butterflyfish さん プロフィール

  •  
butterflyfishさん: Crystal-clear Ice
ハンドル名butterflyfish さん
ブログタイトルCrystal-clear Ice
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/butterfly91fish
サイト紹介文高橋大輔選手応援+フィギュア全般。浅田真央さん、安藤美姫さん、宇野昌磨選手も好きです。
自由文「Crystal-clear」という言葉には、「透明な」という意味のほかに「はっきりした、明白な」という意味もあります。今のフィギュアスケート界には、「不透明で」「わけのわからない」ことが多すぎて、選手たちが気の毒です。本当に美しい氷の上で選手たちに輝いてほしい。その思いをブログタイトルにこめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/05/14 12:50

butterflyfish さんのブログ記事

  • フレンズオンアイス2018感想(全体)
  • フレンズオンアイス2018の全体の感想です。高橋大輔さんの怪我がわかったのが8月16日(公表は翌日)。広島のPIWは本当に直前でしたが、こちらはゲストの1人扱い(彼を目当てにチケットを買った人はかなり多かったとは思いますが)。元々出番は多くなく(PIW滋賀に行った感想)、構成の上ではそれほど変更は必要なかったと思います。一方のフレンズはパンフレットを見てもわかる通り、今回は高橋大輔さんが圧倒的なメインでした。荒 [続きを読む]
  • フレンズオンアイス2018の高橋大輔さん
  • フレンズオンアイス2018が終わりましたね。高橋大輔さんは残念ながら演技はできなかったけど、現役復帰を決めた彼へのエールにあふれた公演でした。私は、土曜日の二公演を見てきました。午前は三階A席、午後は氷上一列目という組み合わせでした。ファン層を考慮してか出番は多かったですね。先輩三人(静香、武史、岳斗)による応援プログラムで挨拶、抽選会に毎回登場、岳斗さんのプロで小芝居、フィナーレのナレーション。無良 [続きを読む]
  • 高橋大輔さんのイケメンエピソード
  • 高橋大輔さんの怪我とアイスショーでの演技取りやめという残念なニュースと並行して(正確にはそのニュースのちょっと前からですが)、ネットでは大輔さんのイケメンエピソードが話題に。#フォロワーが体験した事が無さそうな体験というタグで↓のようなエピソードが語られました。ツイ主さんの許可は取っていませんが、ちょっと紹介させていただきますね。Aさん某地下鉄にて、たまたま空いてる電車に乗ったもののどこにも捕まらず [続きを読む]
  • ファンが今出来ること
  • 昨日、とても残念なお知らせが入ってきました。高橋大輔さんが怪我のため、今週末のPIW広島と来週末のフレンズオンアイスでの演技を取りやめると。正直血の気が引きましたね。今回の現役復帰で一番恐れていたのが怪我。高得点をとってほしいとか誰かに勝ってほしいなんていう気持ちはたぶんほとんどのファンにない。高橋大輔の競技プログラムがまた観られるのが嬉しい。高橋大輔本人が、自分自身のためにやり切った演技をするのを [続きを読む]
  • 新ルールは「表現力重視」なのか?
  • 今回はフィギュアスケートの新ルールについて。高橋大輔さんの現役復帰について「新ルールで有利になるから」などという報道も少なからずありましたよね。それも「表現力重視」になるからという理由で。ん?新ルールには積極的に「表現力を重視」するような改正はありましたっけ?男子の場合、一番表現力に影響を与えそうな変更が、フリーの演技時間短縮。ジャンプが1つ減り、30秒短縮されたプログラムを実際に練習や試合で滑っ [続きを読む]
  • カップル競技って難しいね
  • 村元哉中&クリス・リード パートナーを解消のお知らせ2018年8月9日 木下グループニュースリリースhttp://www.kinoshita-group.co.jp/news/2018/08/09_130025.htmlこの度、木下グループ(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:木下直哉)に所属するフィギュアスケーターの村元/リード組がアイスダンスのパートナーを解消することになりましたので、お知らせ致します。村元哉中選手のコメント『このたび、クリスと私はパートナー [続きを読む]
  • 関テレフィギュア特番感想
  • 関西テレビのフィギュア特集番組を見ました。*ネタバレあります。BSでも放送予定があるので、ネタバレを読みたくない方はスルーしてください。宣伝を見たときは、正直詰め込みすぎじゃないかと思ったんですね。ザギトワ選手の京都訪問。新人女子アナさんのフィギュア挑戦(コーチは織田信成さん)本田真凜選手のアメリカ密着。The Ice の演技高橋大輔の復帰秘話三人のレジェンドのお話ブラマヨ司会(アシスタントに村上佳菜子さん [続きを読む]
  • 氷艶第二弾と東京五輪パラリンピック
  • 昨日、日テレプラスで放送されたフレンズ+αは、荒川静香さん育休中の氷艶スペシャルの二回目でした。一回目は織田信成さんと村上佳菜子さん。二回目の昨日は、鈴木明子さんと佐々木彰生さん。共通して言えることは、出演者の皆さんにとってこの舞台がとてつもなく大きな経験であったこと。みなさん次があればぜひ出たいと思っていること。たった三日間、6公演で終わるのはもったいないと誰もが思うところですし、ファンの間での再 [続きを読む]
  • 高橋大輔への期待(海外記事紹介)
  • 高橋大輔選手の競技復帰は日本国内でも大きく伝えられました。概ね好意的ではありましたが、中にはかなり的外れなものも。大輔さんは、フランスでフリー、カナダでショートの振付を終えましたが、フランスではPatinage Magazine、カナダではInternational Figure Skatingがその様子を取材しています。詳しいことは本誌が発売されてからのお楽しみですが、写真を含む取材の様子がネットにもあがっていますね。https://www.facebook. [続きを読む]
  • 信じられない…
  • 昨日、ショッキングなニュースが飛び込んできました。カザフスタンのデニス・テン選手が刺されて病院に運ばれたと。その時点では詳細がわからず、とにかくみんなで無事を祈りました。それから数時間後、大量出血のため亡くなったと…。まだ25才。数時間前にお友達と楽しくお食事をしていた動画も上がっていたのに。信じられない。嘘であってほしい。夢なら覚めて。誰もがそう思いました。彼と直接面識のない私たち一般のフィギュ [続きを読む]
  • 「月光」に欠けていた「遊び心」
  • 宇野昌磨選手が今季のフリーの曲を公式ページで発表しました。「今シーズンは僕が尊敬するレジェンドの皆さんが使用してきた「月光」を選びました。まだまだ自分のものにするには時間と練習が必要ですが、僕ならばではの「月光」が滑れるように、より一層の努力をしていきます。」 レジェンドの皆さんと複数形にしてはいますが、彼が意識しているのは間違いなく高橋大輔さんだと思います。2012−13シーズン、高橋大輔選手は [続きを読む]
  • JOには出ないことが確定
  • ジャパンオープンの日本チーム男子が宇野昌磨選手と織田信成さんと発表されました。これで、高橋大輔さんの出場可能性は完全になくなりましたね。復帰発表前にCaOI用に予約していたさいたまのホテルをキャンセル。チケットはまだ買ってなくてよかった。お昼の公式サイト発表から夜の本人会見までの間は、JO→NHK杯→全日本というルートを予想していたのですが、その時点では予想外の近畿ブロック→西日本というルートを取ると。JO [続きを読む]
  • 引退から復帰までのお仕事に思うこと
  • 衝撃の現役復帰発表から10日ほど経ちました。発表直後はニュースやワイドショーで大きく取り上げられ、それが一段落すると週刊誌やら女性誌やらにいろいろな記事が出てきましたね。きっちり取材して書いているところもあれば、ろくに取材もせずに適当なことを書いたり、意図的に嘘を書くところも。今回は、大ちゃんの引退から復帰までの約4年間、ほぼすべての発言やお仕事を見てきた者の1人として思ったことを書きたいと思います。 [続きを読む]
  • 関大、中京大の震災時の対応について(蒼い炎より)
  • インターネットが発達して、個人が世界中に向けて簡単に情報を発信できる時代になりました。私もこのブログやTwitterでフィギュアスケート関係のことを発信していますが、気を付けていることが一つあります。それは、嘘を書かないこと。個人の感想や意見は人それぞれですが、その根拠となる事実が間違っていればすべて嘘になってしまいます。何かを書くときは必ずソースを確認し明記すること。客観的な事実と自分の意見をはっきり [続きを読む]
  • 時間を戻してみよう(過去記事公開)
  • このブログを開設したのは、バンクーバー五輪直後の2010年3月です。もう8年やっていることになりますね。そのときどきに自分の思ったことを発信するのに使ってきましたが、過去を振り返るのにも便利なことがあります。時系列や事実関係や自分の心境を確認したりね。前回の記事で,、反撃をするのではなく正しい情報を発信していこうと提案しましたので早速。過去記事公開用書庫2012年の全日本直後からソチ五輪直後までの友達限定 [続きを読む]
  • ネガキャンはスルーしましょう
  • スケオタ的元旦(新シーズンの始まり)に電撃発表された高橋大輔さんの現役復帰。当日夜に本人が会見し、テレビも新聞も大きく伝えました。翌日のワイドショーなどの出演者のコメントも肯定的なものばかり。そして、なにより嬉しかったのは、Twitterなどの一般人の反応です。普通に考えたら無謀な挑戦ですよ。彼の現役時代、四回転は多くて2種類3本まで。それが4年のうちにコンスタントにルッツやフリップを跳ぶ選手が出てきた [続きを読む]
  • まさかの現役復帰!
  • 昨日、フィギュアスケートの高橋大輔さんが現役復帰を発表しました。「高橋大輔さん」「高橋大輔氏」から「高橋大輔」「高橋大輔選手」に戻りましたね。「無良崇人氏」が「高橋大輔」について語るなんて記事もあって、ちょっと前まで逆だったのになあなんて思ったり。この現役復帰、ファンで予想した人はいなかったと思います。前日ツイに大輔ファンの願望を表す七夕の短冊のイラストが流れてきたのですが、そこにも「現役復帰」は [続きを読む]
  • ふれあいタイムって難しいね
  • PIW滋賀のふれあいタイムについてもう少し。ご新規の方とベテランファンの方との間で見解の相違があったみたいなので。私自身はふれあいタイムは4回目(2012豊橋EX2、2013新横浜SS前方、2014東伏見SS前方、2018滋賀EX1)でえらそうなことは言えないのですが、新規でもベテランでもない中間的な立場の者としての意見を述べたいと思います。ツイッターのRTで流れてきたご新規さんの不満はこんな感じ。・スケーターを引き留める人が [続きを読む]
  • 久々のPIW(滋賀)
  • PIW滋賀の土曜午前公演に行ってきました。お目当てはもちろん高橋大輔さん!今回は運よくEX1列目が取れたので花束を用意してスタンバイ。今回の会場は滋賀県ということで関東に行くよりも近いけど思ったより大変でした。最寄り駅からの道が混んでいてバスがなかなか進まない。帰りも同じ。思ったよりも時間がかかりました。瀬田までは新幹線の止まる京都駅からすぐなので関東から遠征の方にも行きやすいんですけどね。 [続きを読む]
  • LOTFアメリカツアーの予感
  • 昨年、公式サイトがオープンしチケットの販売も始まってから突然キャンセルになったLOTFアメリカツアーですが、主演、演出のシェリル・バークさんを始めとするLOTFの関係者の皆さんがStars on Iceを観に行かれた様子がインスタグラムなどに投稿されました。SOIアメリカツアーにはたくさんのスケーターが出演していますが、シェリルたちのインスタに出てきたのはLOTFメンバーであるメリルとチャーリーの他、現在Dancing With The St [続きを読む]
  • サンクスツアーとザ・アイス
  • 浅田真央さんのサンクスツアーが始まりましたね。行かれた方には好評なようで。私は、真央さんのファンでもありますが、このツアーは遠慮しました。今まで真央さんを生で見る機会のなかったできるだけたくさんの全国のファンの方に見ていただきたいというコンセプトですよね。見たいのはやまやまですが、大阪、名古屋、東京のこれまで何度も真央さんをショーや試合で見てきたスケオタは遠慮した方がいいのかなあと個人的には思って [続きを読む]
  • ファンを煽る爆弾発言とその波紋
  • 英語で投稿した記事と主旨は同じです。「何度も死のうとした。」これは、Continues 〜With Wings という彼自身がプロデュースする凱旋ショーの最終公演のあいさつでの羽生選手の発言です。当然ですが、彼のファンはこの発言にショックを受け、その怒りの矛先は彼がその理由として挙げた「週刊誌」だけではなく、スケートファンにも向けられました。このショーの初日に彼は自分のファンに対して「嫌なことをい [続きを読む]
  • Scary confession to agitate his fans
  • "I tried to kill myself many times."That's what two-time Olympic gold medalist Yuzuru Hanyu said to his fans at the
    third and last show of Continues 〜With Wings produced by himself to celebrate his victory. The show was broadcast live and man
    y people heard this shocking confession at home or movie theaters nationwide.He said he did so because of what some gossip magazin
    es wrote about him.Many of [続きを読む]