ぱんぷきん ぱい さん プロフィール

  •  
ぱんぷきん ぱいさん: 風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
ハンドル名ぱんぷきん ぱい さん
ブログタイトル風景居酒屋ごじゃ満開(goo版)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/say10ya60
サイト紹介文居酒屋ごじゃ満開(楽天版)の続きです。与太話に房総・南部・旅先の風景を添えてご提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2010/05/01 20:43

ぱんぷきん ぱい さんのブログ記事

  • 3001)盛岡彷徨 野球場へ行こう2018
  •  本日は朝に盛岡を発ち、10時前に東京駅のホームに降り立ったのですが、その瞬間盛岡には無かった熱気が体を包みました。今日の千葉の最高気温は33度。昨日よりは2度低かったそうですが、それでもきつい1日でした。ちょっと外出の時でもそう感じたのですから、1日屋外で仕事をする方々のきつさは私の比ではないことでしょう。もうしばらく続くらしいこの猛暑、皆さまご自愛ください。 今年は夏の高校生野球全国大会が100回目 [続きを読む]
  • 3000)南部ワンデイハイク 北上市村崎野発(4景目 飛勢城跡)
  •  「平成30年7月豪雨」と命名された先日の豪雨は「平成で最悪」の被害をもたらした豪雨と報じられています。昨日の新聞のコラムを読むと、毎年のように豪雨・地震・噴火と発生しているのだと感じました。平成の御世が残り1年を切り、様々な場でこの30年を振り返っていますが、平成最後の10年は「災害の10年」と表現されるかもしれません。あと1年近くあるのですから、この先も何が起こるか分かりません。 北上市の「南部ワンデ [続きを読む]
  • 2799)全国地震動予測地図(大震災から88ヶ月)
  •  7月7日夜に千葉県で最大震度5弱の地震を観測しましたが、房総半島沖では「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きているとされ、先日の新聞でも注意喚起を促す記事が載っていました(7日の地震は関係無いようですが)。 6月18日には最大震度6弱の地震が大阪で起こるなど、水害もさることながら地震も頻発してきている気がしますが、6月26日に「今後30年以内に震度6弱以上の大地震に遭う確率」を示す『全国地震動予測地図 [続きを読む]
  • 2798)千葉彷徨 成田市(成田祇園祭2018)
  •  西日本の豪雨、サリン事件の区切り、米中貿易戦争、そして千葉県での震度5弱の地震と、どれが新聞の1面になってもおかしくない出来事が立て続けに起こっていますが、7日前には落語家の桂歌丸氏が81歳でお亡くなりになりました。きっと多くの方がそうであろうに、笑点での姿しか存じておりませんが、幼少期に観た故三遊亭小圓遊氏との罵り合いが印象に残っています。半世紀生きていれば当たり前ですが、見慣れた著名人が次々と [続きを読む]
  • 2797)南部ワンデイハイク 北上市村崎野発(3景目 夢郷土)
  •  奉公先の会議に江戸参内し、年に1度の意見交換会から帰宅しテレビのスイッチをひねると、サリン事件に関わったとされる7人の死刑執行が報じられていました。サリン事件が起こったのは1995(平成7)年、あれから23年経ち情報収集手段は多様化・迅速化したのですが、私の情報収集手段・時間は変わっていない・・・そんな事を感じました。それもさることながら九州・中国地方の豪雨も気がかりでございます。 「南部ワンデイハイ [続きを読む]
  • 2796)南部ワンデイハイク 北上市村崎野発(2景目 東北のお伊勢さん)
  •  晩の経済ニュースのトップは「サンマの漁獲規制、合意できず」でした。庶民の魚と言われたのは昔の話、漁獲量が大きく減り高級魚と化しつつあります。鯖も然り、私の愛する魚たちが次々と「高値の華」なりつつあります。正しくは「高根」なのですが、変換して最初に表示された「高値」の方が実情に合っているように思います。 村崎野駅からの「南部ワンデイハイク」、駅前から東へ進み通りにぶつかったら北へ向かいます。旧奥州 [続きを読む]
  • 2795)南部ワンデイハイク 北上市村崎野発(1景目 村崎野駅)
  •  情報バラエティ番組で「人はなぜ列車で眠るのか?」という問いに対し「列車の音が胎児が聴く音に似ているから」と説明していました。私も車内でよく眠る方ですが、「列車内で眠るのは日本人ぐらい。」と何かで聞いた記憶があります。外国では列車の中は物騒でおちおち眠れないというのが理由だったかと。私は仕事の移動時の車内で数分で眠りに落ちてしまいますから、海外の列車には乗れませんね。 1年ぶりの「南部ワンデイハイ [続きを読む]
  • 2794)2年経ちましてin千葉
  •  観測史上最も早く?梅雨が明けて2日後、現在の彷徨先での3年目に入りました。まずはこの2年間にお世話になった方々に感謝する次第です。周囲の協力があって2年目も過ごしてきました。 当たり前ではありますが、同じトラックの2週目ですから勝手は分かり、分かった分図々しくもなり、一方で1年目には見えなかった物・事が見えてきて、それに思案する2年目でもありました。 そして本日より3年目。私の立ち位置は変わりま [続きを読む]
  • 2793)栃木彷徨 宇都宮市(羽黒山2018 −5・6景目−)
  •  一昨日から昨日にかけてサッカーW杯予選の日本戦を観戦した方も多いと思いますが、試合中に乗車した千葉からの退勤列車はいつもの半分ぐらいしか乗車していませんでした。みなさんTV観戦で早めに帰宅したのでしょうか。見た事はありませんが「君の名は」で女風呂が空っぽになった話を思い出しました。 本日の一品は毎度おなじみ羽黒山なのですが、おなじみと言いながら4ヶ月ぶりでした。10年前は南下する新幹線で寝ていても [続きを読む]
  • 2792)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2018 −11・12景目−)
  •  今日、JR千葉駅ビル「ペリエ千葉」が全面開業します。昨日の経済紙によると277店舗が出店し、駅施設等を含む床面積は旧駅の2.3倍だそうです。旧駅ビルが閉店してから7年を費やし、その間に私は千葉から南部そして再び千葉へと移り変わっています。そう考えると長い工期だったなと思います。乗降には不便さが増した感がありますが、買物場所としての利便性は増しているのでしょうね。本屋ぐらいにしか行かないわが身には実感が [続きを読む]
  • 2791)盛岡彷徨 岩手山2018(山田線から−6・7・8景目−)
  •  昨日触れたある人は「自分の仕事はここだけ。あとは知らない」と言い、ある人は「世の中一般が我々(の業界)に求める事と自分の考えは違うから、自分の考えに基づき仕事する」と言いました。小心者の私には、周囲を気にせず自分の考え以外は受け入れないという意思は凄いなと思いましたが、一方で「仕事とはどこを向いてするものなのか?」とも考えてしまいました。人のふりみて何とやら・・ですが。 本日を含めて6月も残り5 [続きを読む]
  • 2790)盛岡彷徨 開運橋花壇2018初夏
  •  新聞の受け売りなのですが「日本語は音が少ないので同音異義語が多い。だから洒落が作りやすい」のだそうです。私も言葉遊びが好きなので「そういう事か」と感心したのですが、辞書を見ると「その場の雰囲気を和らげたり盛り上げたりする言葉遊戯」とありました。私の思い浮かぶ言葉遊びは「その場の雰囲気を冷たくしたり盛り下げる」ことしばしです。 本日は「開運橋花壇」です。前回は約1ヶ月前にツツジの頃を御覧いただきま [続きを読む]
  • 2789)千葉彷徨 船橋市(紫陽花)
  •  昨日、奉公先を卒業された方々と一献する機会がありました。昨年も同様の宴があり、多くの方が1年ぶりの再会でしたが、みなさん昨年と変わらずに元気に飲み・食い・歌いの数時間でした。昨年学習したので最後のお小言タイムになる前に退散しましたが、こういう方々が日本の消費を支えている・・のかもしれませんね。 6月も残り10日を切り、今年の折り返しが近づいてきています。梅雨空ですっきりしない日々ですが、気持ち的に [続きを読む]
  • 2788) 岩手彷徨 一関(青空のクロス)
  •  一昨日の前菜で地震について触れたからではないですが、昨日大阪で大きな地震が発生し、公共交通やライフラインに大きな被害を及ぼしました。以前不動産に携わる方から「電気ガス水道のうち一番最初に復旧するのは電気である」と言われたことがありますが、大阪の地震ではその通り最初に電気が復旧しました。文字にすれば二文字ですが、きっと寸暇を惜しんで復旧に向け尽力した方々がいるのでしょう。世の中はこういう方々で成り [続きを読む]
  • 2787)岩手彷徨 一関市(矢櫃ダム)
  •  昨日の午後、TVをつけていたら「緊急地震速報」が表示され、最大深度5弱の地震が発生しましたが、千葉県沖では「スロースリップ」という現象が起き地震を誘発し、今月に入りマグニチュード4以上の地震が続いてます。鈍感な私もこの1週間で2度ぐらい「揺れているかな?」と感じました。専門家は注意を呼び掛けていますが、いかんともし難い話です。大きな被害が出ない事を願うばかりです。 過日、一関市の旧祭畤大橋を御覧 [続きを読む]
  • 2786)千葉彷徨 香取市(切手神社)
  •  いつの間にかサッカーW杯が始まっていました。もう2日も前に開会式が行われていたのですが、全然気づきませんでした。私だけかな?と思ったのですが、世間もそうであるような話も聞こえてきました。19日から日本の予選リーグが始まりますが、関心を高めるのはやはり日本代表の勝利でしょうか。 以前「北総の車窓から」で「両総用水」を御覧いただいた際に、地図で用水を辿っていった先にあった「切手神社」にいつか行ってみた [続きを読む]
  • 2785)千葉彷徨 千葉市(千葉公園初夏 2018)
  •  「普通とは何でしょう?」・・・先日、禅問答のような質問をとある講演で投げかけられました。普通というのはその人側からの見方であり、違う人には違う「普通」があるということなのだと、この講演で感じました。そう考えると万人に共通の「普通」というのは無いのかもしれませんね。 季節は夏に入りましたが、本日御覧いただくのは春から夏へ移りつつある千葉公園です。晴天の日曜日の夕方にちょっと足を入れてみました。(青 [続きを読む]
  • 2784)チャグチャグ馬コ2018
  •  とある文庫本を1冊読み終えました。最近は書店をぶらつく機会が中々作れず、新聞の書評を参考に購入するきらいがありますが、書評で買った本は「面白くて当たり前」という先入観があるせいか、がっかりしてしまう場合が多いです。今回も然り。少々物足りなさを感じながら最後のページにまで至りました。 6月上旬の県都盛岡はお祭り一色。2〜3日に東北絆まつりが開催されましたが、1週間後の9日には「チャグチャグ馬コ」が [続きを読む]
  • 2783)あの日からは10年(大震災から87ヶ月)
  •  先週末の全国紙では、10年前に秋葉原で起こった無差別殺傷事件に関連する記事が目に止まりました。白昼、多くの人で賑わう秋葉原での凶行は世間を震撼させたものでした。もっとも事件後の当店の前菜では全く触れていませんでした。「震撼」なんて書きましたが岩手の水に慣れた頃でしたので、500キロも離れた地での出来事と感じていたのでしょう。 水に慣れたそんな時期に起こったのが「岩手宮城内陸地震」でした。2008(平成20 [続きを読む]
  • 2782)盛岡彷徨 東北絆まつり(盛岡駅)
  •  某企業が「世の中はもっと若者にお節介になるべき」と「大人のおせっ会」という若手社会人と大学1・2年生の懇親の場を立ち上げたそうです。お節介とは「余計な世話をやくこと」で、私はついつい周囲にこまごま言ってしまう「お節介やき」ですが、「大人のおせっ会」は建設的な世話焼きであるそうです。今更無理なのでしょうが、相手が納得できるような物言いをできるようになりたいものです。 昨日「チャグチャグ馬コ」も終わ [続きを読む]
  • 2781)盛岡彷徨 東北絆まつり(旭橋から材木町へ)
  •  奉公先のお江戸の方が来葉し、ちょっとお高い料亭での昼食となりました。そういう機会にしか利用しない場所なのですが、いつも年配の女性達で混んでいます。お招きする方は都度違うのですが、お店の混雑ぶりを見て「彼女たちがここでお高いランチをしている時、旦那は牛丼や立ち食いソバなんだろうなぁ」という感想はみなさん同じです。 東北絆まつりが終わって1週間経ち、恐らく県都盛岡は「チャグチャグ馬コ」モードに切り替 [続きを読む]
  • 2780)盛岡彷徨 東北絆まつり(開運橋から大通り)
  •  経産省が「人工知能(AI)スピーカーが使用者の言い間違いやTV音声による発注は無効である」という見解を示したと経済紙に載っていました。その例として「タイヤとダイヤを言い間違えて注文した場合」が示されていましたが、言葉としての言い間違いはあるでしょうが、注文としての言い間違えは果たしてありうるのでしょうかね?実際にダイヤが届いたらさぞ驚くことでしょう。 本日は東北絆まつりで実施された、歩行者天国で [続きを読む]
  • 2779)盛岡彷徨 東北絆まつり(中央通り)
  •  昨朝の岩手県地元紙は「絆まつり」の写真を載せた両面刷り(本誌の4面分)に包まれていました。大リーグに移籍した大谷選手の移籍先決定時の扱いにも負けずとも劣らない扱いに驚きました。一方で帰葉して目にした昨朝の経済紙では社会面のコラム記事に小さく載っており、温度感の差を感じずにはいられませんでした。 東北絆まつりの様子は恐らく多くのブロガーがアップするでしょうから、当店ではまつり以外の風景を幾つかご用 [続きを読む]
  • 2778)盛岡彷徨 東北絆まつり(前夜)
  •  確か最初の盛岡市民時代の前菜で「NHK盛岡放送局に天気の時に趣のある表現をするアナウンサー」について触れた事があります。今夕久々にTVで氏の天気予報を見ましたが、明日の天気予報では「すかっと晴れて太陽を間近に感じる」「海の青さ、山の緑、吹く風は爽やか」「雲の影もなく6月の光まぶしい1日」と、同じ「晴天」を様々な言葉で表現していました。 本日、明日と県都盛岡で「東北絆まつり」が開催されます。東日本 [続きを読む]
  • 2777)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2018 −9・10景目−)
  •  早いですね。もう5月も終わります。「今年ももう5ヶ月終わったなぁ」という人はそうそういないでしょうが、ぼんやり過ごしていたらすぐに1ヶ月が経ち、「もう半年経ってしまった」とか「第1四半期が終わった」とつぶやく7月がやってきます。その頃の私は「3年目に入ったなぁ」とつぶやいていることでしょう。 5月最後の風景は一関遊水地です。1枚目は大型連休の後半です。あまり天気が良くない朝でしたが、遊水池の水田 [続きを読む]