グリンプス さん プロフィール

  •  
グリンプスさん: 首都圏予備校講師派遣グリンプス
ハンドル名グリンプス さん
ブログタイトル首都圏予備校講師派遣グリンプス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/judge39802078n/
サイト紹介文首都圏の予備校講師が全国のご家庭に!ご相談は何度でも”無料”です!
自由文受験勉強は基本理解につきます。変な00法などというまやかしが多いですが、基本をしっかり理解して問題を解く。この繰り返しです。受験に秘策など本来無いはずです。なぜなら大学は真理探究の場であり、入学後そうしたアカデミックな環境についていけるかの基礎学力を問うのが入試であれば、そんなところで小手先のテクニックを用いて大学生になったところでその後なにを期待するのでしょうか。自分が苦しむだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供478回 / 334日(平均10.0回/週) - 参加 2010/05/07 20:44

グリンプス さんのブログ記事

  • 人生はわからない
  • 自分は、今英語で飯を食っている。中学時代一番苦手だったあの英語で、生計を立てている。理数系は、偏差値70を超えていた。中学時代の英語の教師は、殴る、蹴る、お気に入りの音楽をカセットで聞くだけの授業だった。殺してやりたかった。殺意しかなかった。でも、殺さなくてよかった。その後、精神病院に収容されたらしい。やっぱり基地外だったのか。社会の教師もくるっていた。自慢話で授業の半分を使っていた。埼玉大学の経 [続きを読む]
  • 司法試験に受かったら
  • 色々と我慢をしている。大学受験の時もそうだった。意味が解らず、ただ出題されるからという理由だけで多大な時間をかけ、結局無駄な時間だった後悔しきりになる。いまでも「古文」を勉強することのいみが判らない。あんなものは、「古文」だから題材は発展しない。だったらデータベースを作ってやりたい人だけにやらせておけばいい。さらに「歴史」。歴史の勉強は必要だ。でも、年号と名前を覚える作業は、時間の無駄だ。それから [続きを読む]
  • 投票権
  • 最51・4・14不平等が生じたとしても国会が正当に考慮することのできる重要な政策的目的ないし理由に基づく結果として合理的に是認することができる場合がある。P190 [続きを読む]
  • 嫡出子判決
  • 旧民法900条憲法14条問題裁量権を考慮しても区別に合理性の根拠が認められない場合には、当該区別は違憲二重の基準経済的自由に関する合憲性  ↓合理性の基準積極的、消極的規制14条の違憲判断・列挙事由1立法目的が正当・必要性2手段(差別)が最小限度・許容性非列挙事由目的と手段に合理的関連性 [続きを読む]
  • 堀木訴訟
  • 障害福祉年金と児童扶養手当の受給資格憲法14条と25条問題25条裁量権の逸脱・濫用と認めらる場合を除き、裁判所の介入は、好ましくない。14条合理性のない不当な差別的取扱いの場合は、違憲問題に発展する。 [続きを読む]
  • 死地での覚醒
  • まだ、死地に足を入れていない。まだ、こころに甘さがある。少し風邪を引いたぐらいで休もうとする。死地にいたら、そんなことは言ってられないはずだ。真剣さがたりない。自分の方から剣先に向かわなければいけない。精神一到何事不成 [続きを読む]
  • 負けられない
  • 奥村 武博 :公認会計士元阪神のピッチャーだった人。一念発起して公認会計士に合格。バイト先でテーブルを片付けているときにふと手にした資格の本に載っていたことがきっかけ。根性あるな。まさにゼロからのスタート。予備校の学費をアルバイトで捻出。自分は、恵まれすぎている。帝大で、一流の先生から法律を教わった。全教科、司法試験の委員だった先生だ。司法試験を作成している人たちから直に法律を教わった。その上、大学 [続きを読む]
  • これからの時代の変化に備えること
  • 情報が、命だ。知っているひとが生き残り、知らない人間が死んでいく時代になる。日本のマスコミは、最後までなにも報道しないだろう。現在まで多くのコメンテーターがいたが、その大半が、「内閣官房機密費」からのお金を貰っていた。そして、政府向けのコメントをしてきた。善人ずらして。日本国内の情報では、不十分だ。いち早く手を打てる状態にするには、まずは「英語」。それも現地の英語がわかる状態でなければ意味がない。 [続きを読む]
  • これからの日本
  • 今までの常識が通用しない時代になる。今までの日本。隠れたる特権階級。旧華族、宮内庁の特権を守るために日本というシステムが構築された。それ以外の日本人は、たとえ年間700万円を超える租税を払っていても無収入になった途端、ホームレスへまっしぐらだ。今後の日本、年収1億か、それ以下に分かれる。1億以上の人は、税金の安い海外へ移住する。それ以外の日本は、高度高齢者社会と化した日本で1年ごとに生活水準が低下 [続きを読む]
  • 自殺
  • 人生のなかで八方塞がりということは起こりえる。どこを見ても出口がないこともある。でも、そこから抜け出すのが、本当の力だ。出口がない場合。自分で掘ればいい。一番外と薄いところを見つけて掘ればいい。掘る物がない場合。手で掘ればいい。生き抜くことだけを考える。そうすれば、知恵が生まれる。それまでなかった道が開けるものだ。なければ自分で作ればいい。大切なことは、生き抜くことだ。 [続きを読む]
  • また人身事故
  • 毛呂山町の18歳の女性。毛呂山町は、武蔵越生高校の近くの町だ。埼玉医大もある。教え子が何人かいる。日本医療科学大もある。そこにも教え子がいる。どきりとする。嫌なニュースだ。死のうと思ってもそこから挽回するのが人間力だ。それを教えるのが本来の教育だ。自分は出来ていたか。 [続きを読む]
  • 株式譲渡P175
  • 株式会社は、物的会社。社員と感謝との関係および社員相互の関係が希薄。間接有限責任。1、会社財産から株主への出資の払い戻しは、原則として認められない。2、投下資本の回収は株式譲渡によって実現される。  株式譲渡の自由の原則(127条)例外1、定款で明記2、株の発行前の譲渡3、子会社による親会社の株の取得 [続きを読む]
  • 株主平等の原則P149
  • 株主平等の原則株主は、株主としての資格に基づく会社との法律関係において、その有する株式の数に応じて平等の取り扱いを受ける。(109条1項)1、議決権2、利益配当請求権少数株主権[297条1条)議決権以外の共益権 [続きを読む]
  • 見せ金P136
  • 預合い(492→965)罰金、懲役見せ金1、出資するにあたって借金をする。適法2、現金を銀行に振り込む。適法3、銀行が補完証明書を発行。適法4、保管証明書と認証済みの定款を登記所に提出。適法5、会社設立問題点代表取締役が、会社設立後、銀行の預金を引出、謝金した先に返金する行為。会社設立の段階の借金は、会社の行為ではない。代取個人の借金の返済に会社の財産を流用していることになる。横領罪。(刑事罰)損 [続きを読む]
  • 商法が山
  • 専攻は、企業形態法しかし、自分は逃げた。卑怯にも逃げた。商法の体系的理解ができていない。キーワード大量、迅速、簡略加藤先生が述べている。 [続きを読む]
  • 風邪を引いた
  • 行政書士試験が終わったくらいからおかしかった。でも、緊張していたので、わからなかった。昨日、雨の中、三鷹校舎から自転車で帰宅したのが致命傷かな。試験対策で、結構予備校にはわがままを言わせてもらっていたのでこれ以上休めない。今、新たにもった生徒の成績からしてこっちも休めない。法律の本を読んでいると字が回転してくる。今日は勉強にならない。今日は勉強おしまい。 [続きを読む]
  • また冤罪
  • 看護婦が、12年の懲役を受けた。ちょっと痴呆の気がある。自分も警察の取り調べを受けたからわかる。取り調べの場では、無法地帯だ。取り調べの最中、恐ろしい目に会わされたのだろう。ドラム缶殺人事件の被害者の女子高生の検死で、その脳が委縮していたことがわかった。人間は、限界を超える恐怖体験をすると脳が変化する。なんて国だ。自分も、別の部屋に移った途端、バックを開けられ、中身を調べられた。完全な違法行為。で [続きを読む]
  • 札幌タクシー事件
  • 弁護士が、タクシーで、暴行した上、料金を踏み倒した事件。罪名:強盗しかし、書類送検はされないだろう。理由は、警察が無能だから。まず、条文知識が全くと言っていいほどない。さらに態度がでかい。弱い人間に対しては特に。自分も、駅で殴られたことがあった。当然、捕まえて警察に突き出した。見るからにバカそうな警官がきた。なにも聞かずに「双方暴行だ」幼稚園が難しい言葉を覚えてそればかり使おうというのとそっくりだ [続きを読む]
  • 感謝
  • 再び、法律の勉強ができる。再び司法試験を目指せる喜び。旧試験制度が終わった。目の前にあった道が消えた。自分の努力では、どうにもならなかった。「予備試験」一条の光が射してきた。朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり。人生は、「運」だ。 [続きを読む]