グリンプス さん プロフィール

  •  
グリンプスさん: 首都圏予備校講師派遣グリンプス
ハンドル名グリンプス さん
ブログタイトル首都圏予備校講師派遣グリンプス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/judge39802078n/
サイト紹介文首都圏の予備校講師が全国のご家庭に!ご相談は何度でも”無料”です!
自由文受験勉強は基本理解につきます。変な00法などというまやかしが多いですが、基本をしっかり理解して問題を解く。この繰り返しです。受験に秘策など本来無いはずです。なぜなら大学は真理探究の場であり、入学後そうしたアカデミックな環境についていけるかの基礎学力を問うのが入試であれば、そんなところで小手先のテクニックを用いて大学生になったところでその後なにを期待するのでしょうか。自分が苦しむだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供820回 / 365日(平均15.7回/週) - 参加 2010/05/07 20:44

グリンプス さんのブログ記事

  • 部活動顧問
  • 水泳は、かつてNASスイムスクールでコーチのバイトをしていた。25mは、12秒ちょっと。ラグビー部が一番かな。英語ができるから、本場のテキストを全部読める。最新の指導が可能。柔道は黒帯。でも柔道は大嫌い。野球。今日は、赴任校の野球部の練習を見学した。なかなか大変。でも、下半身ができあがっていない子が多い。基本練習は、嫌いなのだろう。送球が安定しないのは、下半身が支え切れていないから。でも8kmぐらいの [続きを読む]
  • 今どきの歌
  • 生徒が課題で「歌謡曲」を選んでいた。いつのころからだろう。日本の歌が使い捨てのインスタント商品になったのは。たぶん、秋元というやつからだ。「セーラー服を・・・」ってやつからだ。昔の歌は、肝にずしりと響く歌があった。「美しき狼たち」とか。「セーラー服を脱がないで」を聞いて歯は食いしばれないが、「美しき狼たち」なら勇気が振り絞れる。べつに、大声を張り上げているわけではない。淡々と歌う曲だ。でも、ずしり [続きを読む]
  • 全国高校ランキング
  • 有名国立大進学実績より1〜14位まで西日本3位に筑波大学附属駒場が入ったが、15位の開成。42位で麻布が入った。それでおしまい。東日本は全滅。西日本の圧勝。50位まで3校しか入らない。全国高校数約5000校東京はトップで435校埼玉200校埼玉県の高校は全て圏外。全国レベルでいけば、問題外。 [続きを読む]
  • 一般常識
  • 普通は、高校生時代は最も輝いていた時代と言う。そして、同級生同士で昔を懐かしむ。自分の高校生時代。暗闇。一寸先が闇だった。未来なんかなかった。だからこそ、力石の気持ちに共感できた。他に生き方を知らない人間の不器用な生き方に自分を重ね合わせた。そうしてもがいて、みっともないほどもがいて漸く生き方を見つけられた。高校生に戻りたいか。とんでもない。またあの暗闇になんか。今、義務教育という刑務所を出所して [続きを読む]
  • 自分の教師力
  • 駿台予備学校の全国模擬試験の添削講師に採用されたとき、学校の説明では、「高校の教員の方は、まず採用しません。偏見ではなく、筆記試験に合格できないからです。大學で非常勤されてる方でも5人に付き1人、筆記試験に合格すればいいほうです。従いまして、皆さんは、表の授業を担当されることはございませんが、予備校業界でトップレベルの力をお持ちであることは、私共が保証します。」そして、今回赤本の執筆者になった。高校 [続きを読む]
  • 埼玉県の県教員
  • 埼玉県の県教員は、社会性に問題がある教員が多い。自分は、母校・埼玉県立朝霞高校で教育実習をやった。ご父兄からの差し入れを「エサをもってきてやったぞ」といって、机に放り投げた教員がいた。人から物を貰って「エサ」呼ばわりするとは、歴史の教員だった。さらに、自分の履歴書を机の上に無造作に置いた教員もいた。情報の管理ができていない。しかも、そいつは政治経済担当だ。「守秘義務」を生徒に教える立場の人間だ。そ [続きを読む]
  • また評価が下がった。
  • ネットの評判が発表された。また下がった。なぜ、少なくとも、下半身丸出しで街を走ろ回る埼玉県の教員よりも女子高生のパンツを隠し撮りしている、いや、今はもっと大胆に自分の生徒にブリッジを強要し、写真を撮っている変態、埼玉県の教員よりもましだと思うのだが、これらは、比べるまでもないが、進学実績だって、近所の公立高校に勝っている。でも、ネット上では、蛆虫、ダニ、団子虫扱いをされている。もっと頑張れという激 [続きを読む]
  • 異常事態
  • 埼玉県の教員が1月に一人のペースで女子児童・生徒のパンツを盗撮して、免職になっている。有史以来、初めてというのならわかる。でも、毎月というのは、明らかに人選に問題がある。埼玉県教育委員会ではなく、別の組織に依頼したほうがいいのではないか。例えば、人事院に頼むとか。教職員も人事院で一括して採用試験を行えばいいのに。 [続きを読む]
  • 英語は面白い?
  • 法律は、面白い。たぶん勉強環境も影響している。日本一の司法試験指導者に法律の導入部を教わった。因みに、東大法出身。名大に入学し、師匠は京大法。当時の名大は、東大・京大・名大出身の教授ばかりだった。今にして思えば、贅沢な話だ。司法試験を受けるって言って、その試験を作っている人から直に教わっているのだから。神々が集った場所だった。卒業してわかった。在学当時は、化け物クラスが普通にいるのでそれが当たり前 [続きを読む]
  • 法律は面白い
  • 法律の勉強をしていると時が経つのを忘れる。本当は、英語の教師ではなく、政治経済の教師になりたかった。というか、弁護士になりたかった。点が線で結ばれた瞬間の感動。英語の勉強では、味わえない。例えば、「法律の優位」という言葉がある。「法律に反する条例は、法律に抵触する限りで無効」という見解があるとする。これは、間違い。「法律の優位」の制度趣旨を理解していない証拠。「法律が存在する場合、行政活動はこれに [続きを読む]
  • やっぱり東大はすごい
  • 法学の師匠は、名大の恩師。でも、法学へ誘ってくれた先生がいる。東大法学部。一発で司法試験合格。真似しようとしているのだけれどうまくいかない。一日13時間勉強。確か、3つをあきらめるといっていた。1、金銭・貧乏をこわがるな。勉強しろ。2、恋人・勉強時間に投下しろ。3、社会的地位・先生は、大学の単位を取った後は、下宿に閉じこもって勉強した。もっと正確に言えば、夜警の住み込みの仕事をした。1、金銭・予備 [続きを読む]
  • 漸くスタート
  • 行政書士問題集を2周終え、いよいよ、司法試験と並行して作業ができる。憲法からもう一度行政書士の問題集をやり、同時に司法試験・短答行政法をやる。司法試験は、行政法→商法英検も近づいているので、兼ね合いが難しい。 [続きを読む]
  • 初めての経験
  • きちっと頭を下げて挨拶をしたら、「そんなのいらないから」と言われた。手で追い払うような素振りを示して。頭にくるより、感動した。世の中にこんな生き物がいることに。教員同士の初めての挨拶だ。どうゆう価値観なんだろう。でも、そんなものか。 [続きを読む]
  • 行不法と行事法における執行停止
  • 不服法の方は、原則:執行不停止の原則があり、例外的に1、裁量的執行停止2、業務的執行停止がある。1、は審査請求人の申し立てにより審査庁が職権で2、重大な損害を避けるため緊急の必要性がある場合、審査庁が判断。行事法本件の判決を待っていては、原状回復に問題が生じる場合。ということは、本案訴訟が存在することが要件の一つになる。 [続きを読む]
  • 再認識
  • 長い夏休みが終わり、久しぶりに自分の生徒にあった。やっぱり、自分の生徒が一番かわいい。ものすごく手がかかるが、よく、教員には我慢する気質が求められる。でも、それは普通の高校。うちは、ハイパーマゾの気が必要。生徒にいじられて楽しくなるぐらいじゃないと務まらない。だんだん、自分の職分がなんであるか、真剣に悩むときがある。高校教員なのか、たまたま高校生達が遊んでいるところへ紛れ込んだ近所の変態なのか。自 [続きを読む]
  • 文化人と芸人の違い
  • したり顔でコメントをする芸人。あれは金を稼ぐための芸だ。決して文化人ではない。文化人であれば、少数者の人権を常に考慮した行動・発言が求めれらる。典型例が戦前に起きた「世界文化」事件だ。https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180909000117あろうことか、教員が「治安維持法」で思想犯として検挙された家族に対し、その子供に対し、授業中に教壇に来させて全員の前で、猿真似をさせたということだ。万死に値する。 [続きを読む]
  • 理解に苦しむ
  • 佐賀県の女子高生自殺の幇助・刑法202条ということで佐賀県警は、27歳の男を書類送検した。刑法が適用されるには1、構成要件2、違法性3、責任の3つが認められなければいけない。死亡した人間は、最初の客観的構成要件の行為の主体になれない。したがって、死亡した人間を告訴することはできない。送検したということは、嫌疑があって、公訴権を有している検察官を経由して裁判をしてもらいたいという趣旨だろう。やっぱり [続きを読む]