kojy-hotrod さん プロフィール

  •  
kojy-hotrodさん: めんたいブルース
ハンドル名kojy-hotrod さん
ブログタイトルめんたいブルース
ブログURLhttps://ameblo.jp/kojy-hotrod/
サイト紹介文福岡在住・「こじ」が大好きな音楽ブルースを中心にお届けするブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/05/10 19:35

kojy-hotrod さんのブログ記事

  • Nina Simone & Piano
  • このアルバムはニーナ・シモンの長い音楽活動歴の中でも、RCA在籍時代の最高傑作と言われているようです。全編ニーナの弾き語りです。こういうアルバムは単調になる事もままありますが、そこはさすが幅広い音楽のバックボーンを持った彼女。様々な作曲者の作品をカバーする事で最初から最後まで飽きさせない、それでいて通して聞いても統一感のある素晴らしいアルバムになっています。最初のリリースは1969年です。1. Seems I'm Ne [続きを読む]
  • Dr.Feelgood / Malpractice
  • 黒人ブルースを目指す者にとっては黒人以外の3コードミュージックは多少、害がある。なぜなら。それでなくても黒人のノリを盗むのは難しい作業で、白人なんて聴いてたら黒人っぽくは演奏できない。・・・そういう縛りを自分に課して、黒人以外の音楽を聴くのは控えめにしてました。そんな生活が約6年位、The Blues Prisonersというバンドと共に続いたかなぁ。効果としては良かったと思います。しかしながら、今年は幅広く楽しもうと思 [続きを読む]
  • Hop Wilson - Houston Ghetto Blues
  • ブルーズ好きのブログと謳っているのに、2018年に紹介したブルーズCDはたった5枚。ごめんなさい、これではあきまへん。というわけで、こないだ入手したCDのレビューを早速ぶっこみます。ホップ・ウィルソンは1921年4月27日テキサス州グレープランド生まれ。1975年8月27日にテキサス州で死去。スタイル的にはスチール・ギターでブルースする、結構レアな方。P-Vine特別編集のアルバムなので、アマゾンとかにもヒットしませんね。ま [続きを読む]
  • George Thorogood / I'm Wanted
  • 1982年頃かな?北九州・若松にもレンタルレコード屋さんがあって、そこで借りたのがこのアルバムです。チャック・ベリーみたいなのを探していたのから、ジョージ・ソログッドはビンゴでした。スライドギター、オープンチューニングというスタイルなので、耳コピは無理でしたね。当時の僕にはスライドギターやオープンチューニングもどちらも理解不能。本屋さんにもそんな教則本は置いてませんでした。当然、インターネットも無かっ [続きを読む]
  • 謹賀新年 2019
  • ブログ読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年も飽きずにボチボチと書き綴りたいと考えています。お付き合い、宜しくお願い致します。2018年は、あまりブルーズCDを購入しなかったな、と思って調べたら12枚でした。安く中古で買えたものばかりです。その中で良かったな、と思ったのはこんなCDです。Howlin' Wolf / Live And Cookin'やっぱりブルーズは生!ライブが一番!と再確認させてもらえました。Live & Cookin at [続きを読む]
  • Rolling Stones / Start Me Up
  • これまで僕の中学校、高校時代のロックとの出会いなどについて連続して書いてきました。邦楽ではなく、洋楽との出会いについても少し触れましょう。中学校頃からFMラジオで流れるオールディズをエアチェックしていました。この頃にいろんな3コード音楽を聴きました。チャック・ベリー、エディ・コクラン、バディ・ホリー、ビートルズ・・・。録音したカセットテープは当時、宝物でした。で、RC、シナロケがインタビュー記事で、ローリ [続きを読む]
  • シーナ&ザ・ロケッツ / YOU MAY DREAM
  • 前回は、僕がRCサクセションでR&Rに目覚めたエピソードを書きました。北九州・若松生まれの僕にとって欠かせないバンドがシーナ&ザ・ロケッツです。何故ならヴォーカルのシーナさんの生まれ故郷でもあるからです。彼らを知る前に、YMOの存在がありました。ツアーバンドに助っ人ギタリストとして参加していたのが鮎川誠さんでした。そういう繋がりもあって、2nd Album 「真空パック」はYMOが全面的にバックアップしています。このア [続きを読む]
  • RCサクセション / 雨上がりの夜空に
  • 僕が音楽・・・ロックを好きになったきっかけがこの曲です。1980年代の、中学1年生の頃だったと思います。ラジカセで何でも録音するのが大好きな少年だった僕は、FMラジオの音楽番組のエアチェックも大好きでした。歌謡曲のトップテン番組なんかも週に2,3番組やってて、そこで好きな曲を録音してました。サザンオールスターズとか、世良公則&ツイストとか。あとはアイドル系(笑)そんなある日、トップ10番組ではないのですが、たま [続きを読む]
  • 活動休止について思うこと
  • The Blues Prisoners は休止しましたが、俺の音楽熱は衰えていません。実はバンド名にブルースという単語を付けた為、これまで演奏曲目にやや窮屈さを感じていました。個人的には、ロックン・ロール、R&B、ジャズなんかも別け隔てなく聴いていますので。もしも新しくバンドを始めたら、自分が「やりたい」と思った曲を皆さんにも聴いて頂きたい、そんな事を考えています。このブログのテーマにも「A Favorite Tune」という項目を少 [続きを読む]
  • 活動休止について
  • 2012年に結成したThe Blues Prisonersですが、この度、活動を一旦休止する事になりました。解散ではありません。これまで応援頂いた皆様、有難うございました。いつになるか分かりませんが、また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。 [続きを読む]
  • ライブ御礼 (2018/11/17) 筑紫野市 MOVEment
  • 告知を忘れていたのでいきなり御礼です、すみません。我らがThe Blues Prisoners のヴォーカル&ギターのちゃぼみがいつもお世話になっています、筑紫野市二日市のMOVEmentさんにて、ブルースフェスティバルを開催致しました。そこに出演し、いつも同様の楽しいライブをさせて頂きました。ご来場頂いたお客様、有難うございました。共演の皆様、お疲れ様でした。お店のスタッフの皆様、ご協力有難うございました。来年もやりたいな [続きを読む]
  • Nick Curran / Ookie Dookie Stomp
  • カッコいいの見つけた!「Ookie Dookie Stomp」は、テキサスのギターヒーロー、クラレンス・ゲイトマウス・ブラウン(Clarence "Gatemouth" Brown)の名曲。カッコいい曲です。それをニック・カラン(Nick Curran)がカバーしてます。彼は2012年に若くしてこの世を去った惜しいギタリスト。ブルーズだけでなく、ロカビリーやロックン・ロールもバランスよく自分の音楽として取り込んでいます。ギター上手いなぁ。俺もこの位弾ける [続きを読む]
  • The Meters - Cissy Strut
  • 俺たちブルース・プリズナーズが憧れてる ロケット副島ブルース・バンドが2017年の中洲ジャズでもカバーして演奏してたのがこの曲。クソかっこ良い! 俺たちもスタジオで醸造して、皆さんに披露できるレベルになったらライブでやろう!って話になった。さて、それはいつになる事やら。 [続きを読む]
  • オーティス・ラッシュ 1935年4月29日 - 2018年9月30日
  • シカゴブルースのレジェンドがまた一人逝ってしまいました・・・。オーティス・ラッシュ(Otis Rush)は2003年に脳卒中で倒れて以来、リハビリ生活を送っているという情報は聞いていましたが、その合併症で亡くなってしまったそうです。84歳でした。奥さんは日本人の方だったりするんですよね。ブルースマンにしては珍しいです。 左利きなのにギターの弦は右利きのように張ってるので、自分に近い側に一番細い1弦があるんです。それも [続きを読む]
  • Bobby Blue Bland - Sad Street
  • ボビー・ブルー・ブランド(Bobby Blue Bland)については前にもこのブログで書きましたが、1940年代から2003年までの長きに渡って音楽活動を続けたシンガーです。 そのキャリアの後半の1985年からはマラコ・レーベル(Malaco)に所属していました。僕は中古屋さんで見つけた時なんかにCDを少しずつ買い揃えるのを趣味にしていますが、彼のマラコの作品はこれが2枚目の入手です。最初に入手したのは「Blues You Can Use」という作 [続きを読む]
  • Mud Morganfield / Son Of The Seventh Son
  • ついにこんなものまで手を出してしまいました。そう、あのマディ・ウォーターズ(Muddy Waters)の息子のアルバムです。 まず、「7番目の息子の息子」っていうタイトルが素敵です。「フーチークーチーマン(Hoochie Coohie Man)」の歌詞で有名な通り、彼の父親は7番目の子供だったんでよすよね。もうね、ずるい。マディ・ファンの心を刺激するタイトルですよ、ホントずるい。 で、顔はそこまで似てないんですが、ここが重要。声がそ [続きを読む]
  • アレサ・フランクリン 1942年3月25日 - 2018年8月16日
  • アレサ・フランクリンが亡くなりました。死因は膵臓がん。ミシガン州デトロイトの自宅で息を引き取ったそうです。76歳でした。数日前からニュースでも危篤の状態であることが報じられ、世界中のファンが心配していましたが、残念ながら帰らぬ人となりました。親族や親しい友人に看取られたとの事で、最後はきっと幸せな気持ちで天国へ召されたのだと思います。クイーン・オブ・ソウルの称号を欲しいままにした、唯一無二のシンガー [続きを読む]
  • 最凶女装計画
  • 先日、「最凶女装計画」というコメディ映画を観ました。原題は「White Chicks」で、直訳すると白いヒヨコちゃん。つまり、「白人のねーちゃん」みたいなニュアンスでしょうか。主役は黒人の落ちこぼれFBI捜査官2人組。彼らは富豪の白人姉妹のボデイガードを任されます。しかしながら、姉妹はちょっとしたトラブルで顔に小さな傷を作ってしまいます。「こんな顔では人前に出られないわ」と言い出したので困ったFBI捜査官。何を思っ [続きを読む]
  • エピフォン ES-295 スペーサー自作 Ver2.0
  • メインギターのES-295。二年前にちょっとした加工を施しました。その記事はこちら。https://ameblo.jp/kojy-hotrod/entry-12153430272.html 今回はこれの補正になります。 最近オクターブ・チューニングが合わず気になっていました。ブリッジはこんな風で、サドルはエンド側いっぱいいっぱいなのでこれ以上は下がりません。改善するにはブリッジごとエンド側にずらさないと駄目なわけです。なので、今回も前回同様にアクリル板のス [続きを読む]
  • ライブ告知 (2018/07/21) 舞鶴 B.B.ケンチャン
  • おっと!忘れてた。今度の土曜日にライブやります。福岡市中央区のB.B.ケンチャン。ここは、最近では博多ブルースマンの溜まり場になってます。そんなお店に我々 The Blues Prisoners (ザ・ブルース・プリズナーズ) が初出演です。対バンは、なんと実力派の The Shuffle Mavchine (ザ・シャッフル・マシーン)。どちらも活きの良いブルーズバンドですよ!ぜひ、お見逃しなく!! 開催日 2018年7月21日 開場 19:30 開演 20:00 [続きを読む]
  • VA - Okeh Chicago Blues
  • 今日はコンピレーションアルバムをご紹介。Okeh は日本語表記では「オウケー」と書かれます。レコードレーベルの名前で、1918年から1969年まで黒人音楽を専門にリリースしていました。ブルーズだけでなくR&B等も取り扱っていました。今回紹介するのは、そんなオウケーに残された数多くの音源からシカゴ・ブルースをキーワードに選出された珠玉のブルーズナンバーばかり、しかも時期は1934年から1947年と限定されたマニアックな内容 [続きを読む]
  • BOSS Tremolo TR-2
  • 我々年代にとって、エフェクターといえば BOSS。35年位前はホント選択肢が少なかったですね。過去記事にも書きましたが最初に買ったのもBOSSのフェイザーでした。で、今回はトレモロのご紹介です。BOSS Tremolo TR-2は音量を揺らす系のエフェクターです。トレモロは3台目の入手となります。そもそも購入予定はなかったのですが、暇つぶしに立ち寄った近所のリサイクルショップで税別2,990円で売られてたんです。もうそりゃ試しに買 [続きを読む]
  • 自作スライドバー2018
  • 随分前の記事ですが、スライドバーの自作にトライしました。その記事はココ。しかし、なかなかうまく行かず。結局市販品を使っていたのですが。我らがThe Blues Prisonersのもうひとりのギタリスト・ちゃぼみくんが、先日自身のブログで自作スライドバーの記事をアップしていました。ガラスを切断できるノコギリだそうで。うーやられたなぁ。と思いつつ、俺も再度トライしようかな、なんて思い始めたのでした。 ネットを彷徨ってい [続きを読む]
  • Teri Moise - Teri Moise
  • 今日はテリ・モイーズについて書きます。と言っても、詳しく語れるほど彼女のことを知りません、ごめんなさい(汗)ネットで調べてもソースが非常に少ないです。ウィキペディアによると、1970年3月生まれ。ハイチから両親とともに米・ロサンゼルスに移住しました。1990年、フランスで文学を学びその後帰国。音楽活動を開始し、1996年に本作でデビューし、50万枚を売り上げたそうです。そして2013年5月マドリッドのホテルで自殺・・・亡く [続きを読む]