moeru さん プロフィール

  •  
moeruさん: 萌える幸福の科学
ハンドル名moeru さん
ブログタイトル萌える幸福の科学
ブログURLhttps://ameblo.jp/elne/
サイト紹介文メイド喫茶の主人公による4コマ漫画。時事的な話題を織り交ぜて「幸福の科学」の教えを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/05/03 16:49

moeru さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 愛とは与えること
  • 他の人からもらいたい愛とは、よくある男女の愛や親子の愛だけではありません。学業や仕事などを「認めてもらいたい」「評価してほしい」という気持ちも他人から「もらいたい愛」「奪いたい愛」の心なのです。そう考えると、この世は愛に飢えている人だらけのような気がしませんか?ぞれでは幸福にはなれませんよ、ということを幸福の科学では教えているのです。 2017年エル・カンターレ祭大講演会「愛を広げる力」 速報レポート [続きを読む]
  • 「超人」思想のその先は
  • 今回ご紹介した霊言は、「超訳 ニーチェの言葉」という本のヒットを受けて2012年に行われたものです。このアイドルは、哲学やニーチェが好きだと言うことで大人たちがたじろぐことに優越感を感じてきたのではないでしょうか。しかし、「現代の悪魔は活字から入ってくる」というルドルフ・シュタイナーの言葉があるように、思想というものは、死んでからの行き先を左右してしまう大事なものです。ブームに踊らされずに、その思想が [続きを読む]
  • 映画「君のまなざし」
  • この映画のすごいところは、同時に主演3人の守護霊霊言も公開されて書籍で読めることです。3人の守護霊が明かすこの映画の真実とは?観終わった後も謎が続きます。 映画「君のまなざし」公式サイト http://kimimana-movie.jp/ 「君のまなざし」オフィシャル・メイキングブック Amazon 大川宏洋 ニュースター・プロダクション社長の守護霊メッセージ Amazon 梅崎快人守護霊インタビュー 大物新人俳優の演技観 Amazon 女優 水 [続きを読む]
  • 東日本大震災から6年
  • 私たちは生まれてくる前にあの世で人生計画を立ててきます。しかし、予定になかった戦争や震災で亡くなると、もう一度やり直したくて20年くらいで生まれ変わってくることがあるそうです(通常なら数百年おきに生まれ変わります)。今回ご紹介した書籍にはこうした情報も載っています。 正しい供養 まちがった供養 ~愛するひとを天国に導く方法~ (OR books) Amazon [続きを読む]
  • 初代大統領はトランプ推し!!
  • いよいよアメリカ大統領選挙がやってきました。現在のところ、トランプ候補とクリントン候補の差はほとんどない情勢のようです。アメリカ国民は、はたしてどのような選択をするのでしょうか。さて、あの世でアメリカの神様になっている初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンの霊言によると完全にトランプ推し。この本はもちろんアメリカでも発売しています。ジョージ・ワシントンとトランプの霊的な関係は? ぜひお確かめてく [続きを読む]
  • 相模原障害者施設 刺殺事件の背景
  • まず、知っておいていただきたいのは、この世は魂の学習の場であるということ。障害者の存在も、本人のみならず、その家族や、わたしたち社会の人々の学習のために存在するのであり、実際に、天使たちが障害者の姿を使ってこの世に生まれてくることも多いのです。 こうした障害者を世の中から排除しようとする悪魔の思想とは戦わなくてはなりません。そして、彼ら悪魔は、次に高齢者を排除する思想を社会にアピールすることを考え [続きを読む]
  • 蓮舫民進党代表の守護霊霊言
  • 産経新聞の短期連載『蓮舫研究』などでは、「国家観が見えない」人気だけで中身のない代表であると評されているようですが、潜在意識ではかなり明確で、それをまだ表面に出さないように努めている感じをうけました。また、本人は「私はバリバリの保守」と言っていますが、前世を知るとその意味がよくわかるようなきがします。 蓮舫の守護霊霊言 ~“民進党イメージ・キャラクター”の正体~1,512円Amazon [続きを読む]
  • 天皇陛下の生前退位のこと
  • 天皇陛下のお気持ち表明の中でも何度も出てきたことば「象徴」としての天皇学校ではこれを日本的な特徴であるかのように教えられたような気がしますが、たいへん複雑な内面をもった言葉だということが今回のことで実感されました。大川隆法総裁はこの本のまえがきの中で、「今上天皇は疲れておられる」と率直に述べられていますが、これが「象徴」という言葉と結びついて日本人に重くのしかかってきているような気がします。今上天 [続きを読む]
  • 過去の記事 …