みぬまま さん プロフィール

  •  
みぬままさん: 糖尿病猫とアル中猫
ハンドル名みぬまま さん
ブログタイトル糖尿病猫とアル中猫
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/minouflora
サイト紹介文アメリカに暮らす糖尿病兄猫の闘病記や糖尿病蘊蓄、及びキャットニップ中毒妹猫との日常など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/05/01 05:30

みぬまま さんのブログ記事

  • 猫用ミルク
  • 先日、朝からゾロを抱き上げたら、ケクッケクッとえずき出し、未消化の食べ物を吐いてしまった。食べたのは前日の夜だったのに、この未消化の食べ物、どこに引っかかってたんだろう?消化器官が弱って、固形物の消化が辛くなってきてるのかな?そこで、効率よく栄養を取ってもらうため、猫用ミルクを与えてみることに。左は成猫用、右は子猫用。成猫用は蛋白質8.2%、脂肪分5.1%、水分81.0%、1Kg当たりのカロリーが1023Kcalなのに対 [続きを読む]
  • 転移?
  • 今日はゾロの抗がん剤治療のための通院日。でも、何だか昨日から元気がない。今朝は、水を飲もうとしながらも、なかなか飲めていない様子。みぬの時もそうだったけど、これは体調が悪いサイン…。抗がん剤を続けるには不安だらけだけど、でも、先週末から気になっていた目のこともあって、病院に連れて行くことに。いつもなら、受付でゾロを預けて、あとは先生にお任せして夕方引き取りに来るのだけど、今日はゾロの体調がよくない [続きを読む]
  • 目がおかしい
  • 先週金曜日にビンクリスチンを投与された後、二日ほど下痢が続いたけど、今週に入って、何とか治まったゾロ。日曜日、ふと顔を覗き込んだら、何だか左目が濁っている。いつからこうなったんだろう?元々ゾロの目は、色がダークブルーで、瞳孔の境界がわかりにくいけど、過去の写真を見ても、少なくとも先週までは異常なかったと思う。この日はキャットホスピタルもお休みだったため、翌日月曜日電話を入れた。でも、すぐに先生と話 [続きを読む]
  • 三度目のビンクリスチン
  • 前回の抗がん剤L-アスパラギナーゼが投与されたのが、先週の木曜日。プロトコルに従うなら、一週間ごとに別の抗がん剤を投与することになっているけど、今週は木曜日が感謝祭で、キャットホスピタルもお休みだったため、金曜日にゾロを連れて行くことに。しかし、ゾロの体調はあまりよくない。相変わらず自分からは食べないし、一日中物陰に隠れて寝てばかりいる。本当にこの状態で、抗がん剤を継続していいのか迷った。過去に二回 [続きを読む]
  • 大麻草のオイル
  • 日曜日、ペットショップに行ったら、こんなものを発見。主成分は、ヘンプオイル。つまり大麻草オイル。でも、これを使ったからといって、犬や猫がハイになることはないので、ご心配なく。というのも、大麻草にはカンナビノイドという一連の化合物が含まれていて、その中で向精神作用があるものの代表はテトラヒドロカンナビノール(THC)だけど、この製品にはTHCはほとんど含まれず、その代わり主に含まれているのは、様々な病気に [続きを読む]
  • 退院
  • 五日間の入院後、月曜日に緊急病院からキャットホスピタルへ転院したゾロ。結局キャットホスピタルでも、更に入院が必要との判断。キャットホスピタルは緊急病院のように24時間開いているわけではないので、いつでも面会に行けるわけではないけど、それでも会社の昼休みを利用して、手作りご飯を持って毎日会いに行った。スプーンで食べさせてみるけど、なかなか食べてくれないゾロ。緊急病院と違って、病室も狭く、人の行き来や他 [続きを読む]
  • 緊急病院での経過
  • 金曜日、会社の昼休みにゾロに会いに行った。前日よりは元気そうで、ご飯も食べていた。与えられた食事は、ドライフードと缶フード。いずれも腎臓ケアようの処方食らしく、缶フードにはニンジンや米が入っている。ゾロは子猫の頃からままの手作り生肉ご飯しか食べてないんだけど、これ、大丈夫なのかな?と、少し不安…。でも、今はとにかく何か食べられるものを食べてもらうに越したことはない。今回のシフトのL先生が、ゾロの状 [続きを読む]
  • 再び入院
  • 水曜日、今後ゾロの抗がん剤治療を再開すべきか話し合うため、キャットホスピタルのR先生と朝からアポを取った。数日前に始まった下痢はまだ続いていて、体重もさらに減ってしまっている。下痢の状態が、約二か月前、最初に入院した時と似ているので、何だか嫌な予感…。更には、トイレの外に大量の尿を排尿していたことも二回ほどあった。尿は薄く、臭いはない。R先生には、食欲はそれなりに戻ったが、下痢をしていることや、筋肉 [続きを読む]
  • 食べ過ぎた?
  • サマータイムが終わった5日日曜日。本来なら今までより一時間ゆっくり眠れるはずなのに、明け方、変な音で目が覚めた。明らかに、猫がトイレで下痢をしている音…。起きてみると、トイレの中だけでなく、リビングのラグマットにまでゾロの下痢が…。とりあえず、下痢に効果的と言われているスリッパリーエルム(アカニレ)を混ぜたご飯を食べさせると、ちゃんと食べてくれた。それにしても、なんで下痢しちゃったんだろう?ここ数 [続きを読む]
  • 漢方薬
  • 月曜日、食塩水のバッグと針を新たに購入するため、キャットホスピタルへ。すると、受付の女性が、「先日(木曜日)の血液検査の結果、何度もFAXで送ろうとしたのですけど、エラーが出て送れませんでした」と言って、血液検査の結果を差し出してきた。結果は、以下の通り。項目      測定値   正常値BUN       45     14−36クレアチニン  2.3    0.6−2.4リン      4.9    2.4-8.2グルコース [続きを読む]
  • 食欲不振の理由
  • 金曜日の昼休み、昼食のため帰宅すると、ゾロがソファの下に隠れていた。リビングには何か所か未消化の食べ物を吐き出した跡があった。吐いた物を片付けるため、ソファを動かすと、出てきたゾロ。しかし、立ち止まったかと思うと、大量に嘔吐した。吐いたものの中には、何故か未消化の骨らしきものが…。最近レバーとハツのミンチばかりしか食べていなかったので、これではカルシウム不足になると思い、骨ごとミンチを少しだけ加え [続きを読む]
  • 休薬
  • 先週のメトトレキサート投与で、抗がん剤治療の一クール目が終了した。メトトレキサート作用機序:葉酸を活性型葉酸にする酵素の働きを阻止することにより、核酸合成を阻止し、細胞増殖を抑制する。免疫グロブリン産出、抗体産出、リンパ球増殖等の抑制により、免疫を抑制すると考えられている。また、滑膜組織や軟骨組織の破壊に関係するコラゲナーゼの産出を抑制する。(出典:Wikipedia)重大な副作用:ショック、アナフィラキ [続きを読む]
  • 抗がん剤とビタミンB12
  • 木曜日は、ゾロの通院日だけど、今回はルナも一緒に病院に行くことに。というのは、自治体でペットへの狂犬病予防接種が義務付けられているから。朝から、クロゼットに隠れていたルナを捕まえようとしたら、ルナは猛烈に威嚇して、やっとの思いで捕まえたら、排尿してしまった。でも、そもそも洗わせてくれないだろうし、それに予約の時間も迫っていたので、尿臭いままキャリーケースに入れて、キャットホスピタルへ。まず受付でゾ [続きを読む]
  • 再びビンクリスチン
  • 12日木曜日、朝からゾロを連れてキャットホスピタルへ。今週は、再びビンクリスチン投与の予定だけど、三週間前にビンクリスチンを投与されたときには、食欲がなくなって、白血球数もかなり下がってしまったので、どうも気が進まない。受付の女性に、先週はサイトキサンを四日間与える予定だったが、食欲が落ちてしまったため、R先生の許可を得て二日間で中断したこと、そして今回ビンクリスチン投与するには不安があることなどを [続きを読む]
  • サイトキサン、その後
  • 木曜日の夕方に開始した抗がん剤サイトキサンの経口投与。引き続き、金曜日の夕方に二回目の経口投与。二日間、ピルガンを使って、小さなカプセルを飲ませることには成功したけど、土曜日の朝、ベビーフードを食べさせようとしたら、全然食べてくれない。食欲がなくてもベビーフードは食べてくれていたのに、ベビーフードまで食べないとなるとどうすればいいんだろう?サイトキサンは連続四日間与えることになっていたけど、これ以 [続きを読む]
  • サイトキサン開始
  • 先週の血液検査の結果、白血球数低下のため、一週間抗がん剤治療をお休みすることになったゾロ。今日は、血液検査をして、抗がん剤治療を再開できるか確認するため、再びキャットホスピタルへ。朝出勤前にゾロをキャットホスピタルに預け、夕方仕事を終えて引き取りに行くと、丁度R先生が待合室に出てきた。「ゾロちゃん、血液検査の結果、かなり良くなってますよ。」結果を見せてもらうと、先週下がっていた白血球数は正常化し、 [続きを読む]
  • ビンクリスチン、その後
  • 先週金曜日にビンクリスチンを投与されて以来、ゾロの食欲は水曜日になっても戻らず。心配になったので、キャットホスピタルに朝から電話したところ、R先生は今忙しいので、夕方には折り返し電話があるとのこと。夕方、仕事が終わって、会社の近くのスーパーで買い物を終え、車を始動させた矢先、R先生から電話がかかってきた。R先生:どうされました?まま:ゾロなんですけど、土曜日の夜までは調子が良かったのですが、日曜日か [続きを読む]
  • ビンクリスチン投与後の経過
  • 金曜日の夕方にビンクリスチンを静注で与えられたゾロ。土曜日の朝の段階では、よく歩き回り、窓越しに鳥やリスが見えれば、窓めがけて走って行ったり、とても元気な様子。プレドニゾロン(ステロイド)は、5mg二錠を毎日投与していたのを、一錠を隔日投与で良くなったので、この日は投与せず。しかし、土曜の夜はご飯を殆ど食べず…。日曜の朝、起きてみると、ゾロはキャットトリ―に隠れて、何だか元気がなさそう。今日はステロ [続きを読む]
  • 抗がん剤治療〜二週目
  • 今日は、抗がん剤治療二週目。まず、出勤前にゾロを連れてキャットホスピタルへ。待合室では、この「Cat-in-the-Bag」というキャリアーが大好評!薬の投与はいつ終わるのか受付の女性に尋ねたところ、まず血液検査をして、血球数を調べてから投与を行うため、夕方までかかるとのこと。今回投与されるビンクリスチンには、血球減少の副作用があるため、血球数が十分でなければ投与できないらしい。夕方、仕事をしながらキャットホス [続きを読む]
  • 抗がん剤治療一週間目の経過
  • ゾロは、流石に本調子とまではいきませんが、ご飯も食べて、ままにも甘えて、元気を取り戻しつつあります。それでは、第一週目の治療経過をご報告いたします。投与された抗がん剤:- L-アスパラギナーゼ 400IU/Kg(筋注:9月15日一回のみ)-プレドニゾロン 5mg錠×2、一日一回(経口:毎日)L-アスパラギナーゼ作用機序:アスパラギナーゼは血中のL-アスパラギンを分解し、アスパラギン要求性の腫瘍細胞を栄養欠乏にすることにより [続きを読む]
  • 退院
  • 月曜日、朝八時ごろ、ゾロの様子を確認するため、キャットホスピタルに電話を入れた。受付の女性曰く、「それなりに元気も出てきました。ただ、自分では食べていないようで、手で食べさせなければならなかったようです。 今日帰れるかどうかは今のところわからないので、四時ごろお電話ください」とのことだった。午後四時、再び電話を入れたところ、食事を自分で摂れるようになったため、今日退院できるかもしれないとのことだっ [続きを読む]
  • 抗がん剤治療開始
  • 木曜日の昼休み、帰宅してみると、ゾロはずっと動かないまま、ソファの下にいた。処方されたセレニア(制吐剤)とブプレノルフィン(鎮痛剤)を与えようと思って、ソファを動かしてみると、ゾロは自分の尿でびしょびしょになっていた。「どうしよう。今からオムツ買いに行かなきゃいけないのかな?でも仕事もあるし...」と迷っていた矢先、キャットホスピタルから電話があった。今回はJ先生からだった。J先生:細胞診の結果はまだ [続きを読む]
  • 今度はゾロが…
  • 八月半ば、三泊四日で外出する機会があった。みぬが生きていたときは、ペットシッターのKさんに、インスリン注射のため一日三回の訪問をお願いしていたが、今はもうその必要がなくなったので、一日一回の訪問で、朝ごはんは普通のボウルに、晩御飯はタイマー付きフィーダーで与えるようお願いした。帰宅後ペットシッターのKさんが残していってくれたメモを見ると、猫たちはボウルからは食べるが、タイマー付きフィーダーからは食べ [続きを読む]
  • みぬの月命日およびゾロとルナの記念日
  • 今日、7月30日は、みぬの月命日、およびゾロとルナがままの子になって6年目の記念日です。みぬは、こんな素敵な骨壺に入って帰ってきました。足形も取ってもらいました。同僚からは、こんな素敵なお花をもらいました。でも、職場だったので、泣くわけにいかず、涙をこらえるのに必死で、「Thank you」と一言言うのが精いっぱいだった…。一方、ゾロとルナは、やはり寂しかったのか、特にゾロは過剰グルーミングで少し背中の毛が抜 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • みぬがままの子になってからの14年を、動画にしてみました。みぬの虹の橋への旅立ちに際して、多くの方からブログやSNSで温かい言葉をいただき、また私、みぬままのことまで心配していただき、感謝しております。もちろん、大切な人や動物の死が悲しいことには変わりありません。しかし、実は、私の「死」への受け止め方を変えた、一冊の本があります。William Buhlmanによる、Adventures Beyond the Body: How to Experience Out- [続きを読む]