みーおでん さん プロフィール

  •  
みーおでんさん: みーおでんの好きなもの
ハンドル名みーおでん さん
ブログタイトルみーおでんの好きなもの
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mikka0711
サイト紹介文毎日の中からたくさんのハッピーを見つけていきたいと思っています。最近は史跡めぐりにはまっています。
自由文史跡めぐり、読書日記、映画、旅行、グルメ、今日のハッピーを
記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/05/13 21:11

みーおでん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 堂崎の渡し場跡の碑
  • 堂崎の渡し場跡の碑  山陽道はここで終わり、関門海峡を渡って九州へと続いていました。いつのころか堂崎の渡し場と呼ばれていた公式の船着場がこの地にあって 江戸時代には旅人の往来手形を改める津口の船番所も置かれていました。  慶応元年(1865)閏5月1日、薩長同盟周旋のため龍馬が下関に来た際、堂崎の渡しから上陸した。津口番所での人別検査を無事通過して、外浜町の伊勢屋小四郎方に泊った。 [続きを読む]
  • 旧下関英国領事館 下関市唐戸町
  • 旧下関英国領事館 下関市唐戸町 幕末の元治元年(1864)、英・仏・蘭・米国の4ヶ国連合艦隊が下関を砲撃した「下関戦争」の際、英国指揮艦ユーリアラス号に通訳として乗り込んでいたアーネスト・サトウは、後に英国駐日公使となり、下関に領事館が必要なことを報告し、明治34年(1901)に当地に開設されました。 赤レンガづくりのこの建物は明治39年(1906)に建てられたもので、設計者は長崎の英国領事館の建築を担当した [続きを読む]
  • 末広稲荷神社 下関市赤間町
  • 末広稲荷神社 下関市赤間町 平安時代の大同4年(809)倉稲魂神を祀った、赤間関最古の神社で古来商家の崇敬が篤く、赤間関の繁栄と守護神として信仰されてきました。 北前船で賑わった下関には、遊郭街として稲荷町、裏町がありました。幕末・維新の頃には高杉晋作、伊藤博文ら志士たちもこの界隈を往来していたそうです。現在街並みは変わり、わずかに稲荷神社が往時を偲ばせてくれます。 高杉晋作の愛人だったおう [続きを読む]
  • 大坂屋跡 下関市赤間町
  • 大坂屋跡 下関市赤間町 私達が宿泊した東京第一ホテル下関さんは、大坂屋さんの跡地に建設されています。  ホテルのホームページにあった紹介より。 「赤間関稲荷町」は、天和二(一六八二)年に刊行された西鶴の『好色一代男』に登場するのだから、元禄時代にはもう日本じゅうにその名を知られていた。現在下関市赤間町の一部が稲荷町にあたる地域で、町名となったお稲荷さんもそこに健在だ。 稲荷町は源平合戦 [続きを読む]
  • 入江和作邸跡 下関市赤間町
  • 入江和作邸跡 下関市赤間町 「奈良屋」と称して酢の醸造業を営んだ豪商入江家屋敷跡。当主の入江和作は、高杉晋作や奇兵隊などの活動を物心両面から支えた一人でした。勤皇の志士たちの信頼も厚く、慶応元年(1865)5月、薩長同盟締結に向けて下関を訪れた坂本龍馬が最初に訪ねた先が同家でした。 入江和作1833(天保4)年、豊前国企救郡(現福岡県北九州市)で生まれ、入江家の養子となりました。入江家は下関の西ノ端( [続きを読む]
  • お知らせです。
  • お知らせです。今年も私のブログに訪問して下さった皆様ありがとうございました。健忘録のブログですが、その史跡巡りの記事さえ投稿出来なくなってきました。新しいカメラで撮影していた写真の容量が大きくてアップするのに時間がかかります。パソコンやネット環境の限界もあるようです。忘れてしまわないように題名だけでもアップすることにしました。ファン登録して下さっている方には新着記事としてたくさん出てくると思います [続きを読む]
  • 今年もありがとうございました。
  • 今年もありがとうございました。今年は私にとってとても充実した良い年になりました。年始に受けた試験に合格し、11月に受けた試験にも合格しました。来年もまたその続きの試験に挑戦します。史跡巡りにも行けました。そして来年からは、私のかねてからの目標の集大成とも言えることに挑戦することにしました。挑戦しなかったら将来ずっと後悔すると思うからです。人生の転機になると思います。今年はその準備を進めてきました。ブ [続きを読む]
  • 過去の記事 …