コビト さん プロフィール

  •  
コビトさん: 人間もどきの世界観
ハンドル名コビト さん
ブログタイトル人間もどきの世界観
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tksyawhbh37
サイト紹介文小太りの父ちゃん坊やですが、捨て身の戦法で生きています。無責任な遊び人の後始末はしないのがモットー。
自由文このブログの記事は、主に自己認識の結果なので、かなり本人の内面に踏み込んだ内容となっていますが、みなさんには反面教師として参考にしてもらえれば、それで結構です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供453回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2010/04/29 13:41

コビト さんのブログ記事

  • 身体によって生まれる目の錯覚
  • すごくおもしろいので松田雄馬著『人工知能はなぜ椅子に座れないのか――情報化社会における「知」と「生命」』から一部抜粋。P.125身体によって生まれる目の錯覚目の錯覚、すなわち錯視が起こるということは、単に私たちの脳が「騙されている」というだけではありません。錯視は、私たちが「主観的」に世界を認識している結果として生じるものであり、私たちが、能動的に世界と関わり、能動的に世界を認識しようとする結果として [続きを読む]
  • 身体によって生まれる目の錯覚
  • すごくおもしろいので松田雄馬著『人工知能はなぜ椅子に座れないのか――情報化社会における「知」と「生命」』から抜粋。P.125身体によって生まれる目の錯覚目の錯覚、すなわち錯視が起こるということは、単に私たちの脳が「騙されている」というだけではありません。錯視は、私たちが「主観的」に世界を認識している結果として生じるものであり、私たちが、能動的に世界と関わり、能動的に世界を認識しようとする結果として生じ [続きを読む]
  • ゴンドラ猫
  • 松田雄馬著『人工知能はなぜ椅子に座れないのか――情報化社会における「知」と「生命」』から一部抜粋。P.122世界を認識する上での身体の役割世界の「動き」を見る「運動視」について考えていくと、私たちは、単に目で世界を見ているのではなく、どうも、身体そのものを使って、世界を見ているのではないかということに気づきます。それを裏付ける実験が、一九六〇年代にアメリカで行われました。一九六三年、アメリカで、二匹の [続きを読む]
  • 魔の三日間を乗り切る
  • 特弁が50個入るという魔の三日間を乗り切りました。みんなよくがんばったね。今朝からずっと頭が薄ら痛かったのですが、頭痛薬を飲んだら治りました。これからマーちゃんと寿司を食いに行きます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ガードと欲求
  • ガードを固めすぎると欲求できなくなる。相手ではなく自分が。防御的になるのはベースに他者に対する不信感と恐怖心があるからだろう。しかし、実際、そうすると外部からの悪い刺激は防げるが、善い刺激も防いでしまい、だんだん内部が澱んでくる。だから、生きづらくなる。親がそういう子にできることといえば、まずは安心して心を休められる場を作ってあげることだろう。居場所と関わりは相補的なのでどちらも大切だ。それから失 [続きを読む]
  • みんなちがって、みんなダメ
  • 中田考著『みんなちがって、みんなダメ 身の程を知る劇薬人生論』読了。著者はイスラーム法学者なので、イスラーム的な物事の捉え方で日本人を批判しているのだが、すごくおもしろかった。まえがき抜粋。人が知るべきことは「自分が何をしたいのか」、そして「自分には何ができるのか」の二つしかありません。ほとんどの人は本当に自分がしたいことに気づいておらず、また自分に本当はできることをできないと信じ込んでおり、逆 [続きを読む]
  • 疲労感と疲労は別物らしい
  • 最近読んだ本に書いてあったのだけど、疲労感と疲労は別物らしい。例えば、お風呂に入ると脳内ではドーパミンが出て疲労感が取れたような気がするけど、実際はそうでもないらしい。統合失調症になりやすくさせるドーパミンは快楽物質なのでそんなふうになるようだが、みなさんもご注意を。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「ありがとう」と言われたい
  • 仕事について「すごい」と言われるより「ありがとう」と言われる方がうれしい。その一言でがんばれる。なので「ありがとう」と言われたい。そう言ってもらえるよう努力したい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • “AI”は正しい、だから間違える。
  • “AI”は正しい、だから間違える。帯にこう書いてあるので興味を惹かれ購入しました。松田雄馬著『人工知能はなぜ椅子に座れないのかーー情報化社会における「知」と「生命」』。第一章の途中まで読みましたが、なかなか面白いです。これによってさらに人間理解が深まればよいのだが。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 無理のない減量計画
  • とりあえず体重を75キロにします。「ためしてガッテン」によると肥満の一番の原因は脂肪肝らしいのですが、僕の場合、2キロ落とせば、いろんな数値の改善が期待されるそうなので。方法は食事の量を3分の2に減らすだけでよいそうです。これなら運動嫌いの僕にもできそうです。因みに今朝の体重は76.2キロでした。心なしか体が軽いです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 精神崩壊
  • 精神崩壊。一度も壊れたことのない者はそれを理解できない。また最初から壊れている者もそれを理解できない。最初は壊れてなくて途中から壊れた者だけがそれを理解しうる。その差が分かるからだ。ただそれも昔の記憶を失ってなければの話だが。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 金玉握りつぶすぞ
  • 金玉握りつぶすぞ。おう、やれるものならやってみろ。こう言い合って居間で対峙する母と僕。それにしてもこれが77歳の母親と53歳の息子が話す内容でしょうか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • バカには批判ができない
  • バカには批判ができない。せいぜい悪口を言うだけ。これらの違いが分かってないのだ。そんなことでは大人になってから苦労するよ(普通こんな奴と付き合いたくねーもん)。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 共産主義社会はユートピアにはならない
  • 仮にマルクス主義は科学だと認めてもそれを信じる人は感情的なのよね。みんなの幸せを目指すという動機は良いのだが、完全な平等などあり得ない以上、共産主義社会はユートピアにはならないだろうね。人は相も変わらず不平不満(何であいつの彼女は美人なんだ!)から自由にはなれないだろう。そうすると今度はエゴを捨てろとか言いだして不自然極まりない社会(禁欲かさもなければフリーセックス奨励か)になる。だが、そこには何 [続きを読む]