なぁママ さん プロフィール

  •  
なぁママさん: なぁニャンのひとりごと
ハンドル名なぁママ さん
ブログタイトルなぁニャンのひとりごと
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/naanyanko
サイト紹介文猫との生活を中心に、趣味の映画鑑賞、食べ歩き、季節の花便りなどの情報を公開してます。
自由文読書やアクセサリー製作も好きなので、書庫が多岐に渡っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/05/14 19:42

なぁママ さんのブログ記事

  • 【映画】「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」
  • 【本日の観映】「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏のデビュー小説を、二宮和也サン主演、滝田洋二郎監督のメガホンで映画化。二宮サン扮する天才料理人が、歴史の闇に消えてしまった幻のレシピを探す過程で、思いがけない真実が明らかになっていくさまを描きます。1930年代、日中戦争前の満州国にやってきた天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)は、陸軍からの依頼で112品 [続きを読む]
  • 【映画】「しゃぼん玉」
  • 【本日の観映】「しゃぼん玉」直木賞作家・乃南アサ氏の同名ベストセラーを、林遣都クンと市原悦子サンの共演で映画化。犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描きます。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返すようになった青年・伊豆見(林遣都)。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた彼は、怪我をした老婆スマ(市原悦子 [続きを読む]
  • 【映画】「氷菓」
  • 【本日の観映】「氷菓」人気作家・米澤穂信氏による青春学園ミステリーで、アニメ化もされた「古典部シリーズ」の第1作を、山崎賢人サンと広瀬アリスちゃん主演で実写映画化。廃部寸前の古典部に入部した、無駄なことには情熱を割かない“省エネ主義”の折木奉太郎(山崎)と、好奇心のかたまりのお嬢様・千反田える(広瀬)が過去に学園で起きたある事件に隠された謎の解決に挑みます。「やらなくてもいいことなら、やらない」を [続きを読む]
  • 【映画】「赤毛のアン」
  • 【本日の観映】「赤毛のアン」 吹替ルーシー・モード・モンゴメリーが1908年に発表し、少女アンが巻き起こす大騒動と彼女の成長を描いて日本でも広く愛される名作児童文学を、母国カナダで新たに実写映画化。プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラ兄妹の家「グリン・ゲイブルス」に、赤毛の少女アンがやって来ます。ちょっとした手違いからグリン・ゲイブルスにやって来たアンに最初は戸惑っていた兄妹でしたが、次 [続きを読む]
  • 【映画】「ナラタージュ」
  • 【本日の観映】「ナラタージュ」2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝いた島本理生氏の同名小説を、松本潤サン&有村架純チャンの共演で映画化。恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンをとり、禁断の恋に落ちる高校教師と元生徒が織り成す純愛を描きます。大学2年生の泉のもとに、高校時代の演劇部の顧問・葉山から、後輩たちの卒業公演への参加を依頼する電話がかかってきます。高校時代、泉は学校になじめずにいた自分を助 [続きを読む]
  • 【映画】「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
  • 【本日の観映】「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野圭吾氏の同名ベストセラー小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介サンと西田敏行サンの共演で実写映画化。過去と現在が繋がる不思議な雑貨店を舞台に、現実に背を向けて生きてきた青年と悩み相談を請け負う雑貨店主の時空を超えた交流を描きます。2012年、養護施設出身の敦也(山田涼介)は、幼なじみの翔太や幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込みます。そこは、かつて町の人々から悩み [続きを読む]
  • 【映画】「ユリゴコロ」
  • 【本日の観映】「ユリゴコロ」 PG12沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を、吉高由里子サン主演で実写映画化。熊澤尚人監督がメガホンをとり、「人間の死」を心の拠り所にして生きる悲しき殺人者の宿命と葛藤を、過去と現在を交錯させながら描きます。亮介(松坂桃李)は余命わずかな父の書斎で1冊のノートを見つけます。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートには、ある殺人者の記憶が綴られていました。その内容が事実か創作か、 [続きを読む]
  • 【映画】「三度目の殺人」
  • 【本日の観映】「三度目の殺人」「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治サンが再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある男・三隅(役所広司)の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまい [続きを読む]
  • 【映画】「散歩する侵略者」
  • 【本日の観映】「散歩する侵略者」黒沢清監督が長澤まさみサン、松田龍平サン、長谷川博己サンら豪華キャストを迎え、劇作家・前川知大氏率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日にわたって行方がわからなくなっていた夫・真治(松田龍平)が、まるで別人のようになって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海(長澤まさみ)。それ以来、真治は毎日どこかへ散歩に出かけるようになります。同じ頃、町で一家惨殺事件が発生し、不可解な [続きを読む]
  • 【映画】「フェリシーと夢のトウシューズ」
  • 【本日の観映】「フェリシーと夢のトウシューズ」 アニメ/吹替バレリーナを夢見る少女の姿を描いたアニメーション作品。19世紀末のフランス、踊ることが大好きなフェリシーは施設に暮らしていましたが、バレリーナとしてパリ・オペラ座の舞台に立つことを夢見ていました。親友のヴィクターに誘われ、施設を抜け出して憧れのパリを目指します。パリに到着し、ヴィクターとはぐれてしまったフェリシーがパリの街で偶然に見つけたの [続きを読む]
  • 【映画】「関ヶ原」
  • 【昨日の観映】「関ヶ原」司馬遼太郎氏の名作小説を、岡田准一サン、役所広司サン、有村架純チャンら豪華キャスト共演で映画化。原田眞人監督がメガホンをとり、石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出しています。幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていました。そんな三成の下には、猛将 [続きを読む]
  • 【映画】「ボンジュール、アン」
  • 【昨日の観映】「ボンジュール、アン」 字幕フランシス・フォード・コッポラの妻エレノア・コッポラが80歳にして初めて長編劇映画の監督・脚本を手掛け、自身の体験をもとに描いたロードムービー。子育てを終え、人生のひと区切りを迎えた女性アン。映画プロデューサーの夫マイケルは仕事では成功を収めているが、家庭には無頓着。ある日、アンは夫の仕事仲間と一緒に、車でカンヌからパリへ向かうことに。たった7時間のドライブ [続きを読む]
  • 【映画】「おとなの恋の測り方」
  • 【本日の観映】「おとなの恋の測り方」 字幕映画「アーティスト」でオスカーに輝いたジャン・デュジャルダン主演のラブコメディ。女たらしの夫と離婚して3年、新しい恋から遠ざかっている辣腕弁護士のディアーヌに、建築家のアレクサンドルという男から電話がかかってきます。ディアーヌがレストランに忘れた携帯電話を拾ったので渡したいというアレクサンドルの知的でユーモアあふれる口調に仕事でむしゃくしゃした気持ちも一変 [続きを読む]
  • 【映画】「君の膵臓をたべたい」
  • 【本日の観映】「君の膵臓をたべたい」タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よる氏の同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていきます。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすよう [続きを読む]
  • 【映画】「22年目の告白 私が殺人犯です」
  • 【本日の観映】「22年目の告白 私が殺人犯です」藤原竜也サンと伊藤英明サンがダブル主演し、2012年の韓国映画「殺人の告白」を原作に描くクライムサスペンス。入江悠監督がメガホンをとり、22年前の連続殺人事件の犯人を名乗る男の「告白」が新たな事件を引き起こす様子を描きます。1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼。独自のルールに則って犯行が重ねられ、捜査を担当する刑事・牧村(伊藤英明)は犯人を逮 [続きを読む]
  • 【映画】「メアリと魔女の花」
  • 【本日の観映】「メアリと魔女の花」 アニメ「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後に初めて手がけた作品で、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノックの長編第1作となるファンタジーアニメ。イギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」を原作に、魔女の花を見つけたことから魔法世界に迷い込んだ少女メアリの冒険を描 [続きを読む]
  • 【映画】「忍びの国」
  • 【本日の観映】「忍びの国」和田竜氏が、戦国時代に伊賀忍者と織田信長軍との間に起こった天正伊賀の乱を題材にした同名小説を、「嵐」の大野智サン主演、中村義洋監督のメガホンにより映画化。天下統一に向け、諸国を次々と攻め落としていた織田信長が攻め入ることができなかったただひとつの国、伊賀の国。人でなしの忍者衆が住む伊賀の国に暮らす忍者の無門は、伊賀一の凄腕を持つ忍者でありながら怠け者の性分で、普段は女房の [続きを読む]
  • 【映画】「昼顔」
  • 【本日の観映】「昼顔」上戸彩サンと斎藤工サンが禁断の恋人を演じ、斎藤サンがブレイクするきっかけともなったテレビドラマ「昼顔 平日午後3時の恋人たち」の劇場版。不倫関係に陥った主婦の木下紗和と高校教師の北野裕一郎は、北野の妻・乃里子によって引き離され、紗和と北野は別れを決断してから3年。夫と離婚した紗和は、海辺の町でひとり静かに暮らしていていましたが、講演会で大学の非常勤講師となっていた北野と再会しま [続きを読む]
  • 【映画】「花戦さ」
  • 【本日の観映】「花戦さ」野村萬斎サンが、戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮し、天下人である豊臣秀吉に専好が単身立ち向かう姿を描いたエンタテインメント時代劇。織田信長が本能寺で倒れ、天下人が豊臣秀吉へと引き継がれた16世紀後半、秀吉による圧政は次第に人々を苦しめていました。そんな中、町衆の先頭に立った花僧の池坊専好(野村萬斎)は、花の美しさを武器に秀吉に戦いを挑んでいきます。萬斎サンのひょ [続きを読む]
  • 【映画】「ちょっと今から仕事やめてくる」
  • 【本日の観映】「ちょっと今から仕事やめてくる」第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海氏の同名ベストセラーを、福士蒼汰サン主演で映画化。上司のしっ責や仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた隆(工藤阿須加)は、駅のホームで意識を失い電車に跳ねられそうになったところを、ある青年に助けられます。幼なじみのヤマモトと名乗るその青年(福士蒼汰)に全く見覚えのない隆でしたが彼との交流 [続きを読む]
  • 【映画】「家族はつらいよ2」
  • 【本日の観映】「家族はつらいよ2」熟年離婚をめぐって大騒動を繰り広げる家族の姿を描いた、山田洋次監督による喜劇映画「家族はつらいよ」の続編。前作のキャストが再結集し、前作から数年後の平田家で巻き起こる新たな騒動が描かれます。周造はマイカーでの外出をささやかな楽しみにしていましたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから高齢者の危険運転を心配した家族は、周造から運転免許を返上させようと画策します。頑固オヤ [続きを読む]
  • 【映画】「追憶」
  • 【本日の観映】「追憶」降旗康男監督と撮影・木村大作カメラマンが9年ぶりにタッグを組み、岡田准一サンを主演に迎えたヒューマンサスペンス。ひとつの殺人事件の刑事・容疑者・被害者として再会した幼なじみ3人が、心の奥に封印してきた過去と向き合う様子を描きます。1992年、冬。親に捨てられた13歳の少年・四方篤は、似た境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶を営む仁科涼子と山形光男のもとで家族のように暮らしていました [続きを読む]
  • 【映画】「美女と野獣」
  • 【本日の観映】「美女と野獣」 字幕名作ディズニーアニメ「美女と野獣」を、「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描きます。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなっ [続きを読む]