陶朱公 さん プロフィール

  •  
陶朱公さん: マクロ経済動向と資産運用形成 研究室
ハンドル名陶朱公 さん
ブログタイトルマクロ経済動向と資産運用形成 研究室
ブログURLhttp://toshukou.at.webry.info/
サイト紹介文当室は株式投資や投資信託を中心とした資産形成を着実に行う投資家のためのページです。
自由文当室は、キャピタル・ゲイン狙いではなく、基本的に年間利回り稼得目的の投資が中心です。従いまして、投資スタンスとしては、中長期保有の分散投資であり、個別株よりは投信やETFを主な投資対象に据えています。

当ブログ内で紹介している投資対象は、比較的利回りの高い投信や株式(ハイリスクでもあります)が多くなっていますが、安全性も考慮検討して資産形成に資するようにする方針です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/05/02 10:14

陶朱公 さんのブログ記事

  • NYダウ 週間1413ドル安 リーマン以来の下げ
  • 3月23日の日経平均の下落は下げ幅が974円もあり、大きかったです。NYダウが下げたのと同じ様な下げでした。23日夜間のNYもまた424ドル安と連続で下げましたので、月曜日(26日)の日経平均もおそらく下げるものと思われます。NYダウは週間下落幅1413ドル、同下落率5.7%という値となり、リーマン以来の下げ幅であると日経新聞の3月24日付け夕刊が報じています(※1)(※2)。(NYダウ6ヶ月間:SBI証券HPより引用)(日経平均6ヶ月 [続きを読む]
  • NYダウ 週間1413ドル安 リーマン以来の下げ
  • 3月23日の日経平均の下落は下げ幅が974円もあり、大きかったです。NYダウが下げたのと同じ様な下げでした。23日夜間のNYもまた424ドル安と連続で下げましたので、月曜日(26日)の日経平均もおそらく下げるものと思われます。NYダウは週間下落幅1413ドル、同下落率5.7%という値となり、リーマン以来の下げ幅であると日経新聞の3月24日付け夕刊が報じています(※1)(※2)。(NYダウ6ヶ月間:SBI証券HPより引用)(日経平均6ヶ月 [続きを読む]
  • NYダウ(日経平均)はもう少し調整
  • 過去10年間の、NYダウと日経平均のチャートを見てみますと、リーマンショック以降、NYダウの方が上昇率は大きくなっています。これは金融政策の差異によるところが大きいものと思われます。2012年(平成24年)12月26日に第二次安倍内閣が成立し、アベノミクスに転換して以降は、日経平均の上昇も捨てたものではありません。2013年3月20日には、現在の黒田東彦氏が日銀総裁に就任して異次元の金融緩和に転換しています。(NYダウ・ [続きを読む]
  • NYダウ(日経平均)はもう少し調整
  • 過去10年間の、NYダウと日経平均のチャートを見てみますと、リーマンショック以降、NYダウの方が上昇率は大きくなっています。これは金融政策の差異によるところが大きいものと思われます。2012年(平成24年)12月26日に第二次安倍内閣が成立し、アベノミクスに転換して以降は、日経平均の上昇も捨てたものではありません。2013年3月20日には、現在の黒田東彦氏が日銀総裁に就任して異次元の金融緩和に転換しています。(NYダウ・ [続きを読む]