kojy-hotrod さん プロフィール

  •  
kojy-hotrodさん: めんたいブルース
ハンドル名kojy-hotrod さん
ブログタイトルめんたいブルース
ブログURLhttps://ameblo.jp/kojy-hotrod/
サイト紹介文福岡在住・「こじ」が大好きな音楽ブルースを中心にお届けするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/05/10 19:35

kojy-hotrod さんのブログ記事

  • アレサ・フランクリン 1942年3月25日 - 2018年8月16日
  • アレサ・フランクリンが亡くなりました。死因は膵臓がん。ミシガン州デトロイトの自宅で息を引き取ったそうです。76歳でした。数日前からニュースでも危篤の状態であることが報じられ、世界中のファンが心配していましたが、残念ながら帰らぬ人となりました。親族や親しい友人に看取られたとの事で、最後はきっと幸せな気持ちで天国へ召されたのだと思います。クイーン・オブ・ソウルの称号を欲しいままにした、唯一無二のシンガー [続きを読む]
  • 最凶女装計画
  • 先日、「最凶女装計画」というコメディ映画を観ました。原題は「White Chicks」で、直訳すると白いヒヨコちゃん。つまり、「白人のねーちゃん」みたいなニュアンスでしょうか。主役は黒人の落ちこぼれFBI捜査官2人組。彼らは富豪の白人姉妹のボデイガードを任されます。しかしながら、姉妹はちょっとしたトラブルで顔に小さな傷を作ってしまいます。「こんな顔では人前に出られないわ」と言い出したので困ったFBI捜査官。何を思っ [続きを読む]
  • エピフォン ES-295 スペーサー自作 Ver2.0
  • メインギターのES-295。二年前にちょっとした加工を施しました。その記事はこちら。https://ameblo.jp/kojy-hotrod/entry-12153430272.html 今回はこれの補正になります。 最近オクターブ・チューニングが合わず気になっていました。ブリッジはこんな風で、サドルはエンド側いっぱいいっぱいなのでこれ以上は下がりません。改善するにはブリッジごとエンド側にずらさないと駄目なわけです。なので、今回も前回同様にアクリル板のス [続きを読む]
  • ライブ告知 (2018/07/21) 舞鶴 B.B.ケンチャン
  • おっと!忘れてた。今度の土曜日にライブやります。福岡市中央区のB.B.ケンチャン。ここは、最近では博多ブルースマンの溜まり場になってます。そんなお店に我々 The Blues Prisoners (ザ・ブルース・プリズナーズ) が初出演です。対バンは、なんと実力派の The Shuffle Mavchine (ザ・シャッフル・マシーン)。どちらも活きの良いブルーズバンドですよ!ぜひ、お見逃しなく!! 開催日 2018年7月21日 開場 19:30 開演 20:00 [続きを読む]
  • VA - Okeh Chicago Blues
  • 今日はコンピレーションアルバムをご紹介。Okeh は日本語表記では「オウケー」と書かれます。レコードレーベルの名前で、1918年から1969年まで黒人音楽を専門にリリースしていました。ブルーズだけでなくR&B等も取り扱っていました。今回紹介するのは、そんなオウケーに残された数多くの音源からシカゴ・ブルースをキーワードに選出された珠玉のブルーズナンバーばかり、しかも時期は1934年から1947年と限定されたマニアックな内容 [続きを読む]
  • BOSS Tremolo TR-2
  • 我々年代にとって、エフェクターといえば BOSS。35年位前はホント選択肢が少なかったですね。過去記事にも書きましたが最初に買ったのもBOSSのフェイザーでした。で、今回はトレモロのご紹介です。BOSS Tremolo TR-2は音量を揺らす系のエフェクターです。トレモロは3台目の入手となります。そもそも購入予定はなかったのですが、暇つぶしに立ち寄った近所のリサイクルショップで税別2,990円で売られてたんです。もうそりゃ試しに買 [続きを読む]
  • 自作スライドバー2018
  • 随分前の記事ですが、スライドバーの自作にトライしました。その記事はココ。しかし、なかなかうまく行かず。結局市販品を使っていたのですが。我らがThe Blues Prisonersのもうひとりのギタリスト・ちゃぼみくんが、先日自身のブログで自作スライドバーの記事をアップしていました。ガラスを切断できるノコギリだそうで。うーやられたなぁ。と思いつつ、俺も再度トライしようかな、なんて思い始めたのでした。 ネットを彷徨ってい [続きを読む]
  • Teri Moise - Teri Moise
  • 今日はテリ・モイーズについて書きます。と言っても、詳しく語れるほど彼女のことを知りません、ごめんなさい(汗)ネットで調べてもソースが非常に少ないです。ウィキペディアによると、1970年3月生まれ。ハイチから両親とともに米・ロサンゼルスに移住しました。1990年、フランスで文学を学びその後帰国。音楽活動を開始し、1996年に本作でデビューし、50万枚を売り上げたそうです。そして2013年5月マドリッドのホテルで自殺・・・亡く [続きを読む]
  • Muddy Waters - Can't Get No Grindin'
  • マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)のCDを数えると、13枚持ってました。もしかしたらもう少しあるかも・・・。ミシシッピでスカウトされるきっかけになったものに始まり、チェスに所属してシカゴブルースの帝王になっていく時期のもの、名盤ニューポート・ライブ、問題作の「Electric Mud(エレクトリック・マッド)」、それからジョニー・ウインター(Johnny Winter)と組みリリースしたブルースカイの3枚。あとはブートレッグの [続きを読む]
  • ライブ御礼 (2018/03/10) 舞鶴 Kid Rock
  • ライブ前の告知を忘れてました・・・。今年初めてのThe Blues Prisonersのライブは初めてのお店。博多の古くからの飲み屋街である親不孝通りから路地に入った所にありました。お店の入り口はこんな感じ。リハを終えて近くの炉端焼きのお店で軽く呑む。モツ味噌煮込みをお店の外で食べます。これが旨かったねぇ。さてライブ開始。トップバッターです。今回俺は I'm Ready、Good Lover、Texas Floodの3曲を歌わせて頂きました。そして、 [続きを読む]
  • Lonesome Sundown / Been Gone Too Long
  • 1928年12月12日、ルイジアナ生まれのコーネリアス・グリーン3世は1956年エクセロレコードからデビューする時にロンサム・サンダウンと名付けられました。「寂しき日没」。これ以上にブルーズな名前はないですね。その後エクセロには8年在籍して多くのシングルを発表しましたが、大ヒットには恵まれず、最後には音楽の道を諦め宗教家になったそうです。人生がブルーズですね・・・・ 今回ピックアップした作品は、そんな波乱万丈な彼が [続きを読む]
  • JOYO JF-14 American Sound
  • 昨年入手したペダルです。ネットで評判が良かったし、YouTubeで聴いた音もかなり好きでした。コンセプトは Fender '57 Deluxe のシミュレート。ネット上には「TECH21/Sans Amp Blondeのクローン」と書かれているサイトもありますが、真偽のほどは定かではありません。因みにコントロールの数は同じですから・・・以下略。中華製品にもかかわらず、作りは悪く無さそうなので入手してみました。価格は何と!4000円以下ですよ、奥さん! [続きを読む]
  • 謹賀新年 2018
  • ブログ読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もマイペースで好きな事を綴っていきたいと思います。 さて、去年を振り返ります。まずバンド活動ですが、ライブは5回出演しました。2ヶ月に1回のライブを目標にしてたので、ちょっと少なかったかな。今年はそれ以上やりたいです。 それからエフェクター購入ですが、2017年は2個購入しました。まだレビューを書いてないので、そのうちアップしたいなと思ってます。 次に、 [続きを読む]
  • ライブ御礼 (2017/12/17) 大橋ALAN
  • 先日、我らがThe Blues Prisonersの今年最後のライブが行われました。福岡市南区大橋のALANというお店です。このお店はずっと前はクラブ49というブルーズバーでした。その後、オーナーが変わってZOEという店になり、それが5,6年続いたかな?現在はまたオーナーが変わりALANというお店になっています。オーナーは楽器をやらない方なのですが、音楽に関する情熱は強くお持ちの方で、出演者を探しておられるとの事でしたので、今後の [続きを読む]
  • Memphis Slim / at The Gates of Horn
  • メンフィス・スリム(Memphis Slim)はブルーズ・ピアニスト。多くのアルバムをリリースしていますが、ギタリストの自分としてはピアノ・ブルーズはコレクションする優先順位が低いので、このアルバムしか持ってません。あと、彼の歌声は鼻にかかってる感じで、なんとなくオカマっぽい気がします(笑)。でも、もしかしたらブルーズらしさを出す為にわざとそんな声で歌っているのかもしれないなぁ、と思ったり。そもそも彼の話し声 [続きを読む]
  • Junior Wells / Coming At You
  • 今年も あっという間に12月になりました。早いものです。ブルーズCDについての投稿をしばらくしてなかったです・・・反省。 今回は Junior Wells(ジュニア・ウェルズ)「Coming At You」についてです。彼の60年代後半のディスコグラフィーをWikiから引用すると1965年 Hoodoo Man Blues (Delmark)1966年 It's My Life, Baby! (Vanguard)1968年 Coming at You (Vanguard)1968年 You're Tuff Enough (Blue Rock)1969年 Live at the [続きを読む]
  • Chuck Berry / Gold
  • チャック・ベリーが亡くなったのは、今年の3月18日でした。あっという間に半年以上経過したのですね。 ロックン・ロールが好きな人間で、彼の名を知らない人はいないでしょう。僕と彼の音楽との出会い、それは1980年頃だったかな。ギターはもう弾き始めていて、ロックン・ロールっていう素敵な音楽がある事をシーナ・アンド・ロケッツが教えてくれました。 当時、早朝のラジオでオールディーズをひたすら流す番組があったのでそれ [続きを読む]
  • ライブ御礼 (2017/10/07) Jamlto西新
  • お店のオーナーからFacebookのThe Blues Prisonersのぺージにメッセージが届き、出演させて頂くことになったイベント。フタを開けると対バンは凄い方々で、我々メンバーは正直ビビってしまいました。まずはThe RokkeTrio。 ロケット副島さんの3ピースユニット。副島さんは博多ブルース界の中でナンバーワンのオールラウンドなブルース・マン。Trio The Rainbow のベースの阿部さんは 別のバンドで中洲ジャズに出演された方。そんな [続きを読む]
  • GUILD (ギルド) S-200
  • ※商品レビューではありません。自分の物欲をメモにして残してるだけですので、悪しからず!発端はこの写真。Facebookのタイムラインに流れてきた。あぁっ、これってあれだよね?マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)が60年代の迷作「Electric Mud」で使ってたギターだ!シェアした自分に、西先輩から「ボディの裏に立て掛ける為のスタンドが付いてる。」という、メチャわくわくするコメントが。なんだそりゃー!?というわけで早 [続きを読む]
  • ライブ告知 (2017/10/07) 西新 Jamlto
  • ライブ告知です!Jamlto Super LIVE 日時:10月7日(土) オープン 19:00場所:Jamlto西新 (福岡市早良区 西新4-7-17 2F)TEL:092-832-6901出演:19:30 The Blues Prisoners20:30 Trio The Rainbow21:30 The RokkeTrioチャージ: 1,500円 + 1ドリンクTrio The Rainbow と The RokkeTrio には先日行われた中洲ジャズに出演された方もおられます。演奏はアマチュアながら、まさに本物の演奏が見られますよ!お見逃しなく! [続きを読む]
  • ライブ告知 (2017/09/17)
  • ライブ告知です!いつもお世話になってる Live Bar i&iですが、この度、5周年記念ライブイベントが開催されます。9月16〜18日の3日間なのですが、我々The Blues Prisonersは、9月17日(日)に出演させていただきます!【場所】Live Bar i & i (通称 アイアイ) 福岡市中央区清川1-10-14【日時】 9月17日 オープン 19:00、スタート 19:30【会費】 3,000 (19:00〜1:00飲み放題) ☆連日割引(2日目2,000/3日目1,000) [続きを読む]
  • ライブ御礼 (2017/08/27) 筑紫野市 MOVEment
  • 投稿的には日時が逆になっちゃいましたーメンゴメンゴです。 8月27日、筑紫野市のMOVEment というお店に出演しました。ここは日頃はCDや楽器を販売しているお店で、ライブをやる日になるとその会場に変身すると言う。ウィーン、ガキーーン、ゴゴゴゴゴって感じで陳列棚や客席がボタンひとつで動くお店のようです。うそです、人力だそうです・・・会場設営には間に合いませんでした、ゴメンナサイ。 実は、我らが The Blues Prisoners [続きを読む]
  • 中洲ジャズ 2017
  • 中洲ジャズ。毎年行われているイベントなんだけど、数年前からお客さんがそりゃもう多くて。だから、演奏者の顔が見えない、なんてことも普通にあるわけで。去年は「見えないから楽しくない」って理由で不参加だった俺。でも、今年は面識のあるロケット副島さん率いるROKKET SOEJIMA BLUES BAND が出演する、と聞いたからには応援に行くのは当然。8月終わりの千代でもセッションして遊んだ仲だしね。 会場に着くと、もう3列くらい [続きを読む]