blog28.fc2.com/
サイト紹介文福岡に御座います、フランス中心のヨーロッパヴィンテージ・アンティークショップ Pearl(パール)です
自由文1920〜1940年代をこよなく愛してやまない私達ですが、古くは1800年代後半より新しくは1970年代のお品まで『時代の香りや空気感を漂わせるもの』を皆様にご提供できたら、と考えてまいりました。フランスを中心に直接買付けて御座います。メンズでは20〜40年代中心の紳士スタイルからワークまで、レディースでは〜50年代のクラシカルなスタイルに力を入れております。




参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/04/25 18:52

Pearlマダム&ムシュウ さんのブログ記事

  • 初夏の巴里便り
  • そろそろ、梅雨も終盤・・・全国の皆様は 如何お過ごしでせふか☆    ★    ☆   ★    ☆    ★6月はじめより半月ほどかけ 当方の髭男爵がフランスへ洋行・・・その際に買い付けて参りました品々の第一弾が  6月24日(日)より 店頭を飾る予定で御座いますお出掛けの際は 雨の止み間にでもふらりとのぞいて下さいませ・・・◆入れ替え準備の為23日(土)は店休日とさせて頂きます◆初夏を迎えた巴里より、さ [続きを読む]
  • 色彩の渦
  • あっという間に梅雨も本番、台風さえ顔をのぞかせております少し前に告知させて頂いたインスタグラムをぼちぼちと更新しているこの頃・・・わたくし個人ではネット上に発信したことがなく、店のfacebookとも連動させていないので、これまた 蛍のともし火のやふに じんわ〜りと活動し始めたワケでございますブログやWEB SHOPでご紹介しきれないものたちにもふれておりますが、アカウントの探し方がわからない、とのお声を頂きました [続きを読む]
  • 今だからこそ・・・
  • 目には青葉、時には芸術を・・・ということで、 ミュシャ展 〜運命の女たち〜 に滑り込んで参りました言わずと知れた”アール・ヌーヴォーの旗手”、 アルフォンス・ミュシャ・・・チェコ出身の彼を取り巻いた、女性模様を絡ませながらの興味深い展示〜運命の女〜と題した告知からか、殿方の来場者も多いのが印象的でアリマシタしかし、改めて感じますのは ミュシャが描いた芸術作品と呼べるものの多くが、当時の高級デパートメ [続きを読む]
  • 麦わら、恋しや
  • 博多どんたくも今年は珍しく晴天に恵まれた、黄金週間・・・ご旅行で来られたいちげんさん方も、今年は既に初夏の装いでありました◇     ◆     ◇     ◆     ◇ こう早く夏の陽気では、そろそろ出番となってくるのが「麦わら帽」たち・・・今でこそ、所謂「麦わら帽」等は普段使い帽子の最たるもの、といった位置づけになっておりますが、おおよそ1950年代頃までは 上質なものは男女共に夏の正装にも着用可能であ [続きを読む]
  • 虫いづる頃
  • 世間では、今年も黄金週間がやってくる模様・・・商売柄、縁遠い大型連休ではありますが 皆様は如何お過ごしになるのでせふか◇     ◆     ◇     ◆     ◇     ◆例年より早くつつじも見頃を迎え、日差しきらめく新緑の中・・・ 虫たちもいきいきと動き出しております夏の季語でもある虫と申せば、言わずと知れた「蝉」いにしえより、我が国では短き命ゆえ ”儚さ”の象徴と言われる蝉でありますが [続きを読む]
  • 時代の異端児
  • 四月とは思えぬ時期外れの高温に、四季が二季になったかと驚くこの頃・・・日が昇るのが早く目が覚めるので、NHK朝の連続テレビ小説が見られる季節でもあります流れてくるのは、懐かしいわたくしのお国言葉、、、そして、ほぼ同年代の主人公達が生きる バブル期のトンだ社会現象に思わずクスリソバージュにDCブランド、紫のビッグショルダーダブルスーツにミラーボール・・・もっとも、当時は思春期であったゆえ 幸か不幸か・・・バブルの [続きを読む]
  • はじめまして、ハジメマシタ
  • ≪皆様へ≫先日、エイプリルフールにて告知しておりましたが、このたび インスタグラムを始めました・・・アカウントは、   madam.pearl   でありますここのところ時折綴っている メイクアップやその撮影風景についてであったり、衣装にいかがでしょう?といったような、ブログではご紹介しきれない品であったり・・・パールの女将名義にて、ぼちぼちとのんびり更新していけたら、と思っております当ブログという名の"戯れ言 [続きを読む]
  • いつか輝いて
  • 花散らしの雨・・・  嵐の日本列島となった今日、ソメイヨシノは散れど、じきに大好きな八重桜の季節がやってきます◇     ◆     ◇     ◆     ◇     ◆一昨日、昨年末の Be-STAFFフォトコンテストの副賞である、山口啓ゼネラルプロデューサーによる、撮影一回目に挑んでまいりましたフォトコン受賞時と同じモデルさんにて、色と柄の洪水であった前作とは違った・・・モノクロームなムウドの中、パリ [続きを読む]
  • 嘘か真か
  • わが国では年度はじめ、どことなく気持ちも一新する4月1日・・・ ”エイプリルフール”、些細ないたずらや可愛らしい嘘が許される日として世界に広く認知されておりますが、フランスでは”Poisson 'Avril(ポワソン ダヴリル:四月の魚)”として、親しまれる日でもあります☆      ★      ☆      ★     ☆なにゆへに「四月」と「魚」が結びつくのか、以前も触れたことが御座いましたが、魚とは利口でない [続きを読む]
  • 異形の美 〜被写体篇〜
  • 季節外れの寒波も過ぎ去り、今週末は桜も見頃とか・・・卒業に入学と、色々な意味でも つぼみが花開くころであります◇      ◆     ◇     ◆     ◇     ◆先だって、触れましたように 約二年 ギュッと凝縮すると一年余りで駆け抜け・・・メイクアップの学校過程を、一旦卒業致しました卒業前に撮影したのが、下の作品ですインスタグラムなどをしていないわたくしの被写体探しは、もっぱら一目惚れ [続きを読む]
  • 異形の美 〜その弐〜
  • 早咲きの桜もチラホラ、なんだか、突然春を追い越して初夏がやってきた といった今日この頃◇     ◆     ◇     ◆     ◇     ◆私事ながら、今週半ばに卒業試験を経て メイクの学校を無事卒業致しましたとはいへ、技術はまだまだまだ・・・ といった具合ですので、籍をしばらくは置きつつ、メイクの勉強をコツコツと続けて参りたいと思いますさて、今宵は「異形の美 〜その弐〜」と題し、お送り致しま [続きを読む]
  • 異形の美 〜その壱〜
  • 春の嵐が去ったあとは、花粉地獄・・・これもまあ、もはや現代の風物詩的なものでせふか◇     ◆    ◇     ◆     ◇昨日、第90回アカデミー賞の発表と共に吉報が飛び込んで参りました「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」にて、特殊メイクを担当した辻一弘氏が、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を初受賞したとのこと!緻密な作業を得意とする日本人は、SFなどの特殊メイク界では引っ [続きを読む]
  • 龍と猫
  • 先日、春一番の吹いたここ博多の地・・・もうすぐそこまで、芽吹く季節がやってきております◇     ◆     ◇     ◆     ◇    ◆ 連日の、冬季五輪メダルラッシュに沸く日本列島でありますが、感動に涙腺ゆるむ紳士を横に、異国の選手の衣装もつい気になるわたくしさて、異国趣味というものは、いつの時代も人々を魅了するもののようで、ことに欧米の人々が憧れ、思い描く東洋は 実際より随分桃源郷じ [続きを読む]
  • 黒の狂騒 〜その弐〜
  • 欧州に記録的低温をもたらした大寒波の、影響未だ冷めやらぬ日本列島・・・とはいへ、暦は早いもので二月に入り 早くも春に向けて気もそぞろここ最近 亜細亜圏のお客様が急増した、と前回の「戯れ言」にて触れましたが、同様に増えてきたのが 美容や撮影に携わる職業のお客様によるリース要請出来たら衣装もこだわりたいが、一度きりの撮影の為に毎度購入するのは・・・というお声の一方、ヘアメイクは勿論、衣装ディテールで作品の質 [続きを読む]
  • 黒の狂騒 〜その壱〜
  • 相変わらず、小雪のちらつく厳寒の日々が続く博多の地・・・そんな中、ここ半年ほどで目に見えて増えたのが、香港・台湾・韓国・中国といった、亜細亜圏からのお客様たちでありまして、スマホ片手に 辺鄙な場所の弊店まで探して来られます近年は、我が国以外に 亜細亜でも”ヴィンテージ”に付加価値を見出す傾向が見られ、皆様冷やかしではなく、欧米の古きものを真剣に手にとり 出逢いを愉しんでおられるご様子当方も、小さいな [続きを読む]
  • 「熟」
  • 寒風吹きすさび、首都機能が麻痺した昨日の大雪・・・明日からは九州でも、冷凍庫の中のやふな日々がやってきます※     ※     ※     ※     ※     ※三月にて、美容学校一旦卒業を前に 一足早くわたくしに春の訪れのやふな便りが届きました私事のご報告で誠に恐縮ですが、昨年末に応募していたフォトコンテスにて、七部門のうち六部門で三位以内、二部門で一位獲得という、夢のような結果を頂戴しま [続きを読む]
  • 薔薇三様
  • 珍しく暖かかった年末年始も、成人の日を過ぎまして途端に吹雪の日本海側であります◇     ◆     ◇     ◆     ◇     ◆本年は、帰省せずゆっくりと年越しした代わりに、成人式を迎えるお嬢様方のメイクの現場に入らせて頂きましたお化粧慣れしていない あどけなさの残る晴れの表情の数々を思い出すと、お着物レンタル詐欺の報道がなんとも腹立たしいやら!お支度の早い方は、数年先から晴れ着を準備 [続きを読む]
  • 年始のご挨拶
  • 新年あけましてお目出度ふ御座います・・・本年も 皆様のご健康とご多幸を、お祈り申し上げますお客様各位におきましては 変わらぬご愛顧を賜れましたならば 誠に幸いに存じます麗らかな陽気の年明けを迎えた日本列島・・・ 弊店は本日4日より、商い始めであります日頃ご贔屓を賜っている皆様、またこれから出逢う方々とのご縁に感謝し 戌(いぬ)の如く 忠実に一歩ずつ進める年になることを願いつつ・・・ 本年も、どうぞ宜しく [続きを読む]
  • Bonne Annee!
  • 聖夜も終わり、突然年の瀬らしく変貌する街角・・・もういくつ寝ると、、、  皆様にとって、本年は如何なる年でありましたかさて、ここで皆様に 年末年始の営業についてのご案内で御座います・・・12/31(日)〜1/3(水) お休み1/4(木)より、通常営業となります本年は、通年より少しだけ早めに年始の店開きをすることとなりました駆け足で過ぎ行くご多忙の折かと存じますが、帰省の際など どうぞお立ち寄り下さいマセ パールHPへよ [続きを読む]
  • 襟元の洒落心
  • 鈴の音鳴り響く街、敬愛する道化師姿に身を包み 一足早いクリスマス会へ・・・時折、パーティー帰りかしらといった装いの方々ともすれ違う今時期非日常のよそ行き着に、別人になったやふな鏡の中の自分に気付いたり◇     ◆     ◇     ◆     ◇     ◆昨年、突如世界を席巻した 内戦続くコンゴ共和国のお洒落紳士集団:SAPEUR(サプール)信念に基づいた彼らの装いを通してのメッセージは、もはや生き [続きを読む]
  • 「挑」
  • 週明けて、先日嬉しい知らせが飛び込んで参りました・・・美容学校のコレクション予選大会で、アイコン:ココ・シャネルを演じて下さった、プロモデルの紗江さんが、本年度 ミスユニバース福岡大会 の見事グランプリに!!一度目の挑戦ののちはミスユニバース大会の後方サポートを続けての再挑戦、福岡から東京、そして世界へ・・・ 目標実現のため、今すべきことを逆算して日々精一杯取り組まれていたお姿、若き野心に燃えるマド [続きを読む]
  • 紳士の生態学
  • 窓の外の雪を見つつ、ウキウキはしゃぐ紳士と 猫のやふに丸くなるワタクシ・・・ どうしてこうも生態が異なるのか、不思議でなりません※     ※     ※     ※     ※    ※生態と申せば、お買い物の価値基準も殿方とご婦人では随分と異なるやふで・・・以前も綴りましたが、大概殿方は探しものが明確なことが多い一方、行き当たりばったり 素敵!と思う物を突然ご購入されるご婦人をよくお見かけしますなお [続きを読む]
  • オーラをまとって
  • 初雪を迎えた博多の地・・・ぽっぽと振る景色は見られませんで、寒いは苦手ながらも本州育ちとしては懐かしくも※      ※      ※      ※      ※街行く人の後姿は右も左も肩をすぼめうつむいて小股歩き・・・そんな中、百貨店で見かけた目の醒めるやふな青のコートに銀短髪のマダム、シャンと背筋を伸ばし 靴に至るまでの青の濃淡グラデーション、、、人に見られている、といふ美意識の大切さ、見知らぬ他人 [続きを読む]