ミルフィーユ さん プロフィール

  •  
ミルフィーユさん: ミルフィーユ・黄昏を行く
ハンドル名ミルフィーユ さん
ブログタイトルミルフィーユ・黄昏を行く
ブログURLhttp://tasogare0240.blog.fc2.com/
サイト紹介文房総に住む黄昏ミセスの日々を、ゆったりと綴りたいと思います。
自由文人生の黄昏を迎え、自分自身や時代のちょっとしたメモになれば・・・と思っています。
迷走すること自体を楽しみたいのです。
黄昏色が、ゆっくり変わりゆくのを見詰める時間だと受け止めています。
どうぞ、肩の力を抜いてお立ち寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 124日(平均2.4回/週) - 参加 2010/05/07 19:20

ミルフィーユ さんのブログ記事

  • バスツアー・一日一日が大切に思えてきますね。
  • 毎年恒例の同級生バスツアーも、無事終えることが出来ました。小中と9年間苦楽を共にし、思い出も各自が語れば尽きることのないなんのご縁か、切っても切れない同級生。 男子11名、女子6名の17人で、地元残留組が中心となっているメンバーです。遠くから、一泊で来てくれる人もいます。この笑顔が一日中続きます(笑)女性陣は飲めない人が多いので、専らお喋りとおやつタイムです。 行き先は富岡製糸場が良いとの皆の希望で、ガイ [続きを読む]
  • 道ならぬ恋の句、一句
  • 今日は雨の日曜日。本当なら「富士通レディース」、ゴルフ観戦の予定でしたが二転三転し、今週半ばのバスツアーのために、足を庇うことにし家でTVでライブ放送を見ることにしました。あ、それと京都競馬場にて牝馬の華麗な闘い秋華賞G1レースもあるし、我が辞書には「暇」の二文字は無いのです。仲良くして貰って居るCさん(競馬仲間)が、LINEトークでガイド講習で北原白秋の勉強をしているとの話から話題が広がりました。何度も [続きを読む]
  • 男声合唱団コンサート〜懐かしい歌の数々
  • さて、先日は浅草街歩きの様子を読んでいただきましたが主な目的は、友人のご主人が長年趣味で続けて来られた男声合唱のコンサートへ行くことでした。 今回は25周年記念コンサートだったそうですが、上の写真は、20周年記念の時の物、、、パンフレットより拝借しました。 メンバーは、ある企業を退職したOBの皆さんで構成されシニアという年代を、充実され楽しんでいらっしゃる様子は見ていて気持ちの良いものでした。詩人、三好達 [続きを読む]
  • 雨の浅草
  • 先日、友人のお誘いでご主人の趣味である、男声合唱団のコンサートへ行ってきました。とても素敵な時間を過ごすことが出来友人に感謝です。コンサートは、浅草寺からも歩いて行ける会場でしたので少し早めに行き、浅草街歩きを楽しみました。生憎の雨でしたが、久し振りの浅草は、なかなかエキサイティングでした。 仲見世もリニューアルされたのでしょうね、綺麗になって○○通り、と名の付く通りを縦横に、何処を歩いたか分から [続きを読む]
  • 新しくできたパン屋さん
  • この前まで、パンケーキcafeだったお店が、新しくパン屋さんとして開店しイートインコーナーがあるので、楽しみにしていました。もう二回も行っちゃいました♪先日は、ちょっとお友達と午後のお茶をして、栗クリーム??栗ーむパン(爆)をチョイスして、季節ものですから嬉しいおやつでした。 濃いめの珈琲と一緒に頂きました。割って栗あんの中身を写すべきでしたね、、、うっかりしました。混んでいなくて、落ち着けました、、 [続きを読む]
  • さんま・舞茸、台風一過
  • 昨夜は風の音を聞きながら、いつの間にか寝入っていました。 台風の前の日の夕方、買い物途中に鮮やかな夕焼けを見かけ撮影場所へと急いで行くと、カメラやスマホを持った人たちが私同様、小走りに行くではありませんか。暫しの黄昏ショーを、心行くまで味わって来ました。台風は夜のうちに通り過ぎ、今朝起きたら、青空が広がり洗濯日和です。それと、個人的に天ぷら日和(*^-^*) 30年来の知り合いに、数年おきに岩手産の天然舞茸 [続きを読む]
  • 幻想的なトンネルでした
  • 養老渓谷の温泉街は廃れつつあり、少し寂しさを感じますが先日、ドライブ中に義経伝説のある赤い橋のところへ出ました。 出世観音がこの奥にありますが、何度か来ているのでここはスルーしもう暫く走ると「弘文洞跡」と書かれた看板を見つけ右手に入って見ました。トンネルの中を進んで振り返った画像ですが、緑色の灯りがなんとも不思議な雰囲気を醸し出しています。 先方に見えたのは、これが噂の二階建てのトンネル! ネット上 [続きを読む]
  • 賑やかな法事を終えて
  • 昨日のお彼岸の中日は、栃木に住む夫の姉宅へ義兄の法事に行ってきました。圏央道が出来てから、もっぱらそちらを利用していますが一人で運転してとなると、二時間半ほどの行程ですが数ある分岐点のどこかで迷いそうで気付いたら、ぐるぐる回って千葉へ帰っていそうです。義弟の運転で、夫ともども楽をさせてもらいました。亡き義兄の姉弟たちは、はるばる長野からやって来てくれます。こちらの一行も、千葉から皆 日帰りですがこ [続きを読む]
  • 蕎麦屋・一久美
  • 先日、高滝ダム湖へ友人と行って来た話を書きましたが夕暮れを堪能して、さあ「お蕎麦でも食べて帰ろうか。」と、赤い橋を渡ると 向こう岸の蕎麦屋「一久美」の灯りが、私たちを待っていてくれずパッと目の前で消えたのでした。ひと足遅かったねと言いつつ、別のお店で夕飯を摂りました。そんな訳で、リベンジではありませんが後日、ドライブがてら、ここへ立ち寄り久し振りに、一久美の媚びないお蕎麦を食べてきました。 店の裏手 [続きを読む]
  • シモン、初お出かけの巻
  • 娘が「お母さん、シモンを借りていい?」とlineで言って来た。「YU-TOが、シモンと遊びたがっているの。」いつもシモンと遊びたくて、YU-TOは母親と一緒に短時間でも我が家へやって来ている。家以外の場所に行くのは、シモンにとって初体験なので少しの心配と裏腹に、長時間の外出や旅行のこともあるし慣れて貰ったら、私も助かるなあと、そんな気持ちもあり了解した。 車には驚いたようだが、家に入っても暫く落ち着かないシモン [続きを読む]
  • カントリーな癒しのホースガーデン
  • 今年も、同級生のバスツアーの準備に勤しんでいる、気分は15歳のパープリン・バァバ達ですが30代で会ったきりのジュンちゃんが、今年は参加してくれるというので前夜祭では無いけれど、テル子ママと三人でランチと相成りました。*テル子ママと呼ぶわけは、いつも甲斐甲斐しく、みんなのお世話をしてくれるのでいつの間にか男子たちが、そう呼ぶようになりました(*^^)v エバーグリーンの受付で、乗馬倶楽部のあるホースガーデンの [続きを読む]
  • ダブル・レインボー
  • 先日の土曜日(八日)の夕方、長女がLINEで写真を送って来ました。二重の虹が出てるよ!♪と。 二階のベランダから写したようです。二重の上の部分が、はっきり見えませんがhighになる気持ちは、とっても良くわかります (*^-^*)幸運の前兆とか言われているようですし虹を見たときは素直に、あ!虹だ〜〜♪と嬉しくなりますよね。地震の前兆とも噂され、、、まあ諸説あるでしょうが本当のところは分かりません。今回は、北海道で大 [続きを読む]
  • 85歳の先生は
  • 中学時代の85歳になる先生(男性)は、今でも教え子の安否を気にかけて思い立ったら、即電話をしてくれる。前のブログでも書いたが「いつまでも先生」と。遠く四国へ嫁いだ、UちゃんからのLINEで知ったことだが北海道の地震で、Mちゃんにも無事かと電話したらしい。そして、台風の通り道だったUちゃんにも安否確認の電話が来たという。先生は奥さんを亡くされ、今は一人暮らしです。二年前の同窓会では、一人一人にお酌をして下さ [続きを読む]
  • 夕暮れ時の高滝湖〜ダム
  • 先日の日曜日の午後遅く、友人が「今から行っていい?」とTELしてきました。夕飯の支度をする一時間を待ってもらいストレス解消に、癒される景色を見たいという友人は以前、私が案内した市原市の高滝湖へ行きたいと言う。ええ、何処でもお付き合いしますとも(*^^)v私も落ち込んだ時に、かなり付き合って貰いましたから。 ちょうど暮れかかる頃、淡い光に包まれて誰も居ない湖は静かでした。 市原市の二級河川、養老川に建設された [続きを読む]
  • イチジクの白ワイン煮
  • イチジクがそんなに好きかというと、それほどでも無いのにコンポートにすると、美味しく食べられる私です。この前、、、、二年ほど前に作った時はSNSのお仲間に、レシピを教えて戴き、赤ワインで、スパイスを4種類ほど入れて作り大人の絶品イチジクコンポートが出来上がりました。買い物に歩いていると、イチジクが盛んに目に入りまた作りたくなり、今度はさっぱりめの白ワイン、レモン入りで煮てみました。 イチジクは、皮を剥い [続きを読む]
  • 昭和を思い出させるレトロな祭りでした
  • 先日の「ある気隊」では、久し振りにフルメンバーが揃い千葉市若葉区の野呂町に在る、「慈眼寺」の大祭を見に行きました。 姐さん一押しで、懐かしい昭和レトロな雰囲気のお祭りなのよ!!みんなで揃って行こうねと、前から約束していました。〒265−0053千葉市若葉区野呂町1542慈眼寺(じげんじ)別名「清水不動尊」とも呼ばれているお寺です。周りは田圃、森、田園風景の中にある古刹です。ちなみに「泉自然公園」の近くでもあり [続きを読む]
  • バジルの香り〜ジェノベーゼソース
  • お盆が終る前に、もう新米が出回っていました。昨日は新サンマを、大根おろしで夕ご飯にしました。新米とサンマ!最強の組み合わせですね(*^^)vさて、新米を買ったのは、道の駅「つどいの郷むつさわ」でした。安いでしょう。ここはお値段が良心的です。ちょっと遠いけれど、ドライブがてらたまに行っては、新鮮な安い野菜を買って来ます。私は結構なパスタ好きですが、ジェノベーゼは、お店で頼んだことはあまりありません。でも、 [続きを読む]
  • 森の花火
  • 昨夜は、二組の娘一家と森での花火を見てきました。子供たちの夏休みも終わりに近づき、最後のお楽しみでした。 暮れなずむころ、芝生に思い思いにマットを敷いて花火は今か今かと待ちくたびれた頃、ようやくお腹に響く、ド〜〜ンという音と共に始まりました。 上手く写せないで、でも好きな色の花火が辛うじて写っていました。小さな子供向けに、猫の顔、カエルの顔、スイカ、、、なんて真っ赤なハートも、結構な歓声が上がりまし [続きを読む]
  • 夏の後ろ姿
  • お盆前に娘達から、クオードの森へ行かない?と誘われた。しかし暑いのとお盆前のせわしなさで、断ったがその時の一枚をLINEで送ってもらった。 川にアユを放流して、つかみ取りのイベントがあった様だ。鮎は小さくて、とても子供の手ではなかなか上手く捕まえられなかったようだが川遊びが楽しかった様子。YUZU(小2)に、水しぶきを掛けているのがYU-TO(小1)二人の間には、そこで出会った知らない子。みんな楽しそう♪もう夏 [続きを読む]
  • 病院ラジオ
  • まるで秋が訪れたような涼しさに、感謝以外の何物もない幸せな朝です。昨夜、買い物がてら3500歩ほど歩き、ドラッグストアの駐車場から見えた、夏祭りの花火が綺麗でした。窓辺のキャットタワーから外を見ていたシモンはド〜ンと大きな音が聞こえる度、ビクッと体を固くしその度、私の顔を振り返ります。3か月前は、私の中に存在しなかったシモンが、ずっと前から、当たり前のように傍に居る。そんな感覚って、きっとお互いの防衛 [続きを読む]
  • 盆中閑あり
  • 主婦にとっては、お盆は何かと忙しないですね。位牌を沢山背負っている私は、いつ誰がお焼香に来て下さるか長い事、お盆は気が休めない日々でもありました。有難くて感謝はしているのですが、修行の足りない私はふうふう言いながら、その期間を必死で過ごしていた時期がありました。地縁・血縁の多かった両親が逝って、早や、10年と15年が過ぎ最近は、想像もできなかったような静かなお盆を過ごしています。暑いのでお化粧もせず、 [続きを読む]
  • 水中花火が見たくて
  • 台風続きで延期されていた、白里海岸の花火大会に行ってきました。 屋台は沢山出ていましたが、混んでいて買えないといけないと思いコンビニのおにぎりと、ナナチキを買って女二人で花火観賞でした。 波打ち際で打ち上げられるたびに、波頭が白く浮かび上がって幻想的です。ド〜〜ンと、お腹に響く音が好いですね。スマホ撮りで、シャッターが遅く花火って、タイミングが難しいですね。 水中花火が見たくて、この蒸し暑いのに、の [続きを読む]
  • 海老とアボカドの小鉢
  • アボカドと海老は相性が良いようで、サラダや和え物、サンドイッチの具など、色々バリエーションがあり楽しい食材ですね。小鉢と書きましたが、黄色のパプリカを器にしてみました。 食材は、お刺身用の甘エビ。そして、アボカド・山芋・納豆・オクラ・玉ねぎ海老は尻尾を取り、オクラはさっと湯がいて輪切りに。器にするパプリカも、オーブンで焼いて冷ましておきます。材料を、さいの目に切り、わさび醤油で和えて器に盛って海苔 [続きを読む]
  • 朝顔
  • 朝早く起きなければアサガオには出会えない。当たり前ですね。昨年、江戸時代の朝顔を集めた展示会場に、11時ころ辿り着き一部、萎れかけた花に対面し、受付の女性が「朝早く来られれば綺麗な所を見られますよ〜。」と「そりゃあそうですね!だって朝顔ですものね〜〜(笑)」と顔を見合わせ、大爆笑しましたっけ。昨日の朝、早く眼が覚めて朝散歩をしました。気温27度。風も時折吹きすぎて行き、涼しく感じました。 歩道のツツジの [続きを読む]
  • あの夏の
  • 歩きの時に見つけた空蝉です。 夜7時に歩き始めるので、外灯の薄明りの中で他所様のお宅の玄関前で見つけた空蝉を写真撮りするにも遠慮しつつ、そそくさと二〜三枚写してきました。地上に出てからの儚い時間と「うつせみ」という言葉が相まってなぜか、この生き物の抜け殻だけは、親しみを持たずにいられません。たった一度きりの夏。今日の短歌は、小野茂樹の有名な「あの夏の」で始まる歌をご紹介しようと思います。あの夏の数 [続きを読む]