コウジュン さん プロフィール

  •  
コウジュンさん: 善住寺☆コウジュンのポジティブログ☆
ハンドル名コウジュン さん
ブログタイトル善住寺☆コウジュンのポジティブログ☆
ブログURLhttps://ameblo.jp/anzac76/
サイト紹介文夢千代の里新温泉町の善住寺。大自然に囲まれた癒しのお寺。御祈祷水子供養、寺子屋など子供との触れ合いも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/04/30 10:57

コウジュン さんのブログ記事

  • 8回目の結婚記念日。青銅婚式を祝いました。
  • 8年前の今日、結婚式をあげました。(投稿をポチる直前て寝落ちしてたので日付が変わっちゃってますけど。)  2009年10月4日。あの日の夜はとても美しい満月でした。そして同じ日付の今夜、再び満月に巡り会えました。なんだかとても不思議な気分です。  8年前、当初は11月1日の結婚式を予定していました。 同じ頃に結婚するという同級生と被りそうな大安の日付を調整して、決めたのでした。  その同級生からは「あー、その日 [続きを読む]
  • いのちの温もり
  •  ひゃっ!そのあまりの冷たさに、僕の心臓は鷲掴みにされたみたいに縮み上がった。  温かいはずの肉体の残像のせいかな。それともドライアイスで保存しているせいかな。  とにかく、死体ってこんなに冷たかったんだ。そう改めて思い知らされた。  久しぶりだった。最近ではほとんどが入棺後に伺うので、布団に寝かされた姿に出会うことはなかなかない。  顔にかけられた白布をはぐると、痩せ細っていない肉感あふれる頬と、穏 [続きを読む]
  • 思いもよらないご褒美みたいな一日。
  •  運動会延期の連絡。朝4時半からお弁当作りしていた妻は、バタッと崩れおちる。  だよね〜。。。ってことで午前中の檀務を終え、午後からお弁当を持ってお出掛け。  それにしても、運動会がお彼岸に伸びてしもた。うーん。。。 お彼岸のお参りが父さんに頼めるかな〜?行きたかった仲間が主催の講演会もその日だしどうしよう。  とか思ってたけど、やっぱりこれが最善なんかな。今月唯一の、みんな揃って出かけるチャンスにな [続きを読む]
  • 新温泉町ひより塾 総まとめ (永久保存版)
  • 【新温泉町ひより塾 総まとめ】  4月26日のプレ講座と、6月21日から9月5日までの全12回に渡る一年間講座のレポートをまとめてみました。 どうかこれを見て復習していただければと思います各月のURLを してお読みください。 ? プレ講座 4月26日(火)「和の心講習会」〈レポート〉 https://ameblo.jp/anzac76/entry-12154485607.html ? 第一回  6月21日(火)「礼儀作法とは」〈レポート〉 https://ameblo.jp/a [続きを読む]
  • 森日和名言集
  •  森日和先生の名言を集めました。みなさま、どうぞお楽しみください。 ●ま〜無理ですね・・・   (ノリノリで脱線気味になってきた自分に)  「今日必要なことしかしゃべっちゃダメよ、わたし。」   ●まず自分を知りましょう   (私は普通で変じゃないと言い張る久保さんに対して)  「久保さん、ほんとに自分を知るって大切なことですよね。」 ●二時間はきつい   (献血に対するこだわりを語って)  「わたくし [続きを読む]
  • ひより塾一年間講座『最終回長月』
  • 【日和納め】ひより塾の最終回を終えました。  一年間あっという間でした。日和先生のほんわかした性格とキラキラとした笑顔に魅了された「新温泉町ひより塾」でしたね。  集まったメンバーの作り上げる雰囲気も楽しくて、日和先生にとっても、「素の自分が出せる場所」と言ってくださるほどのアットホームで笑いの絶えないものに、回を重ねるごとになっていきました。  あー、ついにひより塾が終わるんだな〜と思うと、とても [続きを読む]
  • 三女からの手紙
  •  三女からの手紙。めっちゃ真剣に書いてる。   宇宙語かな。。。2枚とも上の五行と下の五行では文字の複雑さが違うな〜って思った。  下から三行目に最高難度の文字をぶっ込むらしい。ここがクライマックスかな(笑) [続きを読む]
  • 夏の思い出(5) 「会いたい人に会うこと」
  •  家族旅行最終日。午後の部。  妻と二人きりでバーに行くという夢を叶え、子供達と遊園地を満喫し、呼ばれたと実感した霊地を踏みしめ、盛りだくさんだった鈴鹿の旅。 このまま帰ったとしても、もう思い残すことはなかったのかもしれない。  だけど三重県に行くということで、僕の中にこの旅が始まる前から気にかけていたことがあった。 あの人の住んでいるところと近いんじゃないだろうか。声かけてみようか。 だけどこちら [続きを読む]
  • 夏の思い出(4) 「パートナーシップの霊地である椿大神社に呼ばれる!」
  •  家族旅行最終日。  どこか「呼ばれる場所」ってやつに行きたいって思ってたんだけど、前日に妻が伊勢の鳥居が夢に出てきたっていうんだよね。 それで僕がちょっと気になっていた椿大神社をスマホで調べてみると、壮大な力をもつ伊勢国の一の宮であるということだった。  だから、今日も帰るギリギリまで遊園地にいたいという子供達の意見を却下して、椿大神社に行ってきたよ。  そしてここはもう僕にとってこれ以上の意味付 [続きを読む]
  • 夏の思い出(3) 「鈴鹿サーキットモートピアで子孝行」
  •  鈴鹿サーキットモートピア。子供達は喜んでくれた。  僕も楽しかったな〜。なにがって子供達の無邪気な笑顔を見てると嬉しくなる。  資源回収の関係でずらした日程。そのおかげで、次女の熱も下がり、三女の熱も下がって、今回行くことができた。  まー三女はちょっとこの旅行中にぶり返しちゃったんだけど、それでもまたすぐに下がり、元気に戻った。  最善のタイミングだったんだな〜って思うよ。お葬式も入らなかったしね [続きを読む]
  • 夏の思い出(2) 「二人きりの時間を過ごす」
  •  ようやく念願が叶ったよ。  結婚して子供ができて以来二人でバーに行くこともなく、お互いに行きたいねって話してた。 二人ともその雰囲気が好きで結婚前にはいろんなお洒落なバーを探して一緒に行ってたから。  去年の11月末の出雲でのパートナーシップのお話会の宿泊の時、条件を満たしたホテルでようやくに願いを叶えれるってはしゃいでいたら、「現在バーは廃止してます」ってホテルスタッフの方に言われて、ガックリって [続きを読む]
  • PTAの資源回収で感じたこと
  •  今日は朝から資源回収だったよ。  え?お写経の行事はどうしたの?そう思うよね?  実はうちの地区にはうちしか小学校世帯はなく、行事の日だけど夫婦のどちらかが参加せざるをえない状況なんだ。  それで両親に相談したところ、満場一致で「お前はいなくても別にいい」ということで、僕が参加することに。 妻は茶粥と煮物のお接待に必要なのだそう。  本音をいえばこの資源回収には、複雑な想いが渦巻いてた。  うちは寺 [続きを読む]
  • 精霊送り
  • 今日は早朝に精霊送り。 近年枯れがちな裏の川に、今年は水がたくさん。 激しい川の音が、けたたましい蝉の声が、なぜかうるさくなくって、とても心地よく耳から心に収まっていく、そんな感じがした。 癒されるな〜。冷んやりとしていて気持ちいいな〜。  いつもはない場所に滝ができていて、なんだかこの場所が神々しかった。  これで、とりあえずお盆の行事も滞りなく終了。ホッとひと息。 あとは寺っ子体験スクール!もうち [続きを読む]
  • 寺っ子体験スクール2017 レポート (後編)
  • 8月21日(月) 朝6時起床。二日目のスタート。 起きたらまず布団を片付けます。 お〜い、起きろ〜!  洗面台の前で、まだぼ〜っとしてます。  さ〜ラジオ体操だ。元気出していくぞ〜!   おなか減ったという声もある中、先に朝のおつとめです。  6:45 入堂の鐘を鳴らします。3回目の読経・瞑想です。 すがすがしい空気の中のおつとめです。もっとも気持ちよくなる時なのだと感じます。  瞑想は、よく寝た子はスッ [続きを読む]
  • 寺っ子体験スクール2017 レポート (前編)
  •  今年の寺っ子体験スクールは、申し込みが減り、なおかつキャンセルも相次ぎ、23名という人数で行うこととなりました。  近年あっという間に定員40名を越えるお申し込みで溢れていたので、少し寂しい気持ちにもなりましたが、とはいえその分全ての行程がバタバタせず、余裕をもってこなすことができるというメリットもありました。  今年のテーマは「人のせいから自分次第へ」ということです。修了式の贈る言葉でもお話ししまし [続きを読む]
  • お盆の物語2
  •  人のほとんどいないこの地域にも、それぞれの家の前に2、3台の車が止まっていて、笑い声や話し声が聞こえてくる。 夕方になると続々と車がお寺の霊園に訪れて、迎え火の灯籠に火を灯す。 なんというかね、日本中で大きな意識が動いてるっていうことを感じちゃって、根の国というか、シャドーというか、見えない存在をこの時に一斉に顕在化するこのお盆という行事は素敵だなって思った。 この世からあの世へ行くという考え方が [続きを読む]
  • 栄養ドリンク。。。
  • あともう一息ですね。頑張ってください。これでも飲んで元気出してください。 と声をかけられながら、各家々から手渡された栄養ドリンク。 これ全部飲んだら爆発しそう。。。(笑) さて、皆さん、お盆ですね。 [続きを読む]
  • 「ツインな彼がやってきた 〜甦え師・でぐっちゃんの来訪〜」
  •  会いにきてくれる人がいる。それはとてもとても嬉しいこと。  今日はあの、知る人ぞ知る「甦りワーク」の出口くん(でぐっちゃん)が家族い〜っぱいでやってきてくれた。  埼玉からこちら方面への旅のついでに寄ってくれたんだ。  彼とは発する言葉のフィーリングが近くってね、他の人たちからも「二人ってなんかよく似てるよね」って言われたり、お互いに「ほんと合うよね」って言い合ってた。  でぐっちゃんが、「もしかし [続きを読む]
  • 不思議な戒名の物語
  •  「なにか見えるんですか?」  その問いかけに僕は「え」と少しとまどいながら返した。「僕はなにも見えませんよ。」  「ほんとに不思議なんです。戒名のことです。あの子のこと、全部わかってるみたいな名前になってるからです。」  その女性の娘さんは若くして自死を選んだ。そのお母さんは、ずっとこの戒名のことが気になっていて尋ねてみたかったらしい。  実は葬儀の前日に住職不在で、戒名だけ当時副住職だった僕が付け [続きを読む]