白いあかべえ さん プロフィール

  •  
白いあかべえさん: 白いあかべえのブログ
ハンドル名白いあかべえ さん
ブログタイトル白いあかべえのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/a485412
サイト紹介文時間を見つけては、感動列車を探しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/05/14 20:23

白いあかべえ さんのブログ記事

  • 京浜急行 青い鉄橋
  • 秋空の下の、河川敷を行けば、走るひと、散歩するひと、釣りをするひと、さまざまな人々が、のんびりと穏やかな日を過ごしていました。そして、またしても多摩川へとやって来ました。東海道線と京急線が並ぶように渡る多摩川橋梁、最近、防風柵が設置されたりと、橋の景観も変わっていく昨今、青空に溶け込んだ、都会の青いトラス鉄橋が印象的でした。2017年 10月 京浜急行電鉄 京急本線 [続きを読む]
  • 振り向けばツートン
  • 東急池上線イベントのこの日は、沿線でスマホ片手に写真を撮る方が大勢いました、いつもは、写真を撮る方なんかあまり見ないのですが…そんな中、洗足池駅へ進入した7700系を確認し、後ろを振り向けば、1000系のリバイバルTKKが見え、先に見える石川台駅を発車する。紺と黄のツートンカラーの電車が、もう傾きかけた陽に照らされたススキの中をやって来ました。2017年 10月 東京急行電鉄 池上線 [続きを読む]
  • 賑わいの洗足池
  • 池上線90周年記念、1日フリーパスなこの日、普段であれば、こんなに混まないはずなのに…お昼に掛けて、人出はピークになり、近くの洗足池では、ボートが無料だとか、そんな、賑わう洗足池駅で待っていれば、この日、唯一運用に就いていた7700系がやって来ました。このレールの通りといい、駅舎といい、まさに、東京ローカル池上線の雰囲気がたっぷりです。2017年 10月 東京急行電鉄 池上線 [続きを読む]
  • むさしの風景 時の流れ
  • 移り行く時の流れ、時間と季節を感じています。街や風景の移り変わりってのは、なかなかわかりづらいもので、つい最近まで、当たり前の風景で見られたものが見られない。此処の場所も、以前とは変わってしまったような気がします。そのうち、当たり前だった、風景の武蔵野線を行く、205系も変わってしまうのかもしれません。2010年 9月 武蔵野線 [続きを読む]
  • 10月9日の池上線
  • 10月9日の1日限りの池上線フリー乗車デーってことで、行ってきました、東急池上線の開通90周年イベント、普通に買っても、そんなにはしないんですけどね…やっぱり、タダってのに惹かれるんでしょうね。しかし、電車も商店街も、凄い盛況振りでした。盛り上がってたのは、良かったのだけれど、私の目当ての7700系は1本しか、池上線に入っていなかった…2017年 10月 東京急行電鉄 池上線 [続きを読む]
  • ブルーな多摩川線
  • 秋空の下、以前に伊豆箱根鉄道駿豆線で見た、ブルーラインのあの色が、多摩川線に現れました。真正面に、JR東日本の高圧鉄塔が鎮座するという、なんともな、構図になってしまいましたが、真っ白な新101系が駆け抜けていく中を、せっかくなので、駿豆カラーが来るまで待ってみました。2017年 10月 西武鉄道 西武多摩川線 [続きを読む]
  • 南武線 多摩川橋梁
  • 最近、ハマってる訳ではないのですが、なぜか、撮ってしまう多摩川です。そんな、秋めいた多摩川を渡るE233系の南武線です。ちょっと前までは209系が活躍してました。近郊区間の橋梁では、防風柵が設置されている橋梁も多い中、遠くからでも、車両がすっきりと見える橋でした。2017年 10月 南武線 [続きを読む]
  • むさしの風景 初秋
  • なんだかんだで、ちゃんとやって来る巡り行く季節、自分のことばかりで、日めくりに追われていると、ふとした風景に、秋を感じました。まだまだ現役の205系ですが、今年も、変わらぬ初秋の空の下を、走っていきます。武蔵野線って、こんな景色の中を行くイメージでしたが、今となっては、沿線で見つけるのは少なくなりました。2017年 9月 武蔵野線 [続きを読む]
  • 中央特急が行く
  • この日は、暑かったけど、天気が良かったので、築堤に上がってもう少し、12両編成でやって来たE351系のスーパーあずさ、もう間もなく、後継のE353系に交代することになるんですかね、651系もそうだけど、結構、このスタイル、好きなんですよ、でもまだ、もう少し、中央特急の顔として見られそうです。2017年 9月 中央本線 [続きを読む]
  • 秋空澄んで
  • 見返していたら、出てきた、東武野田線、いやアーバンパークラインを行く、今となっては、希少?なホワイト基調の8000系電車。昔も今も、秋空は澄んで抜ける青空です。暑がりな私は、この秋から冬にかけての、季節が一番好きなのかもしれません。そんな、秋の空の下での、1枚。2012年 11月 東武鉄道 野田線(東武アーバンパークライン) [続きを読む]
  • 夏の終わりを行く
  • 八高線が多摩川を渡って、夏の終わりの多摩川築堤を走ります。やって来たのは209系の3100番代、もとは東京臨海の70‐000形です。そう思えば、まだまだ209系ファミリーって、結構、走っているもんなんですね。2017年 9月 八高線 [続きを読む]
  • 思い出の国鉄色
  • 久々に晴れたこの日、橋を渡っていったのは、現在では、貴重な国鉄色の189系のM51編成でした、この色を見るのは、磐越西線での485系以来かな。昔は、どこに行っても、この色や形の特急列車ばかりだった。子供ながらにこれらの特急形に乗ると、私の”指定席”は窓側で、お菓子や飲み物を大きな窓枠に並べる”儀式”を済ませれば、これから、非日常の”旅”に出るんだとワクワクしたものです。そんなことを思い出して、見送った河原 [続きを読む]
  • 夏色残る、八高線
  • まだまだ、夏空が続いている…そんな、夏色残る、緑を抜けて、209系がやってきました。今迄、見向きもしなかった八高線ですが、最近、ちょっと気になり出しました。この微妙なローカル感がイイんでしょうね。2017年 9月 八高線 [続きを読む]
  • 古豪行く 磐西
  • いつもの場所で、SLばんえつ物語を待つ、その合間に、キハ40系の東北色がやってきた。黄金色に実る、稲穂と雄国岳を背景に、国鉄型気動車が行く。今となっては、最古参はこのキハ40系になってしまったようだが、夏場の昼間前には、E001系四季島も駆け抜ける場所、そんな、昔と今が交錯する風景…東北地域色の古豪は、今日も変わりなく走ります。2016年 8月 磐越西線(森と水とロマンの鉄道) [続きを読む]
  • 緑を渡って
  • 八王子と高崎(倉賀野)を結んでいるから、八高線…こちらは高麗川を境に、電化されている方の八高南線。少しだけ出た晴れ間、209系が照らされて、緑色の長い鉄橋を渡っていきます。河原の木々を見ながら、これからの秋の季節の反対側、春になって、桜の季節も良いかも、なんて思いました。2017年 9月 八高線 [続きを読む]
  • 初秋の上毛電鉄
  • コスモス咲く、初秋の上毛電鉄沿線、走るのは、元京王の湘南顔の700系、気が付けば、季節はもう秋で、各種沿線、良い色に染まる季節でもありまして、夏場に、まったくと言って良いほど、外に出てなかったので、秋に向けては、色々、行ってみたいと思います。2014年 10月 上毛電気鉄道  [続きを読む]
  • ちょっと秋色
  • まだまだ、日中は暑いですが、9月になって、朝晩は涼しくなってきました。そろそろ、秋の色が沿線で見える頃になってきたようです。旧い駅舎や201系が走っていた頃に、来れれば良かったのだけれど、駅舎も電車も変わってしまいました。そんな、ちょっと秋色のE233系と白丸駅での1枚。2015年 10月  青梅線 [続きを読む]
  • 地下空間を行く
  • 横須賀線から、東京を抜けて走るE217系電車、しばらくの間、地下空間を行き、総武快速線へ、世代的には、209系と一緒ぐらい、もう結構な、ベテラン車両であったりします。グッドデザイン賞にもなった、その車体は、今日も、変わらず地下ホームを駆けていきました。2017年 8月 総武本線 [続きを読む]
  • 黄色い電車 亀戸線
  • 亀戸線の8000系に新色が走ってるとのことで、久々に東武亀戸線へ、更新も久々ですが…ついでがてらに来てみたはいいけど、天気が悪い、最近は雨ばっかりだし、この日も曇り模様、しかも、暑い… 外に出るもんじゃないです。それでも、線路沿いを歩いていると、やって来ました。黄色い電車の8575F、まんま工事車両みたいなこの色、マスタードイエローっていうらしい…ほんと、最近の東武鉄道って、多彩になりました。2017年 8月 [続きを読む]
  • 深緑を駆ける
  • 久々の更新、なんせいきなり暑くなり、ちょっと休むつもりが、かなり休んでしまった…思い立って行ったのは、やっぱり磐越西線、暑いさなかに、これまたアツイ、SLに乗ってきました。普段は、外から見ているばかりだけど、たまには、乗ってみるのも面白いかなと、SLばんえつ物語へ、でも、やっぱり暑い夏… 煙も少なめだったような気がします。そんな車内から、深緑を駆けるC57180号機を眺めてみました。2017年 7月 磐越西線 [続きを読む]
  • 青空の台鐵友好
  • 青空の下を行く、台湾鐵路友好の特急りょうもう200系、この台鉄プユマ号仕様が出てから約1年、やっと、撮影機会に巡り合いました。オリジナル”りょうもう”も、イイ感じなのですが、いつまで限定なのかはわからないけど、台鉄仕様を載せてみます。意外と違和感無いというか、むしろこっちの方が良いのかも…2017年 6月 東武鉄道 伊勢崎線 [続きを読む]
  • 特急きぬがわ 実りの旅路
  • 初夏の6月、黄金色の麦の穂が実る、ここ東武日光線。ちょうど、JR東日本の253系、特急”きぬがわ”が来てくれて、初夏の麦秋の風景に、特徴的な赤い車体が色を添えてくれます。鉄道全体では、昔から比べれば、少なりつつある特急列車ですが、まさに、日光へ向けての特急街道といえるこの東武日光線では、運転されてる車種も色も沢山あって、まだまだ、楽しめそうです。2017年 6月 東武鉄道 日光線 [続きを読む]
  • 駆け抜ける 粋な特急
  • 梅雨入り前の、爽やかな貴重な晴れの日、築堤を行く、東武特急100系スペーシア、スカイツリーのライトアップにちなんだ、ブルーの”粋”編成が、青空と新緑の間を駆け抜けます。なんでも、隅田川をイメージした色なんだとか、でも、隅田川って、こんな色してたっけ…?2017年 6月 東武鉄道 日光線 [続きを読む]
  • むさしの風景 初夏の季節
  • もう天気の話題は、梅雨入りの話…つい最近まで、桜の開花だったのに、花も紫陽花へと…たまの休みの日に、意気込んでみても、曇天の空、なかなか上手くはいきませんね。日照時間は長くなったものの、高度が高いせいか、朝夕の時間が良いようです。見返してみたら、過日、初夏の季節の武蔵野線を行く、いつもと変わらぬ、205系を見つけました。2014年 6月 武蔵野線 [続きを読む]
  • 新緑を行く ストライプ
  • そういえば、先日の長野では、元京王3000系の走る、アルピコ(旧松本電鉄)に行けず仕舞いなのが、心残り。それでも、移動の途中に、とあるバス車庫前を通ったら、アルピコストライプカラーのバスがズラリと並んでいました。でも、たしかこの辺は、川中島バスだったはずだが…知らなかったのは、浦島太郎の自分だけだったらしく、時は流れて、川中島バスもアルピコグループになっていました。2014年 6月 アルピコ交通 [続きを読む]